登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタクリ満開・吾国山

H25年4月5日、吾国山のカタクリを見てきました。

午後になり陽が射してきたこともあり洗心館(閉館)駐車場に車を止め吾国山を往復した。

ほぼ満開、一昨日の嵐によるものでしょうか花弁が傷んでいるものも見られました。

カタクリ3
カタクリ5
カタクリ4
カタクリ2
カタクリ6
カタクリ10
カタクリ7
カタクリ8

カタクリ園地で山友人と再会、久しぶりなので長話をしてしまった。
またどこかの山で再会できると良いですね。
カタクリ1

スポンサーサイト

今日も花見散歩

H24年4月13日、笠間市の光明寺・北山公園・愛宕神社の桜、吾国山のカタクリを見て歩いた。

昨日、久しぶりに姪のakemiさんが遊びにきた。
愛宕山~吾国山を、桜とカタクリを見て歩くことで話しがまとまった。
自分は朝方に用を済ませ別行動で吾国山で合流することとした。
笠間市の光明寺・北山公園の桜を、そして道祖神峠から吾国山へ登ってカタクリを見てカミさんとakemiさんを待った。

【笠間市の光明寺】
桜は満開、奇麗です。花付きは昨年のほうが良かったような気がする。
お隣の完全寺は、立入禁止で花見はできません。
1桜
2桜
4桜

【笠間市の北山公園】
ここも満開。さくら祭が開催されている。
5北山公園
6北山公園
7北山公園

【吾国山】
カタクリは見頃です。
10吾国山
11吾国山
12吾国山

akemiさんは、山スカデビュー。一ヶ月程前にカミさんに勧められ購入したものの着る機会がなかった様子。カミさんから「明日、着てきなよ。似会うから」と言われ、恥ずかしながらのデビューとなった。
14吾国山
15吾国山
16吾国山

【愛宕神社】
道祖神峠からカミさんとakemiさんを乗せ愛宕神社へ。akemiさんは友達と約束があるとのことでここでバイバイ。
カミさんと神社付近の桜を見て廻った。
8愛宕神社
9愛宕神社

春の陽射しの中の花三昧の一日でした

H24年4月10日、栃木県那珂川町のカタクリ山公園、富山のイワウチワ、那賀のカタクリ、安国寺のしだれ桜を見て歩いた。

春の陽気になった今日、明日は大荒れの予報から今日しかないと出かけてきた。
以前から見に行きたいと言っていた姪のakemiさんを誘ったが、上野公園のさくらを見に行くとのことで、カミさんとゆったり散歩となった。

【カタクリ山公園】
早朝の園内は閑散としたもので、撮影ポジションも自由にとれる。
カタクリはちょうど見頃、これは良いとあちこちにカメラを向けるが、良いことばかりではない。
カミさんに「ここからが良いんじゃない」と言われるままにかがみ込むと腰がギクっと、「イタタタ~」動けなくなってしまった。倒木に腰かけしばらく休むと傷みも和らぎゆっくりながら歩けるようになった。
1かたくり山公園
2かたくり山公園
3かたくり山公園
7かたくり山公園
8かたくり山公園
9かたくり山公園
4かたくり山公園

この写真は良いでしょう。我ながら良く撮れた一枚と鼻高々・・。うそです。
腰の痛みが和らいぎ歩き始めたところでプロカメラマンに出会った。
いろいろと撮り方を教わったが自分のレベルではこなし切れない。
そこで、自分のカメラ本体に下の写真のレンズ(80数万円)をつけ撮って頂いたのがこの写真です。
5かたくり山公園

プロのカメラです。二コン本体(60数万円)+レンズ300mm(80数万円)
6かたくり山公園

園内でご一緒になった福島からという渡辺さんとお友達。
渡辺さんご夫婦は日本全国の花めぐりをされているとのこと。渡辺さん達はこの後は奥久慈のホテルに宿泊する優雅さである。この方達とは富山のイワウチワもご一緒した。元気を頂きました。
10かたくり山公園

【富山のイワウチワ】
ほぼ満開でした。見学通路も整備され関係者のご苦労が窺われます。
12富岡のイワウチワ
13富岡のイワウチワ
14富岡のイワウチワ
15富岡のイワウチワ
16富岡のイワウチワ
17富岡のイワウチワ

【那賀のカタクリ】
ここも良いですね。満開でした。
18那賀のカタクリ
19那賀のカタクリ
20那賀のカタクリ

【安国寺のしだれ桜】
2~3分咲きかな?今週末は見頃でしょう。
21安国寺の桜
22安国寺の桜
23安国寺の桜

暖かな日差しを浴びながら花も満開、出会いもあり良い花散歩でした。

カタクリとイワウチワ三昧の一日

H23年4月12日、栃木県那珂川町のカタクリ山公園、富山のイワウチワ、那賀のカタクリを見て歩いた。

【カタクリ山公園】
関東最大規模を誇るカタクリ群生が斜面を埋め尽くしている。
カタクリは最盛期を過ぎており花弁に傷みがでているのも見られるがまずまずであった。
今年は震災によりイベントは中止とのこと。
駐車場は無料、園内は閑散としている。

1カタクリの里1
1カタクリの里2
1カタクリの里3
1カタクリの里4
1カタクリの里5
1カタクリの里6
1カタクリの里7


【富山のイワウチワ】
群生地は2か所あり山の斜面に密集した様は見事である。
いずれもイワウチワは見頃であった。
カタクリ山公園から群生地Ⅰへ、ナビ設定:武茂郵便局 0287-92-2939

昨年の富山のイワウチワレポは以下から。
H22年4月3日

【群生地Ⅰ】
2イワウチワ1
2イワウチワ2
2イワウチワ3
2イワウチワ4
2イワウチワ5

【群生地Ⅱ】
3イワウチワ1
3イワウチワ2
3イワウチワ3
3イワウチワ4
3イワウチワ5


【那賀のカタクリ】
満開です。
ここの花は大振り、見栄えがする。

昨年の那賀のカタクリレポは以下から。
H22年3月30日

4カタクリ1
4カタクリ2
4カタクリ3
4カタクリ4

大塚成就院池公園のサギソウ

H22年8月9日、水戸市の西部大塚町内に位置する大塚成就院池公園のサギソウを見てきました。
サギソウは昔からこの地域に存在し、公園内の湿地帯の一角を利用し、自生地として復元しようと地元ボランティア保存会が平成五年より球根を移植して取り組んできたとのこと。

サギソウは、真夏のこの暑さの中で、白鷺が群れ飛ぶように咲く純白の可愛い花が素晴らしいものです。

公園入口

サギソウ

サギソウ

サギソウ

サギソウ

今週は夏休みでもあり予定では平ヶ岳であったが、この暑さで疲れがでたのでしょうか。
腰に違和感を感じて山散歩は中止した。
前回は雨で中止、今回は腰を痛めて中止と今季の平ヶ岳には嫌われた様子である。
現在は腰の具合もだいぶ良くなってきており、様子を見ながら山散歩を再会する予定。

はにわ公園のはなしょうぶ園

h22年6月21日、はにわ公園のはなしょうぶを見てきました。
ひたちなか市馬渡地内弥生団地付近にある「はにわ公園」内の花しょうぶです。
この花しょうぶは、平成3年に植栽されたとのことで見事な花を咲かせている。
園内には木道や休憩所も整備されており、子供からお年寄りまで楽しめる。
休園日なし、入園無料。
現在の花しょうぶはほぼ満開。

9花菖蒲
12花菖蒲
2花菖蒲
11花菖蒲
13花菖蒲
1花菖蒲
3花菖蒲
6花菖蒲
14花菖蒲

桜めぐり(その2)

H22年4月10日、水戸周辺の桜名所を見て回りました。
いずれの桜も満開、見事な桜を満喫しました。

今日の桜満喫コースは、那珂市額田の阿弥陀寺~水戸市六反田の六地蔵寺~水戸市桜側土手~水戸市御国神社(桜山) ~水戸市大足の安国寺。

【阿弥陀寺】
那珂市額田の阿弥陀寺の枝垂れ桜満開です。
樹齢約250年とのことであるが花つきが良い。
既に大勢のカメラマンが高級カメラを構え、構図をとり撮影している。
ジャマにならぬよう撮ってきた。
        阿弥陀寺1
阿弥陀寺2
        阿弥陀寺3
阿弥陀寺4

【六地蔵寺】
六地蔵の枝垂れ桜も満開です。ここも人が多かった。
六地蔵寺1
六地蔵寺2.
六地蔵寺3

【桜川土手】
土手周辺は早くも席取りが始まってました。
桜川土手1
桜川土手2

【桜山】
ここも人、人、人。駐車場は満車。
桜山は花より団子、宴会場である。
駐車場脇の土手に腰をおろし一休みする。
桜山

【安国寺】
最後に再度、安国寺に寄る。
安国寺1
安国寺2

カタクリ山公園

H22年4月3日、栃木県那珂川町のカタクリ山公園を歩いてきました。
カタクリ山公園は八溝県立自然公園内に位置し、自然豊かな雑木林3haの中、
100万株に及ぶ関東最大規模を誇るカタクリ群生が斜面を埋め尽くすとのこと。
カタクリは期待に応えてくれ見頃となっていた。

【カタクリ山公園入口】
カタクリ山公園駐車場
カタクリ山公園入口

【カタクリ】
カタクリはほぼ満開、見頃です。
2カタクリ
3カタクリ
カタクリ
かたくり3
かたくり1
かたくり2
5カタクリ
6カタクリ
7カタクリ
8カタクリ

【水芭蕉】
ミズバショウの群生地。今が見頃となっている。
1水芭蕉
2水芭蕉

【ショウジョウバカマ】
ショウジョウバカマの群生地。今が盛りと咲いている。
1ショウジョウバカマ
2ショウジョウバカマ

【ザゼンソウ】
花の時季は終わっている。かろうじて残っていたものを撮る。
1ザゼンソウ

【イチリンソウ】
イチリンソウ


カタクリを満喫した後、富山のイワウチワが見頃との情報を得て群生地に向かう。

富山のイワウチワ探訪

H22年4月3日、栃木県那珂川町富山(とみやま)のイワウチワを見てきた。
カタクリ山公園から約10Kmほど南下した富山にイワウチワの群生地があることをリンゴさんから教えて頂いた。
カタクリ山公園からの帰りに寄って来た。
群生地は2か所あり山の斜面に密集した様は見事である。
いずれもイワウチワは見頃であった。

【パンフレット】
カタクリ山公園で頂いた情報。群生地Ⅰ(地図左)、Ⅱ(地図右)。
        富山パンフレット1
富山パンフレット

【群生地Ⅰ】
富山橋を渡り林道に出る。この付近に駐車する。
イワウチワ1

【林道】
取り付き口まで1.4Km林道を歩く。
林道脇には取り付き口までの距離が明示されており分かりやすい。
取り付き口付近に数台分の駐車スペースがある。
林道

【イワウチワ】
案内板に従って山道を登ると斜面一面にイワウチワの群生地が広がる。
うす暗い杉林の中のイワウチワは輝きをましてほぼ満開でした。
イワウチワ2
イワウチワ4
イワウチワ5
イワウチワ6
イワウチワ7
イワウチワ8
イワウチワ9
イワウチワ10

【ニッコウネコノメ】
林道沿いにはニッコウネコノメ、オウレン、スミレなどが咲き眼をひく。
ネコノメソウ

【オウレン】
オウレン

【スミレ】
スミレ


【群生地Ⅱ】
群生地Ⅰから5~6Kmほど離れている群生地Ⅱへ移動する。
車道沿いには「イワウチワ」の案内表示板が随所にあり、10台程度の駐車場も用意されている。
駐車場脇の取り付き口、群生地へはここから400mと案内板がある。
群生地入口

【イワウチワ】
群生地Ⅰと比べて範囲が広く、花はいくぶん小振りであるが山の斜面に咲き誇る様は素晴らしく群生地Ⅰと遜色ない。
雨雲が広がり林の中はいっそう暗く、急ぎ足で見て歩いてきました。
カメラの撮影モードを間違えボケボケでした。
イワウチワ2
イワウチワ3
イワウチワ4
イワウチワ5
イワウチワ6
イワウチワ8

いちょう祭り・茨城県立歴史館

H21年11月13日、茨城県立歴史館で遊んできました。
今日は朝からどんよりとした曇り空、今にも雨が降り出しそう。
カミさんが朝の日課としている一時間程の散歩から、「今日は県民の日だって・・」という情報を持ち帰った。
そうだ! 茨城県立歴史館の庭園のいちょうも見頃のはず、しかも入館無料と付加価値が付く。
急遽遊びに行くこととした。

【歴史館展示物】
「かがやきにこめた権威と荘厳 -金と銀の考古学-」が開催されていました。
古来の金・銀を用いた装飾品が展示されており、その華麗さにビックリ。
当時の金属加工技術のレベルの高さに驚くばかりでした。
残念ながら館内は写真撮影禁止でした。

【歴史館】
どんよりとした曇り空で人影もまばら。庭園を歩いていると,写真を撮る人,ギンナンを拾う人,いちょう並木の下をゆっくりと歩く人など,それぞれが見頃になったいちょうを楽しんでいました。
歴史館

【旧水海道小学校本館(茨城県指定文化財)】
ー掲示板説明によるー
全国でも数少ない明治初期の八角尖塔のある洋式校舎(2階建)で,明治14年に建築されたもので
1973年に歴史館に移築し,復元された。
 館内の見学もできる、板張りの館内は温かみのあるホットする雰囲気でした。
旧水海道小学校本館

【いちょう並木】
いちょうの紅葉は、8割程度か、青葉が少し見える。
しかし、葉は落ち始め黄色く色づいた葉もまばら。色づく前に落ちてしまった葉が多いようだ。
昨年のいちょう並木はこちらから。
        いちょう並木1
いちょう並木2
いちょう並木3

【旧茂木家住宅(茨城県指定文化財)】
ー掲示板説明によるー
行方郡牛掘町から移築した直家型の農家で,18世紀前半に建てられた茅葺屋根の旧住宅。
 なつかしい茅葺屋根の家です。中に入ると土間があり囲炉裏があり古い箪笥があり・・昔良く見られた間取りです。
旧茂木家住宅1
旧茂木家住宅2

【水車小屋】
ー掲示板説明によるー
那珂郡山方町諸沢(現在の常陸大宮市諸沢)から昭和48年に移築。
 水車小屋に紅葉、絵になる景観です。
水車小屋
水車小屋2

奥久慈・永源寺(通称もみじ寺)の紅葉

H21年11月9日、茨城県大子町常陸大子駅近くの臥雲山永源寺(通称もみじ寺)の紅葉を見てきました。
もみじ寺と呼ばれている通り、境内を埋め尽くす赤や黄色のもみじは素晴らしく、見応え充分でした。
もみじ以外にも、本堂や庭園を囲む森は樹齢700年のケヤキ、300年のカヤ、400年以上の杉の老木のほか、ホウノキ、イタヤカエデなどが生い茂り、多くの野鳥もいるとのこと。

もみじ寺
もみじ寺
        もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
        もみじ寺
        もみじ寺
もみじ寺
        もみじ寺
もみじ寺

今日は紅葉の見頃となった袋田の滝周辺の山散歩と永源寺の紅葉と、紅葉三昧の一日でした。
袋田の滝周辺の山散歩レポは、後日アップします。

サギソウ自生・大塚成就院池公園

H21年8月12日、水戸市大塚町の大塚成就院池公園のサギソウを見てきました。
数日前、otomeさんのブログから大塚町に自生地があることを知りました。
ちょっと遅いかもと思っていましたが自宅からも近いことから様子を見てきました。
残念ながらすでに見頃は過ぎていましたがわずかに残るサギソウから
白鷺が群れ飛ぶように咲く純白の可愛い花を見ることができました。

サギソウ1
サギソウ2.
サギソウ3.
サギソウ4

この柵の中が自生地で木道が敷かれています。
自生地

成就院池公園の池です。
この池の向うに湿地があり自生地です。
池


鮮やかな露の睡蓮

H21年5月31日、常陸太田市根岸の睡蓮を見てきました。
このところの天気は週末になると天気が悪い。
今週も同じパターンで雨、山散歩は中止とし花散歩とする。
根岸地区の約3000㎡のため池に睡蓮の花が見頃となっている。花色はピンク、白で、黄色も1~2輪見られる。ため池には沢水が流入して水がきれいで花がいっそう引き立つ。
地元の方によると見頃は6月いっぱい、昨年よりも花数が少ないとのことです。

写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい。
睡蓮6
睡蓮5
睡蓮4
睡蓮9
睡蓮8
睡蓮7.
睡蓮1
睡蓮2
睡蓮3


春色花探訪

H21年5月16日、下妻市小貝川のポピー、笠間市鳳台院のシャクナゲ、笠間市ほたるの里のクりンソウと花名所をぐるりと歩いてきました。旬の花を満喫しました。

写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい。
【小貝川ふれあい公園のポピー】
小貝川の河川敷を利用した「小貝川ふれあい公園」のポピー畑。5haの花畑には約300万本が花をつけ、ゾーン一面に色とりどりの花絨毯が広がってます。
ポピー2
筑波山をバックに赤のポピーが素晴らしい。

ハナビシソウ
黄のハナビシソウのゾーンから。

ネモヒラ
青のネモフィラのゾーンから。

ムギナデシコ
紫のムギナデシコのゾーンから。

カスミソウ
白のカスミソウのゾーンから。

ポピー1
カーネーションのようなポピーも。

ポピー4


【鳳台院のシャクナゲ】
笠間市箱田の鳳台院の広大な境内には、約17,000本の石楠花があり、赤や淡いピンク色など花の饗宴です。
シャクナゲ1
シャクナゲ2
シャクナゲ3
シャクナゲ4
シャクナゲ5


【駒場ほたるの里のクりンソウ】
笠間市(旧岩間町)の愛宕山麓の西側にある駒場地区の「ほたるの里」には、赤や白、ピンクのクリンソウが植栽され池を縁取ってます。先日のTVで紹介されたこともあり見学者がひっきりなしです。
駒場地区では「駒場ほたるの会」を設立してホタルの保護に乗り出し、山際の休耕田を利用しホタルの餌となるカワニナを養殖し,ホタルの育成に努めているそうです。
クりンソウ3
クりンソウ1
クりンソウ2

市貝町の芝ざくら

H21年4月24日、栃木県芳賀郡市貝町の芝ざくらを見てきました。
市貝町芝桜公園は2006年オープン、2.2ha,14万株の芝桜は、満開と言っても良いのかもしれません。
オープンからわずかな年月でもあり周辺土手の勾配のあるところなどは生育がまだらな場所も多いですが、遠くから鑑賞する限り絨毯を見るよう素晴らしいものです。
説明によると芝ざくらの模様は、小貝川の流れを表しているそうです。 
入園:無料 駐車場(普通車):300円。

(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
芝桜1
芝桜2
芝桜5
芝桜4
芝桜7
芝桜6
芝桜8
芝桜10

黄金色の銀杏並木・茨城県立歴史館

H20年11月22日、水戸の茨城県立歴史館の銀杏並木を見てきました。
いちょうまつり(11月2日~11月24日)が開催されており、イチョウが見頃です。
陽の日差しを浴びて、黄色い色が映えます。
茨城県立歴史館は大きな無料駐車場があり、庭園への入場も無料です。

(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
2008_1122_144407-DSC_0027.jpg

2008_1122_144825-DSC_0036.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。