登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西上州三ツ岩岳と烏帽子岳の赤ヤシオ

H20年4月29日、赤ヤシオを求めて群馬県南牧村と上野村の郡境にある三ツ岩岳と烏帽子岳を歩いてきました。三ツ岩岳と烏帽子岳は8年前に満開の赤ヤシオのトンネルのなかを歩いたことがあり今回で2回目である。この山は赤ヤシオ(地元では「ひとつばな」と呼ぶ)が咲く山と知られており人気の山である。
下仁田から県道に入って南牧川に沿って南牧村役場を目指す。磐戸の三叉路を右折し村役場手前の雨沢の三叉路を左折すれば登山口のある大仁田ダムまでは一本道である。
自宅発4時、大仁田ダム7時半着。自宅~高崎~下仁田~大仁田ダム181Km。

三ツ岩岳
大仁田ダム 登山口 登山道
     大仁田ダム                登山口                 登山道
2001年に完成した大仁田ダムの堤体の真下、立派な里宮橋のたもとに竜王の里宮という社があり、そこが登山口である。駐車場は登山口前に2~3台、数10m手前に楽に10台は止められる舗装駐車場がある。トイレも最新の設備のものがある。
すぐ竜王大権現コースが右に分かれるが、このコースは帰りに利用する事にして直進する。杉の植林された森のコースはかなり急で沢を源流まで詰める。

赤ヤシオ1 赤ヤシオ2 赤ヤシオ3
        山頂直下の赤ヤシオとヒカゲツツジ
最初の尾根に出るとあちこちにアカヤシオやミツバツツジのピンクが見える。アカヤシオとヒカゲツツジに彩られた急な崖を登る。この崖を登りきると三番目の尾根に出る。ここが主稜線で竜王大権現コースとの合流点である。

赤ヤシオ5 ヒカゲツツジ 三つ岩岳山頂
     赤ヤシオ               ヒカゲツツジ          三ツ岩岳山頂
主稜線に出ると一気に身近にアカヤシオが増える。山頂はアカヤシオに囲まれ、展望も良い。一息つき展望を楽しんだ後山頂を後にする。下りは分岐点を直進して竜王大権現を目指す。小さなピークを越えたり巻いたりしながら、要所に立てられた道標に従い尾根を下る。やがて槍のような岩峰を持つピークの手前を右に下ると、すぐ下の大岩壁の陰に竜王大権現が祭られている。勾配は一度も緩むことの無い一気下りで登山口に着く。約2時間ほどの山散歩であった。

烏帽子岳
烏帽子岳駐車場 烏帽子岳登山口 登山道
     烏帽子岳駐車場         シボツ沢登山口         シボツ沢沿いの登山道の新緑  
大仁田ダムから烏帽子岳登山口まで0.6Km、歩いても10分ほどである。登山口から暫くは沢の右岸を歩く事になる。相変わらずハシリドコロの花が目につく。これを食べれば中毒を起こして、早く歩けるかななどと、つまらない事を考えながら歩く。道は沢の中に入ったり、離れたりと、常に沢沿いに歩く事になる。

マル 赤ヤシオ7 赤ヤシオ8
        マル               登山道の赤ヤシオ
沢沿いに直登するものは郡界尾根経由でマルを経て烏帽子岳に行くものである。せっかくだから最高峰のマル(1200m)へ、沢を直登して郡界尾根経由で登る事にする。急斜面に落ち葉がかなり堆積しており、歩きにくい事このうえない。マルの山頂へ、周りは潅木に覆われて展望は良くない。

烏帽子岳山頂 ハシリドコロ 不明
      烏帽子岳山頂          ハシリドコロ           シロバナエンレイソウ
マルから烏帽子岳に向かう道は、もったいないほど一気に道を下る事になる。一旦コルに降りて登り返すと烏帽子岳山頂に着く事ができる。山頂はあまり広くはないが、展望は360度の視界が開けている。先ほど登った三ツ岩岳山頂にはわずかに、アカヤシオのピンクの色が見えている。下山はコルから直接奥の二股に下る。ガレ場が多く、急勾配なのですべりやすい。かなり長い距離ロープがあって助けられる。コースにはいたるところにハシリドコロが咲き、シロバナエンレイソウが可愛い花を葉の上に載せていた。約3時間の山散歩であった。
三ツ岩岳の赤ヤシオは花が散りはじめていたが、烏帽子岳の赤ヤシオは見頃で素晴しいものであった。

スポンサーサイト

山菜あり花ありの奥久慈男体山周辺

H20年4月26日、前週に引き続き奥久慈男体山周辺を歩いてきました。
今回は山のベテランのSさん夫婦と一緒で、山菜あり花ありですごく楽しい山散歩となりました。
山中にはたくさんの春の花が咲き始めています。
男体山 山つつじ トウゴクミツバつつじ    展望台からの男体山         ヤマツツジ              トウゴクミツバツツジ

ムラサキケマン キケマン トウゴクサバノウ
    ムラサキケマン               キケマン            トウゴクサバノオ

フタバアオイ ヤマゴボウ ユリワサビ
     フタバアオイ             ヤマゴボウ             ユリワサビ

シイタケ 収穫物
    天然のシイタケ            収穫物
先週の山散歩でも天然のシイタケをゲットしましたが、友人達は「山中でシイタケが本当にあるのか?」などと信じて貰えませんでした。そこで証拠の写真をぜひ撮りたいと思って探しました。
ありました。ありました。これが天然のシイタケです。天然ものは香りも味も最高です。
今日も自然の恵みを頂き感謝、感謝です。
Sさん夫婦には花の名を教えて頂いたたり、カミさんの絶え間ない機関銃のようなトークを相手して頂きありがとうございました。おかげさまで自分はノンビリと山を楽しむことができました。これに懲りずにまたご一緒願います。

ニリンソウ咲く奥久慈男体山

H20年4月19日、奥久慈男体山から白木山を歩いてきました。
昨日の嵐が去り、花の様子や山菜の下見を兼ね大円地~健脚コース~男体山~白木山~持方集落~大円地超~一般コース~大円地と時計廻りに歩いてきました。
今日は天気も思わしくないせいか出会う人もなく静かな山でしたが、稜線ではゴーゴーと不気味な音をたてた強い風でした。男体山の一般コースにはニリンソウが群生し見頃となっています。
<参考までに> H19年12月22日に同じコースを歩いています。覗いてみて下さい。
登山口 男体山 筑波山
    登山口付近から           展望台からの男体山      展望台からの筑波山
昨日の嵐もあがり空気が澄み展望がきく。筑波山も久しぶりにすっきり見える。

白木山1 白木山2 白木山3
    設置された道標             急登の山道             白木山頂
白木山頂直下になぜか道標が忽然とあらわれた。稜線に道標はこれ1本だけ。

イワウチワ1 イワウチワ2 イワウチワ4
イワウチワの群生地。見頃は過ぎているが見応えがある。

カタクリ1 カタクリ2 ヒトリシズカ
カタクリの群生地もある。ここのカタクリの花びらは他の所のものよりも大きいようである。ヒトリシズカの花も観られる。ヒトリシズカはセンリョウ科の多年草、花びらはなく花のように見えるのは雄しべとのこと。

ニリンソウ1 ニリンソウ2 ニリンソウ3
ニリンソウ4 ニリンソウ5 ニリンソウ6
大円地越えからの男体山の一般コースには、ニリンソウが群生し見頃となっています。まさに花街道の様子で一見の価値があります。

タラの芽 ワラビ シイタケとヨモギ
     タラの芽                ワラビ             シイタケとヨモギ
本日の山散歩で自然の恵みを頂いてきました。山菜は芽が出始めたばかりでちょっと早かったようです。さっそく我家の食卓にあがり胃の中に納めました。山の中に自生したシイタケの味も最高です。
今日の山散歩は花あり山菜あり満足、満足の一日でした。

茨城県植物園のチューリップまつり
男体山からの帰りに植物園に寄りチューリップまつりをみて来ました。園内の花壇では、約1万本のチューリップが見頃を迎えてます。なお、チューリップまつりは4月12日(土)~4月20日(日)開催されている。
植物園1 植物園6 植物園2
植物園3 植物園5 植物園8

奥久慈盛金富士のイワウチワ

H20年4月12日、山方町の盛金富士(もりかねふじ、341m)を歩いてきました。
盛金富士は、奥久慈県立自然公園の入口に美しい山姿を現しており、山頂には富士権現の石祠がある。 眼下には、久慈川の清流を眺めることができ、イワウチワの山としても知られている。今回のコースは、下小川駅~盛金富士~下小川駅の反時計廻りの周回、2時間弱の山散歩でした。下山後、時間があることから下檜沢のイワウチワ 、那賀のカタクリ へ。花三昧の一日でした。
盛金富士 下小川駅 登山口
R18から見る盛金富士。手前の久慈川にかかる平山橋を渡って下小川駅へ。平山橋は欄干がなく潜水橋とも呼ばれ洪水時に流されないような構造とのこと。下小川駅の駐車場を利用する。盛金富士は、下小川駅から目の前に見え、登山道もよく整備され、家族連れにもお勧めのコース。下小川駅前にある標識に従い舗装路を歩くと鳥居にでる。ここが盛金富士の登山口。

イワウチワ1 イワウチワ2 イワウチワ3
イワウチワ4 イワウチワ5 イワウチワ6
登山口から山頂まで、ほとんど階段の単調な林の中の道が続く。山頂直下の急斜面にイワウチワが群生している。満開は過ぎて花びらが散っているのもありましたが十分楽しめました。

山頂1 山頂2 熊の山
地元の小学生が作った、「あと30分」、「あと20分」などと書かれている標識を見ながら山頂着。山頂にはベンチが置かれ、すぐ横に基部まで露出してしまっている三等三角点がある。山頂からは眼下に細長く伸びた集落や久慈川の流れが、また、男体山から続く岩尾根が展望できる。

下檜沢のイワウチワ
R18中舟生の先のトンネルを過ぎ右折しR29、R321を走り寄藤方面に向かう。寄藤沢近くの山間に登りイワウチワを見てみました。急斜面にびっしりと群生していましたが、満開を過ぎていました。
下檜沢1 下檜沢2 下檜沢3
下檜沢6 下檜沢5

那賀のカタクリ
R12沿いの那賀のカタクリを見てきました。この近くに住む地主の方が管理されているようです。満開を過ぎていました。
那賀1 那賀2 那賀4

イワウチワ咲く御岩山から高鈴山、神峰山へ

H20年4月9日、御岩山(492m)に咲くイワウチワを観てきました。
日立市入四間町の御岩山へ。イワウチワ(岩団扇)を目的に7~8年ぶりに御岩山を歩きました。御岩山はイワウチワが咲く山として名が通っており、かつてはあちこちに見られたというイワウチワも盗掘などに遭い、めっきり少なくなってしまっているという。昨日の嵐でどうなっているか心配でしたがスッキリと咲いており堪能してきました。今回のコースは、御岩神社~御岩山~高鈴山(往復)~神峰山(往復)~御岩神社、約4時間半の山散歩でした。
御岩神社 水芭蕉 三本杉
     御岩神社             ミズバショウ       三本杉
御岩神社駐車場の一角の湿地には、ミズバショウ(水芭蕉)が見られました。御岩神社は三本杉はじめ、鬱蒼とした森に囲まれ、風格ある神社です。三本杉は、御岩神社参道を約70メートルほど入った右側にあり、日立市内で最大の巨樹といわれている。地上約3メートルのところから幹が3本に分かれ、ほぼ均等の勢いで上方にのびている。根回り周囲は、11.2メートル、目通り幹囲、8.4ートル、樹高は約6.2メートル.。樹齢は推定500年と案内板に紹介されています。

御岩神社1 石楠花 奥の院
    表参道                   石楠花          賀毘礼神社のイワウチワ
御岩山へは、神社入り口から山門を抜け本殿の奥になる。山道は変に整備されておらず風情がある。しばらく、沢沿いの道を行くが、尾根に取り付くと急斜面になる。一登りすると奥の院に着く。奥の院の前の岩に咲くイワウチワが見事です。参道には、山野草が多く特に本殿周辺には石楠花が多く植えられ、つぼみが膨らんでいるものもある。花の時期は見ものでしょう。

イワウチワ群生2 イワウチワ群生4 イワウチワ群生
イワウチワの群生
賀毘礼神社から少し登ると群生地に出る。群生地には案内板もなく良く見ないと通り過ぎてしまいそうな斜面の場所です。昨日の嵐の影響も受けず見頃です。

岩場 御岩山頂 高鈴山          御岩山の岩場            御岩山頂               高鈴山の電波塔
御岩山…標高492m。山頂付近には巨大な奇岩があって、ロッククライミングの練習場所にもなっている。それに沿うように直登するとまもなく山頂。木に囲まれあまり展望は無いけど、近くの岩場がひらけていてそこからの眺望は良い。高鈴山の山頂には気象庁、電力会社他の通信施設が設置されており、チョッと興醒めです。

アセビ 高鈴山頂から 神峰山      アセビの花             高鈴山頂からの展望           神峰山からの日立市街
高鈴山は「花の百名山」でも紹介されており、山頂からの展望も良く、登山道も良く整備されていて、ファミリーハイク向きの山として人気が有る。 高鈴自然ハイキングコースを歩き神峰山へ向かう。日立市街と霞んだ太平洋を見ながら休憩する。付近のフキノトウを10本位頂く。
ショウジョウバカマ1 ショウジョウバカマ2 ショウジョウバカマ3.
ショウジョウバカマの群生地
神峰山から御岩山へ戻る途中にショウジョウバカマ(猩々袴)の群生地を見つける。鮮やかな色合いに迷わずシャッターを切りました。
高鈴山は、田中澄江氏の著書「花の百名山」(イワウチワ)で紹介され、一躍全国区となりましたが、イワウチワは、御岩神社から御岩山コースでなければ見ることはできません。また、群生地には案内板もなく良く見ないと通り過ぎてしまいそうな場所です。

裏筑波・女(め)の川から筑波山へ

H20年4月5日、カタクリを目的に筑波山を歩いてきました。
久しぶりに裏筑波から女(め)の川を登り、男(お)の川を下りました。
女の川のカタクリは、つぼみのものが多い。来週末が見頃でしょうか。
今回のコースは、女の川~女体山~研究路~男の川の時計廻りの周回です。
女の川登山口 女の川コース1 女の川コース2
女の川コース3 女の川コース4 女の川コース5
女の川に沿ってカタクリが点在する中を踏み荒らさないよう気を付けながら歩く。
女の川からは道標はなく踏み跡も薄いです。

女の川コース6 女の川コース7 女体山頂から
     大岩                女体山頂直下            女体山頂から
女の川最上部にある大岩、初夏にはイワタバコがびっしりと芽がでる。
この大岩を巻いていくとキャンプ場からのコースと合流し女体山頂直下に出る。
女体山頂から見る男体山方面。

筑波山のカタクリ. 薬王院への分岐 男の川への分岐
      カタクリ             薬王院への分岐         男の川コースへの分岐
筑波山のカタクリはつぼみが多く見頃は来週でしょうか。
自然研究路の分岐から薬王院方面へ、コースの途中から男の川コースへ。道標はありません。

男の川コース1 大滝不動 男の川登山口
    男の川下山路             大滝不動             男の川口
男の川コースは踏み跡明瞭です。 男の川口にある大滝不動。
男の川口から女の川口までは林道を歩きます。
カタクリの開花がいまいちであることから吾国山(カタクリ)へ向かう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。