登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

湯沢源流・裏縦走路から鷹取岩の周回

H20年12月13日、湯沢源流・裏縦走路から鷹取岩を歩いてきました。
今日の湯沢源流はいつになく水量があり岩が濡れており難儀しましたが変化があり楽しめました。
今回のコースは佐中~湯沢源流~釜沢越えへの分岐~篭岩への分岐~(裏縦走路)~小草越え~(表縦走路)~鷹取岩~釜沢越え~佐中の反時計回りの周回です。歩きごたえのある5時間半の山散歩でした。

以前にも湯沢源流を歩いたことがあります。覗いて見て下さい。
(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
駐車場不動滝
       (駐車場)                 (不動の滝)
下山時に撮った駐車場です。他に車はありませんでした。
不動の滝の水量はいつになく多く迫力がある。

湯沢源流入口湯沢源流4
湯沢源流1湯沢源流2湯沢源流3
湯沢源流5湯沢源流6
                       (湯沢源流を歩く)
今日の湯沢源流は水量があり、滑りやすく足場が遠い場もありルートを探しながら楽しいものでした。

抱き返しの滝釜沢越えの分岐
     (抱き返しの滝)               (釜沢越えへの分岐)
抱き返しの滝も豪快です。
釜沢越えへの分岐、竹林、杉林の暗い籠岩への道に進む。駐車場から釜沢越えへの分岐までの所要時間は約1時間半。

裏縦走路への登山道裏縦走路1
                                  (裏縦走路)
倒木が多い山道を登り切ると籠岩への分岐、稜線に出る。
籠岩方面とは反対の稜線に進む。ここからが裏縦走路となる。背丈ほどの笹の多い山道です。
以前にも裏縦走路を歩いています。覗いて見て下さい。

裏縦走路2裏縦走路3男体山小草越
                                  (小草越)
樹木はすっかり葉を落し明るい稜線で気持ち良い。
表縦走路の小草越へ出る。釜沢越えへの分岐からの所要時間は約1時間50分。

鷹取岩から紅葉
       (鷹取岩)
鷹取岩山頂からの男体山方面。
時折こんなきれいな紅葉も見られました。

釜沢越釜沢口への登山道
        (釜沢越)   
釜沢越からパノラマラインへ出る下山道を下る。

下山路下山口
                                (下山口)
途中から佐中への近道を下る。

今日は誰とも会うことがなく静かな山行でした。
今回のコースは、冬場としては歩行距離があり変化もありと好んで歩きます。

スポンサーサイト

コメント

 冬の奥久慈と言うにはまだ早いでしょうか?でも今の季節の小草越から鷹取岩、釜沢越の山道は視界が開けて(木々の葉っぱが落ちて)解放感のある明るい文字通りの山散歩が楽しめますね。カサッカサという音が聞こえてきそうな写真です。下北の今日は、珍しく暖かな一日で、雨降りでした。でもついさっき雪が混じってきました。やっぱり冬ですね。yamasanpoさんの写真をまた楽しみにしています。

  • 2008/12/18(木) 23:42:14 |
  • URL |
  • 下北のクマさん #-
  • [ 編集 ]

下北のクマさん
今の奥久慈の山は、歩く人も少なく静かで枯葉が落ちる音も聞こえるほどです。
山道は落葉で埋め尽くされ枯葉の臭いが充満する中を小気味よい音をたてながらの山散歩は最高です。
しばらくは奥久慈の山中心の山散歩になりそうです。

  • 2008/12/19(金) 19:54:06 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさんのこのブログを読ませていただきまして、大変山歩きの参考にさせていただいております。ありがとうございます。

いつも質問になってしまうようで恐縮なのですが、もしご存知でしたら教えていただけないでしょうか。

先週、健脚コースから奥久慈男体山に登りました。頂上からは一般コースで大円地越を経由し、鷹取岩を目指しましたが、途中疲れたので、小草越から古分屋敷にエスケープしました。途中、沢伝いに降りていくと滝の上で立ち往生しました。位置的には大円地と古分屋敷との中間になるのでしょう。民家は遥か下方に見えましたので、山の中腹になるかと思います。やや沢を戻り、南側に踏み跡を見つけましたので古分屋敷へは無事下山できたのですが、その滝が少々気になっています。

この滝の名前や落差などご存じないでしょうか。
次回行くときには、この滝がどんな感じなのか、滝の下から見てみたいと思っています。また大円地の駐車場からやや荒れた登山道を登っていくと、その滝を見れるのではないかとも推測しております。

いつも難問ですみません。ご存知でしたらで結構です。

  • 2010/03/26(金) 21:59:28 |
  • URL |
  • えん #lnYM7kUo
  • [ 編集 ]

えんさん
いつも見て頂きありがとうございます。
当方のレポが少しでも参考になれば幸いです。

小草越からの下りでの滝ですが、詳細はわかりません。
水量豊富な時季でなければ現れない滝ではないでしょうか。
調べてみます。
力になれず申し訳ありません。
また、遊びにきて下さい。

  • 2010/03/28(日) 12:33:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、
>水量豊富な時季でなければ現れない滝ではないでしょうか。
佐中の不動の滝よりもはるかに水量は少なかったように思います。雨が降った時にしか現れないのかもしれません。
私も出来れば近いうちにまた出かけたいと思っています。
ありがとうございました。

  • 2010/03/30(火) 06:27:04 |
  • URL |
  • えん #lnYM7kUo
  • [ 編集 ]

えんさん
滝は水量があると見栄えがしますからね。
私達も機会をみつけ歩いてみようと思ってます。
再度出かけるとのこと、その時の様子をまた教えて下さい。

  • 2010/03/31(水) 13:21:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/118-632203c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad