登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

前日光・鹿沼の山山行記録一覧(工事中)

古賀志山
・H28年12月17日 東南綾コースから松島~西主稜線の周回
・H27年4月12日 ヨコバイ・タテバイ~中岩~二枚岩(ヒカゲツツジ)
・H27年2月11日 西登山口から西稜~西尾根コース
・H27年1月3日 中尾根から鞍掛山へ縦走周回(徹也さん&和子さんと)
・H26年4月13日 中尾根~559m峰~二枚岩 (益子いくべ会山行)
・H25年4月20日 中尾根~559P~弁当岩~松島~御岳山~古賀志山周回
・H25年2月5日 中尾根~559P~鞍掛山~大岩展望台~森林公園P
・H24年12月27日 東陵尾根~古賀志山~559P~鞍掛山~森林公園P
・H20年1月4日 南登山道駐車場~西稜登山道~赤岩山~御岳山~古賀志山
・H10年5月1日 西稜登山口~赤岩山~古賀志山~男滝明神
・H8年10月2日 北登山口~富士見峠~古賀志山~御岳山~眺望ガ岩

二股山
・H28年4月12日 鹿沼市加園から二股山周回((ヒカゲツツジ)

古峰高原
・H11年11月21日 古峰神社~ガガタテ平~唐梨子山~大岩山~三枚岩
・H11年2月28日 古峰神社~三枚岩~方塞山~横根山~古峰原
・H8年6月1日 古峰ヶ原峠~巴の宿~方塞山~三枚岩

石裂山
・H22年5月8日 加蘇山神社~東剣ノ峰~西剣ノ峰~石裂山~月山の周回
・H9年5月5日 加蘇山神社~竜の滝~石裂山~月山の周回

鳴虫山
・H21年2月1日 神ノ主山~鳴虫山~合峰~独標~憾満ヶ淵
・H8年11月24日 神ノ主山ー鳴虫山ー含満ヶ淵ー東照宮

三峰山
・H21年2月21日 御嶽山神社~奥の院~三峰山~御嶽山神社の周回

羽賀場山
・H11年1月17日 長安寺~羽賀場山~お天気山 往復

尾出山
・H11年3月21日 林道二股~尾出峠~尾出山~高原山~林道

カマドクラ
・H12年3月26日 引田橋~岩峰~カマドクラ~川化山 往復

火戸尻山
・H12年4月22日 赤井原林道~火戸尻山~919Mピーク 往復

篠井連峰
・H20年12月6日 こどもの国~男山~本山~飯盛山~こどもの国
・H10年11月20日 中篠井~榛名山~男山~本山~飯盛山~高館山の往復

三ノ宿山~薬師岳
・H27年4月29日 やしおの湯~三ノ宿山~薬師岳~細尾峠
・H23年5月9日 やしおの湯~三ノ宿山~大木戸山~丸山~薬師岳~細尾峠

薬師岳~夕日岳~地蔵岳
・H25年5月9日 細尾峠~薬師岳~三ツ目~夕日岳~三ツ目~地蔵岳
・H10年12月6日 細尾峠~薬師岳~夕日岳~地蔵岳 往復


スポンサーサイト

やしおの湯から三ノ宿山~薬師岳~細尾峠

H27年4月29日、日光市清滝のやしおの湯から三ノ宿山~薬師岳~細尾峠を歩いてきました。

今回は和子さん&徹也さん、のんびり夫婦の山遊びさんと私達の6人でのお花見山行。幹事役の徹也さんが「花の開花が早そう」とこの日に設定、花好きなのんびり夫婦の山遊びさんを誘って実施。

細尾峠に車を2台デポし、「やしおの湯」まで戻って出発。
やしおの湯8:35~小ピーク(1047.7m)9:30~11:00三ノ宿山(昼食)11:25~大木戸山12:00~12:25丸山12:30~14:05薬師岳14:25~14:55細尾峠までの縦走。
約6時間20分のお花散歩でした。

前回のこのルートのレポは⇒こちらから

                山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

やしおの湯から細尾峠マップ1

やしおの湯。
1やしおの湯

正式な登山道がないため1047.7mピークへは「やしおの湯」にある「中禅寺線51号」の黄色い標柱のところから送電線巡視路を利用する。
2登山口

送電線巡視路から離れて標高を上げるにつれミツバツツジが見られる。花つきが良いですね~
3尾根
4ミツバツツジ

さらに進むと何とシロヤシオも・・斜面いっぱいに広がっている。
5シロヤシオ

ミツバツツジは色合いに微妙に差がある。この花は濃い紫ですね~
6ミツバツツジ

展望の良い尾根に出るとこれから歩く尾根が見える。左に薬師岳、右に大きな半月山その間に挟まれるように細尾峠。「エッ、あそこまで歩くの、本当に・・」。確かにいい距離あるなぁ~ 
7展望

尾根を外れトラバースぎみに進むととツツジの園。
ミツバツツジ、ヤマツツジ、シロヤシオが乱れ咲き・・凄いですね~
8ツツジ園
9シロヤシオ
10シロヤシオ

「やしおの湯」と「滝ヶ原峠」への分岐となる1047.7mピークに到着。
ここからは尾根歩きアップダウンはあるが花もあり快適尾根
11一番乗り

アカヤシオも見られるがほぼ終盤
12アカヤシオ
13アカヤシオ

きつい笹尾根を登る。
皆さん~、頭の上には綺麗なアカヤシオが咲いてますよ~ 顔上げて~
14アカヤシオ

三ノ宿山(1229m)。アカヤシオを見ながら昼食とする。
15三ノ宿山

新芽が出始めた落葉松林、綺麗ですね~
16落葉松

丸山(1242m)。スライドしたハイカーに撮って頂いた。
18丸山

「ヒノキガタ」と呼ばれる鞍部には祠がある。修験の道ですね。
19祠

尾根からは夕日岳、夕日岳の尾根にも点々とアカヤシオが見える。
ここから薬師岳へ標高差300mを高度を下げることなく登り続ける。
20夕日岳

薬師岳に近づくにつれアカヤシオが活き活きとしてくる。
21アカヤシオ
22アカヤシオ

尾根の斜面にもアカヤシオ
23アカヤシオ

尾根もアカヤシオのトンネル。薬師岳への登りはきついがアカヤシオの綺麗さに癒される。
24アカヤシオ
25アカヤシオ
26アカヤシオ
27アカヤシオ
28アカヤシオ
29アカヤシオ

薬師岳(1420m)。アカヤシオを目の前に休憩。
30薬師岳

細尾峠への下山路もアカヤシオが綺麗に咲いてました。
31下山路

細尾峠に無事下山
32細尾峠

和子さん&徹也さん、のんびり夫婦の山遊びさんお疲れ様でした。
晴天に恵まれ爽やかな風が吹き抜ける絶好の花日和、良き仲間と花三昧の一日でした。またご一緒下さい。

しおや湧水の里トライアルウォーク

H27年4月26日、第2回しおや湧水の里トライアルウォークに参加した。

2015年 しおや湧水の里ウォーク大会は8月9日(日)開催。高原山南麓の荒川源流域と尚仁沢湧水地を辿る全長40.8キロで累積標高は1000m以上のハードコースを制限時間9時間で完歩を目指すウォーク大会。

大会開催に先立ち毎月一度のペースで、その度にコース設定を変えてトライアルウォークが開催されている。今回は第2回で尚仁沢ハートランド~黒沢林道~尚仁沢遊歩道~源泉~東荒川渡渉~矢板市高原地区内周回~ハートランドへの17.5km。

この企画の存在はhosoyaさんマサコさんから教えて頂いたもの。尚仁沢湧水地附近は歩いたことがなく早速申し込んだところ運よく定員枠(40名)に滑り込むことができた。

遊歩道マップ

ハートランド。ここが発着地。高原山が綺麗に見える。
1ハートランド

主催者の挨拶
2ハートランド

新緑が綺麗な森の中を気持ち良く出発です。
3出発

牧場への道路へ入る。
5林道

バリアフリー鉄道農園風だよりでエイドトイレ休憩。
冷えたトマトも美味しく頂きました。
6風だより
7風だより

キャンプ場でエイドトイレ休憩
8キャンプ場

尚仁沢源泉にてエイド休憩。全国名水百選の認定を受けた清冽な湧水群。町のシンボルである高原山の中腹に位置し、付近一帯は樹齢数百年にも及ぶ原生林に覆われていて十数カ所から湧き出る清冽なる湧水は、四季を通じて水温が11℃前後と一定しており冬でも渇水や凍結することがないとのこと。
9-1尚仁沢源泉
9尚仁沢源泉
10尚仁沢源泉

東荒川渡渉し矢板市高原地区内を周回しハートランドへ
11尚仁沢源泉

ハートランド着。ここで昼食。参加費1000円で食事付き。
美味しく頂きました。
12昼食

スタッフの皆さん、hosoyaさんマサコさんお世話になりました。
楽しい一日でした。

山菜取り(ワラビ)

H27年4月23日、今日は山菜取りに行きました。

ぐずついた天気が続いたがようやく晴れた。

今年は山菜も早そうと毎年恒例の山菜取りに出かけた。

ワラビは例年通りの生育、タラの芽はちょっと早かったかも。

奥久慈男体山の山麓は山桜と新緑が相まって凄く綺麗。
楽しめた一日でした。
山桜

ヤマザクラ咲く盛金の山散策

H27年4月19日、上小川駅から井戸沢山~太郎山~鷲ノ巣山を歩いてきました。

今回の目的はヤマザクラ、盛金の山はヤマザクラも綺麗と知られている。
シモンさんの山桜情報から見頃と知り、以前から歩いてみようと思っていた井戸沢山~太郎山へと計画した。石川@さんから頂いたGPSログを片手に歩いてきました。 
今日は曇りで午後は所により雨がぱらつくとの予報から、太郎山までの往復としていたが何とか天気は持ちそうと鷲ノ巣山を繋いで歩いてきた。
   
上小川駅8:00~車道~登山口8:20~展望所8:40~井戸沢山9:35~401mピーク10:25~11:00太郎山(昼食)11:45~12:50鷲ノ巣山13:00~車道(R118)に出る14:00~14:25上小川駅
約6時間半の花散歩でした。

            山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

井戸沢山マップ2

上小川駅に駐車する。
1上小川駅

橋を渡り取り付き口へ。正面に見る尾根を行く。
2車道

この階段から尾根へ取り付く。
3登山口

樹林帯の中の尾根で展望がないが、この場所は右手が切れ落ちた斜面で展望が良い。
4展望台
キャンプ場を手前に、奥正面に奥久慈男体山
6展望台
太郎山~鷲ノ巣山の尾根をアップで・・花盛り、下山はこの花の尾根を降る。
5展望台

井戸沢山への尾根は藪っぽい所もあるが概ね道型がある。この藪の中でもカミさんの眼はワラビに焦点があっている 笑 
ワラビはこの場所以外に太郎山頂でも見られ少々頂いてきた。この他コシアブラは尾根にず~とありタラの芽は見つからなかった。
7尾根

井戸沢山直下の標高300m附近。左へ続く尾根を登るのが正解であるが右に繋がる巻き道?へ踏み入れ思わぬアルバイトをしてしまった。
8-1分岐

この斜面を登りきると井戸沢山
8尾根

井戸沢山(373.7m)。展望はない。
9井戸沢山

この先からは尾根を挟んで右に常緑樹、左に落葉樹に分かれている。
落葉樹越にヤマザクラが凄く綺麗であった。
10ヤマザクラ
11ヤマザクラ

ヤマツツジもこんな鮮やかなものもある。
12ヤマツツジ

ミツバツツジも今が見頃ですね
13ミツバツツジ

401mピーク
14ピーク(401m)

新緑が綺麗な尾根を行く
15尾根

太郎山(447.3m)。昼食とする。ここまで3時間と読んでいて計画通り。ここから往路を戻るものとしていたが雨の心配はなさそうと鷲ノ巣山を繋ぎ周回とする。
16-1太郎山

尾根を少し戻りニリンソウ群落へ。直進は井戸沢山への尾根
17分岐
足元を埋め尽くすニリンソウ。シモンさんと山探検で歩いた際には蕾が多かったが今は咲き誇っている。
18ニリンソウ群落

鷲ノ巣山への尾根に乗るとヤマザクラがこれでもかと言うほど見られる。
井戸沢山への尾根・展望所から見た花の尾根ですね。
19ヤマザクラ
20ヤマザクラ
21ヤマザクラ

鷲ノ巣山(374m)。ここから山造へのハイキングコースを降る。
22鷲ノ巣山

コース途中から見る大子アルプス
23大子アルプス

曲がりくねった久慈川、水郡線の鉄橋
24尾根

茶畑の中の道を通りR118に出る。ここから約25分の道のりで上小川駅へ。車道に出ると雨がポツポツと落ちてきたが直ぐに止みほっと一息。
25車道

目的としたヤマザクラも見られたし良い一日でした。
こんな花盛りの山でしたが誰とも会うことがない静かなものでした。
シモンさん、石川@さん情報ありがとうございました。

ヒカゲツツジ咲く古賀志山

H27年4月12日、古賀志山へヒカゲツツジ散策でした。

古賀志山の花が気になっていたところ好天の日曜日、花好きハイカーが大挙して訪れた古賀志山は超満員。
カミさんも楽しみにしていたが都合が悪く単独で。 
   
森林公園8:20~9:10坊主山(往復)~南登山口9:15~分岐(直登/階段)9:20~猪落しルート分岐(通称:三本桜)9:30~ヒカリゴケ洞窟9:35~聖観音9:55~瀧神社10:00~三社(弁天・天狗の宮・風雷宮)10:05~ヨコバイ・タテバイ取り付き口10:10~背中当山10:30~10:45中岩11:00~御嶽山11:20~古賀志山11:35~東稜見晴らし~富士見峠~12:10(559ピーク(昼食)12:40~二枚岩13:30~林道13:45~14:30森林公園P
約6時間の花散歩でした。

            山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

古賀志山1

赤川ダムから
1赤沼ダム

赤川ダムから林道を詰め南登山口へ。
南登山口の反対側にある坊主山を往復する。
2坊主山取り付き口
3坊主山

南登山口。附近に駐車スペースもある。階段道を登って行くと直登/階段コースの分岐に出る。階段コースをとり岩壁を巻くように行く。いくつかの踏み跡と交差するが地図をみながら・・
4南登山口

猪落し分岐(通称:三本桜)を右に分ける。猪
落しコースを登れば古賀志山山頂へ
6三本桜

ヒカリゴケ洞窟。道標など何もないが岩を覗くと・・ビンゴ
7-1ヒカリゴケ

瀧神社。建物の左脇の滝からは水が流れている。
8瀧神社

さらに先を行くと三社(弁天・天狗の宮・風雷宮)
9三社

三社を過ぎ岩場沿いに道をとるとヨコバイ・タテバイ取り付き口。
10取り付き口

この岩場は斜度がきつい。梯子が取り外されていて手がかり足がかりが少なくザイルが欲しい岩場です。
11尾根

振り返ると・・・高度感がある。
12尾根

小ピークの背中当山。
13背中当山

中岩(右)を見上げる
14中岩

猪落としルートの手前にマラ岩
15マラ岩

急斜面の岩場を登りつめると中岩(通称:三本松)へ着いた。
一休みし尾根通しに559ピークへ向かう。
16中岩

559ピークで昼食。ここは花スポットルートの合流点で多くのハイカーが行き交う場所。ボ~としていると和子&徹也さんがひょっこりと。
その後いくべ会仲間も合流し、一気ににぎやかになった。
18ピーク

二枚岩附近はヒカゲツツジが見頃とのことで和子&徹也さんとともに行く。
19

アカヤシオはすでに花が終わっていた。
20アカヤシオ

ヒカゲツツジは良い感じ満開ですね。今年は花つきが良いのかな~。
21ヒカゲツツジ
22ヒカゲツツジ
23ヒカゲツツジ

林道に出る。
24下山

いくべ会の仲間も一緒に下山。お疲れ様でした。
25下山

思わぬ出会いもあり花も満開、良い一日でした。
古賀志山は楽しませてくれる山、また機会をみて歩いてみよう。

シモンさんと茨城山探検・鷲巣山~太郎山

H27年4月5日、シモンさんの「茨城の山探検」(第41回)に参加しました。

鷲巣山の尾根はイワウチワの群落があり訪れてみたいと思っていた矢先の今回の山探検、渡りに船とばかりに参加させて頂いた。
今回のルートは下津原から鷲巣山~太郎山~箕輪と周回するもの。

下津原P8:35~ハイキングコース取り付き口8:45~9:40鷲巣山9:50~林道10:05~11:00太郎山11:30~11:40ニリンソウ群生地(昼食)12:15~車道12:35~秀明水13:05~14:00下津原Pの周回。
約5時間半の山探検でした。

これまでのシモンさんの山探検レポ一覧は⇒こちらから
    
          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

太郎山マップ1

駐車場。小雨がちらつくあいにくの天気であったがたいしたことない模様
1駐車場

鷲巣山ハイキングコース取り付き口
2取り付き口

鷲巣山への尾根沿いはイワウチワが多いがピークは過ぎていた。
例年ならば今が盛りであるが今年は開花が早すぎる。
3尾根
4尾根

山造からのコースと合流する。
5鷲ノ巣山

鷲巣山の祠
6祠

尾根を横切る林道に出て位置確認。ここからの太郎山への尾根は今はヤブぎみ、並行して走っていて林道を歩いても行けるが遠回りとのこと。探検隊は尾根を行く。
7尾根位置確認

雑木の尾根あり
8尾根

そして植林の尾根もあり
9尾根

再び尾根を横切る林道に出て
10林道

ニリンソウの群落。開花にはちょっと早かったようだ。
11ニリンソウ群生地

国交省の航空管制アンテナ施設の鉄柵に囲まれた太郎山に着く。
12太郎山
13太郎山

柵をぐるっと回りこんで箕輪方面へ下る。
14太郎山

山頂を少し下ったニリンソウ群落で昼食
15ニリンソウ群生地
16ニリンソウ
17太郎山集合写真

下山路の箕輪への尾根にはイワウチワの群落もある
18イワウチワ群生地

南田気への車道に出る。
19-1車道

秀明水に立ち寄る。水戸藩第二藩主 徳川光圀公が大子地方に訪れたさいに「秀明水」と命名したと伝えられているそうです。
20秀明水

ミツマタも綺麗ですね。
21ミツマタ

ゴールです。
22ゴール

シモンさん参加された皆さん、ありがとうございました。期待していた通りのルートで機会をみて復習しようと思ってます。

カタクリ咲く吾国山

H27年4月2日、カタクリを目的に長沢から吾国山を歩いてきました。

曇り予報であったが晴れに変わった、カミさんが吾国山のカタクリが気になる様子なので見てきましょうとなった。ついでに見頃であろう宍戸のお寺の枝垂れ桜を。遊ぶことは直ぐに話がまとまる。 笑

今回のコースは、長沢地区~すずらん群生地~ハイキングコース合流~道祖神峠~吾国山往復~長沢地区

吾国山カタクリ園地
10時頃着いたが陽を十分に浴びてないためかまだ開ききってない。
3カタクリ

シロカタクリも見られた
2カタクリ
1カタクリ
10カタクリ
5カタクリ
6カタクリ
7カタクリ

Kちゃん。仲間二人と連れたってのお花見
8カタクリ

その後、モリちゃんとも。花時期での出会いは多いものです。
9カタクリ

これが正しいカタクリの撮り方 笑  
高価なカメラ2台を持ったカメラマン、大丈夫です歩道からなので
4カタクリ

園地で2時間も遊んでしまった。カタクリは見頃です。

蔵王・月山・鳥海山山行記録一覧

蔵王
★H24年6月18日 白石スキー場から不忘山、水引入道
 (その1) (その2)
★H12年10月8日 苅田峰駐車場ー熊野岳ー三宝荒神山ー地蔵岳


月山
★H23年8月7日 姥沢―牛首ー月山(往復)
★H22年10月16日 姥沢―牛首ー月山(往復)
★H21年8月29日 姥沢―牛首ー月山(往復)
★H12年10月7日 姥沢―牛首ー月山(往復)


鳥海山
★H23年8月8日 鉾立―千蛇谷ー新山-七高山ー伏拝岳ー文珠岳ー鉾立
 (その1) (その2)
★H21年8月30日 湯の台―河原宿小屋ー伏拝岳ー七高山ー新山

盛金の山・イワウチワ散策

H27年3月31日、盛金の山・イワウチワ散策してきました。

今年の花の開花は早そう。石川@さんから「盛金のイワウチワは満開」との情報を頂いたが新潟への計画があったので見送っていた。花は終わってしまったかも知れないが明日からは天気がぐずつき気味ラストチャンスとみて来ようとなった。
カミさんは「藪でしょう」とけん制するが、「少しだよ」と納得させる。ルートは下小川駅を起点にイワウチワ群生地を4ヶ所を巡るもの、どこか当たるのではとの思い。

下小川駅8:15~群生地(Ⅰ)8:50~盛金富士9:20~群生地(Ⅱ)10:15~401mピーク10:35~展望地10:50~寄藤沢の峠11:15~群生地(Ⅲ)11:45~255mピーク11:55~12:00群生地(Ⅳ)昼食12:40~三角点椢平(175.0m)13:05~車道~13:50下小川駅の周回。 
約5時間半の花散歩でした。  
   
         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

盛金マップ

下小川駅。他に車はなし。今日は穏やかな一日で花日和
1駐車場

盛金富士への尾根は伐採が進み景観が一変している。広範囲の伐採でイワウチワはどうかなと思っていたが群生地では例年通り咲いてました。
2伐採尾根

群生地(Ⅰ) 
最盛期は過ぎた感じだが何とか間に合った。
3イワウチワ
6イワウチワ
4イワウチワ
5イワウチワ

盛金富士
7盛金富士

尾根に出るまでは倒木が折り重なる藪の中を行く
8藪

尾根に出るとまた伐採地に。奥久慈男体山などの山が見渡せる。
9尾根

群生地(Ⅱ)
素晴らしい花つき見事な花園です。
10イワウチワ
11イワウチワ
12イワウチワ
13イワウチワ

401mピーク
14ピーク(401m)

群生地(Ⅲ)
広い花園、見事な咲きっぷりです。
15イワウチワ
16イワウチワ
17イワウチワ

255mピーク
18ピーク(255m)

群生地(Ⅳ)
凄い花密度、広範囲に折り重なるように咲いている。今回の群生地の中では最高かな。ちょっと遅い感じがするがそれを差し引いても素晴らしい花園。この花園を眺めながら昼食
19イワウチワ
21イワウチワ
22イワウチワ
23イワウチワ
24イワウチワ

三角点椢平(175.0m)
25三角点(175m)

林道に出るため藪を掻き分け降る
26藪

春爛漫の車道を約40分歩いて下小川駅へ。
27車道

ちょっと遅かったが何とか間に合った。今年も綺麗なイワウチワに出合え良かったな~。

FC2Ad