登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山植物と原生林の窓明山

H21年7月5日、南会津の花の山・窓明山(まどあけ山、1842m)を歩いてきました。
以前からディダラボッチさんなどのブログから花が素晴らしいとの情報を得ていましたがチャンスを逸していました。今回も秋田駒とバッテングしていたが東北の天気はイマイチ、南会津地方の天気はなんとかもちそうとのことで窓明山へと変更した。
窓明山は会津駒ケ岳から北東に伸びる稜線上の山で三岩岳と合わせて周回コースが拓かれている。
今回の目的は、カミさんの大、大、大好きなシラネアオイそしてキヌガサソウなどなど。
前夜に山準備をするが目覚まし時計のセットを1時間間違えるミス。
出発が1時間遅れたことと午後から雨との予報から予定して三つ岩岳への往復をカットする。
今回のルートは、小豆温泉登山口~避難小屋~窓明山~家向(いえむかい)山分岐~巽沢山~車道~小豆温泉登山口の時計廻りの周回です。
このルートは今回で2回目。約7時間の山散歩でした。

                           山行記録一覧

【大豆温泉駐車場と登山口】
7時10分駐車場発。駐車場には数台の車が。入山者が少なくゆっくりと写真が撮れそうである。
スノーシェッドを登り登山口へ。
駐車場登山口

【ブナの巨木が林立する登山道】
道の脇には さすが会津と思わせるような巨木も点々と・・・。歩き始めていきなりこれである。鮮やかな緑に包まれひんやりとした空気が気持ちよい。       
        登山道1

【ショウキラン】
登山道に入ってまもなくショウキランが。花に傷みがありましたが踏みつけられることもなく見られました。
ショウキラン

【ヤマアジサイも咲いてます】
しばらくは 黒檜沢沿いにつけられた登山道を行く、沢音も涼しげであるが次第に汗が噴き出す。
登山道2

【Mさんとの出会い】
偶然にもMさんとの出会いでした。雨巻山でのテンプラパーティ以来です。
わずかな時間でしたがお話ができ元気を頂きました。
Mさんと

【ゴゼンタチバナ】
マイヅルソウやイワカガミなどとともに登山道沿いなどでもよく見られる花である。
ゴゼンタチバナ

【ツバメオモト】
花は既に終わっている。わずかに残っていた花を撮ってみた。
        ツバメオモト

【ミツバオウレン】
この花も終わりに近いのかこの他には見られなかった。
ミツバオウレン

【ハクサンコザクラ】
湿地に群生していました。すごくかわいい花です。
ここで見られるということは会津駒ケ岳でも開花しているかも。
ハクサンコザクラ

【キヌガサソウ】
今までにも見たことはありましたが、数も多く花期もピッタリだったのか、最高に綺麗な花でした。真っ白な花に気品を感じさせる花です。
キヌガサソウ2
キヌガサソウ1

【サンカヨウ】
お椀型の白い花びらに鮮やかな黄色のおしべ。綺麗な花の時期は短いものである。
サンカヨウ

【避難小屋】
10時10分着。誰もいない小屋の前で大休止。小屋の前が三つ岩岳と窓明山への分岐。窓明山へのルートとする。窓明山への稜線は花のオンパレード。お薦めです。
避難小屋

【シラネアオイ】
日本でしか見られない高嶺の花。
この大輪の花が群生する様子はいつまで見ていても飽きることがない。
あまりにの美しさにこの場所でしばらく足止め。
シラネアオイ1
シラネアオイ2

【登山道】
足もとが緩い登山道を下る。
        登山道5

【窓明山への稜線】
一番奥のピークが窓明山。まだまだ先があるが花もある。
登山道4

【シナノキンバイ】
花が大きく、群落をつくり、見栄えがする。花畑では最も目立つ主役だ。
シナノキンバイ

【シナノキンバイトとイワカガミ】
色鮮やかな花の組み合わせである。
シナノキンバイトとイワカガミ

イワカガミ

【キソチドリ】
ブナ帯からシラビソ帯の林内に生える多年草とのこと。
        キソチドリ

【オオバキスミレ】
スミレ科、葉が大きいことから名がつけられたとのこと。
オオバキスミレ

【ベニバナイチゴ】
キイチゴ属でこのような赤味がかった濃紫色は珍しいとのこと。
ベニバナイチゴ

【ハクサンシャクナゲ】
稜線上にはハクサンシャクナゲが点在し、まだ花が見られる。
ハクサンシャクナゲ.

【ベニサラサドウダン】
小さくても鮮やかな花で目につく花である。
ベニサラサドウダン

【ムラサキヤシオ】
今年は多くの場所で見ることができました。
        ムラサキヤシオ

【湿原】
ワタスゲが風に揺れている湿原を行く。この湿原でイワイチョウ、サワランを見つけた。
登山道6

【イワイチョウ】
湿った草地に良く見かける花である。これからが花本番の時期である。
イワイチョウ

【サワラン】
この花も湿った草地に良く見かける花である。
トキソウとセットで見られることが多いが周りを見渡してもトキソウは見つけることはできなかった。
サワラン

【窓明山への稜線】
窓明山は目の前に。展望抜群の快適な稜線である。
登山道7

【アカモノ】
先端のクルンとしたカールがかわいいね。白地に淡紅色の筋がチャームポイント。
アカモノ

【窓明山頂】
11時20分着。壊れた山名盤がある。展望が良い所で大休止。
窓明山頂

【家向山分岐への稜線】
ここから下山口までは標識は一切ないが登山道は明瞭である。
見通しがきく稜線を一気に下る。
登山道8

【巽沢山からの登山道】
登山道9
巽沢山を過ぎ、最後は急坂を下る。時折見られるワラビを摘みながらの下山となる。
足に疲れを感じるがそこはブナの森、ふかふかの登山道に助けられながら車道に戻ってきた。
14時00分、小豆温泉登山口着。
長丁場でしたが南会津の山を満喫しました。
天気もまずまず、花は最高。この山にはまりそうです。

次回は尾瀬(ニッコウキスゲ)あるいは裏那須(お花畑)の予定です。

スポンサーサイト

コメント

窓明山の花

時季がずれていて終盤のものがあった反面、キヌガサソウ、シラネア
オイ、ハクサンコザクラ、シナノキンバイなどが旬の状態で観られたし、
ショウキランにもお目通りが叶ったし、何より降られずに歩けてよ
かったですね。
Mチャンからは早々と連絡があり、今日もまた立ち寄ってくれました。
そうそう、会津駒ケ岳の情報は、会津駒ケ岳の四季“駒の小屋”
http://pub.ne.jp/aizukomagatake/
で詳しく紹介されてますよ。

  • 2009/07/06(月) 21:52:21 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

いい山ですね

恥ずかしながら知りませんでした、窓明山。
三岩岳は気になっていたんですが、その並びにこんな良さげな山が連なってるとは。。。

花はずいぶんと豊富なようですね、これだけそろってるとは。
それに、あまり混んでなさそうですし。

「行きたい山リスト」に加えました!

  • 2009/07/06(月) 22:56:35 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

マニアック?

私も初めて知りました。
窓明って桧枝岐村の近くですよね~?
なかなか千葉からは行きずらいところです(笑)

お花いろんな種類が咲いてるんですね~
写真撮ってたらなかなか前に進めなさそう!

登山道はどんな感じでしょう?
迷ったりしそうなところとかありますか?

  • 2009/07/07(火) 08:30:06 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
目的とする花はデイダラボッチさんとMさんからの情報で漏れなく見ることができました。ありがとうございました。
Mさんとの再会はビックリでした。疲れきった体に清涼剤となりました。
先を急ぐことでゆっくりと話ができなかったことで失礼を致しました。
次の機会にでもじっくりとお話できればと思ってます。

会津駒ケ岳の情報、ありがとうございます。
山散歩計画の参考と致します。

  • 2009/07/07(火) 09:16:03 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
窓明山、名が知られていませんが良い山です。
花が目的であれば窓明山の周回がお奨めです。
三岩岳へのルートには花は少ないです。
秋の紅葉も良いものです。
ぜひ山計画に加えてみてはどうでしょうか。

  • 2009/07/07(火) 09:32:04 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん
そうです桧枝岐村への通りに登山口があります。
この付近には尾瀬、燧ケ岳、会津駒ケ岳、平ガ岳などの名だたる名山があり、窓明山は知られてないのでしょうか。
この登山ルートは、以前に国体山岳ルートとして使用されたものです。このことから距離があり結構きついものですが、
山道はしっかりとしていますので迷うことはないでしょう。

  • 2009/07/07(火) 09:48:26 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
きょうはコメントありがとうございました。
窓明山のお花はすごいですね~~
こんなにたくさんのお花は流石山には見られませんでした。
サンカヨウ、キヌガサソウ、シラネアオイと見たいお花ばかりです。
今すぐにでも飛んで行きたいと思うほどです。
たくさんお二人で歩いてらっしゃいますね~
私にも行けるお山を探して参考に出かけてみたいと思います。
ディダラボッチさんの天ぷらレストランでお会いしてるかも知れません。
来年も楽しみにしてますのでその時には是非ご挨拶させていただきます。

  • 2009/07/07(火) 20:51:35 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

otomeさん
窓明山は花の山です。
ぜひお出かけください。
次回の雨巻山でのテンプラパーティーでお会いしたいですね。
心待ちしています。
ブログにも遊びに来て下さい。

  • 2009/07/08(水) 11:02:59 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

“おとめちっくな 心もよう”を教えてもらったので、早速立ち寄って
コメントを入れさせてもらいました。
yamasanpoさんとotomeさんとのキャッチボールも読ませてもらい
ました。その後土祭(ひじさい)の集まりから帰ってもう1度立ち寄って
みたところ、すでに挨拶が戻ってきていました。
お礼のコメントをと思い“・・・窓明山”を開いたところここでも既に2人の
キャッチボール。
みんな行動が素早いな~!

今週末(10日から12日)は久しぶりの添乗で仙丈ケ岳&甲斐駒ケ岳
にでかけてきます。空模様が心配です。ではでは。

  • 2009/07/08(水) 18:27:56 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
雨巻山を中心に輪が広がることは嬉しいものです。
これもデイダラボッチさんの人柄によるものです。

仙丈ケ岳&甲斐駒ケ岳、花がいっぱいでしょうね。
どのような花が待っているのかワクワクします。
ブログアップ待ってます。

  • 2009/07/08(水) 20:00:56 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

シラネアオイ、キヌガサソウ・・・ 見後に咲いているところを見られて良かったですね。 奥さん大満足ですね。
本当にこの山はお花が凄いですね。 歩いていても飽きないですね。 と言うよりは、花を見ていて前に進みそうもないですね。
お花見山行、最盛期ですね。 無理せず楽しんでください。
*ところで、古代蓮はその後どうなっていますかね?

  • 2009/07/10(金) 16:56:43 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

としょくん
古代蓮、元気ですよ。
残念ながら花芽は見られません。
今年は無理かも。
ブログにアップしますね。

  • 2009/07/11(土) 20:12:39 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/169-1f0a1a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。