登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の表妙義・相馬岳

H21年10月30日、群馬県の[表妙義]白雲山(1081m)-相馬岳(1104m)へ、展望絶景の岩尾根と連続する鎖場、スリルある箇所も多い表妙義の山群の一角を歩く。
急勾配の斜面と尖った姿が特徴的で日本三大奇勝の一つである。日本百景に選定されている
妙義山は、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている。
今回のコースは、妙義神社→大の字→白雲山→相馬岳→妙義中間歩道→妙義神社。
約7時間の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【かわいい女の子】
妙義神社手前の車道での出来事です。
小学一年生位のランドセルを背負った女の子が横断歩道で手を挙げていました。
私達は横断歩道の手前で車を止めると、女の子は手を挙げて小走りで渡り、腰が折れんばかりに頭を下げ「ありがとうございました」と大きな声。
その仕草がかわいらしく、車の窓を開け「いってらっしゃい」と声をかけると、笑顔で大きく手を振って答えてくれた。
礼儀正しく笑顔がかわいい彼女に出会え気分良く駐車場に着くことができた。

【駐車場】
自宅4時発、7時15分駐車場着。一般道で156Km。
妙義神社の前の大きな駐車場に車を停め、身支度を整えて妙義神社に向かう 7時25分発。
駐車場

【妙義神社】
奥の院、大の字へは妙義神社が登山口となっている。
歴史を感じさせる、すり減った長い神社の石段を昇り、本殿へと向かうが台風の被害により工事中。
右手の北門から登山道へと向かった。
妙義神社入り口付近から見る白雲山。
        妙義神社

【登山口】
ここから山道となる。
登山口

【コースマップ】
今日のコースを確認する。


【大の字】
8時15分、鎖場を登ってその頂上に立つ。
白雲山中腹の「大」の字は、奥の院に祀られた大日如来を山麓から遥拝する目印だそうです。
        大の字
大の字

【大の字からの眺望】
そこからの展望は抜群で、足下に大きく景色が広がる。
後ろを振り返るとこれから登る白雲山の岩壁が屏風のようにそそり立つ。
大の字

【岩と紅葉】
「大の字」から先の登山道は鎖場が連続する。
岸壁の上部に見られた紅葉がきれいであった。
        岩と紅葉

【辻分岐付近の紅葉】
「大の字」から20分ほどで「辻」の分岐。
この付近からの岩峰と紅葉の組み合わせが見事であった。
岩と紅葉
岩と紅葉
        岩と紅葉

【奥の院】
道が岩を階段状に削ったように変わると、大きな一本杉を従えた洞窟が正面に見えてきた、それが奥の院である。
息を整えて一本杉の横から鎖に取り付く。3本の鎖が続く長い登りである。
奥の院
奥の院の鎖場

【次の鎖場が】
次々と現れる急勾配の鎖場。
        鎖場

【リンドウ】
鎖場が続く登山道であるが時折見られるリンドウに癒される。
リンドウ

【紅葉】
手足を休め紅葉に見入る。
        紅葉

【見晴】
9時10分、「見晴」に着く。
絶景ポイントである一息入れる。裏妙義の奇景が楽しめる。
見晴らし

【見晴から見る裏妙義の山々】
見晴から見る裏妙義の山々、その奥に薄っすらと浅間山が。
浅間山の穏やかなシルエットと比べ、 手前に見える裏妙義の凸凹とは好対照である。
裏妙義

【まだ続く鎖場】
「見晴」から先は大きな岩場の連続。
この岩場は1枚岩のようになっていて足がかりも浅く滑りやすい。まるでクライミング感覚。
鎖場

【玉石から見る天狗岳の岩峰】
見晴らし抜群で、特に目の前に、これから登る天狗岳の岩峰がグッと持ち上がって迫力を見せている。
玉石からの紅葉

【玉石の奇岩と紅葉】
玉石の奇岩と紅葉の組み合わせが抜群である。
岩と紅葉
        紅葉

【大のぞきから見る天狗岳】
9時50分、「御嶽三社大神」の石碑が立つ大のぞきのピークに立つ。
前方に切り立った天狗岳が見える。
絵になる絶壁である。
大のぞき

【大のぞきから見る稜線】
吸い込まれそうな絶壁から眺める金鶏山。
大のぞき

【大のぞきからの下りに見る紅葉】
紅葉

【まだ続く鎖場】
下から見る大のぞき直下のスベリ台状の鎖場。スラブ斜度50度、長さ30mだそうだ
        鎖場

【天狗岩】
天狗岩と呼ばれる展望台。休憩ポイント。
休憩しようとカミさんに声をかけるが、相馬岳まで行こうと却下される。
鎖場、岩場が好きなカミさんは疲れを感じさせないペースで歩く。
天狗岩

【天狗岩から相馬岳】
天狗岩から相馬岳を見る。
稜線歩きも天狗岳まで来ると突如行き止まりとなる。
相馬岳との間を隔てる大きな谷にしばし呆然、相馬岳へは一旦大きく下り登り返すキツイ行程。
天狗岩から相馬岳

【天狗岩】
相馬岳への登山道から見る天狗岩。
天狗岩

【相馬岳山頂】
天狗岩付近でお会いした埼玉県川口市のTさんご夫婦。
さわやかなご夫婦で30分ほどのお話はあっと言う間、思い出に残る出合いでした。
再会を約束し、Tさんご夫婦はタルワキ沢分岐まで戻り中間道へ、私達はバラ尾根を下り堀切へ。
相馬岳山頂

【相馬岳山頂から見る金洞山】
相馬岳山頂から見た金洞山。
左から中之岳(東岳が重なっている)、西岳、星穴岳と連なる。
相馬岳から金洞山.

【バラ尾根の紅葉】
バラ尾根の登山道は倒木があったり木の根がむき出しになっていたりと荒れているが、紅葉は素晴らしいものであった。
紅葉
紅葉

【岩場】
バラ尾根も息が抜けない岩場が続く。
        岩場

【金洞山を覗く】
先行するカミさんの話声が聞こえる。声がとおるので直にわかる。
展望が良い岩場の上で二人の中年男性が休憩していた。
一人は旧内原町出身とのことでローカルな話題に花が咲く。山での出会いは元気がでる。
岩場

【堀切】
堀切から中間道へ下る。
堀切の紅葉、紅葉の先には「鷹戻し」の岩場が見える。
「鷹戻し」はH11年に歩いたことがあるがハイグレードなコースであった。
        堀切

【中間道】
色づき始めた樹林の中間道を妙義神社へ。
中間道

【大黒の滝】
中間道から見られた大黒の滝。
滝の上部に見られる岩が大黒様に似ていることからか?
        大黒の滝

無風快晴絶好の山登り日和。
紅葉もまずまず、Tさんご夫婦との出会いもあり思い出に残る山散歩でした。

スポンサーサイト

コメント

素敵なブログですね

帰宅して早速ブログ見せていただきました。どのページも写真満載の見応え十分な山行記で引き込まれてしまいました。参考になりそうな情報がいっぱいで嬉しいです。お勧めの庚申山にもぜひ来年行ってみたいです!またどこかでお会いできる日を楽しみにしています!

  • 2009/11/01(日) 17:23:13 |
  • URL |
  • 川口のT #-
  • [ 編集 ]

川口のT さん
コメントありがとうございます。
厳しい山行の中、仲の良いすてきなご夫婦との出会いで
癒されました。
再会できることを心待ちしています。
庚申山も茨城の山へもぜひ足を延ばしてみて下さい。
私達のレポが参考になれば幸いです。
これからも安全で楽しい山行をお楽しみ下さい。
また遊びに来て下さい、待ってます。

  • 2009/11/01(日) 19:04:17 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは~
yamasanpoさんご夫妻がとっても素適なんでしょうね~
優しい心遣いが通じたんでしょう。
気持ちが良い朝の出会いは1日が気分の良いものです。
記事を読んでその様子が浮かんでくるようです。
お山での出会いは同じ趣味の方々ですからお話も弾みますね~♪
たくさんのお仲間が増えて羨ましい限りです。

いつもながら奥様の体力に驚いてます。
私などこんなに身軽な事はとてもできません。
少し軽くならないとダメですね。
その様子を見守るyamasanpoさんの様子も楽しそうですね。

  • 2009/11/02(月) 20:50:00 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

妙義山、なかなかの所がありますね。
岩場と紅葉の組み合わせがきれいです。

上信越道を走った時、気になってました。
おもしろそうですね。アプローチも楽そうな感じですし。

  • 2009/11/02(月) 21:06:40 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

otomeさん
こんばんわ。
女の子、すごく可愛い子でした。
こんなさわやかな気持ちは久し振りです。
誠意を示せば相手に伝わることを教えられました。

妙義山はきつい山です。
体力があるうちでなければ歩けない山ですから。
そろそろ限界でしょうか。

  • 2009/11/02(月) 21:32:04 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
こんばんわ。
妙義山の今年の紅葉は、例年に比べ鮮やかさがイマイチかな。
今年の雨量が少なかったせいか青葉のうちに散っている樹も・・。
それでも見応えがありましたね。
山は標高が1100m程度ですがすごく高度感があり、北アルプスの山に比べて遜色ないものですね。

  • 2009/11/02(月) 21:45:39 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

妙義山は眺めるだけの山と思っていました。
お二人とも怖そうな難所を軽々とクリアして凄いですね。
写真を見るだけでも、そのスリルが伝わってきます。

  • 2009/11/02(月) 23:18:39 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

妙義山っていろんなコースあるんですね~。
mariにはとてもとても行けそうにないですけど(笑)

rayが独身の頃、仲間と妙義山に行ったらしいんですが、コースを間違えたようで一般登山者立ち入り禁止のところを進んだようで怖い思いをしたそうです。

岩場をどんどん登っていく奥さんかっこいい~!(^^)!

  • 2009/11/03(火) 12:21:36 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

リンゴさん
標高1100m程度ですが高度感がありすごい山です。
足元が切れ落ちた所が多く、アップダウンがあり息が抜けません。
それだけ登りきると充実感がありますね。
体力があるうちだけと思ってます。

  • 2009/11/04(水) 08:47:58 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん
妙義山は一般コース、健脚コースと色々ありますね。
中間道はハイキングコースですから危険な所もなく妙義山の良さを味わうことができますよ。

カミさんは鎖場、岩場にはガッツをだしますが、
木道歩きは好まずチンタラチンタラ。
何でしょうねこの差は。

来年はmariさん達のようなテント泊は無理ですが
避難小屋泊まりの山行をしてみようとと思ってます。


  • 2009/11/04(水) 09:25:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

表妙義相馬岳いいですね。
高い山は雪の季節を向かえ、
登る山が無くなってきた所です。
以前から登ってみたいと思っていた所です。
信州への行き帰り高速から眺めては、
険しそうだなと思っていました。
こうして写真を見せていただくとかなりの鎖場。
一般人で登れるのでしょうか。
今にも崩れそうな、脆そうな岩、また岩。
行ってみたいと思っています。

  • 2009/11/04(水) 19:47:19 |
  • URL |
  • 和さん #JalddpaA
  • [ 編集 ]

和さん
鎖場が連続しますが、足場はあり見た目ほどではありません。
リスクがある山ですのでお薦めはできませんが
充実感があります。

  • 2009/11/04(水) 21:56:14 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/199-e710b21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。