登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

見頃です雄国沼のニッコウキスゲ

H21年6月25日、雄国沼を歩いてきました。
カミさんの希望でここ数年、毎年訪れている裏磐梯の雄国沼へ。
今年も期待を裏切らない見事なニッコウキスゲでした。
今回のルートは、雄子沢登山口~休憩舎~雄国沼散策~休憩舎~雄国山(往復)~雄子沢登山口です。約6時間の山散歩でした。

                             山行記録一覧
(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
【駐車場と案内図】
写真は下山時のもので車道まで車があふれていました。
家を出るときには雨がパラツキ心配していましたが、福島県へ入るにつれ天気は次第に回復し、期待して出発する。
駐車場案内図

【雄子沢沿いの山道】
小鳥の鳴き声、沢の音が聞きながら快適な山道です。昨日までの雨のせいか山道はぬかるみ雨水がたまっている所もある。
雄子沢沿いの山道
雄子沢沿いの山道1
【ギンリョウソウ】
山道ではギンリョウソウの花が目立ちました。
ギンリョウソウは、山地の湿り気のある腐植土の上に生える腐生植物です。
ギンリョウソウ

駐車場から約1時間も歩くと「雄国沼休憩舎」へ。
予定では猫魔ヶ岳を往復しその後雄国沼へでしたが、ハイカーが少ない時にゆっくり見ようとのことで休憩舎にザックをデポし雄国沼へ。
ニッコウキスゲは咲き始めで蕾も多く見応えがある。昨年よりも素晴らしいかも。
ニッコウキスゲの脇役になっているヒオウギアヤメ、ヤナギトラノオ、タテヤマリンドウも存在感を表しているが、毎年目につくトキソウ、サワランは見つけることができなかった。
【ニッコウキスゲ】
黄色の中に赤(レンゲツツジ)と白(コバイケイソウ)が目立ちます。
ニッコウキスゲ2
ニッコウキスゲ3
ニッコウキスゲ4
ニッコウキスゲ5
ニッコウキスゲ6
「小ピーク」の雄国沼の展望台は写真の左端のピークです。
ニッコウキスゲ

【ヒオウギアヤメ】
ヒオウギアヤメ

【ヤナギトラノオ】
2009_0625_085002-DSC_0069.jpg

【タテヤマリンドウ】
タテヤマリンドウ

天気も穏やか、ハイカーも少なく花の世界にまったりとした時間を過ごしたためか、猫魔ヶ岳へ登る気力を無くし、雄国山へと変更する。
雄国山からは磐梯山、安達太良山、飯豊山など360度の展望です。
【雄国山から見る磐梯山】
鋭く形の良い山です。しばらく登ってないなあ。
磐梯山

【雄国山から見る飯豊山】
山並にはまだ雪が見られます。
飯豊山

【雄国山から見る雄国沼】
ニッコウキスゲが咲いている所が黄色く見えます。
雄国沼

雄国山頂から見た雄国沼の展望が良さそうな小ピークへ向かう。
小ピークは雄国沼の展望台、さえぎるものがなく絶好の場所です。
【小ピークから見る雄国山】
雄国山

【小ピークから見る雄国沼】
この展望、見とれてしまいます。
雄国沼

【ヤマツツジ越しに見る雄国沼】
1本だけ色の良いヤマツツジが咲いていました。
ヤマツツジと雄国沼

【オキナグサ】
すでに花は終わり種子の状態です。種子のまわりにできる白い毛が絹の様に艶々と輝いています。
オキナグサ1

【ムシカリ】
花も終わりかけのムシカリ、白の花ビラが眩しいです。
ムシカリ

帰りに休憩をかねて小野川湖の奥の小野川不動滝を見てきました。
次回の山散歩は天気次第ですが秋田駒ケ岳、早池峰山の予定です。

スポンサーサイト

裏磐梯の小野川不動滝

H21年6月25日、雄国沼のニッコウキスゲを見ての帰りに裏磐梯・小野川不動滝を見てきました。
小野川湖の上にある滝で「小野川不動滝」。 水量は多く水源は小野川湧水の百貫清水とされる。

不動滝入口不動滝マップ
裏磐梯ビジターセンター前の信号をグランデコ方向に曲がって、約10分で到着。
滝までは遊歩道が整備され、駐車場から20分ほどで滝に到着する。

滝の高さは25m。手摺りも柵もないので滝壺までいけますが、すごい水量なのでちょっとそれは危険。でもマイナスイオンと涼気は十分に楽しめます。
       不動滝
       不動滝3
       不動滝1
       不動滝2

奥日光赤岩滝と千手ヶ浜のクリンソウ

H21年6月19日、奥日光の赤岩滝と千手ヶ浜のクリンソウを見てきました。
 この時期、日光ではクリンソウの花が素晴らしいらしいとのこと。 私も聞き知っていたが、実際に行ってみたことはない。見頃は今週がラストチャンス、クリンソウ見学だけでは時間を持て余してしまうので奥日光のそのまた奥の赤岩滝をプラスした。
 今回のルートは、龍頭の滝無料駐車場~(周回線歩道)~千手ヶ浜~自然の家~赤岩滝~西の湖~千手ヶ浜~クリンソウ園~(周回線歩道)~龍頭の滝無料駐車場の往復です。約7時間半の山散歩でした。

                             山行記録一覧

【駐車場入口とコースマップ】
龍頭の滝無料駐車場への入口(左手側へ)。大きな駐車場がある。
赤沼車庫から低公害バス(ハイブリットバス)でもよかったのだが、新緑の中の散歩もいいものだと湖岸を歩くことにする。
無料駐車場入口コースマップ

【周回線歩道入口】
6時40分発。駐車場の先に周回線歩道入口の案内板がある。
千手ヶ浜へ3.8Kmとある。
遊歩道入口

【周回線歩道】
左手下に中禅寺湖を見ながら緑深い雑木林の中を歩く。気持ち良いコースである。
遊歩道1

【周回線歩道】
さすが観光名所日光の遊歩道である。コースの整備は行き届いており何の問題もない。
遊歩道2

【千手ヶ浜からの男体山】
7時50分千手ヶ浜着。中禅寺湖越しの靄っぽい男体山。浜には誰もいない、静かな湖畔である。クリンソウ園は帰りに寄ることとし奥日光自然の家へ向かう。
男体山

【奥日光自然の家】
柳沢林道へ向かう途中に「奥日光自然の家」がある。施設内にはクリンソウが一面に咲き素晴らしい景観です。夏は避暑地として、秋には紅葉が楽しめる絶好の位置にある。クリンソウを楽しんだ後、赤岩滝へ向かう。
自然の家1
自然の家2

【赤岩滝への分岐口】
8時35分、西ノ湖へのコースと分かれ、赤岩滝への林道を進む。
柳沢林道は林の中の静かななコース、コースは途中から柳沢川に沿って歩くようになる。
(赤岩滝へのコースは、整備されたハイキングコースではありません。)
赤岩滝への分岐

【柳沢林道】
林道の左手には、水量豊かな柳沢川の流れが見える。この流れの上流に赤岩滝がある。
柳沢林道

【河原への取り付き口】
9時20分、河原への取り付き口着。柳沢林道に入ってからここまでゆっくり歩いて45分。道幅が急に細くなったところが林道の終点。対岸に赤岩滝の道標が見え川を渡る。
河原への取り付き口

【河原】
岩と岩の間に渡した流木が橋の代用だが危なっかしく渡れない。石づたいに渡る。
ここからはペンキマークが頻繁にあり道に迷うことはない。
河原1

【河原】
原生林を抜けると、こんどは川岸を岩づたいに歩く。
途中、沢の出合があるので、右側の沢(柳沢川)を上流に向かって進む。
河原

【赤岩滝】
9時50分赤岩滝着。
突然のように赤岩滝が目の前にそそり立つ。落差100m、幅7m、雄大だ。高さ、優美さ、日光でも1,2を競うともいわれる。
特にこの時期は、雪解けの水が集まり、一年でもっとも水量が多く見応えがあるとのこと。
 滝を堪能した後、往路を西の湖分岐まで戻る(11時10分着)。誰とも会うことがない赤岩滝の往復でした。
        赤岩滝

【落葉松林】
西の湖へ向かう。美しい落葉松林の中の道、鹿が出てきました。
落葉松林

【あざみ橋】
あざみ橋を渡るとすぐに西の湖です。
あざみ橋

【西の湖】
西ノ湖です。神秘的でとても静かですが水量が少ないのが気になります。
ここから千手ヶ浜へ戻り、クリンソウ園へ。
西の湖

【クリンソウ園】
千手が浜、ここはクリンソウの群生で有名。バスで簡単に来れることもあって、観光客の姿を多く見かける。 平日だというのに本当に沢山の方が見に来ています。
色の薄いもの、濃いもの、ピンクのグラデーションが一面に広がっている。 敷地内には清らかな水が流れており、水面に花の色、新緑の色を映しこむ景観が素晴らしい。
クリンソウ1
クリンソウ2.
クリンソウ3.
クリンソウ4
クリンソウ5

【男体山】
クリンソウを堪能した後、中禅寺湖畔で休憩。千手が浜から眺めた男体山は、実に雄大な眺めです。
また、湖岸沿いに駐車場まで往路を戻る(14時10分着)。
男体山1

【龍頭の滝】
帰りに久しぶりに龍頭の滝を見る。水量が多く豪快であった。
龍頭の滝

幸いにも、梅雨の最中の貴重ないい天気に恵まれ、奥日光を充分堪能できた。満足、満足でした。
次回の山散歩は、雄国沼(ニッコウキスゲ)あるいは浅草岳(ヒメサユリ)の予定です。

コウシンソウ咲く庚申山

H21年6月12日、日光市の庚申山(こうしんさん:1901m)を歩いてきました。
目的はコウシンソウ、クリンソウ、コウシンコザクラなどなど。
今日は梅雨の中の貴重な晴れ間、この日しかないと思い朝4時発、銀山平に6時着。
今回のルートは、銀山平~一の鳥居~庚申山荘~庚申山~お山巡り~銀山平です。写真やビデオを撮ったりのチンタラ山散歩で約8時間でした。

                            山行記録一覧
写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい。

【一の鳥居】
駐車位置から林道を歩くこと約50分、登山道口の一の鳥居に着く。新緑の雰囲気がいい山道が続く。
登山道入り口

【フタリシズカ】
一の鳥居付近に群生していたフタリシズカ。2本の花穂の先に米粒のような白い花をつける。高さは30~40cmあり決して小さくはないが,群生でもしていない限り目立たない。
フタリシズカ

【ヤマツツジ】
庚申山荘直下の旧猿田彦神社跡付近のヤマツツジ。ヤマツツジは既に終っていたが、ここだけはまだ花芽を付けている。
ヤマツツジ

【庚申山荘】
無人小屋とは思えない設備が整った山小屋である。次の機会にはここに泊まって見たいものである。
庚申山荘

【クリンソウ】
庚申山荘の裏に群生しているクリンソウ。見事なものである。
濃い赤紫の花を車輪状につけ、それが数段になるので,その様を五重塔などの先端部分(九輪)にたとえて名前を付けられたそうです。
クリンソウ1
クリンソウ3
クリンソウ2

【シロヤシオ】
庚申山頂付近ではまだ見事に咲くシロヤシオが見られる。
シロヤシオ1
シロヤシオ2

【皇海山と鋸山】
庚申山頂の先の見晴台からの皇海山(右)と鋸山(左)。
西、北の二方に開けて大きな展望を得ることができる。なんと言っても皇海山の勇姿、まさに足尾の盟主です。また鋸十一峰と呼ばれる庚申山から鋸山に向かう峰々、さらに南進して前袈裟丸山に至る長大な袈裟丸連峰、と足尾の核心すべてを一望することができる。
皇海山と鋸山

【お山巡り】
庚申山から戻り大胎内から左に別れると鎖、梯子、橋などが連続して登ったり下りたりのお山巡りコースへ入る。
山道1
山道4
         山道2

【コウシンソウ】
この時期にどうしてもはずせない花です。
コウシンソウは名前の通り、庚申山に自生する食虫植物で、葉の腺毛から粘液を出して昆虫を捕らえます。花を見ている限り食虫植物には見えませんが。
コウシンソウ
コウシンソウ1
コウシンソウ2
コウシンソウ5

【コウシンコザクラ】
庚申山の固有種でコウシンコザクラとのこと。ピンクの花がすごく可愛いです。
コウシンコザクラ2
コウシンコザクラ3
コウシンコザクラ1

【クワガタソウ】
ちょっとピンク色がかったクワガタソウ、きれいでした。
クワガタソウ

【ズダヤクシュ】
「ズダ」はぜんそく(喘息)という病気の信州方言。「薬種」は薬になるという意味で、喘息に効く薬草であることから名がついたそうです。地味な花ですが良く見ると可愛い花です。
ズダヤクシュ.

【ミツバツチグリ】
春の野山でとても目立つ、鮮やかな黄色い花です。
ミチバツチグリ

【ミヤマハンショウツル】
いつもの場所に一輪のみ咲いていました。今年は終わってしまったのでしょうか。
ミヤマハンショウツル

一の鳥居から駐車場への下りの林道にて、偶然にもディダラボッチさんと会いました。
紅葉の時期にでも「庚申荘に泊まって皇海山と鋸山まで歩いて見たいね」などと話をしながら歩いていると、遠くから手を振って登ってくる人がいます。背格好、歩く姿に見覚えがある人だなと思ってましたが、ディダラボッチさんでした。ビックリです。わずかな時間でしたが話ができ元気をもらいました。今日は運よく晴れ渡り目的の花も見られたし、ディダラボッチさんとも会えたし大満足でした。

次回の山散歩は、南蔵王(チングルマ)あるいは奥日光(クリンソウ)の予定です。

花の安達太良山

H21年6月7日、福島県の安達太良山を歩いてきました。
朝早く家を出るときは快晴、福島県に入るにつれ天気は怪しくなり二本松に近づくと雨模様となる。予定では塩沢登山口~安達太良山としていたが、渓谷の登山道なので川を渡る地点もあり増水していることも考えられることから奥岳登山口~安達太良山に変更する。
シトシトと雨が降る中の山散歩でしたが、レンゲツツジやイワカガミなど多くの花との出会いがありよかったです。奥岳登山口からは12年ぶりの山散歩でしたが新鮮なものでした。
今回のコースは、奥岳登山口→勢至平→くろがね小屋→峰の辻→安達太良山→薬師岳→奥岳登山口の反時計回りの周回です。約6時間の山散歩でした。
                             山行記録一覧

駐車場コースマップ
        【駐車場】                     【コースマップ】
下山時に撮った駐車場。このような天気でも多くの車が駐車している。人気がある山です。

登山口付近タニウツギ
         【登山口付近】                  【タニウツギ】
駐車場から富士急ホテル前を通り、あだたら渓谷遊歩道入り口を直進して登山道へ。烏川橋へ出る少し手前に五葉松平・薬師岳経由で山頂に向かう道との分岐点がある(標識有り)が、下山時のコースとする。砕石が敷き詰められた歩きにくい林道へ入る。林道沿いに色あざやかにタニウツギが盛りと咲いている。

【勢至平のレンゲツツジ】
滑りやすい山道を登って来た道も終わって広い道に出れば勢至平の入り口。正面に鉄山・箕輪山が見えて来るはずだがガスで何も見えない。勢至平に咲くレンゲツツジは満開、見頃です。
レンゲツツジ1
レンゲツツジ2.
レンゲツツジ3

【くろがね小屋】
くろがね小屋は安達太良山登山の基地として格好の位置にある。小屋の裏手が岳温泉の源泉で小屋にも当然、温泉が有り休憩等に利用できる。
くろがね小屋

【ミネズオウ】
くろがね小屋~峰の辻に群生していおり素晴らしい景観です。
ミネズオウ1
ミネズオウ2

【イワカガミ】
くろがね小屋~峰の辻に多く見られます。色鮮やかで目を引く花です。
イワカガミ1

【谷筋の雪渓】
歩くには支障ありませんが谷筋にはまだ雪渓が見られます。
谷筋の雪渓

【ショウジョウバカマ】
雨露をたっぷり含んだショウジョウバカマ。まだ見られます。
ショウジョウバカマ

【安達太良山】
ガスに包まれた安達太良山頂、展望はまったくないが多くのハイカーがくつろいでいる。
安達太良山1

【薬師岳への登山道】
ツツジなど多くの花が咲く花の稜線です。
\薬師岳への登山道

【ムラサキヤシオ】
ムラサキヤシオと教えて頂きました。
ぶなの若葉やタムシバの花に混じって、森に彩りを添えていた。レンゲツツジが朱色系であるのに対して、ヤシオの赤紫は独特の情緒がある。薬師岳への登山道に点在し見頃です。
ムラサキヤシオ2
ムラサキヤシオ1

【薬師岳】
ゴンドラの終点駅付近。標識でもなければ通過してしまうほどです。
薬師岳

【ウラジロヨウラク】
淡紅紫色で釣鐘形の花を枝先に数個垂れ下げて咲かせる。咲き始めです。
ウラジロヨウラク

【サラサドウダンツツジ
ドウダンツツジに似ていますが,花の形が違うことと,先の方が薄紅であることで見分けがつきます。愛らしい花です。
サラサドウダンツツジ

【ツマトリソウ】
直径1.5程度の白色の花を上向きに1個つける。
ツマトリソウ

【マイヅルソウ】
金平糖のような花が可愛らしい。
マイヅルソウ

【ベニバナイチヤクソウ】
S氏からベニバナイチヤクソウと教えて頂きました。
??

次回の山散歩は、庚申山(コウシンソウ)の予定です。

高山植物の宝庫・那須岳

H21年6月2日、花いっぱいの那須岳を歩いてきました。
今日は久しぶりの快晴、昨夜ディダラボッチさんから那須岳の花情報を頂き、天気よし、花よしと期待し出発しました。期待通り多くの花に出合え素晴らしいものでした。
今回は花めぐりコース、沼原駐車場→白笹山→南月山→日の出平→沼原駐車場の反時計回りの周回です。
                                     山行記録一覧
写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい。
茶臼岳
今日の茶臼岳。
南月山から見る堂々たる山姿が青空に映えます。

白笹山から南月山を見る
白笹山から南月山を見る。
この稜線は、アズマシャクナゲ、シロヤシオが点在し黒尾谷山方面の展望が開け気持ち良い。

【シロヤシオ】
皇太子ご夫妻はこの花が大好きで、敬宮様(愛子様)が「純白の花のような純真な心を持った子供に育って欲しい」との願いをお印に込めたといわれております。
沼原から白笹山頂にかけてシロヤシオの古木が多く見ごたえがある。
中腹から山頂にかけて満開、アズマシャクナゲも加わりなお凄い。
シロヤシオ1
シロヤシオ2
シロヤシオ3
シロヤシオ4

【ミネサクラ】
日の出平はミネザクラの名所として名が通ってます。
例年ですと6月初めが見頃と言われていましたが、今年は1週間ほど早く満開とのことでした。
行き会うハイカーとは「残念ですね」が挨拶代わりです。
多くのサクラは花が散ってしまいましたが、まだ数本見られるものがあり香り、色合い、姿をじっくり見てきました。
ミネザクラ2
ミネザクラ3
ミネサクラ
ミネサクラ4

【アズマシャクナゲ】
白笹山~南月山の登山道でアズマシャクナゲを見ることができます。
アズマシャクナゲ
アズマシャクナゲ
裏那須連山
アズマシャクナゲ越に見る流石山~大倉山の稜線です。
7月に入るとこの稜線はお花畑になります。

【ミツバツツジ】
ミツバツツジでしょうか???  
ミツバツツジの決定的な特徴は雄しべは五本とのことであるが画像で見る限り定かではありません。
日の出平からの下りに色鮮やかに咲いている。今が見頃。
ミツバツツジ
ミツバツツジ1

【その他の花】
足元に可憐に咲いている花です。この他にもミネサクラやアズマシャクナゲなど目線の高さの花に見とれて気づかずに通り過ぎた花もたくさんあることでしょう。
ムラサキエンレイソウクロバナエンレイソウ
     【ムラサキエンレイソウ】            【クロバナエンレイソウ】

オオカメノキチゴユリ
       【オオカメノキ】                    【チゴユリ】 

ツバメオモトミツバオウレン
       【ツバメオモト】                  【ミツバオウレン】 

ユキザサ.マイズルソウ
        【ユキザサ】                    【マイズルソウ】 

沼原~南月山のコースと同様、日の出平から沼原湿原に向かう途中には、ミネザクラやアズマシャクナゲ、シロヤシオなどの花が混生した道でうれしくなります。
花は一日、いちにち咲き方が変わっていて、開花時期を予想することが難しいもので、良い時期に出会うことがなかなかありません。
ディダラボッチさんにジャストな情報を頂き多くの花との出会ができました。ありがとうございました。