登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

イワウチワ咲く熊の山~盛金富士の周回

イワウチワ1
             (清楚で美しいイワウチワ)
H21年3月28日、大子町の熊の山・下高塚山~盛金富士を周回しました。
桜の開花情報が流れ始め、桜とほぼ同じ時期に咲くイワウチワを求めて大子の久慈川を挟んだ盛金富士と熊の山・下高塚山と組み合わせての周遊コースを行くことにした。
盛りにはまだまだだったが、清楚で美しいイワウチワを見ることができ満足でした。
今回のコースは、下小川駅~熊の山(300m)~下高塚山(375m 往復)~下小川橋~盛金富士(341m)~下小川駅の周回、約5時間の山散歩でした。
                                      山行記録一覧
(写真の上にカーソルをあわせクリックし画像を大きくして見て下さい)
下小川駅コースマップ
     (下小川駅)                   (コースマップ)
水郡線の下小川駅の駐車場へ。
7:00発 駅前のコースマップを見て出発する。良い天気である。

盛金富士熊の山への山道1
     (麓から望む盛金富士)           (水道施設)
下小川駅の南側の久慈川に欄干のない沈下橋と呼ばれる「平山橋」を渡り、国道118号線を横断し、民家やりんご園の間ののどかな風景の舗装道をしばらく登っていくと熊の山への指導標がある。
7:25 水道施設の右の舗装路へ入り、民家の先から雑木の山の中へ入る。

熊の山への山道2熊の山への山道3
   (熊の山への山道)               (熊の山と下高塚山)
雑木林の道は徐々に急な登りとなりやがて尾根に出て、261m 三角点ピークの展望台に着くと背後に盛金富士の展望が素晴らしい。このあたりからツツジの群落が続いておりまもなく見頃となるだろう。
信仰の山らしく道は良く整備されている。

分岐熊の山への山道5
  (下小川橋への分岐)              (山頂直下の長い石段)
8:00 下小川橋への分岐。案内板があり、左は下小川橋、右は熊の山へ。ここから熊の山~下高塚山を往復する。
檜林の巻道を進むと大きな鳥居がある。鳥居をくぐり急な石段を登り詰めると熊の山頂上である。

熊の山山頂1イワウチワ1
    (熊の山山頂)                    (イワウチワ)
8:10 熊の山(341m)山頂には熊の山神社のかなりの歴史の刻みを感じさせられる石の祠が祀られている。展望の山と言われるだけのことのある素晴らしい眺めである。
西にはアンテナ塔と上高塚山が見え、その向うに奥久慈男体山の山頂が頭を出していた。日光連山も塩原、那須連山も見える。
北東への尾根をたどり下高塚山へ向かう。尾根には薄い踏み跡があり、倒木と小藪の尾根を進む。途中の左側の北急斜面にはイワウチワの群生地がある。花の時期はまだ先でチラホラと咲いている程度であった。

イワウチワ2下高塚山頂
    (イワウチワ)                     (下高塚山頂)
イワウチワの群生地を過ぎると下高塚山の案内板が現れる。案内板に従い尾根を直登、雑木に囲まれた山頂(375m)に8:45到着。
山頂は展望はよくないが樹木の間から奥久慈男体山が見える。
一息いれた後、下小川橋方面への分岐まで来た道を戻る。

下山道.下小川橋からの盛金富士
   (R118をくぐる)                (下小川橋からの盛金富士)
9:20 分岐まで戻り下小川橋に向かう。広い登山道をジグザグに下る。
R118近くまで下ると右に分岐があり、赤い国道陸橋の下をくぐって下小川橋へ。欄干からの盛金富士が絵になる。

盛金富士登山口盛金富士山道
   (盛金富士登山口)                   (盛金富士山道)
下小川橋を渡り、盛金富士を前方に見ながら平山集落内を歩く。道路脇の草取りをしていた奥さんが「庭にたくさんの花が咲いているので見ていきなよ」と声をかけられ、庭の花を見せて頂く。広い庭にはユキワリソウなどたくさんの花が咲き誇っていた。地元の人は花好きで話し好き、先を急ぎたいがなかなか話が途切れない。
10:25 富士神社の鳥居のある「富士山頂へ登山道」入口から登り始める。丸太の階段で整備された登山道を登り尾根に上がったところにベンチがある。ベンチのすぐ先の右斜面にイワウチワの大群落がある。気をつけてみないと通り過ぎてしまう。

イワウチワ4イワウチワ2
イワウチワ5イワウチワ6
イワウチワ7イワウチワ3
まだまだ一面の花園とは行かないが、ピンクや白の可愛い花があちこちに咲いていた。イワウチワの群落はその先の山頂直下の斜面にもあって、崖のような急斜面にイワウチワが咲いている。
11:05 十分にイワウチワを楽しんでから山頂(341m)へ。途中山道から振り返ると奥久慈男体山への展望が開け、歩いて来た下高塚山から熊の山の山並みも見えてくる。
下山は採石場方面に降り下小川駅へ 12:00着。

帰りに那賀のカタクリ、旧内原町のかたくりの里に寄り開花様子を見る。

スポンサーサイト

コメント

28,29,30日と3日続けて花見とは優雅ですね~。
私の方は神様から休養を言い渡されてしまい、毎日自宅待機です。
全てが華やぐ1年中で最もいい季節なのに・・・。
元気が一番!婦唱夫随(アレッ!字を間違えたかな?)が一番!
ですね。

  • 2009/04/03(金) 20:11:00 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

間違いありません。うちは婦唱夫随です。
デイダラボッチさんのブログアップがなかったのでどうしたんだろうと思ってました。
デイダラボッチさんほどの方が動けないのですから余程の傷みなのでしょう。その腰痛は私達の道迷いが起因しているのではと気を重くしています。一日も早い復活を願ってます。

  • 2009/04/03(金) 20:37:02 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/138-e6db13c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad