登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

花の入り公園から燕山と真壁の雛まつり

真壁町から見る燕山と加波山
      (真壁町から見る燕山(左)と加波山(右))

H21年2月14日、桜川市(旧大和村)東飯田の花の入り公園から天狗の踊り場へて燕山(つばくろやま、701m)を歩いてきました。
今日はカミさんの大好きなお雛様を見るのが目的、真壁に近い燕山としました。燕山は雨引山~燕山~加波山のハイキングコースから多く歩かれていますが、今回は紹介されることが少ない花の入り公園からとしました。沢あり、岩ありと変化がありなかなか良いコースです。
今回のコースは、花の入り公園駐車場~一枚岩~天狗の踊り場~燕山の往復。
3時間半の山散歩でした。

(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
花の入り公園駐車場コースマップ
        (花の入り公園駐車場)            (コースマップ)
出発点の花の入公園。ここに車を止めて,トイレを済ませてスタート。
公園の一角の掲示板にマップがある。一枚岩へ目指して幅広の林道を歩く。2箇所の林道の分岐には道標はない。

林道終点沢沿いの山道
          (林道終点)                (沢沿いの山道)
林道をあるくこと25分で林道終点。林道終点先から山道に入ると、そこは沢沿いの道になる。岩の間を勢いよく流れる水の流れは、自然の美しさそのものである。

山道3一枚岩
          (見事な沢)                 (一枚岩)
やがて、大きな一枚岩と呼ばれる岩棚が現れる。傾斜はさほどでもないが長さは数十メートルもあり岩棚いっぱいに流れる水は見事なものである。

山道2コースの分岐
          (沢を渡る)             (加波山コースとの分岐)
滑りやすい枝沢を横切り、わずかで道標がある分岐に着(駐車場から約1時間)。
「天狗の踊り場」方面へ。分岐からは急登の山道になる。
天狗の踊り場1天狗の踊り場
                (天狗の踊り場と言われる大岩)
駐車場から約1時間20分で天狗の踊り場着。大きな岩が特徴。この岩場の先には林道が走っておりちょっと興醒めである。林道の脇には燕山への山道が続いており消えかかっている道標とロープが下がっている。

燕山への山道燕山頂
          (燕山への山道)               (燕山頂)
山頂直下のハイキングコースに出るが分岐に道標はない。駐車場から約2時間で山頂着。
加波山を周回するコースも考えたが、今日は雛祭り見学が控えているのでここで引き返す。


【真壁の雛まつり】
年2月4日から3月3日まで開催されている真壁の雛まつりを見てきました。
今年も素晴らしいお雛様を見られカミさんもご機嫌です。
昨年も真壁の雛祭りを見ています。覗いて見て下さい。
古いお雛様
江戸、明治、大正時代の古いお雛様。素晴らしいものでした。

江戸時代のお雛様
存在感のある江戸時代のお雛様。

犬を連れたお雛様
珍しいと言われる犬を連れた大正時代のお雛様。

亀に乗ったお雛様
これも珍しいと言われる亀に乗ったお雛様。

明治時代のお雛様
明治時代のお雛様もある。

外国人のお雛様
他では見ることができないと言われる外国人のお雛様も。

山散歩とお雛様とご機嫌な一日でしたが、異常な暑さにバテバテでした。

スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しています。燕山の途中の一枚岩や沢の流れ、隠れた秘境ですね。茨城の里山のいいところが見えてきます。下北のクマさんも14日は水戸にいましたが本当に暑かったです。次の日に下北に戻ってきたのですが、大雪でした。その週は真冬に逆戻りで、下北のクマさんも冬眠でした。今週は、雪も降らずにまた春近しの気候です。クマさんも寝たり起きたり忙しいです。

  • 2009/02/25(水) 22:10:23 |
  • URL |
  • 下北のクマさん #-
  • [ 編集 ]

下北のクマさん
偕楽園の梅も満開、暖冬ですね。
生活するには良いのですが、山には雪が少なくこの先どうなってしまうのか心配になっちゃいます。
3月になると花の便りが聞かれるようになり忙しくなります。
また、覗いて下さい。

  • 2009/02/26(木) 16:27:59 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/129-147dd6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad