登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわき市の名峰二ツ箭山

H21年12月6日、いわき市の名峰二ツ箭山(ふたつやさん)(710m)を歩いてきました。
今週末は雨模様なので山散歩は無理かなと思い予定も立てていなかったが、天気が急回復する。
奥久慈の紅葉も終わり、さてどこにしようと迷った末、初めて歩く山では情報収集の時間がないことから、以前に歩いたことがある福島県いわき市の二ッ箭山へとする。
しかし前回は12年前、記憶に残っているはずもない。アカヤシオが綺麗だったぐらいしか覚えがない。
そこでディダラボッチさんの二ッ箭山レポを読み返しコースルート、状況をインプットする。
今回のコースは、根本登山口→月山中間点→〆張場→沢コース→女体山→男体山→二ツ箭山→月山→根本登山口の周回。
約4時間半の山散歩でした。

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【根本駐車場】
自宅6時発、7時30分駐車場着。常磐道いわき中央IC下車、108Km。ナビ設定:いわき市小川町上小川。
駐車場から見られる二ツ箭山。
駐車場

【ガイドマップ】
駐車場脇に建つ案内板。
ガイドマップ

【登山口】
登山口

【登山道分岐】
樹林の中に伸びている広い道に入り、間もなく道が二手に分かれた。
二ツ箭山の目印に従って右側に進み、尾根を登って行く。
登山道分岐

【登山道】
沢音がずっと耳に付いても左側の沢に近寄ることはなく、〆張場へ向かうコースへ歩いていないことに気が付いた。
歩いている登山道は月山に向かう月山新道コースと呼ばれるものだ。
ここから引き返すこともないとコース取りの失敗に気を腐らせないで尾根歩きに精を出した。
        登山道

【月山中間点分岐】
月山新道コースの中間地点に出る。
ここで左側から延びて来る〆張場からの登山道に合わさる。
ためらうことなく〆張場へ向かうコースをとる。
月山中間点分岐

【〆張場への下り】
このコースは急坂。
女体山頂で地元の方に聞いた話であるが、このコースにはイワウチワの群生地があるとのこと。
来年の春にでも歩いてみることとする。
        〆張場への下り

【〆張場】
尾根コースと沢コースの分岐となる。
昨日は雨であったようだが沢の水量もたいしたことがないことから沢コースをとる。
〆張場

【沢コース】
沢路は岩の上に落ち葉が敷き詰められ、そこへ前日の雨ですべりやすくなっている。
沢コース1
        沢コース2
        沢コース3
        沢コース4
沢コース5
        沢コース6
        沢コース7

【山道】
沢を離れ山道に取りつく。わずかな時間で尾根に出る。
        山道

【アカヤシオ】
狂い咲きでしょうか、尾根にはアカヤシオがチラホラ咲く。
アカヤシオ

【男体山と女体山】
尾根の岩場から見る左・男体山の岩峰、右・女体山。
二ツ箭山は樹林に囲まれたピークがあるが、一般的には男体山、女体山を指しているらしい。
男体山と女体山

【二ツ箭山】
女体山から見る二つの岩峰(下:小彦名(すくなひこな)、上:足尾山) 左上のピークが二ツ箭山山頂。
二ツ箭山

【男体山】
女体山から見る男体山。
女体山山頂からは360度の展望。方位盤も設置されているが目立つピークもなく山を同定することは難しい。
空身で女体山から男体山を往復する。
男体山は一足飛びに行けるような近さだが、まずは慎重に女体山の鎖場を下降する。
男体山

【男体山の鎖場】
岩場を登るカミさん。
男体山の岩場は女体山の岩場に比べてさらに急こう配。
男体山は女体山より低いが、展望に遜色ない。
        男体山の鎖場

【男体山から】
女体山をバックに男体山山頂から。
男体山から

【ど根性松】
男体山頂の岩場に生える「ど根性黒松」
わずかな岩の割れ目に根を伸ばし水分をとっているのでしょう。
その生命力にビックリである。
ど根性松

【女体山の鎖場】
女体山の岩場を登るカミさん。
        女体山の鎖場

【女体山】
女体山頂で手を振るカミさん。
地元の方数人が休憩しており輪に入れてもらう。
アカヤシオの絶景ポイントやイワウチワの群生地を教えて頂く。
女体山

【二ツ箭山への山道】
二ツ箭山への山道

【二ツ箭山頂】
二ツ箭山山頂(残念ながら見晴らしはない)
二ツ箭山頂

【月山山頂】
巨岩に月山神社とペンキで書いてあり、祠がのっている。
月山山頂

【月山山頂から】
左側の谷をへだてた先に、砦と見まちがうような男体山、女体山の岩峰が見える。
月山山頂から

【登山口へ戻る】
月山からは福島県からのご夫婦と下山する。イワウチわの群生地を教えて頂く。
12時半、登山口へ戻る。


【草野心平の生家】
女体山で地元の方とお話し中に草野心平の生家があることを知り、帰りに立ち寄ってみた。
古い民家造りを思い浮かべていたが、修復されており当時の様子をわずかに残すものであった。
詩人草野心平が最後に住んだ、昭和21年~23年ころがモデル。平成14年に寄贈を受けた市が修復。
生家周辺も整備し、駐車場,トイレなども設置,ミニ公園になっている。
草野心平の生家
草野心平の生家
草野心平の生家

【白鳥の田んぼ】
いわき市小川町の田んぼで見たハクチョウの群れ。
「白鳥の湖」とは良く耳にするが、田んぼでは初めて見る光景。
何を食べているのか、餌付けされている様子もなく・・。
時折「コォー」と大きな声で鳴いている。
白鳥

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
二ツ箭山は何度も計画してるんですが
私のお尻が重くて無理じゃないかと躊躇してるんですよ~
クサリが切れたらどうしましょとか・・・
山が好きなくせに高所恐怖症です。(笑)
お花がたくさん咲くので行って来たらとお友達から勧められてたんですよ。
来春にでも行って見たいですね~
白鳥さんも餌がもらえなくなって大変でしょうね。

  • 2009/12/08(火) 19:32:08 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

二ツ箭山

二ツ箭山の最初の分岐。間違えやすいですね。
私も以前間違えました。
山頂の岩場はとても素晴らしかったです。
今年ではないのですが、
紅葉の燃えるような時に登りました。
岩場の上から見下ろす紅葉の素晴らしい記憶があります。

  • 2009/12/08(火) 19:33:01 |
  • URL |
  • 和さん #JalddpaA
  • [ 編集 ]

風光明媚な二ツ箭山。
比較的近くいつでもいけるがなかなかいけない山です。
写真満載ですっかり行ったような気になってしまいました。

  • 2009/12/08(火) 20:58:30 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

otomeさん
何も心配いりません。
岩場は見た目ほどではなくクサリもしっかりしていますから。
女体山は巻道もあり簡単に登れます。
男体山は鎖場を登らなければなりませんが。
アカヤシオの花の時期にイワウチワも咲くとのことで楽しみです。
ぜひ計画し歩いて見て下さい。

  • 2009/12/08(火) 21:05:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和さん
岩場に紅葉、良さそうですね。
低山でありながら岩峰が高山の雰囲気を出していますね。
花の時期にまた歩いてみようと思ってます。

  • 2009/12/08(火) 21:13:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん
水戸からは遠くはないのですがなかなか足が向きませんね。
でも歩いてみるとなかなかのものです。
今回歩いてみて「良い山だなあ」というのが感想です。
計画し歩いて見て下さい。

  • 2009/12/08(火) 21:18:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

以前~

奥久慈男体山に登った時に、山頂で会った方に二ツ箭山の素晴らしさは聞いていました。
興味はあるのですが、栃木からですと阿武隈山地は遠いですね。
他にも面白そうな山があるんですけど・・・。

  • 2009/12/08(火) 21:54:47 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

岩がおもしろそうです

岩山とは聞いておりましたが、なかなかの山ですね。
阿武隈山系はおとなしい山が多いようですが、ここはおもしろそうですね。
沢沿いと岩場で楽しめそうです。

  • 2009/12/08(火) 22:31:31 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

先週の日曜は晴れましたね~。
こんなことなら千葉でくすぶってるんじゃなかった(笑)

ここの鎖長そうですね。
初めての山に行く時はまず鎖があるかどうか、
そしてmariでも行けそうか、判断するのに時間がかかります(笑)

いわきにもいい山あるんですね~♪

  • 2009/12/09(水) 07:50:58 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

リンゴさん
二ツ箭山、花時期もよし紅葉時期もよし、
雪も少ないとのことで一年中楽しめる山ですね。
年末年始は混雑するそうですよ。
ぜひ歩いてみて下さい。

  • 2009/12/09(水) 11:36:41 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん
変化があり面白い山です。
沢筋は雨後でなければ歩くのに支障はありませんね。
岩峰も低山とは思えないほど立派なものですから。
機会をみつけ歩かれてはどうでしょうか。

  • 2009/12/09(水) 11:41:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん
福島もポカポカ陽気でした。
でも半そでにはなれませんよ。風が冷たいですからね。
女体山での休憩は風のあたらない岩陰で。
テラスがありなんと木を輪切りにした椅子まであります。
ここでまったりと他のハイカーとおしゃべりです。
この山はお奨めです。
鎖場もありますが見た目ほどではありませんから。
mariさんがぶら下がっても、たぶん大丈夫(笑)。
4月中旬から下旬のアカヤシオの時期が良いですよ。

  • 2009/12/09(水) 11:53:57 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

「晴れ間にちょこっと山登り」 フットワークが軽いですね。
もう山は紅葉が終わって、冬になりつつありますね。
そろそろ”新雪踏んで”ですね。 一年中山は楽しいですね。

  • 2009/12/13(日) 06:27:28 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

としょくん
これからは冬枯れの山歩きとなります。
それはそれで楽しいものです。
雪山は怖くて歩けませんからね。
遠くから雪を被った山を見て楽しんでます。

  • 2009/12/14(月) 13:50:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/208-312f2d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。