登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

厳しく美しい名峰・女峰山

H21年9月11日、日光の女峰山(2483m)を歩いてきました。
女峰山は、男体山と並び日光連山の中核を形成する山で、山頂から西の帝釈山への吊り尾根からは日光近辺の山は勿論、那須や尾瀬の山々が望め、春には可愛らしい高山植物が咲く。
女峰山は今回で7回目。
今回のコースは、車止めゲート - 馬立 - 唐沢小屋 - 女峰山 - 専女山 - 帝釈山- 富士見峠 - 馬立分岐 - 駐車地の周回で約6時間の山散歩でした。

                                山行記録一覧

【駐車位置】
国道120号から光徳入り口右折、1km弱走ると右に折れる分岐があるのでそこを右折、わずかでさらに裏男体林道に左折。男体山登り口の志津駐車場を通り過ぎて1.5kmほどで車止めゲート。
ゲート前に3台ほど。手前にも何カ所か路肩に数台駐車可能である。
ここが、女峰山への最短距離のポイントである。
車止め

【男体山】
7:00駐車位置発。
男体山を右手に見て出発する。美しい姿線を裾野に向かって引いている。
男体山

【登山口】
7時00馬立分岐着。
ここで林道から離れ沢に下降し、沢を越えると馬立。
馬立分岐

【筑波山】
樹林の間から筑波山や富士山まで見ることができる。
筑波山

【馬立】
馬立分岐から下りきって涸れた沢を渡る。
裏見滝へのルートを分けコメツガの林の中を、徐々に高度をあげてく。
馬立

【砂防工事は終了】
長くかかった砂防工事は終了している。
登山道は沢の右岸の高みをなだらかに登り始める。
登山道

【ガレ場を横切る】
ガレ場を横切る。ここで大休止。空気は爽やか。
このガレ場の先に水場がある。
登山道

【水場】
8時40分水場着。
パイプから勢い良く冷たい水がほとばしる。水場を過ぎてから一登りで唐沢小屋。
水場

【女峰山山頂を見る】
水場上の崩落箇所から女峰山山頂を見る。
女峰山

【唐沢小屋】
9時00分唐沢小屋着。
水場から約20分で唐沢小屋へ。綺麗な小屋には誰もいなかった。
唐沢小屋

【唐沢のガレ場】
唐沢小屋から少し進むと前方が明るくなり、平らな石がギッシリと重なりあう急斜面がある。 
そんな斜面には先人が辿った踏み跡もあり、落石に注意しながら登ればそれ程でもない
唐沢のガレ場1

【唐沢のガレ場の上部】
大きな岩が重なるガレ場の上部。
唐沢のガレ場2

【山頂の祠】
山頂には小さな祠が祀られており、ケルンの中央には山名板が立っている。 
今後のの安全な山行を祈願する。
山頂の祠

【女峰山頂】
9時35分山頂着。男体山を股下に。
山頂からは360度のパノラマ展望! 
女峰山頂

【日光連山】
男体山が大真名子・小真名子を従えて聳えるさまは絵に画いたように美しい。
左から男体山、大真名子山、小真名子山。奥に白根山などが。
日光連山

【赤薙山への稜線】
赤薙山、霧降高原への稜線。その奥に高原山。
赤薙山への稜線

【帝釈山への稜線】
女峰山から一気に下降する。このあたりは高山植物がたくさんある所。
ヤセ尾根で、眼下を見れば何処までも転がり落ちそうなガレ場が続く。
        帝釈山への稜線

【女峰山】
見返ると女峰山の高さ。ピラミダルな姿がなかなかかっこいい。
なにやら、ツンとすまして高貴な女性といった感じの姿。
女峰山

【帝釈山】
稜線からの帝釈山。
帝釈山

【紅葉の始まり】
稜線上の草木も紅葉が始まる。
紅葉

【専女山】
専女山に立つカミさん。
専女山

【専女山】
専女山から見る女峰山。
専女山

【紅葉】
赤みが増した草木。
        紅葉

【帝釈山】
女峰山から約25分で帝釈山へ。
ここからの展望も申し分ない。
帝釈山

【帝釈山からの下山路】
小真名子山へ向かってほぼ一直線にコメツガの樹林帯を下る。
うっそうとした森の急な下りで展望はない。
        下山路

【富士見峠】
帝釈山から約35分で富士見峠へ。
降りついた富士見峠は広場となっている。直進すると小真名子山へ、右に野門方向、左に志津方向とを分ける林道の峠となっている。
富士見峠から車を止めた場所までは長い林道い歩きが続く。
富士見峠

【野洲林道】
石がゴロゴロした歩きにくい道を約1時間、馬立分岐へ着く。
林道のあちこちに、崖崩れ防止のフェンスやシカ食害防止のされた木々・植林など山を守ることは非常に手間がかかるものなのだ、と感じさせる。
林道

【馬立から帝釈山と女峰山】
馬立付近から見る帝釈山(左)と女峰山(右)。
女峰山と帝釈山

さすがに今の時期、花はなかったものの展望もあり秋の走りの静かな山を楽しめた。

スポンサーサイト

コメント

女峰山

昨年の同時期に同コースを歩いています。
その時はガスで展望が得られませんでしたが、今回こちらのブログで拝見出来てラッキーでした。
途中の水場の冷たい水は美味しかったですね。

  • 2009/09/13(日) 15:36:32 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん
今回は晴れ間も出てラッキーでした。
私達の最近の山行は雨具の世話になることが続いて
うんざりしていたところです。
やっぱり山は晴れなくては。

途中の水場、冷たくて良かったです。
絶えることがなく流れているようで貴重ですね。

  • 2009/09/14(月) 08:56:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
山のお花は無くても笑顔の素適な真っ赤なお花が咲いてますね。
それにしても7回なんてすごいことです。
yamasanpoさんのご紹介で行ったつもりで楽しませていただきました。

今日は職場の同窓会で偕楽園の萩を見て来ましたが今年はあまりきれいじゃないような気がしました。

  • 2009/09/14(月) 19:52:47 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

晴れましたね~♪

お賽銭奮発しましたか?(笑)
女峰山の山頂の青空いいですね~♪
ここは初心者の私達でも歩けるんでしょうか~?

yamasanpoさんのコース、簡単に歩けそうで私達にはやばいです(笑)

  • 2009/09/14(月) 21:15:28 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

otomeさん
女峰山は日光連山の中で一番好きな山です。
それだけに回数が多くなりました。
これからも春夏秋冬楽しめる山となることでしょう。
 
今年の萩はイマイチですか。
天気の不安定、日照不足のせいでしょうか。
今度、萩を見に行こうと思っていたのですが・・・残念ですね。

  • 2009/09/14(月) 21:37:27 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん
やっと晴れました。念ずれば通じるでしょうか。
神は見捨てませんでした。
女峰山、良い山ですよ。
難しい所はありませんから安心して計画して下さい。
唐沢小屋付近ではテントも張れますから。
ぜひ計画して見て下さい。

ところで来週の5連休ですが、台風は勘弁してほしいです。
mariさんの運気で天気を何とかして下さい。
お願いしますよ。

  • 2009/09/14(月) 22:00:03 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

いい条件で

登られましたね。
秋の入口の澄み切った空気が、感じられます。

気にはなってて、まだなんです、ここ。
下から見てもいい山です。
よし!行かなくては!!

  • 2009/09/14(月) 23:24:56 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
女峰山、天気さえ良ければ展望もあり最高です。
山の稜線は早くも秋の走りです。
これからますます空気が澄み、草木は色好き
良い季節になります。
ぜひ歩いてみて下さい。

  • 2009/09/15(火) 08:48:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

いい山でしょう

登っても展望がよく、ふもとから眺めても富士山の次に美しい山だと思っています。
いろんな登山口から登っていますが、帝釈山からはいったことがありません。ヤセ尾根が怖くて

  • 2009/09/16(水) 12:42:12 |
  • URL |
  • Q造 #-
  • [ 編集 ]

山良し花良し展望良し、好きな山の一つです。
吊尾根は一部に切れ落ちている所もありますが
その他は何ら問題ありません。
気持ちよい尾根歩きができます。

  • 2009/09/16(水) 16:37:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

女峰山は40年以上前に一度登っただけなので、殆ど忘れたが、でも山がえらい荒れたねーー。 こんなにガラ場じゃなかった様な気がするなーーー。
 山頂付近に、石楠花の群生地帯があったけど、あれは今はどうなっているかな?

  • 2009/09/21(月) 21:34:05 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

としょくん
40年前に女峰山ですか。すごいですね。
山頂付近に、石楠花の群生地帯??
現在は見られませんね。
女峰山、荒れてきているのは確かですが、
お気に入りの山です。

  • 2009/09/22(火) 22:04:27 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/188-6cb5af86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad