登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディダラボッチさんと歩くツール・ドましこ

H21年12月12日、ディダラボッチさんの【12月12日“ツール・ド雨巻山”を一緒に歩きませんか】の一声に手を挙げ参加しました。
「ツール・ド雨巻山」は、雨巻山を中心とする整備をライフワークとする登山家ディダラボッチさんが企画立案し整備中のもので、五峰縦走と史跡、陶器街など益子の主要スポットを結ぶロングコースですが、エスケープルートも隋所にあり、目的及び脚力に応じてコースとりができ、ベテランから初心者まで歩ける計画となっているものです。

今回は、コース整備中のところをディダラボッチさんご夫婦に加えて宇都宮から2名、水戸から2名が参加しフルコースを案内して頂きました。
カミさんは地元行事とバッティングし不参加です。
今回のコースは、益子町民会館~益子の森~地蔵院~足尾山~御岳山~雨巻山~三登谷山~高館山~陶器街~益子町民会館へ。
益子の良いとこどりした9時間半の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【益子町中央公民館駐車場】
益子町中心にある益子町中央公民館駐車場。
すごく広い駐車場で表示もされており明瞭である。
駐車場

【出発です】
7時半、参加者が6名が揃ったところで道路を横断し中学校の脇を通り出発です。
雲が多いものの雨はなさそう。日光連山も里山越えになんとか見ることができる。
出発

【山野草園】
益子の茶屋を過ぎてアスファルト道と離れると、雑木林の中の山野草園脇に出る。
個人所有の山野草園とのことであるが自由に見られるとのこと。
これからの時期は、フクジュソウやユキワリソウなどが見られ花好きには良いポイント。
山野草園

【里山の道】
草地に囲まれた北郷谷池を横目に里山の道を歩く。
山道

【つかもと広場】
芸術家の住まいが点在する静かな山間の道を抜け、良く知られているつかもと広場へ出る。
陶器街

【陶器街を歩く】
つかもと脇の遊歩道を歩く計画であるが現在工事中。車道を歩き須田ケ池へ向かう。
陶器街

【益子県立自然公園・益子の森】
須田ケ池から遊歩道を通り益子の森へ。
背景の施設は、益子の森内にあるフォレスト益子。
宿泊施設や飲食施設レストラン「Lis Blanc (リス・ブラン)」があり、くつろぎの場として最適なスポット。
益子の森

【益子の森はいこいの広場】
益子の森は、なだらかな丘陵地で、アカマツやコナラ、クリ、ヤマザクラなどでおおわれている里山林です。
林内には、散策路、芝生広場、吊り橋、展望塔などが整備されており、また、散策路沿いにはトリム施設のほか、樹木や野鳥の解説板も設置されている。
        益子の森

【展望塔】
益子の森の最高地点(標高約190m)にある展望塔で、ランドマークタワーとなっている。このタワーからは360度の展望である。
        展望台

【展望塔からの展望】
左に日光連山、右に高原山。
深田久弥著「日本百名山」には栃木県内の名山として那須岳、男体山、奥白根山及び皇海山が挙げられているが、気象条件に恵まれればこれらの4名山を益子の森展望塔から望むことができるとのこと。
今回は富士山も見えたので撮ったのですが明瞭さがイマイチ、紹介できないのが残念。
展望台から

【登り窯】
登り窯のひとつでしょうか。
伝統的な技術、技法等を用いて製造される焼物、まさに芸術品です。
登り窯

【無駄な抵抗は止せ】
県道益子公園線を歩く。ディダラボッチさんの「無駄な抵抗は止せ」の話に大笑い。
内容はさしさわりが出る方もいるかも知れませんので伏せておきます。
町道

【サイカチ】
珍しい大木に何だろう、何だろう・・。サイカチという名の樹に判明。
―後で調べた解説です―
サイカチはマメ科の落葉樹である。樹高は15m程度に。幹に枝の変形である刺を持つ。枝は横に伸びる。葉は互生し、羽状複葉。花は5~6月頃に開花し、淡黄色の小花で、あまり目立たない。10月頃豆果がつく。刀身状で、捩れ曲がることが多く落葉後も枝に残る琴が多い。果実にはサポニンを多く含みかつては薬用、洗剤として用いられた。
        サイカシの木

【宇都宮家累代の墓】
益子町大字上大羽の宇都宮家累代の墓。
初代宇都宮(藤原)宗円(兼綱)~33代宇都宮義綱までの、歴代当主の墓が並んでいる。
この方達に守られているのでしょう、清掃中でした。
史跡
史跡

【地蔵院への門】
この門をくぐり国の重要文化財・地蔵院へ。
綱神社

【大倉神社と綱神社】
いずれも国の重要文化財。背筋が伸びる雰囲気である。
左が大倉神社。大同二年(807年)の創建と伝えられている。
右が綱神社。雨漏りがするとのことでブルーシートが掛けられている。建久5年(1194年)宇都宮朝綱が創設したとのこと。
綱神社

【山道への取り付き口】
綱神社の裏手が山道への取り付き口。落ち葉が積み重なりフカフカと心地よい。
        取り付き口

【尾根に出る】
明るい尾根に出ると背後に形の良い芳賀富士が見える。
確かに富士と呼ばれるにふさわしい形です。
尾根

【清掃登山】
ハイカーはあまり歩かれていない山道なのだが空き缶などがある。
今日はレジ袋4枚ほどの量を回収し綺麗になった。
        尾根

【急登】
山道は急斜面もある。ウララさん(ディダラボッチさんの奥さま)を先頭に。
        尾根

【無名峰】
展望のよいピークに着く。無名峰です。
腹が空いてきたのでしょうか、「おにぎり山」とか「弁当山」の名が飛び交うが、さてどんな名になるのでしょうか。
無名峰

【無名峰からの展望】
仏頂山~高峰、加波山方面の展望が良い。腰を下ろし一息入れるのに良い場所です。
無名峰

【足尾山への山道】
この道を登りきれば足尾山。
        山道

【足尾山】
11時半、足尾山頂着。ここまで駐車場から約4時間。
道標の上のツクバネソウの実がかわいいです。
足尾山~御岳山~雨巻山~三戸谷山までは公開されているハイキングコースを歩く。
足尾山

【御岳山の鎖場】
この鎖場を登りきると御岳山。
        鎖場

【御岳山】
数人のハイカーが休憩中であった。
腹が減っては山は歩けないと、ここで昼食とする
御岳山

【御岳山頂からの展望】
地蔵院から歩いてきた稜線を確認する。
御岳山頂から

【獅転げ坂】
一休みした後、雨巻山へ向かい獅子転げ坂へ。
獅転げ坂はディダラボッチさんが名付け親。
        獅子転げ坂

【ホンシキミ】
早咲きですね。もう咲き始めました。
ホンキシミ

【雨巻山】
13時、雨巻山着。
多くのハイカーに混じって休憩する
雨巻山頂

【三戸谷山へ向かう】
雨巻山でエネルギーを満タンに補充したウララさんが先頭に立ち快調に下る
尾根

【筑波山】
途中の露岩から見る筑波山が美しい。
尾根

【三戸谷山】
三戸谷山から見る高舘山方面。
まだまだ先が長い。
三戸谷山

【三戸谷山からの山道】
この尾根も落ち葉でフカフカ、歩きやすい。
途中の山道脇に猪罠にかかった犬がいた。かわいそうに悲壮な泣き声で救いを求めていた。
ディダラボッチさんが関係者に電話し対応して頂くことになり一安心。
尾根

【県道益子公園線から山道へ入る】
この付近の道も自然がたっぷり、良いところです。
この付近も猪に荒らされた形跡がある。猪が里に出てきています。
尾根

【高舘山への取りつき口】
車道から離れて高舘山へ取りつく。
高舘山

【紅梅】
山道沿いに一輪だけ紅梅が咲いていた。
疲れが出てきている時間帯でもありホットするひと時でした。
紅梅

【高舘山】
高舘山で最後の休憩。気合を入れなおします。
体は疲れてきましたが、口の動きは疲れを知りません。
高舘山

【高舘山を下る】
高舘山から吊り橋の袂を下り車道へ出る
高舘山

【陶器街を歩き駐車場へ】
益子最大の窯元「つかもと」の脇を通り、陶器街へ。
17時ちょっと過ぎに駐車場着。
陶器街


ディダラボッチさん、ウララさん、参加者の皆さんお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
参加者皆さんとともにフルコースを歩き通すことができ満足の一日でした。
コースを忘れないうちにカミさんと復習しようと思ってます。
なお、コースについての詳細は、ディダラボッチさんのブログをどうぞ。

スポンサーサイト

コメント

写真を沢山撮っていたから期待はしていたけど、私のブログ
よりよほど親切で丁寧で見やすくて感服しました。
いつの間にか細かいところまでメモを取っていたんだね。

次にカミさんと2人で歩く時は声をかけてみてください。
まだまだ整備も検証も必要なので。
そしてまた、飽きなければ3~5月の花の時季にご一緒
ください。
ありがとうございました。ではでは。

  • 2009/12/14(月) 22:30:55 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

ロングコース

9時間半、お疲れ様でした。
益子のいいとこ取りの一周コースですね。回られた個所、ポイント的には行ったこともありますが、繋げてとは!
全周でなくても楽しめそうです。

益子の森の展望塔、登れるようになったのですね。危険とかで立ち入り禁止だったのは昨年?でしたか。

  • 2009/12/14(月) 23:21:59 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

お疲れ様でした!

9時間半!長いですね~~。
でもみなさんでおしゃべりしながら楽しそうですね(^^)

雨巻山は2度歩いたことがありますが
2回とも花粉症の頃で辛い思いでしかありません(笑)

「ほんきしみ」は「ほんしきみ」では?
私もうろ覚えです^^;

  • 2009/12/15(火) 07:49:00 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

いつもブログ楽しみにしています。今回、ご一緒させていただき有難う御座いました。今後とも宜しくお願いいたします。

  • 2009/12/15(火) 08:27:09 |
  • URL |
  • 水戸のN #-
  • [ 編集 ]

雨巻山

内容も素晴らしく見応えのある記事でした。
私も雨巻山は何度か歩いたことがありますが、次は整備をしてくださっている皆様に感謝の気持ちを持って歩きたいと思います。

  • 2009/12/15(火) 17:45:47 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
先日はありがとうございました。
充実感ある山散歩でした。
また、3~5月の花の時季にご一緒させて下さい。

  • 2009/12/15(火) 20:47:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
正直、疲れました。
目的に応じて楽しめるコースですね。
近いうちに公開されると思いますので
ぜひ歩いてみて下さい。
益子の森の展望塔は修復が終了し登れます。 

  • 2009/12/15(火) 20:57:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
昨日、私の所へコメント下さるご夫妻と桜川市に住んでいる方がが雨巻山行かれたんですよ。
9時間半は長いけど楽しかったでしょうね。
山野草園何度か行ってますよ。
ヒメサユリが咲くんですよ。
紅梅が咲き始まったりシキミも早いですね~驚きました。

猪転げ坂の名はディダラボッチさんがつけたんですか?
ここにはキッコウハグマがたくさんありましたよ。
新年には行けそうなので楽しみにしてます。


  • 2009/12/15(火) 21:22:46 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

mari さん
花粉症なんですか?
そうとは思えませんでしたが。

「ほんしきみ」でしたね。ありがとうございました。
疲れが・・と言いたいのですが、年齢からくる衰えでしょうか。
メモをとっておくべきでした。

今回はロングコースで楽しかった山散歩でした。
雨巻山へまた、どうぞお出で下さい。

  • 2009/12/15(火) 21:27:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

水戸のNさん
先日はお疲れ様でした。
そして、コメントありがとうございます。
疲れましたが良かったですね。
次の機会にもご一緒できると良いですね。
こちらこそどうぞよろしく。

  • 2009/12/15(火) 21:32:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん
雨巻山も連日多くのハイカーが訪れて、
ディダラボッチさんの熱意が通じてきています。
このコースも良いですね。
目的に応じてコースを選べます。
コースが公開されてからでも歩いて見て下さい。


  • 2009/12/15(火) 21:59:03 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

otomeさん
こんばんわ。
ロングコースでしたが飽きませんでした。
さすがディダラボッチさんです。設定が素晴らしいです。
山野草園は花の時季に歩いてみようと思ってます。
ヒメサユリを見てみたいですね。
雨巻山は里山メジャーになりましたね。
多くのハイカーが歩いてます。

  • 2009/12/15(火) 22:09:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/209-8bf3c68d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。