登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

シャクナゲ紀行・日光太郎山

H27年5月27日、日光太郎山を歩いてきました。

まだ間に合うだろうと性懲りもなくまたシャクナゲの追っかけ。太郎山には志津口からと山王峠口からの二つの登山口があるが離れていて周回し歩くにはちょっと辛い距離。シャクナゲ群生地は両方のルート上にあることから自転車で繋ぎ周回した(太郎山の前回は7年前、今回で4回目)。
シャクナゲはジャストタイミングでピークの花が見られた。

志津太郎山登山口P7:00~シャクナゲ群生地~新薙(道標)9:00~お花畑9:05~9:20太郎山9:45~剣ヶ峰10:00~10:05小太郎山10:20~ハガタテ薙分岐10:45~11:20山王帽子山(昼食)11:50~山王峠太郎山登山口12:15~(遊歩道)~12:55光徳駐車場13:00~(自転車6.7キロ)~13:45志津太郎山登山口P。 約6時間の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

太郎山マップ

光徳駐車場に自転車をデポし志津口の太郎山登山口に駐車。デコボコ地で5~6台のスペース有り
1駐車場

駐車位置の脇に登山口。道標有り
2登山口

登山道を15分程度登ると群生地に入る。シャクナゲは広範囲に見られまさにジャストタイミング、傷みがなく素晴らしい花に出合えた。
3シャクナゲ
4シャクナゲ
5シャクナゲ
6シャクナゲ
7シャクナゲ
9シャクナゲ
10シャクナゲ
11シャクナゲ
12シャクナゲ
13シャクナゲ

シャクナゲに大満足しさらに登ると薙(ガレ場)に出る。岩場に乗って一休み。「岩風呂だ」とか。薙はカミさんの背後上部にず~と連なる。地形図を見ると登山道と平行していることから登山道よりも変化があり面白そうと薙を登って行くことにする。
17岩場
18岩場
この岩場廻りにはコイワカガミやツガザクラが咲いている
15花
16花

薙を登り詰めると「新薙」道標がある所に出る。ここからは登山道を行く
19新薙

ガレ場を横切る
20新薙

広大な平坦地のお花畑に出るが花は見られない。以前は湿地帯であったのでしょうか。今は乾燥地化している。
21お花畑

お花畑を抜け出た登山道にはまだ雪が残っている
22残雪

太郎山(2,368m)。日光連山の展望台、好天に恵まれ素晴らしい眺望
23太郎山
24太郎山

ひとしきり眺望を楽しんだ後小太郎山へ向かう。
尾根にはまだたっぷり雪が残っている所もある。
27小太郎山へ

男体山、中禅寺湖や戦場ヶ原などを見下ろしながらの贅沢尾根
28小太郎山へ

切れ落ちた岩場の小ピーク(剣ヶ峰)に登るカミさん。巻き道もあるが・・
29-1剣ヶ峰
29剣ヶ峰

小太郎山(2328m)。このピークも展望ピークで通過するのみでは勿体ない。コーヒー休憩とする
31小太郎山
32小太郎山
ミネザクラも残っていた
33小太郎山

ハガタテ薙分岐附近もシャクナゲ群生地。
志津口ルートのものよりも範囲は狭いが数は多くジャストタイミング
34シャクナゲ
35シャクナゲ
36シャクナゲ
37シャクナゲ
39シャクナゲ

山王帽子山(2077m)。ここで昼食
40山王帽子山

山王峠登山口に降り立ち車道を右へ行くと遊歩道入口がある。道標なし
42歩道入口
遊歩道は整備され丸太の階段があるのが難点だが、緑鮮やかな森の中を鳥の鳴き声を聞きながら気持ち良いものであった。
43遊歩道
44遊歩道

光徳駐車場に着きザックをデポし自分は自転車で志津太郎山登山口Pへ向かう。たかだか7キロ弱のものであるが大部分はダラダラな登り坂が続きタフなものであった。
太郎山はハイカーが少ない静かな山、変化もあり展望は一級品、さらにシャクナゲはジャストタイミング。良い山旅であった。

スポンサーサイト

北温泉から三本槍岳~峰の茶屋

H27年5月23日、那須岳を歩いてきました。

前回(H27.5.20)の白笹山のシャクナゲに気を良くし、赤面山のシャクナゲもと欲を出し北温泉から赤面山へと計画した。マウントジーンズ那須に寄り道しシロヤシオを見て、そして赤面山への尾根でシャクナゲを見ての花散策であったが、シロヤシオは花つきが悪く、シャクナゲはピークを過ぎたもので「二匹目のドジョウ」はあえなく逃げられてしまった。
このことから途中からルートを変更し赤面山へは寄らず三本槍岳から峰の茶屋への周回に変更した。

北温泉駐車場7:10~8:10マウントジーンズ那須8:40~赤面山分岐9:35~10:30三本槍岳10:45~清水平11:10~朝日岳分岐11:30~11:55峰の茶屋(昼食)12:20~峠の茶屋12:40~(遊歩道)~大丸13:05~(ランニング)~13:15北温泉駐車場。 約6時間の山散歩でした。

前回のマウントジーンズ那須のシロヤシオレポは⇒こちらから

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

北温泉駐車場。この登山口からは8年ぶりの取り付き、展望デッキが整備されるなどすっかり様子が変わっていた。
1北温泉P

展望デッキからの駒止の滝
1-1滝

北温泉の脇から中の大倉尾根に取り付き、途中の分岐からスキー場方面へ。
茶臼展望台からは黒尾谷山~茶臼岳~鬼面山~朝日岳~前岳の大展望
2-1茶臼展望台
シロヤシオは花つきが悪い。裏年とは聞いてたがこれほどとは~。隔年ごとと言われているので来年は素晴らしいものが見られることでしょう。
なかにはこのように花つきの良い樹もあり撮ってきました。
2茶臼展望台
4茶臼展望台
5群生地
6群生地
7群生地
8群生地

シロヤシオ群生地を過ぎ中の大倉尾根に出て赤面山へ
9中の大倉尾根

ムラサキヤシオが鮮やかです。分岐付近のシャクナゲは既に終わっている。この附近と同じ時期に開花する赤面山のシャクナゲは終わっているかも・・
10中の大倉尾根

赤面山分岐に着いた時に赤面スキー場から歩いて来た人に出会いシャクナゲの様子を聞くと「見られなかったな~」とのこと。群生地の脇を通るので見逃すはずはなく・・・行ってもしょうがない諦めようとあっさり計画変更。ミネザクラに狙いを変更し三本槍を廻り、周回することにした。
12中の大倉尾根

この先の尾根にも良さそうなシャクナゲがあるが良く見ると傷みがある。
13中の大倉尾根

スダレ山斜面はミネザクラが多いが藪で近寄れない
14中の大倉尾根
14-1ミネザクラ

三本槍との分岐にザックをデポし三本槍へ
15三本槍岳

端正な旭岳。カミさんと共に合掌。
16三本槍岳

清水平付近にもシャクナゲが点在しているが蕾の状態で萎れかけている
17清水平

朝日岳へはハイカーが行列でパス、峰の茶屋脇のベンチで昼食。偶然にも地元の方達と同席しローカルな話に盛り上がった。またどこかでお会いできると良いですね。
19峰の茶屋

峠の茶屋に降り立ち遊歩道を・・ロープウェイ駅周辺はムラサキヤシオが多く満開
20ムラサキヤシオ

大丸でザックをデポ、自分はランニングで2キロ弱先の北温泉駐車場へ。
シロヤシオ、シャクナゲは残念なものであったが、好天のもと展望を楽しみながら那須岳の主稜線を気持ち良く歩け良かったです。

花の那須岳

H27年5月20日、那須岳の白笹山~日の出平を歩いてきました。

今年の花の開花は早すぎる。例年の那須岳のミネザクラ散策は6月初めとしていたが今年の適期は今週末頃かなと思っていたところ石川@さんから「満開だよ」との情報。その後リンゴさんもレポをアップされ急遽出かけてきた。運が良ければミネザクラ、シロヤシオ、シャクナゲなど見られるかもと期待して。

沼原駐車場7:20~白笹山8:50~9:25南月山9:40~日の出平・散策~12:20沼原駐車場の反時計回りの周回。 約5時間の花散歩でした。

        山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

沼原駐車場。下山時に撮ったもの。三斗小屋への物資の搬送中であった。
1駐車場

沼原~白笹山
花つきの良い樹もあったが全体的には花つきは良くない。裏年なのかな~
2シロヤシオ
3シロヤシオ
4シロヤシオ
5シロヤシオ

シャクナゲは良い感じですね~。花にへたりがなく色鮮やか見頃でした。
7シャクナゲ
8シャクナゲ
9シャクナゲ
10シャクナゲ
11シャクナゲ
12シャクナゲ

白笹山~南月山 
南月山への尾根付近のシャクナゲはジャストタイミング。
ミネザクラは花も散り終わってました。
13シャクナゲ
14シャクナゲ
15シャクナゲ
16シャクナゲ
17シャクナゲ

日の出平
朝からガスがかかり展望はなかったが日の出平に着く頃にはガスがとれ茶臼岳も見られるようになった、ラッキー
ミネザクラはピークを少し過ぎた感があるが花つきも良く綺麗ですね~
18ミネザクラ
19-1ミネザクラ
20ミネザクラ
21ミネザクラ
22ミネザクラ

日の出平からの下山路
下山路のミネザクラも凄く綺麗ですね~。梅のような花つきです。
23ミネザクラ
24-1ミネザクラ

下山路途中のシャクナゲは見事。
さらに下ったシャクナゲ群生地は花に傷みがあり終盤でした。
25シャクナゲ
26シャクナゲ

今年のミネザクラは花つきは良く見事なもの、何とか間に合った。
シャクナゲの花つきも申し分なし、ピークのものに出合えラッキーでした。

しおや湧水の里トライアルウォーク

H27年5月17日、第3回しおや湧水の里トライアルウォークに参加した。

大会開催に先立ち毎月一度のペースで、その度にコース設定を変えてトライアルウォークが開催されている。今回は第3回・星ふる学校くまの木~東古屋湖~大滝~豊月平放牧場~バリアフリー鉄道農園風だよりまでの18.85km 。前回(H27年4月26日)に引き続き2回目の参加でした。

マップ

スタート地点の星ふる学校「くまの木」。廃校となった熊ノ木尋常小学校木造校舎を利用したもの。自分の小学校時代もこんな感じの木造校舎、懐かしいな~。
1星ふる学校「くまの木」
2星ふる学校「くまの木」

遠くに高原山を見ながら出発です。
3出発

東古屋湖。ここで最初の休憩。鬼怒川漁協が管理する鱒釣り・ヘラ鮒・ワカサギの釣り場とのこと。
4東古屋湖

大滝。見ごたえのある滝でした。
5大滝

大滝上流部の渓谷美。紅葉時季も綺麗でしょう。
6渓流

豊月平放牧場。町営の放牧場であり、緑の草原が広がっています。
7豊月平放牧場

ゴールのバリアフリー鉄道農園風だより。ミニ鉄道がログハウスを周回している。昼食をとりバスで星ふる学校くまの木まで戻り解散。
8バリアフリー鉄道農園風だより
9昼食

スタッフの皆さん、参加者の皆さんお世話になりました。
今回も風光明媚なルート、爽やかな一日をありがとうございました。

天狗沢左岸尾根から黒岩

H27年5月14日、天狗沢左岸尾根から黒岩を歩いてきました。

黒岩尾根の八風付近から右手に美しい笹尾根が見える。この尾根はぶなじろうさんのレポから天狗沢左岸尾根と知った。先日、黒岩尾根を歩いた際にじっくりと尾根を見て機会があればと思っていたが、ツツジが素晴らしい尾根とのことで、「行くのであれば今だ」と尾根を辿ってみることにした。

稲荷川林道P~天狗沢左岸尾根取り付き7:00~(1303mP)8:20~大岩8:45~崩壊地9:50~黒岩尾根1840m附近合流10:15~10:30黒岩10:40~黒岩尾根~水場上部の尾根で昼食~12:25ツツジが原12:40~13:30滝尾神社=稲荷川林道P 約6時間半の花散歩でした。
尾根には踏み跡、道標はありません。

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

マップ2

稲荷川林道の膨らみに駐車。取り付く尾根は正面奥の尾根
1駐車

標高860m附近から取り付き、鹿除けネット沿いに行く。
3尾根

1000m附近からヤマツツジの尾根。花は鮮やか、花つきも最高です。
-15ヤマザクラ
6ヤマザクラ
7ヤマザクラ
8ヤマザクラ
9ヤマザクラ

ヤマツツジの広い尾根を進み1303mPへ。ピークを示すものはない。
ピークの肩からは赤薙山が見られる。
11小ピークの肩から

1303mPから降り鞍部から登り返すと1350m附近の岩に出る。
こんな岩を見ると登りたくなる習性がある。
12大岩

1400m附近で広い笹尾根に出ると花つきの良いシロヤシオを見る。
13シロヤシオ

広い笹尾根は切れ落ちた北斜面に沿って行く。正面に黒岩が見られる。
14黒岩山

笹尾根の登りは結構きついものがある。
14-1笹尾根

赤薙山の直下に雲竜瀑かな・・アップしてみました。
16-1雲竜漠

黒岩尾根からも見られる1700m附近の崩壊地に出た。
17ガレ場

綺麗な笹尾根を行く。見る分には綺麗だが登りはきつい~
18笹尾根

天狗沢の源頭部附近。この附近のシロヤシオは蕾
19笹尾根

ミネザクラが咲き始めてた
21赤薙山

1840m附近の黒岩尾根に合流
22黒岩尾根合流

登ってきた尾根を振り返り見る。
26天狗沢尾根

合流点ザックをデポし、ハクサンコザクラ探しに黒岩に登る
25黒岩

カミさんが見つけたハクサンコザクラ。まだ咲き始めで数も少ない。
23雪割草

3日前には咲いてなかったミネザクラも咲き始めてます。
24ミネザクラ

下山は黒岩尾根を降る。途中でのんびり夫婦の山遊びさんとバッタリ。まさかここで出会うとはビックリでした。
今回もツツジが原に立ち寄る。前回と違う場所を散策する。
27ツツジが原
28ツツジが原
29ツツジが原

天狗沢左岸尾根はツツジ尾根、赤薙~女峰の稜線の大展望台でした。
ぶなじろうさん情報ありがとうございました。

 

行者堂から黒岩尾根(黒岩)

H27年5月11日、日光・行者堂から黒岩尾根を歩いてきました。

前回の羽黒尾根のツツジの群落に気を良くし、隣尾根の黒岩尾根のヤマツツジを見て来ようとなった。

白糸の滝駐車場6:40~殺生禁断境石7:20~稚児の墓8:00~水場分岐8:25~白樺金剛9:00~八風9:45~10:00黒岩遥拝石10:15~黒岩10:20~アカヤシオの尾根・昼食~羽黒尾根分岐11:10~白樺金剛11:15~水場分岐11:30~稚児の墓11:45~11:55ツツジが原12:15~殺生禁断境石~13:10白糸の滝駐車場 約6時間半の花散歩でした。

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

黒岩尾根マップ

白糸の滝駐車場
1駐車場

日光山内の神聖な地域、その二荒山神社の脇の石畳みの道を行くと、一段高いところに行者堂がある。
2出発

杉林の中の登山道を登りつめるとヤマツツジの園へ。ズミが綺麗ですね~
3ズミ
4ズミ

ヤマツツジが青空に映えいっそう鮮やかです
6ヤマツツジ

ダテカンバの白い幹肌と朱色のヤマツツジの組み合わせも良い感じ
5ヤマツツジ
7ヤマツツジ

稚児の墓。この附近のヤマツツジはふっくらとした蕾でした。
8権児ヶ墓

数は少ないがシロヤシオも健在
9シロヤシオ

ミツバツツジはピークを過ぎた感じのものが多かった
10-1ミツバツツジ
10-2ミツバツツジ

水場分岐付近のヤマツツジは蕾でした
11-1水場

水場分岐。ここから先は花は少なく展望を楽しむ尾根
11水場

水場分岐付近から見る男体山
12男体山

八風手前の笹尾根のアカヤシオは終わってました
14-1アカヤシオ

黒岩遥拝石。絶景・絶景~。この渓谷美を見るのも目的の一つであった。
15黒岩
16黒岩

写真中央付近が雲竜渓谷ですね
17黒岩

黒岩山頂からの景観も素晴らしい
18黒岩

八風付近から見下ろす天狗沢左岸尾根。この尾根の確認は今回の目的の一つでもあった。尾根上部は解放感ある笹尾根で惹かれますね~
19天狗沢左岸尾根

「ツツジヶ原」(自分が勝手に名をつけたものです)。
カミさんが「あの辺り真っ赤だね~行ってみようよ」と言っていたもので下山時に寄り道した。登山道から分け入った先はまさにヤマツツジのパラダイス。360度真っ赤な空間に自分とカミさんと鹿数匹。
この広い原っぱは目標となるものがない。位置を確認しながら・・ずんずんと先を歩くカミさんの姿を見失いように・・写真を撮りながら・・「ツツジヶ原」を楽しんできた。
20ツツジヶ原
22ツツジヶ原
23ツツジヶ原
24ツツジヶ原
25ツツジヶ原
26ツツジヶ原

好天に恵まれ展望も花もバッチリでした。
前回といい今回もツツジを存分に楽しめた一日でした。

寂光の滝から羽黒尾根

H27年5月8日、ツツジ咲く羽黒尾根を歩いてきました。

山友との山行が中止となり以前から歩いてみたいと思っていた羽黒尾根へ。この尾根はぶなじろうさんがツツジが綺麗な尾根としてレポを公開しているので参考とした。簡単な尾根ではなさそう行けるところまでと出発。

羽黒尾根は女峰山黒岩尾根の支尾根、田母沢と根通沢に囲まれた尾根で、1540m附近で黒岩尾根に合流する。この尾根はず~と途切れることなくヤマツツジ、ミツバツツジシ、ロヤシオ、アカヤシオと咲く花園。
尾根には踏み跡、道標はない。

寂光の滝P8:00~(935P)8:30~(1122P)~10:15(1314P)10:20~雨量計10:30~黒岩尾根合流11:00~(1314P)昼食~13:00寂光の滝Pの往復 
約5時間の花散歩でした。

         山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

羽黒尾根マップ

寂光の滝駐車場に車を停めた。車は他になし 
1寂光の滝

駐車場から少し戻り樹林の中へ入って行く。喘ぎ喘ぎ急斜面を登って尾根に着くと、ヤマツツジが出迎えてくれた。
2急登

935P附近の尾根まで上るとグルリと真っ赤、凄いですね~~。ツツジの古木が多く尾根の斜面の奥まで・・まさに旬の時季。良いタイミングでした。
4ヤマツツジ
5ヤマツツジ

935P附近の石祠
6祠

ここから先もず~~とツツジが咲き競う
7ヤマツツジ
8ヤマツツジ

シロヤシオも混じってきた
9ヤマツツジ

真っ赤なツツジのトンネルを行く。花つきも色合いも最高です。
10ヤマツツジ
11ヤマツツジ
12ヤマツツジ
13ヤマツツジ

高度を上げるにつれミツバツツジも活き活きと
14ヤマツツジ

緑のキャンバスに白、紫、赤と。
尾根沿いにず~~と途切れることなく、何という景観でしょう。
15シロヤシオ

尾根の右斜面も花盛り
16シロヤシオ
17シロヤシオ
18シロヤシオ
19ミツバツツジ

左斜面も花盛り
20ミツバツツジ
21ミツバツツジ

尾根沿いは花のトンネル。どこを向いても花盛りです。
22ミツバツツジ
23ミツバツツジ
24シロヤシオ

1314P附近のミツバツツジ。笹原の中の倒木に腰をかけ小休止。柔らかな色合いで遠目ではアカヤシオかと思い近づくとミツバツツジでした。
25ミツバツツジ

雨量観測計 この尾根の目印、高度計を見ると1365mであった。
26雨量計

ツツジの〆はアカヤシオ。
1500m附近になるとアカヤシオが多くなるが終盤であった。
27アカヤシオ
28アカヤシオ

1540m付近で黒岩尾根登山道に合流した。
雲行きが怪しくなり雨が降りそうな天気、往路を戻ることにした。
29黒岩尾根合流

1314Pまで戻り昼食、ポツポツと雨が降り出しゆっくりする暇もなく下山とする。1122P付近まで戻ると陽が射してきた。何だよ~ゆっくりしてくるんだったな~

満開のツツジを愛でながら、凄いな~凄いな~を連発しながらの山行。
ツツジ三昧の一日に大満足。聞きしに勝る尾根でした。

オフ会山行(高原山など)山行記録一覧

・H28年5月22日 大入道のシロヤシオ

・H26年10月4日 那須岳・姥ヶ平の紅葉

・H26年5月31 高原山オフ会 

・H25年6月1日 シロヤシオ オフ会・高原山

・H23年11月26日 奥久慈竜神峡紅葉ハイク

・H23年6月4日 日の出平のミネザクラと御沢源流の滝探検

・H23年5月4日 アカヤシオオフ・東トンボ沢と桝形山

花散策・八溝山

H27年5月4日、花を求めて八溝山へ。

八溝山のアズマシャクナゲ、ヤマシャクヤクを見て来ようと鹿島のMさん夫婦、Uさん親娘、Tさんと一緒する。

今年のアズマシャクナゲ、ヤマシャクヤクの様子は石川@さんのヤマレコから分かっていたが気になっていたもの。


新緑が綺麗な笹尾根を行く
1新緑

目的の一つのヤマシャクヤク。綺麗に咲いてました~。
2シャクヤク

エンレイソウも多かったな~
3エンレイソウ

今やヤマブキソウが真っ盛り。真っ黄色な花が鮮やか緑の林の中に映ります
4ヤマブキソウ

そしてまたヤマシャクヤク
5ヤマシャクヤク

蕾のものも見られた
6ヤマシャクヤク

清楚な花ですよね~
7ヤマシャクヤク

そしてアズマシャクナゲ。花は終わっていた。近くによると撮るに忍びない状態。かろうじて咲いていた一輪を撮った。
附近にはシロヤシオ、ヤマツツジも多いが今年はさっぱりですね~
8アズマシャクナゲ

そしてまたヤマシャクヤクと出合う。皆で手分けしあちこち探したが・・6~7株かな。写真はいずれも異なる個体のものでTさんが探し見つけたもの。
9ヤマシャクヤク

ニリンソウ群生地を通り
10ニリンソウ

シロヤシオ林の中を行くが花は疎ら蕾はわずかなもの。今年はハズレです。
11シロヤシオ

鹿島の皆さん、お疲れ様でした。
目的は達成できたもののアズマシャクナゲは時季外れ、でも良き仲間と楽しい一日でした。またご一緒下さい。

大佐飛山地・高原山塊 山行記録一覧

高原山
・H28年11月12日 守子の森から西平岳~釈迦ヶ岳
・H28年5月22日 オフ会・大入道のシロヤシオ
・H28年4月25日 アカヤシオ散策・東トンボ沢、桝形山、ミツモチ山
・H27年5月2日 高原山・ミツモチ山のアカヤシオ
・H26年5月31日 高原山オフ会
・H25年6月1日 小間々台~大間々台~剣が峰~大入道の周回
・H24年5月31日 小間々台~大入道~剣が峰~大間々台の周回
・H24年5月12日 ミツモチ山、東トンボ沢、県民の森の秘密の花園
・H23年5月4日 東トンボ沢と桝形山のアカヤシオ群生地
・H22年6月6日 小間々台~大入道~剣が峰~釈迦が岳~大間々台の周回
・H20年6月2日 小間々台~大入道~剣が峰~釈迦が岳~大間々台の周回
・H13年5月13日 大間々台ー剣が峰ー釈迦ガ岳ー鶏頂山ー大入道
・H12年5月5日 開拓村口ー前山ー釈迦ガ岳ー鶏頂山ー中岳ー西平岳
・H9年6月16日 大間々台ー台地ー剣が峰ー大間々台
・H8年11月10日 鶏頂山荘ー弁天池ー鶏頂山ー釈迦ガ岳

日留賀岳
・H22年5月28日 小山氏宅~日留賀岳の往復
・H20年5月23日 小山氏宅~日留賀岳の往復
・H12年12月2日 林道終点ー日留賀岳ー日津羅山の往復
・H10年8月15日 登山口ー木の鳥居ー日留賀岳の往復

男鹿岳
・H24年6月4日 小山氏宅~日留賀岳~塩那道路~男鹿岳~幸乃湯温泉P
・H13年11月11日 板室ゲートー男鹿峠ー男鹿岳 往復

大佐飛山
・H26年4月26日 林道P~黒滝山~西村山~大長山~大佐飛山の往復
・H24年4月15日 新道P~黒滝山~西村山~大長山~大佐飛山の往復

黒滝山
・H13年12月2日 光徳寺ー百村山ー山藤山ー河下山ー黒滝山 往復

百村山
・H12年11月18日 水源記念碑ー見晴台ー百村山 往復

新湯冨士
・H8年9月15日 小太郎が淵ー大沼ー新湯冨士ーヨシ沼

龍王峡
・H8年11月16日 虹見の滝ーむささび橋ー白石ー逆川バス停 往復


高原山・ミツモチ山のアカヤシオ

H27年5月2日、アカヤシオ咲くミツモチ山を歩いてきました。

栃木の大田原に所用がありついでに山へでした。その近くの山で・・・と候補を上げていると、カミさんが「花があるところが良いな~」と言うので高原山のミツモチ山はどう?アカヤシオはちょっと遅いかも知れないが・・。カミさんはミツモチ山は初めてで行ってみようとなった。

ルートは大間々P~やしおルート~ミツモチ山~青空コース~大間々P。
予定では剣ヶ峰周回だったが、剣ヶ峰周回を割愛し県民の森散策とした。

         山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

1マップ

大丸付近のアカヤシオ。花びらが落ち始めてましたがまずまずのもの。
笹の斜面を登ったり下ったりウロウロと。終盤とはいえ綺麗ですね~。
3大丸のアカヤシオ
4大丸のアカヤシオ
5大丸のアカヤシオ
6大丸のアカヤシオ
7大丸のアカヤシオ
8大丸のアカヤシオ
9大丸のアカヤシオ
10大丸のアカヤシオ

ミツモチ山展望台は多くの人でスルー。
青空コース沿いのアカヤシオも花つき色合いバッチリでした。
11青空コースのアカヤシオ
12青空コースのアカヤシオ
13青空コースのアカヤシオ
14青空コースのアカヤシオ

県民の森へ。
広大な敷地、遊歩道にヤマツツジが満開で素晴らしい空間でした。県民の森は初めて訪れるもので付近を散策しようと思ってましたが、タラの芽、ワラビが目につき山菜採りに代わってしまいました 笑
ここからミツモチ山へ通じるルートもあり面白いかも。機会をみて歩いてみよう。

FC2Ad