登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹氷輝く至仏山

H22年4月30日、快晴の天気予報に誘われて尾瀬の至仏山を歩いてきました。
至仏山(しぶつさん)は、群馬県の北東部、みなかみ町と片品村との境界に位置する標高2,228.1mの山。
今回のコースは、鳩待峠~小至仏山右脇をトラバース~至仏山~小至仏山~鳩待峠の往復。
約4時間半の山散歩で、大雪原と360度の大パノラマを楽しめた一日でした。
自宅発3時00分、駐車場6時00分着。自宅~日光~戸倉~鳩待峠 166Km。 
至仏山へは今回で3回目。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【鳩待峠休憩所】
鳩待峠の尾瀬の玄関口。
鳩待峠休憩所

【駐車場】
駐車場の廻りには2mを越える雪が積もっている。駐車料金は普通車2,500円。
駐車場

【登山口】
バス旋回場の脇の至仏山登山口を緩やかに登っていく。
鳩待峠が約1560m、至仏山2228mまでの標高差は600m程の登りとなる。
昨日は雨が降ったとのことで雪が締まり、今朝の冷え込みにより雪面はカチカチに凍っている。
登山口

【至仏山】
歩き始めてまもなく右手に真っ白な至仏山を見る。
雑木林の中の山道には樹氷の花が咲く。
至仏山

【樹氷】
樹氷が、青空を背にキラキラと輝き素晴らしいものであった。
まさに花が咲いたようであった。
4山道
5山道
6至仏山
7樹氷
        8樹氷
9樹氷
10樹氷

【燧ケ岳】
少し進むと樹木の間から燧ケ岳を見る。
11ひうち

【上州武尊山】
オヤマ沢田代付近から見る上州武尊山(左奥)。
過去に2回歩いたことがある。堂々として存在感がある。
12上州武尊山と笠ヶ岳

【オヤマ沢田代付近】
小至仏山を目指して広い雪原を歩くがスキーのトレースは凍りつき滑る。
前方右に燧ケ岳や尾瀬ヶ原、後ろに日光連山が望める場所である。
13山道
14山道

【笠ヶ岳】
左手を見ると端正な姿の笠ヶ岳が。
だいぶ前に花の時季に歩いたことがあった。素晴らしいお花畑と出会ったことを記憶している。
15笠ヶ岳

【至仏山を目指して】
雪がある今の時季は小至仏山をトラバースするよう道がつけられている。
時折、山スキーを楽しむ方が豪快に滑り下りている。
今の時季の至仏山は、スキーやスノーボードを楽しむ方が大半で登山者は少ない。
16山道
17山道
19山道

【至仏山頂】
至仏山頂(2228.1m)です。大パノラマが楽しめる。
奥には越後の名だたる山が顔を見せている。素晴らしい景観で「凄いねえ・・・」
20至仏山頂.

【至仏山からの燧ヶ岳と尾瀬ヶ原】
尾瀬ヶ原を挟んで対峙するこの二山は尾瀬のシンボル的な存在だ。
今の時季、静かな燧ヶ岳も良いねえと次の計画の話がまとまった。
21至仏山頂

【至仏山からの大パノラマ】
山頂からは、北東に尾瀬ヶ原、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳、北に平ヶ岳、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山、南西に谷川岳、浅間山、南に武尊山、赤城山、南東に日光白根山、男体山などが確認できる。
写真は北方面。右から平ヶ岳、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山。
展望を楽しんだ後、小至仏山へ向かう。
22至仏山頂

【小至仏山へ向かう】
左端のピークが小至仏山。
小至仏山

【小至仏山への登り】
23小至仏山

【小至仏山頂】
小至仏山は、標高は2,162mで至仏山と50m程しか変わらない。
頂上は狭く、至仏山のようにゆっくりと出 来ない。
24小至仏山頂

【小至仏山頂からの展望】
左奥に上州武尊山、右に笠ヶ岳。
25小至仏山頂

【小至仏山頂からの下山】
左に小さく点々と見えるは小至仏山に登らず下山するハイカーの列。
小至仏山頂から駆けおりるカミさん。
26小至仏山

天候に恵まれた。素晴らしい一日だった。
雪景色、頂上からの眺め など、どれをとっても抜群だった。
次の機会には、カミさんの提案の山の鼻から至仏山を周回するコースを計画する。

スポンサーサイト

色の饗宴・ひたち海浜公園

H22年4月25日、チューリップ祭りが開催されている国営ひたち海浜公園で遊んできました。
チューリップ祭りは、4月17日から4月29日まで開催されている。
晴天のこの日は絶好のお花見日和、カミさんが楽しみにしていたものです。
チューリップは、このところの異常な寒さが影響し開花が遅れ、現在5分咲きとのこと。
それでも十分楽しめた一日でした。
昨年もチューリップ祭りを見ています。

【ゲート】
西口ゲート。
ゲート

【チューリップ】
たまごの森フラワーガーデンでチューリップの花が咲き始めている。
今年は163品種25万本植栽されているとのこと。
現在は日当たりの良く暖かい箇所から徐々に咲き始めていて、開花状況は「5分咲き」程度。
チューリップの花言葉は愛がテーマ。
赤は「恋の告白」、桃色は「愛の芽生え」、黄色は「望みなき愛」、白は「失恋」とのこと。
チューリップ1
チューリップ2
チューリップ3
チューリップ5
チューリップ6
チューリップ7
チューリップ8
チューリップ9

【ネモフィラ】
みはらしの丘のネモフィラが開花中。現在の開花情況は「5分咲き」程度。
ネモフィラ1
ネモフィラ2
ネモフィラ3
ネモフィラ4
ネモフィラ5

【菜の花】
大草原フラワーガーデン、泉の広場でナノハナが開花中。
現在の開花情況は大草原フラワーガーデンがほぼ「見頃」。
菜の花

主役はまだ蕾・二ツ箭山

H22年4月18日、二ツ箭山を歩いてきました。
例年であればアカヤシオ、イワウチワが咲く時季であり期待し発つが、
このところの異常な寒さが影響しアカヤシオはまだ蕾、イワウチワも・・。
今回のコースは、根本登山口→〆張場→尾根コース→男体山→女体山→二ツ箭山→月山→根本登山口の周回。
イワウチワを探してウロウロしたこともあり約5時間半の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【根本駐車場】
駐車場付近から見る月山。民家の庭先のスイセンが満開であった。
1駐車場付近からの月山

【尾根コース入口】
アカヤシオが目的なので尾根コースを選ぶが、一昨日の雪がまだ残っている。
雪は溶けてなくなっているものと思っていたが・・。
2尾根コース分岐
3尾根コース
4尾根コース

【〆張場】
この付近には多くの花が咲き、付近をウロウロする。
ユリワサビ、ネコノメソウ、イワウチワを見る。
5〆張場

【ユリワサビ】
6ユリワサビ

【ネコノメソウ】
7ネコノメソウ

【イワウチワ】
雪を避けた斜面にぽつぽつと咲くイワウチワ。
蕾のものが多く見頃はまだ先であるが幸先よい出会いである。
今回目的の一つとした場所はここではない。
8イワウチワ
9イワウチワ
10イワウチワ

【尾根道】
〆張場から尾根コースをとる。
岩の上には少々雪が残り滑りやすい。
11尾根コース

【鎖場】
男体山と女体山の暗部への鎖場を登る。
急斜面であるが足場もしっかりとし難しくはない。
        12尾根コース

【男体山への鎖場】
岩場の一部に雪が残っておりゆっくりと足場を確認する。
13男体山

【男体山頂】
風が冷たく早々に下山する。
14男体山

【男体山から見る女体山】
奥に見える二ツ箭山。
15男体山から女体山

【女体山の鎖場】
16女体山

【女体山から見る男体山】
17女体山から男体山

【女体山頂】
アカヤシオの樹が多く見られるがまだ蕾。がっかりであった。
18女体山

【アカヤシオ】
女体山頂のアカヤシオはこのような状態。
地元の方で年45回も足を運ぶベテランが言うには、
「今年は異常な寒さで開花が遅れている。麓の桜が散り、そしてアカヤシオ、イワウチワがほぼ同時に咲く。桜の様子を目安とした方が良い。見頃は1週間~10日先かなあ~」。
確かに麓の桜は満開であった。
19アカヤシオ

【尾根道】
女体山からの尾根道にも雪が残っている。
アカヤシオを見るがやはりつぼみは固い。
20尾根道

【二ツ箭山】
山頂から北方面への尾根を少し歩くが変わりはない。
月山への尾根道にる。
21二ツ箭山

【尾根道】
尾根道から見る二ツ箭山。左に男体山、右に女体山。
女体山の展望広場はハイカーが多い。
22月山から二ツ箭山

【イワウチワ群生地】
目的とした月山山頂付近の斜面に群生地を見る。(登山道からは見えません)
一部に雪が残り全体を見ることができなかったが、アカヤシオ同様にほぼ蕾。
23イワウチワ
24イワウチワ
25イワウチワ
26イワウチワ

【月山山頂】
27月山

【月山山頂から見る二ツ箭山】
山の斜面にはアカヤシオの蕾でほんのりと赤みがある。例年であれば赤く染まって見えるものであるが。
28尾根道

【アカヤシオ】
月山からの下山道にもアカヤシオが群生しトンネルとなるが、今年はこのような状態。
29アカヤシオ

目的とした今年最初のアカヤシオ、今年最後のイワウチワは空振りに終わった。
開花の見極めは難しいものです。

桜めぐり(その2)

H22年4月10日、水戸周辺の桜名所を見て回りました。
いずれの桜も満開、見事な桜を満喫しました。

今日の桜満喫コースは、那珂市額田の阿弥陀寺~水戸市六反田の六地蔵寺~水戸市桜側土手~水戸市御国神社(桜山) ~水戸市大足の安国寺。

【阿弥陀寺】
那珂市額田の阿弥陀寺の枝垂れ桜満開です。
樹齢約250年とのことであるが花つきが良い。
既に大勢のカメラマンが高級カメラを構え、構図をとり撮影している。
ジャマにならぬよう撮ってきた。
        阿弥陀寺1
阿弥陀寺2
        阿弥陀寺3
阿弥陀寺4

【六地蔵寺】
六地蔵の枝垂れ桜も満開です。ここも人が多かった。
六地蔵寺1
六地蔵寺2.
六地蔵寺3

【桜川土手】
土手周辺は早くも席取りが始まってました。
桜川土手1
桜川土手2

【桜山】
ここも人、人、人。駐車場は満車。
桜山は花より団子、宴会場である。
駐車場脇の土手に腰をおろし一休みする。
桜山

【安国寺】
最後に再度、安国寺に寄る。
安国寺1
安国寺2

峠の茶屋から三本槍岳へ

H22年4月9日、那須岳を歩いてきました。
まだ多くの雪が残っているのではと思い、雪山のパノラマを見たく発った。
しかし思っていた通りの雪はない。
今の時季、雪がこんなに少ない那須岳は初めてである。
今日は快晴、那須岳では珍しく風も穏やかで絶好の山散歩日和であった。
今回のコースは、峠の茶屋~峰の茶屋~朝日岳~三本槍岳の往復。約5時間の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【峠の茶屋駐車場】
閑散とした駐車場から見る朝日岳。
1峠の茶屋駐車場

【取り付き口】
この付近は雪が多く残っている。
2取り付き口

【狛犬】
雪に埋もれている狛犬。
狛犬

【峰の茶屋への山道】
途中まで雪があるがその先は雪はない。
4山道
5山道
6山道

【避難小屋】
まだ閉鎖されている。使用できない。
この場所は風の通り道で強い風が吹き抜ける所であるが、今日は穏やか、風がない。
こんなに天気が良いのに後にも先にもハイカーは見られない。
避難小屋

【茶臼岳】
峰の茶屋から茶臼岳を見る。
茶臼岳

【剣ヶ峰、朝日岳】
峰の茶屋から剣ヶ峰(1799m)、朝日岳(1896m)を見る。
7峰の茶屋

【剣ヶ峰の雪道のトラバース】
雪が緩く慎重に歩く。
8山道
9山道

【剣ヶ峰のオベリスク】
天に向かって突き上げている頂きが美しい。
私達は勝手に剣ヶ峰のオベリスクと呼んでいる。
10山道

【アルペンムード溢れる山道】
朝日岳分岐に向けゴロゴロした岩の合間を縫うように登る山道。
11山道
12山道

【尾根に出る】
朝日岳の分岐に出る。朝日岳は下山時に登ることにし先に進む。
朝日岳分岐

【熊見曽根からの展望】
茶臼岳(1915m)、姥が平方面を見る。遠くに日光連山も見える。
13山道

【朝日岳と茶臼岳】
14山道

【隠居倉】
隠居倉(1819m)の尾根には雪が多いようだ。
15山道

【熊見曽根から清水平への下り】
夏道は歩きにくい道であるが、今日は雪がたっぷりあり歩き易い。
16山道

【氷の花】
自然が造る芸術が陽に反射し綺麗であった。。
17樹氷

【清水平】
木道から三本槍岳を見る。
18清水平

【三本槍岳への尾根道】
尾根には雪がたっぷりあり夏道は雪の下。
右手に磐梯山、安達太良山方面を見ながら歩き易い所を適当に歩く。
19三本槍岳
20三本槍岳

【三本槍岳山頂】
駐車場から2時間半、三本槍岳山頂着。
ここまで誰とも合わない、山頂にも誰もいない。
今日の一番乗りは私達のようである。この絶景を一人占めである。
旭岳の左奥に飯豊山が光り輝いている。右手奥には磐梯山、西吾妻連山、安達太良山などが。
21山頂
【三倉山方面】
22山頂から
【茶臼岳方面】
山頂から

【三本槍岳からの下山】
清水平まではショートカット。雪がある時のみ許されるコースである。
なだらかな雪原を歩くのは心地よい。
24下山
25下山

【朝日岳山頂】
久しぶりに朝日岳に登ってみる。
絶景、絶景。
26朝日岳山頂

【朝日岳からの下山】
27朝日岳からの下山

雪が少なくちょぴり残念であったが、満足満足であった。
やはり那須岳は何度歩いても良い山である。
次に那須岳へはシロヤシオ、ミネザクラの時季を予定している。

イワウチワ咲く横根山から都室山へ

H22年4月4日、高萩市の横根山(389m)~都室山(450m)を歩いてきました。
茨城県ではカタクリやイワウチワ、ニリンソウなど咲く山が多いが、
横根山、都室山は他にひけをとらないイワウチワの名所。見頃に入ってます。
今回のコースは、さくら公園~横根山~都室山~名馬里ヶ淵(なめりがふち)~(車道)~さくら公園の周回。約4時間の山散歩でした。
ナビ設定:花貫ふるさと自然公園センター TEL:0293-23-7316

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【花貫さくら公園】
花貫ダム下の台地に広がる公園。
さくら公園の桜は、まだ咲いていない。
沢沿いの駐車場に車を置く。
駐車場

【川を渡る】
花貫さくら公園の看板がある付近まで戻り、「展望コース」の案内に従い川へ降り立ち石伝いに川を渡る。
川を渡りきると山道明瞭な尾根の下に出る。
今回登った尾根の一つ西側の尾根にもイワウチワが咲いているが探索は次の機会へ持ち越し
川を渡る

【山道へ取りつく】
いきなり急斜面に入る、がすぐイワウチワの群生に出会う。
その急斜面はずっと続くが一緒にイワウチワもずっと続き足が前に進まない。
3山道

【イワウチワ】
尾根道沿いにはイワウチワが群生し見頃となっている。
山の上部付近では蕾のものが多く、今週末には満開となるかも。
4イワウチワ
        5イワウチワ
6イワウチワ
7イワウチワ
10イワウチワ.
11イワウチワ
12イワウチワ
13イワウチワ
14イワウチワ
15イワウチワ
16イワウチワ
17イワウチワ

【横根山】
横根山頂。
展望は良くない。
19横根山

【沼尻湿原】
横祢山から尾根道に戻り、案内標識に従い尾根道から分岐する湿原へ降る道に入る。
木道やらベンチなど設置されている。
湿原にはミズバショウやショウジョウバカマが咲く。
まだ花が少なく見所はないが、手入れされており今後が楽しみである。
20沼尻湿原
21水芭蕉
22ショウジョウバカマ

【尾根道】
尾根道は綺麗に刈り払いされており、アップダウンを繰り返しながら気分良く歩くことが出来る。
木の間隠れに花貫ダムや都室山を見ながらの尾根歩きとなる。
「都室山⇔横根山」「名馬里ヶ淵」の道標がある分岐に着き、都室山に向かう。
23尾根道
24尾根道
25尾根道

【都室山】
都室山の山頂には三等三角点と立派な山名標が立っている。
水戸のK沢さんと出会う。
情報交換し再会を約束し下山する。
26都室山

【都室山からの下山路】
分岐点まで引き返して「名馬里ヶ淵」に向かって下り始めると、やがて笹もなくなりイワウチワの群生が始まった。
こちらの斜面も横根山への登りと勝るとも劣らずイワウチワの大群落が続き、しょっちゅう立ち止まっては振り返って眺めたりシャッタを押したり、イワウチワを存分に楽しんだ。
27イワウチワ
28イワウチワ
30イワウチワ
31イワウチワ
33イワウチワ
34イワウチワ

【名馬里ヶ淵】
下山口。紅葉が素晴らしいスポットでもある。
ここから車道をさくら公園まで戻る。
36下山口

【花貫ダム】
花貫ダムを右に見ながらノンビリと。約25分の車道歩きでした。
花貫ダム

カタクリ山公園

H22年4月3日、栃木県那珂川町のカタクリ山公園を歩いてきました。
カタクリ山公園は八溝県立自然公園内に位置し、自然豊かな雑木林3haの中、
100万株に及ぶ関東最大規模を誇るカタクリ群生が斜面を埋め尽くすとのこと。
カタクリは期待に応えてくれ見頃となっていた。

【カタクリ山公園入口】
カタクリ山公園駐車場
カタクリ山公園入口

【カタクリ】
カタクリはほぼ満開、見頃です。
2カタクリ
3カタクリ
カタクリ
かたくり3
かたくり1
かたくり2
5カタクリ
6カタクリ
7カタクリ
8カタクリ

【水芭蕉】
ミズバショウの群生地。今が見頃となっている。
1水芭蕉
2水芭蕉

【ショウジョウバカマ】
ショウジョウバカマの群生地。今が盛りと咲いている。
1ショウジョウバカマ
2ショウジョウバカマ

【ザゼンソウ】
花の時季は終わっている。かろうじて残っていたものを撮る。
1ザゼンソウ

【イチリンソウ】
イチリンソウ


カタクリを満喫した後、富山のイワウチワが見頃との情報を得て群生地に向かう。

富山のイワウチワ探訪

H22年4月3日、栃木県那珂川町富山(とみやま)のイワウチワを見てきた。
カタクリ山公園から約10Kmほど南下した富山にイワウチワの群生地があることをリンゴさんから教えて頂いた。
カタクリ山公園からの帰りに寄って来た。
群生地は2か所あり山の斜面に密集した様は見事である。
いずれもイワウチワは見頃であった。

【パンフレット】
カタクリ山公園で頂いた情報。群生地Ⅰ(地図左)、Ⅱ(地図右)。
        富山パンフレット1
富山パンフレット

【群生地Ⅰ】
富山橋を渡り林道に出る。この付近に駐車する。
イワウチワ1

【林道】
取り付き口まで1.4Km林道を歩く。
林道脇には取り付き口までの距離が明示されており分かりやすい。
取り付き口付近に数台分の駐車スペースがある。
林道

【イワウチワ】
案内板に従って山道を登ると斜面一面にイワウチワの群生地が広がる。
うす暗い杉林の中のイワウチワは輝きをましてほぼ満開でした。
イワウチワ2
イワウチワ4
イワウチワ5
イワウチワ6
イワウチワ7
イワウチワ8
イワウチワ9
イワウチワ10

【ニッコウネコノメ】
林道沿いにはニッコウネコノメ、オウレン、スミレなどが咲き眼をひく。
ネコノメソウ

【オウレン】
オウレン

【スミレ】
スミレ


【群生地Ⅱ】
群生地Ⅰから5~6Kmほど離れている群生地Ⅱへ移動する。
車道沿いには「イワウチワ」の案内表示板が随所にあり、10台程度の駐車場も用意されている。
駐車場脇の取り付き口、群生地へはここから400mと案内板がある。
群生地入口

【イワウチワ】
群生地Ⅰと比べて範囲が広く、花はいくぶん小振りであるが山の斜面に咲き誇る様は素晴らしく群生地Ⅰと遜色ない。
雨雲が広がり林の中はいっそう暗く、急ぎ足で見て歩いてきました。
カメラの撮影モードを間違えボケボケでした。
イワウチワ2
イワウチワ3
イワウチワ4
イワウチワ5
イワウチワ6
イワウチワ8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。