登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋めいてきた谷川岳

H21年9月6日、群馬・新潟の県境にある谷川岳を歩いてきました。
新潟地方も関東地方も晴れマークに展望が期待できると谷川岳へ向かいました。
自宅を出る時は星がビッシリ、土合付近では雨となる。
駐車場でしばし様子見の待機。
雨が止む気配がないことから登山指導センターで今日の天気予報を聞いてみると8時以降は雨20%の確率とのことで晴れ間を期待し出発する。
谷川岳は今回で4回目。
今回のコースは、西黒尾根コースからトマの耳、オキの耳の往復で7時間の山散歩でした。
巌剛新道ルートの方がポピュラーのようであるが、クラシックルートも味わいがあると思い、 こちらを選んだものである。

                        山行記録一覧

【駐車場】
自宅発3時10分、北関東道、関越道と乗継、水上ICで下車、土合へ。190Km。
5時50分、ロープウェイ駅の先の西黒尾根コースに一番近い道路の脹らみに駐車する。
ナビ設定:谷川岳ロープウェイ㈱ TEL:0278-72-3575
駐車位置

【西黒尾根登山口】
6時40分発。駐車位置から数分で登山口へ。
山頂まで、ここから3.7km。標高差はおよそ1200m。
西黒尾根登山口

【登山道】
車道を登っていき、左に西黒尾根登山口と書かれた立派な標識がある。
登山路はいきなりの急坂となり、落ち葉を踏み分けながら雨で濡れた滑りやすい樹林帯の中をひたすらに登る。
登山道1

【尾根に出る】
登山口から1時間半ほどで展望のきく尾根に出る。ガスで何も見えない。
ここからは岩場、鎖場が連続する。滑らないようにゆっくりと足場を確認しながら登る。
        登山道2

【鎖場】
早速鎖場が。岩が濡れており慎重に、慎重に。
登山道3

【鎖場が続く】
「ゆっくり行こう」と声をかけるがカミさんは聞こえないのか一気に登って行く。
        登山道4

【アズマギク】
鎖場の岩の間にひっそりと咲くアズマギク。
アズマギク

【鎖場】
岩場の上でポーズをとるカミさん。
        登山道5

【ロープウェイ駅】
登山時にはガスで見えなかったが、下山時には天神平(1315m)のロープウェイ乗り場が、谷を挟んだ遥か彼方に見えた。
ロープウェイ駅

【イワショウブ】
登山道に多く見られたイワショウブ。
        イワショウブ

【ラクダの背】
8時35分着。鎖場を過ぎるとラクダの背と呼ばれるピーク。絶景ポイントである。
ラクダの背

【ラクダの背からのトマノ耳とオキノ耳】
谷川岳は頂部は二峰に分かれており、「トマの耳」(1,977m)、「オキの耳」(1,963m)と呼ばれる。
ラクダの背からのトマノ耳とオキノ耳

【厳剛新道との分岐】
ラクダの背を下り切ると厳剛新道との分岐、ガレ沢のコルとなる。
このラクダの背から一旦下るとで、ここからは岩稜の道がずっと続く。
厳剛新道との分岐

【ラクダの背のピーク】
振り返って見るラクダの背のピーク。
ラクダの背のピーク

【鎖場、ガレ場が続く登山道】
歩きにくい登山道が続く。
        登山道

【お花畑】
花は少ないものの時折お花畑が。
登山道

【ワレモコウ】
秋の花のワレモコウが多く見られた。
        ワレモコウ

【ハハコヨモギ】
ハハコヨモギ.

【ザンゲ岩】
氷河の跡と呼ばれる岩場を過ぎ、急坂を登ってドンドン高度を稼いでいくと、ザンゲ岩を左手に見る。
次に来るときにはザンゲ岩に上ろうと思っていたのだが、今回もやはり素通りしてしまった。ザンゲすることは山ほどあるのだが・・。
ザンゲ岩

【ザンゲ岩付近からのオキノ耳】
ザンゲ岩付近からのオキノ耳。圧倒される迫力である。
ザンゲ岩を過ぎるとさすがに西黒尾根も終わりを告げ、傾斜も緩やかになる。
ザンゲ岩付近からのオキノ耳

【ザンゲ岩付近から見る登山道】
ザンゲ岩付近から見る歩いてきた稜線。
ザンゲ岩付近から見る登山道

【ウメバチソウ】
山頂近くになり多く見られた。
        ウメバチソウ

【登山者の列】
天神尾根を歩くハイカーの列。
登山者

【肩の小屋直下の登山道】
肩の小屋直下の登山道。お花畑もある。
肩の小屋直下の登山道

【肩の小屋】
綺麗な小屋で休憩、宿泊もできる。
肩の小屋

【トマノ耳】
10時00分トマノ耳着。一通り展望を楽しんだ後、オキノ耳へ向かう。
トマノ耳

【オキノ耳への稜線】
一旦トマの耳から下ってオキの耳に登り返す。
オキノ耳への稜線

【オキノ耳からトマノ耳を見る】
10時20分オキノ耳着。ピークは混雑することからその先の岩場で大休止。山頂での一時を楽しむ。
オキノ耳からトマノ耳を見る

【一の倉岳、茂倉岳】
途中に岩にはめ込まれた富士浅間神社奥ノ院の祠があり、さらにその先には ノゾキと呼ばれる一ノ倉沢を覗けるが今回はガスで展望が期待できないことからパス。
一の倉岳、茂倉岳

【仙の倉山方面への稜線】
仙の倉山方面への稜線もガスで見えたり見えなかったりの繰り返し。
仙の倉山方面への稜線.

13時40分駐車場着。
今回は雨で出鼻をくじかれたものの、まずまずの天気となり展望もあり良かった。
山の天気は変わりやすいものと実感した山行でした。
        
スポンサーサイト

コメント

おはようございます!

谷川岳でしたか~♪
標高差1200m。相変わらずハードな山歩きですね~^^;
奥様にパワーを感じます。
いつか私も岩場をぐんぐんと登ってみたいなぁ(笑)

谷川岳もまだ行ったことないんです。
険しそうな感じだけどいろんなコースあるんですよね。

今5連休にどこに行くか計画中なんですが、
秋の5連休は初めてなのでいったいどこに行ったらいいのか
迷ってます(笑)

  • 2009/09/08(火) 08:14:36 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

mariさん
谷川岳もきつい山でした。
楽に登れる山はありませんね。
谷川岳は天気が変わり易いとは聞いていましたが、これ程とは・・。

谷川岳の秋は良いですよ。
天気も安定するでしょうから。

5連休、どこへ行っても混むでしょうね。
私達は北アあるいは南アの天気が良い方へと思ってます。

  • 2009/09/08(火) 09:28:35 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
暫く用事があってネットお休みしてたので遅くなってしまいました。
谷川岳は雨の日にロープウエーで天神平まで行き肩の小屋は
入りきれないほどだったのが思い出です。
トマの耳までは行ったんですがオキの耳には行けませんでした。
お天気良くなって良かったですね。
アズマギクも今の時期に咲いてたんですね。
アズマギクの群生が蔵王で見られるとかで来年は行って見たいと思ってるんですよ。

奥様の健脚素晴らしいですね~~
我が家の夫も読ませていただいてるんですが
いつも良い笑顔してるねって言ってるんですよ。

  • 2009/09/09(水) 21:03:20 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

2848otomeさん
1週間の充電、如何でしたか。
これからもブログアップ楽しみにしています。

otomeさんが歩いた時は雨でしたか。
谷川岳の天気はわかりませんね。
晴れていれば絶景なんですがね。

ここだけの話ですが、
最近、カミさんについていくのがキツクなってきました。
「一息入れようよ」と声をかけるまで休まないのだから・・。
カミさんは頼りになるパートナーです。


  • 2009/09/10(木) 09:15:03 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

 ここのところ遠出の山行がおおいですね。 今度は谷川ですか。 R社の山の会で下の川でキャンプをしたのを思い出すなーーー。 夜中に水を何度も飲んだところが、朝になったらオタマジャクシがうようよ居たんだよな。 でも朝は雨で山は中止、キャンプだけで帰ってきました。 あれは何川だったっけな。

 ガスって居たようですが、頂上では晴れ間が見えてきて、楽しい山行でしたね。 
これからは、紅葉シーズン、紅葉を訪ねてあちこち行きたいところが一杯でしょうね。 無理せず楽しんでください。

  • 2009/09/11(金) 06:37:54 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

としょくん
そうですか。やはり雨でしたか。
山はこれからは紅葉シーズン突入です。
どこの山も錦織で楽しみです。
無理せず晴れ間を見つけ楽しみます。
としょくんはどこかへ計画があるのでしょうか?

  • 2009/09/12(土) 08:53:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

西黒尾根ですかー。
昨年はズルしてロープウェイ~天神尾根でした。ガスと小雨で展望は×でした。
7月にはnaoさん、ひとりで出かけましたが、雨の中、ロープウェイ往復で写真ナシとか。。。
谷川は天候が安定しないですけど、後半持ち直したようで良かったですね。
花の季節にまた行きたいものです。

  • 2009/09/14(月) 06:21:40 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosi さん
谷川岳の天気は読めないですね。
今回は山行を一度はあきらめかけたのですが
なんとかなるかと出かけたもので、運よく晴れ間も出てラッキーでした。
私達も次の機会には花の時期と思ってます。

  • 2009/09/14(月) 08:49:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/187-180623d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。