登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

奥久慈・鷹取山から西金砂山

H22年1月15日、常陸太田市天下野(けがの)からの西金砂神社トレッキングコースと組み合わせて西金砂山(412m)と鷹取山(424m)を歩いてきました。
今回のコースは、天下野~鳥居~鷹取山(往復)~西金砂神社~森林浴コース~天下野。
山道や沢筋の下調べをしながら4時間40分の山散歩でした。

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【コースマップ】
天下野から西金砂神社へのトレッキングコース。
昔の参道を辿って歩くコースです。
コースマップ

【山道への取り付き口】
R33から1.3Km入った位置が西金砂山神社トレッキングコースの山道への取り付き口。
駐車位置は道の脹らみへ。1台程度のスペースがある。
トレッキングコース取り付き口

【山道】
明るい尾根伝いの山道から入る。
山道1
山道2

【道標】
トレッキングコースには、要所に「祭礼道」の道標があり分かりやすい。
道標

【全景】
トレッキングコース上から見る西金砂山全景。左に西金砂神社、右に三角点ピーク。
全景

【鳥居】
駐車位置から約1時間、鳥居へ出る。
トレッキングコースを登りついた所にある鳥居。(ここのすぐ隣に森林浴コースの入り口がある)
ここで舗装された車道と合流。鳥居をくぐり出て車道を右に行くと西金砂神社、左に行くと展望台(布が滝)へ。
今回は鷹取山へ登るため展望台(布が滝)方面へ車道を歩く。
車道へ出る

【展望台】
鳥居からわずまな距離で展望台へ。
展望台

【布ヶ滝】
展望台から見る布ヶ滝。布ヶ滝は鷹取山の水が集まったもので落差はかなりあり見応えがある。
展望台からの布が滝

【展望台からの筑波山】
筑波山(左隅)や薄っすらと日光連山、高原山。
展望台からの筑波山

【鷹取山への取り付き口】
展望台からさらに車道を数十メートル進み、この地点から左への踏み跡へ取り付く。
道標はありません。
鷹取山への取り付き口

【鷹取山への山道】
踏み跡は明瞭であるが途中から不鮮明となる。かまわず上を目指して歩くと林道(材木搬出路)に出る。
林道を右に進むとテープが多くあり目印となる。
12鷹取山への山道
13鷹取山への山道

【鷹取山への道標】
林道から山道へ入ると、道標がありビックリさせられる。
ここまでの山道の道標は、林道工事で取り払われてしまったのでしょうか。
14鷹取山への道標.

【鷹取山山頂】
駐車位置から約1時間40分、鷹取山山頂へ。
樹林に囲まれ展望なし。山頂にはトレッキングコース上から分岐し歩くコースもついている。
鷹取山山頂

【案内板】
鷹取山からは往路を鳥居の所まで戻り、案内板で確認する。
ここから西金砂神社~森林浴コースを周回し、ここへ戻るコースとする。
案内板

【コースマップ】
神社前の広場にたつコースマップ。
コースマップ

【杜の湯】
西金砂神社の向かい側にある「歴史民俗伝承館」には「杜の湯」がある。土日・祭日のみの営業とか。
杜の湯

【いちょうの木】
鳥居の脇にイチョウとサワラの巨樹が聳えている。
県指定天然記念物に指定されている。
すぐ脇の鳥居をくぐり、杉の大木を縫って急な石段を上がれば、拝殿に向かう。
        いちょうの木

【参道】
スギなどの樹林の中の石段を登ると西金砂神社である。
        参道

【西金砂神社】
西金砂山は岩山で、山頂には崖に囲まれた要塞のような天台宗の西金砂山神社がある。
比叡山延暦寺を模したもので1200年近い歴史を持つ神社とのことで背筋が伸びる雰囲気がある。
73年に1度の大祭礼と7年に1度の小祭礼とがある。
西金砂神社

【狛犬】
歴史を感じさせられる狛犬であった。
狛犬

【本宮】
拝殿を正面に見て、左に石段があり、石段からさらに参道を登ると集塊岩の狭い露岩の山頂に立派な本殿に着く。
本宮

【本宮からの展望】
西に展望台があり、絶壁で遮るものはなく、遠くに筑波山が見え、日光連山も見える。
本宮からの展望

【森林浴コース】
ここから先は森林浴コースへ。
約2Kmと短いもののアップダウンあり、安龍ヶ滝ありと変化がありなかなかのコースである。
        山道

【鳥居】
森林浴コース上にある鳥居。
鳥居

【鳥居脇の案内板】
コース上には要所に案内板があり分かりやすい。
鳥居脇の案内板

【山道からの展望】
北茨城方面の展望が良い。
右隅のピークが、三角点(410m)のピーク。
30山道

【西金砂山】
三角点(410m)のピーク付近から見る西金砂山。
森林伐採跡が痛々しい。
西金砂山

【安龍ヶ滝上流】
三角点(410m)のピークから落ち葉が重なった急な下り坂になり、降り立った所が安龍ヶ滝上流部。
川は凍りついている。
安龍ヶ滝上流

【安龍ヶ滝】
西金砂山から源を発する逆川の水を集めたのが安龍ヶ滝(あんりゅうがたき) 。
見事な滝で全面凍結している。
        33安龍ヶ滝

【安龍ヶ滝下流の沢】
滝の下流を少し下り様子を見る。
面白そうな沢であり次の機会にはこの沢を歩いてみるつもり。
        34安龍ヶ滝下流の沢

【山道】
滝を離れ森林浴コースへ戻る。
山道

【トレッキングコースと合流】
森林浴コースと天下野からのトレッキングコースと合流する。
ここからはトレッキングコースを下り天下野へ戻る。
トレッキングコースと合流

晴天の中、風も穏やか、山の下調べもでき良い山散歩でした。
この周辺の次回の山散歩が楽しみとなった。


【名水・道城井戸】
帰り道に、道城井戸に寄る。残念ながら容器を持ってなかったので水を持ち帰ることができなかった。
 井戸には蓋が掛けられ、更に屋根まで付いている。「地域の水です、付近を清潔にしましょう」という看板が掲げてある。集落の大切な水として今でも大事にされていることがよく分かる。
蓋を取り、中を覗けば清水が湧いていた。水府村天下野三区にある道城井戸は「水戸藩主徳川光圀公が天下野村に宿泊の折り、この水を御茶水に使用された」とのこと。
井戸
井戸

スポンサーサイト

コメント

新年が明けてから、精力的に地元の山々をあるいていますね。 ここの所の寒さにも負けずに、「年よりは風の子」で頑張ってますね。
こちらは、昨日の寒風に負けて、『大池紙芝居ライブ』を中止して、家でコタツに入って猫のミーチャンと一緒に、ぬくぬくと過ごしていました。

  • 2010/01/17(日) 16:03:13 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

としょくん
暇を見つけてはせっせと山を歩いてます。
それには訳があるのです。
先日、職場の保健室から健康指導があり、「まず減量せよ」とのこと。
今後、半年は面談や電話による指導が断続的にあり、気が抜けないのです。
最近は塩分、糖分、カロリーを気にしながらの味気ない生活ですが、山の中に入ってしまえば下界のことは忘れて、体にご褒美をあげています。
山を歩くのは食へのストレス解消でもあるのです。
お互い健康には注意しましょう。

  • 2010/01/17(日) 16:32:39 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私も歩き始めたきっかけは健康面の理由からです。
少しばかりの冒険心を掻き立てる里山歩きは楽しいものです。

  • 2010/01/17(日) 17:42:20 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん
リンゴさんもそうですか。
歳を重ねるにつれ健康面が気になります。
山を歩けるうちは幸せと、
感謝の気持ちで山を歩いています。

  • 2010/01/17(日) 18:16:55 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

みなさん健康のため歩かれてるんですね~。
うちも例外ではありません!
rayの血圧が少々高めです。
そろそろ薬にお願いしまいとだめな歳になってきてるんですが、
自力で下がるものならばといろいろと試してます。

山歩きも歩いた翌日とかは下がるのですが、普段の運動不足や
若いころの悪い食生活もあり毎朝図る血圧に横でため息付いてます。

でも・・・
yamasanpoさん、減量ですか???
見た目ほっそりで筋肉質に見えましたが?

山歩きしている時はほんとに下界のことは忘れストレス解消できますよね(^^)

でも近くに素敵なお山がいっぱいあってうらやましいです♪

  • 2010/01/18(月) 22:28:55 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

山遊びで身体復活

竜神峡のすぐ南あたりになるわけですね。
沢の雰囲気が良さそうです。

みなさん健康面については同じように考えてらっしゃるのですね。
幸い体重のバランスはOKなのですが、座り仕事が続くと、肩こりや背中がうずうずしてきます。
ところが山で遊んでくると治ってしまうんですねえ。
これが山歩き効果?でしょうか。

  • 2010/01/18(月) 23:33:04 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

mariさん
自分くらいの歳になると多くの人が多少の健康不安を抱えているものでしょうね。
自分の場合は医者通いするほどではないとのことですが・・。
一気の減量では体力を落とし山歩きができなくなってしまうので、
半年レンジくらいで少し落とせればと、肩の力を抜いて考えてます。

茨城にも良い山、良いコースが多くあります。
春先までは茨城の山を探し求めて歩こうと思ってます。

  • 2010/01/19(火) 14:49:36 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
竜神峡の周辺にはまだまだ良いコースがあります。
春先まで少しずつ歩いてみようと思ってます。

山には医者がいると言う方がいました。
風邪気味なので病院へ行ってくると家を出て、山歩きをするそうです。
帰りにはスッキリとするとのこと。
確かに山には医者がいるのでしょうね。

  • 2010/01/19(火) 14:59:41 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/216-e95c6755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad