登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

美和地域の青麻山~沼ノ上~長崎沢

H26年2月23日、常陸大宮市美和地域の青麻山~沼ノ上~長崎沢の3つの三角点を繋いで歩いてきました。

今回は昨年12月のシモンさんの「茨城の山探検」でご一緒させて頂いたものと同じルート、目的はイワウチワポイントを見定めてくること。カミさんと手分けし散策してきました。花時期が楽しみです。

今回の行程は以下に
駐車場所8:15~車道~下檜沢集会所8:40~橋8:55~青麻山(394.9m)9:40~401ピーク10:15~10:25展望地10:40~尾根分岐11:00~沼ノ上三角点(388.2m)11:10~12:10長崎沢三角点(395.5m)12:30~車道13:00~13:25駐車場所
約5時間10分の山散歩でした。
    
                山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【駐車場所】
我家から39.5キロ。寄藤沢手前の路側へ駐車
1駐車

【車道】
のどかな山里を歩くのも良いものです。
2車道

下檜沢集会所手前は工事中で通行止め。
3工事中

林道沢口沢線を行く
4林道

【尾根道への入口】
コンクリート橋を渡り尾根に取り付く
5取り付き口

【尾根道】
以前より倒木が多くなったようだ。
6尾根

青麻山ピーク直下のイワウチワ
7イワウチワ

【青麻山(あおそさん394.9m)】
芳賀富士や筑波山も見えるが曇り空でスッキリしないな~。
8青麻山

【401ピークへの尾根道】
神社の裏に伸びている尾根を辿って縦走する主尾根へと出る。
9尾根

伐採作業が行われていて作業道も造られている。
10尾根

尾根にはわずかに雪が残っている。
11尾根

【401mピーク】
盛金富士からのルートとの合流点でもある。
12ピーク

伐採が広く進んだ展望地。休憩する。
13伐採地

展望地から左端が盛金富士、ちょっと切れているが右端が401mピーク
14伐採地からの展望

伐採地をぐるりと回り込んでから尾根を外れる。
15尾根
16尾根

この斜面の群生は凄いですね。
17イワウチワ

【沼ノ上三角点(388.2m)】
18三角点

沼ノ上三角点峰~長崎沢三角点峰の尾根はイワウチワ尾根、多くの所に見られる。
19尾根
20尾根

尾根を外れた北斜面のイワウチワ、雪に覆われているがしっかりと息ついている。
21イワウチワ

【長崎沢三角点(395.5m)】
22三角点

この尾根にも多くみられる。この場所は尾根から外れた北斜面に
23イワウチワ

下山地点付近にはミツマタの群生地
24ミツマタ

【下山口】
民家が建ち並ぶ所へ出る。
25下山口

このルートの再確認もできたしイワウチワのスポットも確認できた。
次回は盛金富士側から歩いてスポットを探してみようと思っている。


下山後、気になっていた満福寺に寄ってみた。
【満福寺】
真言宗智山派 大原山 満福寺
HPより,「もともとこの場所には鎌倉時代に浄因寺があり、浄因寺の末寺として下檜沢に満福寺があった。その後江戸時代に浄因寺を破却し満福寺を移したとある。現在の本堂は昭和63年から計画し、平成6年3月に落慶した。」
26満福寺

枝垂れ桜が見事です。花時期に見てみたいものです。
27満福寺

スポンサーサイト

シモンさんと茨城山探検・常陸太田市の里山歩き

H26年2月16日、シモンさんの「茨城の山探検」(第30回)に参加しました。

今回は常陸太田市松平町、千寿町、棚谷町にまたがる地区の三角点や鉄塔、包石、元金砂神社などを繋いで歩く里山歩き。自分は初めて歩くエリアで新鮮そのもの、お気に入りのルートでした。

今回の行程は以下の通り。
松平親水公園駐車場9:00~「牛込」三角点9:20~9:25東屋9:30~鉄塔取り付き9:35~阿武隈線144号9:45~10:25包石10:40~11:15阿武隈線145号11:20~11:35元金砂神社11:50~11:55昼食12:25~「東連地」三角点13:00~松平14:35親水公園駐車場
約5時間半の山探検でした。
    
             山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

シモンさん地図

【松平親水公園駐車場】
県道29号の松平交差点から1km。(交差点に親水公園の小さな看板がある)
自分は初めての場所、こんな所に親水公園があるなんて知らなかった。
1親水公園
2親水公園

【牛込三角点探訪】
駐車場から眺望のよい広々とした畑地に出た。太平洋までが望める展望である。車道から牛込三角点を往復する。
3牛込三角点へ

登りつくとミツバチの巣箱が置かれている広場に出る。この笹薮の奥に三角点があるとのこと。
4ミツバチ

【牛込4等三角点】
落ち葉に埋もれるようにありました。
5牛込三角点

車道に戻り東屋で一息。「鹿島まで見えるかな~」
6東屋

【144号鉄塔への取り付き口】
7取り付き口

薮をかき分け登り
8山道

杉林を下ると鉄塔へ出る。
9山道

【阿武隈線144号送電鉄塔】
10鉄塔

鉄塔点検路を下り
11鉄塔巡視路

144号、145号鉄塔点検路分岐に出る。
12鉄塔巡視路分岐

幅広な林道を歩き包石を往復する。
13林道

林道を歩いて行くと「包石→280m」の標識が出てきた。
14包石へ

【包石(つつみいし)】
標識に従って進むと杉植林の中に「包石」なるものが見えてきました。
巨岩の上には石祠が鎮座している。
15包石

この岩にメンバーを代表してNさんが登る。さすがNさん身軽です。
17包石
16包石
包石

【145号鉄塔点検路へ】
谷沿いの道から145号鉄塔点検路へ取り付き、尾根に登った所に鉄塔145号が建っている。
18鉄塔巡視路

【阿武隈線145号送電鉄塔】
19鉄塔

神社裏の鉄塔点検路の杭の所から下の鞍部へと降り、元金砂神社へと登り返す。
20鉄塔
21鉄塔巡視路

【元金砂神社】
西金砂神社や東金砂神社は知っていたが、この元金砂神社知らなかった。
22元金砂神社
23元金砂神社

参道脇にはケヤキの巨木がある。この他銀杏の巨木もあり年代を感じさせる神社である。
24元金砂神社

参道を出て入千寿集落の民家の陽だまりで昼食とする。
25元金砂神社

車道へ降りる。
26車道へ
27車道

【「東連地」三角点へ】
28山道へ
30山道

凄く大きいサルノコシカケ
29サルノコシカケ

【「東連地」三角点】
31三角点

山腹のトラバース道。すぐ下にゴルフ場が見える。
尾根伝いに歩いて車道に出た。
32山道

【車道へ出る】
33車道

車道の反対側から取り付く
34山道へ
35山道

【園地に出る】
36公園

シモンさん参加者の皆さん楽しい一日をありがとうございました。
次の機会もご一緒できることを楽しみにしています。

加波山神社から加波山~足尾山スノーハイク

H26年2月11日、加波山神社から加波山~足尾山を周回してきました。

8日は大雪となり9日は雪景色散策と決め込んでいたが、雪に閉じ込められ雪かきに追われる一日となった。今日は久しぶりに加波山~足尾山を歩くことにした。

今回のコースは、加波山神社8:00~加波山10:10~自由の碑~一本杉峠11:20~12:10足尾山(昼食)12:40~林道分岐13:10~白井トライアルパーク14:20~14:55加波山神社への周回。
約7時間のスノーハイクでした。

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

ルート

【加波山神社真壁拝殿】
神社の駐車場に車を置かせて頂く。
1加波山神社

加波根不動明王神社に参拝し雪たっぷりな道を行く。
2採石場

採石場を過ぎ山道に取り付く。
3登山口

思ったより雪が多いな~
4登山道

七合目の山椒魚谷
5山椒魚谷

「ふぅー」と一息
6山道

林道に出る
7林道

【加波山神社拝殿】
加波山三枝祇神社親宮の拝殿と隣り合っている。その間に山頂に向かう登山道がある。左側の建物は社務所兼ユースホステル
8神社

この付近は凍結しているのではと思ってアイゼンを持ってきたが雪たっぷり
9山道
10神社

【加波山(709m)】
この付近はどんよりとしているが日光連山が綺麗に見えてます。
11日光連山

休憩せず先に進むことにする。
12山道

【旗立石】
13旗立石

この先も雪が多い。吹き溜まりは股までもある。
14山道

【自由の碑】
ここで小休止。
15山道
16自由の碑

【一本杉峠】
一本杉峠に上がってきた若者4人と出会った。ルートの下見らしい。
今日のルートで出会ったのはこの若者達だけであった。
17一本杉峠

【女坂へ】
18女坂へ
19女坂
20あずまや

【足尾山へ】
若者達はあずま屋から下山しここからまた二人旅。足尾山への急斜面を登るが雪と相まってきついこと。
21足尾山へ

【足尾山(628m)】
天気は相変わらずどんよりとしている。良くなりそうもない。昼食とする。
22足尾山

真壁市街は真っ白
24足尾山

筑波山を前方に下山とする。
25足尾山から

足尾神社跡付近もズボッと足がとられる。
26足尾山から
27足尾山から

【足尾神社鳥居】
28鳥居

【林道】
鳥居から一本杉峠方面へ林道を行く。雪面に描かれた華模様。
29林道

【林道分岐】
この分岐からトライアルパークに出る予定で下るが・・
30分岐
31下山路

途中でルートロス、「違うな~」と思ったが・・蜜藪に入ってしまう。カミさんが藪に足をとられ雪も腰くらいまである所もあり難儀している。「大丈夫か~」と声をかれるが「大丈夫でないよ!どうしてこんな藪の急斜面を登ったり下ったりすんの・・」とイラついている様子。途中で猪の夫婦?親子?の2匹を見る。猪の散歩ルートを歩き予定していたルートに出る。
32下山路

予定していたルートに出て一安心
33下山路

白井トライアルパークに出る。
34下山路

【車道】
この時間になると青空も見え車道を歩きも気持ちよい。
35車道

天気はイマイチであったが思っていた以上の雪に、藪に難儀し楽しいスノーハイクでした。
このエリアは歩かれる人も少ないのでしょうか、大部分が踏み跡なしの雪面で新鮮なものでした。

羽梨山神社から館岸山~加賀田山~難台山

H26年2月5日、羽梨山神社から館岸山~加賀田山~難台山を歩いてきました。

昨日の我家付近では午後から雪混じりとなり夕方には本降り、一面雪景色となった。
今日は好天が期待できるとあって我家から近い難台山付近の雪景色を楽しんで来ようとなった。

今回のコースは、羽梨山神社8:00~舘岸山(256m)~加賀田山(410m)9:15~11:40難台山(553m)・昼食12:10~団子石~13:45羽梨山神社の周回。
5時間45分の山散歩でした。

前回の館岸山~加賀田山~難台山レポは以下から
 ・H23年1月3日 
   
               山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

1マップ

【羽梨山神社】
駐車場はいつもの羽梨山神社。我家から約14キロと仏頂山高峯に次いで近い。
3神社

【取り付き】
民家の脇を通り館岸山への道へ取り付く。
天気は上々、雪はばっちり。素晴らしい雪景色である。
4取り付き

【雪が舞う山道】
山道に入るなりいきなり樹の上から雪がドサッと、荒々しい歓迎を受ける。
5山道

思っていた以上の雪である。
6山道

館岸城跡も真っ白
7山道

【館岸山】
ここまでも、これからも雪面に踏み跡なし。
8館岸山

泉蔵院方面からの山道と合流
9山道合流

変わり映えしない林道も雪があるとちょっと良い感じ
10林道

この林道の先からでも加賀田山へ取り付けるが、今回はここから。
11尾根に取り付く

尾根に出ると金比羅山分岐となる。
12分岐

加賀田山への尾根も雪が多い
13加賀田山への尾根

【加賀田山三角点・383mピーク】
14加賀田山三角点

雪を被った藪をかき分けながら
15加賀田山へ

【加賀田山の山頂標識・410mピーク】
16加賀田山

雪をかきわけてひと登り
18雪道

尾根の向きが変わり左前方に難台山を見るようになる。
19雪道

裸樹の細い枝まで雪が付き綺麗ですね~。
20雪道

雪の華。餅のまゆ玉を想い出しますね。
21雪の花

雪のトンネルを潜り抜け
22雪のトンネル

この付近は笹の蜜藪であったがセとナさんが刈りはらったとのこと。歩きやすくなりました。
24笹薮

陽だまりの尾根で休憩、熱いコーヒーを飲み一息入れて再スタート。
25雪道

道祖神峠付近
26山道

吾国山、伐採された跡が痛々しいですね。
27吾国山

【愛宕山吾国山ハイキングコースに出る】
28ハイキングコース

雪がなまってきたのか滑ること滑ること。
29ハイキングコース

【難台山山頂】
ここまで誰とも出会わない。山頂にも誰もいない。昼食とする。
30難台山

屏風岩付近から見る吾国山(左)、その奥に雨巻山
31屏風岩から

筑波山も
32筑波山

団子石付近からの展望
33団子岩付近から

団子石峠から車道を下るのもなんだし、この伐採地から駒場に向け下山するものとする。伐採した枝や樹がゴロゴロとしている中を下るものでお奨めできません。
34団子岩付近から下山

【駒場~団子石峠の車道に出る】
伐採地から林道に出て車道に合流。林道の出口に車止めがある。
36車道へ

【車道を羽梨山神社へ】
今日歩いた山並みを見ながらのんびりと
37車道

好天に恵まれ風も穏やか、好条件の中の雪景色散策で良かったです。
里山の雪景色、捨てたものではありませんね。また歩いてみよう。

古分屋敷から小草越~男体山~長福山

H26年2月1日、古分屋敷から小草越~男体山~長福山を歩いてきました。

マラソンの疲れも癒えたことから和子さん&徹也さん、hosoyaさん&マサコさんを誘い久しぶりに奥久慈男体山を歩いてきました。期待に反して朝からどんよりとした曇り空。天気がどうであれ奥久慈好きな山仲間との山散歩は晴れ晴れと楽しい一日でした。

今回のコースは、大円地P8:45-小草越-櫛ヶ峰ー大円地越-奥久慈男体山-縦走路分岐ー男体神社ー長福山取り付きー長福山北峰ー長福山南峰ー観世音堂ー車道ー14:15大円地Pの周回。
約5時間半の山散歩でした。

これまでの小草越~男体山~長福山レポは以下
H25年3月17日

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

マップ

【大円地駐車場】
駐車場から見る奥久慈男体山
1大円地

【古分屋敷】
民家の前を通り小草越へと出発
2古分屋敷から

【小草越への山道】
3山道から

急なザレ道を両手も使いながら
4山道

大きな岩の間を縫うように
5山道

藪っぽい斜面を乗り越へ
6山道

hosoyaさんはこんなものでは物足りないと急斜面の岩場を行く
7山道

【小草越】
古分屋敷から1時間足らずで小草越に出る。ここからは男体山への縦走路を行く。
8小草越

【大円地越】
ここで小休止。ここから持方集落に出て男体山に登りかえす。
9大円地越

【持方登山口】
10持方登山口

【奥久慈男体山】
11時着。神栖からの和子さん&徹也さんの朝食は早いことから昼食とする。
居合わせた方に写真を撮ってもらい出発する。
11男体山
12男体山

【縦走路から見る長福山】
13長福山

【男体神社への降り】
14山道

【男体神社】
15男体神社
16男体神社

【長福山へ取り付く】
荒れた道を行く。歩かれる人は少ないようだ。
17山道

尾根へ取り付き易い場所を見計らって尾根に出る。
18山道

尾根沿いに藪っぽい斜面を登る。496mピークまでは急斜面。
19山道

長福山の北の端のピーク496mピークを越えて
20山道

【長福山南峰】
21長福山

祠から杉林の急斜面を降りると観世音堂に出る。
22観音堂

【パノラマラインを歩く】
パノラマラインから見た男体山
23車道

カミさんの右腕の痛みはマサコさんにお借りしたカイロなどによる養生で回復に向かいつつある。ありがとうございました。気温が上がり暖かくなればさらに良くなるのではと願ってます。
皆さんと歩いているときは痛みも忘れている様子で気分良く歩けた一日でした。またご一緒下さい。

FC2Ad