登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

南ア屈指の名峰・甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳(その1)

H20年9月21日~24日、南アルプスの甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳を歩いてきました。
花の時期に計画していたものが延び延びとなり今の時期になってしまったものです。
今回の山行は以下の通り。
【H20年9月21日】:車山高原を散策する予定であったが雨で中止。戸台口(泊)
【H20年9月22日】:甲斐駒ケ岳登山。大平山荘(泊)
【H20年9月21日】:仙丈ヶ岳登山。帰宅

【H20年9月22日】:甲斐駒ケ岳(標高2,967m)
甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス北端に位置する標高2,967mの山である。
峻険な 山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰、白い頂きのピダミダルな山容が特徴です。
 今回のルートは、北沢峠から仙水峠を経由するルート登り、駒津峰から甲斐駒ケ岳を往復、双児山を経由するコースとした。
(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
長谷村営バス乗り場バスの中から見た鋸岳
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳の登山玄関口、南アルプス林道、信州側の長谷村営バス乗り場の戸台口。
無料の駐車場、仮眠室、近くに日帰り温泉施設もあり登山者にとっては非常にありがたい登山口である。戸台口から甲斐駒ケ岳と仙丈ヶ岳の登山口である北沢峠まではシャトルバスを利用する。
朝5時45分発、シャトルバスが標高をあげて行くと南アルプスの雄大な山々が視界の中に入ってきた。北沢峠までのバスでは、運転手さんが周辺の山々をガイドし、鋸岳は「この辺りから見ると、女性の顔に見えるとか・・」、景色の良い場所では、ゆっくりと走り写真タイムまでなかなかのサービスです

大平山荘大平山荘室内
大平山荘(1960m)前でバスから下ろしてもらった。
雨具、食料、飲料だけをサブザックに詰め甲斐駒ケ岳を目指す。
宿泊手続きを済ませ、6時40分大平山荘発。

北沢駒仙小屋岩石帯
開拓者北沢長衛のレリーフがある北沢駒仙小屋、水が豊富な仙水小屋を過ぎ、シラビソの林を抜けると、岩石が無数散らばる荒涼とした岩石帯の場所に出る。
ここで朝食とする。

仙丈ヶ岳仙水峠からの甲斐駒ケ岳
振り返ると仙丈ケ岳の前方部が見えた。この先が仙水峠。
仙水峠(2.264m)に到着。
これから登る甲斐駒ケ岳と魔利支天が目の前に聳えている。
仙水峠から駒津峰への登りは、高低差約500mを一気に登る直登、シラビソの根もあらわな急坂を喘ながら登っていく。所々で呼吸を落ち着かせながらの苦しい区間であった。

栗沢山の向こうにアサヨ峰、鳳凰三山駒津峰からの甲斐駒ケ岳
9時40分、駒津峰着(こまつみね・2.740m)。
アサヨ峰を経て延々と鳳凰山へ縦走するルートが展望できる。
駒津峰に着くと、まず目に飛び込んできたのが、あの白い頂に日が射す甲斐駒ケ岳。
駒津峰は甲斐駒の前衛の山で、山頂の展望が良い。摩利支天を従えた甲斐駒本峰が間近に聳え立つ。
それにしても駒津峰まで、なんと急登だったことか・・・しかし、こんな眺望を目にすると、今までの疲れも吹っ飛ぶ。

甲斐駒ケ岳1.甲斐駒ケ岳5甲斐駒ケ岳2
どれも圧倒的な存在感で、その中でも目指す甲斐駒ケ岳は山頂部が花崗岩が露出しており、荒々しさがむき出しになっていて神々しさすら感じさせるものがあった。
さていよいよ、甲斐駒本峰に向けてまず六方石まで急降下。
切り立った岩稜を辿る直登コースと魔利支天の方を経由して白砂を歩く巻道コースに分かれる。
カミさんは躊躇なく直登コースを選び岩場を登る。

甲斐駒ケ岳3甲斐駒ケ岳4
この直登コース、ここから標高差約300mの岩場の直登が続き慎重に登る。

甲斐駒ケ岳山頂魔利支天
11時00分、白い花崗岩で覆われた、甲斐駒ケ岳の山頂に立ってま~す!
こんな快晴の中、鳳凰三山の後ろに富士山が微笑んでお出迎えなんです。
山頂からは360度、素晴らしい眺望!!
富士山、鳳凰山、北岳、間ノ岳、塩見岳、仙丈ケ岳をはじめ南アルプスの主峰が・・・
北に眼を転ずれば・・・
遠くに槍・穂など北アルプスの峰々が見え、中央アルプスの木曽駒ケ岳・御嶽山・乗鞍岳など
すべての役者勢ぞろいって感じで~す

甲斐駒ケ岳山頂3甲斐駒ケ岳山頂1
山頂でMBを担ぎあげた京都のS氏と会う。
自分の体だけを持ち上げるだけでも精一杯なのに・・信じられない体力、精神力です。

甲斐駒ケ岳7甲斐駒ケ岳6
甲斐駒ケ岳の白い頂に別れを告げ・・・下りは、白砂の巻き道ルートをとることにした。
摩利支天を左に見て砂礫のルートを下る。
白砂の砂礫の道は、ザラザラと滑ってとても歩きにくい。
摩利支天には登らず、下山することにしました
こちら巻き道から直登ルート(右の写真)を見ると、かなり急峻な岩場でした。

双児山からの甲斐駒ケ岳双児山
駒津峰に登り返す。
駒津峰でもう一度、甲斐駒ケ岳の雄姿を目に焼き付けてから双児山経由で北沢峠までの長い下りに取り付く。
13時20分、双児山着。

北沢峠
14時40分、北沢峠着。8時間の山散歩でした。
きつい山行であったが展望も最高で大満足であった。
大平山荘に戻る。大平山荘は環境、雰囲気などお薦めの山小屋である。


スポンサーサイト

コメント

ほとんど出っ放し。これから(17:00)も中アに出かけてしまうので、
急いで打ち込んでいます。
甲斐駒ケ岳&仙丈ケ岳の山旅、好天にも恵まれ楽しく歩けたようで
おめでとうございます。それにしても躊躇なく直登コースを選んだ
カミさん(失礼!)はスゴイですね。脱帽!
それでは越百山・南駒ケ岳・空木岳に出かけてきま~す。

  • 2008/09/26(金) 16:14:16 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

 いやいや、2日間最高の天気でしたね(1日目はチョット残念でしたが)
少しずつ紅葉も始まって、下界はまだまだ暑いですが、山はもう秋本番がやってきていますね。
こんな本格的な山登り、山に登れる身体と気力があるのが凄いですね。 それもご夫婦でね。 脱帽脱帽です。
 我が家は、鎌倉の平地散策で疲れちゃいました。

  • 2008/09/26(金) 17:37:40 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
以前にデイダラボッチさんに教えを頂いた計画です。
山荘、コース、山など全て満足、満足です。
ありがとうございました。
次は花の時期に歩いてみたいものです。

  • 2008/09/26(金) 19:52:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

としょくんさん
山も天気も最高でした。
山は一足早く紅葉が始まっています。
山散歩はカミさんと自分と二人合わせて一人前、
二人で一緒に歩けなくなったら山散歩はできません。
これからも二人で元気で山を楽しみます。

  • 2008/09/26(金) 20:07:07 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpo様
今回の配信、花がなくてチョット寂しい気がしましたけれど、雄大な
そして、美しい風景の数々に心打たれました。有難うございました。  次の配信が楽しみです。 
  9月26日                    O.Mより 

  • 2008/09/26(金) 23:18:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

O.Mさん
そうですね。花は今の時期ありませんね。
次の機会には花の時期に歩きたいものです。
素晴らしいものに違いありません。

  • 2008/09/27(土) 19:20:30 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

越百山・南駒ケ岳・空木岳の山旅から、無事戻ってきました。
40数年前の記憶は何一つとして甦えりませんでしたが、
27日は好天28日はまずまずの天気に恵まれて、大満足できる内容でした。
360度どこ一つ途切れることのない眺望!!!
特にyamasanpoさんが訪れたばかりの甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳は、
伊那谷をはさんで凛々しく、そして雄々しく、見事でしたよ。
ではまた。

  • 2008/09/28(日) 22:07:08 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
お帰りなさい。
越百山・南駒ケ岳・空木岳の山旅のブログアップ楽しみです。
参考とさせて頂きます。

  • 2008/09/30(火) 05:28:55 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/100-25ae42e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad