登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

奥久慈・妙見山から国見山

H22年2月26日、常陸太田市の妙見山(みょうけんさん120m)から国見山(292m)を歩いてきました。
常陸太田市はいつも素通りの街であるが、北部に低山が連なった山並みが以前から気になっていた。
今日の天気は思わしくないが午前中は雨はないであろうと、水戸徳川家の墓のある瑞龍山の少し奥に国見山と言う山がありこの付近の尾根を散策してきた。

今回のルートは、駐車位置~妙見山~常福地三角点~国見山~大沢三角点(往復)~耕山寺~光圀墓~駐車位置の反時計廻りの周回。
7時35分発、11時35分着。4時間の山散歩でした。

         山行記録一覧へ、   地域別山行記録一覧

国見山マップ


【駐車位置】
R349のJAみずほ直売所「さとの径」の交差点から旧道に入り空き地に駐車する。
7時35分発。
駐車位置

【登山口】
車道を北方向に2~3分進んだ左手に登山口。
入口左手に小さな道標「妙見山入口」がある。小さくて見落としそうである。
        登山口

【鳥居】
苔むした古い急な石段で、途中まで登ったところに鳥居がある。
石段はその先にもず~と続いており、数か所は崩れてロープが張ってある。
鳥居

【妙見山】
7時50分着。登りきったところに立派な石の社があった。
山名標はないがここが妙見山であろう。
        妙見山

【妙見山頂からの展望】
北の展望が開けていて、常陸太田市の街並みが見える。
妙見山頂からの展望

【妙見山からの山道】
山道

【常福地三角点入口】
妙見山から下りてから登り返すと分岐があり、左が国見山、右が×印の道標がある。
右の×印の方に少し歩くと四つの石に囲まれた四等三角点常福地がある。
常福地三角点入口

【常福地三角点】
四等三角点常福地(141m)。
常福地三角点

【山道】
山道は概ね樹林帯の中で展望はない。
10山道
        11山道

【アンテナが建つピーク】
アンテナが建つピークもある。
        アンテナが建つピーク

【山道】
境界尾根の登山道には常陸太田市の境界杭がならび、手入れも良くされていた。
緩やかなアップダウンのハイキング道だった。
14山道

【耕山寺への分岐】
その先に、右に耕山寺に下る分岐が二か所あり、最初には「耕山寺花園」とあり、二つ目には行き先を消して「廃道につき危険」との注意書きがあって、下りは15分先の「耕山寺花園」分岐から下れとあった。
耕山寺への分岐

【大沢三角点への分岐】
大沢三角点へは写真上方へ。案内はない。
まずは国見山へ向かい、その後ここに戻り大沢三角点を往復することにする。
大沢三角点への分岐

【国見山頂】
8時45分着。小休止する。
国見山頂

【国見山頂】
山頂にはおおきな「国見山ハイキングコース案内図」がある。
背後には広大なゴルフ場が見える。
国見山頂

【国見山頂からの展望】
国見山頂より常陸太田市街を望むがすっきりしない。
国見山頂

【大沢三角点への山道】
国見山で休憩した後、時間もあることから大沢三角点までを往復(1時間)する。
大沢三角点までは尾根を歩くもので踏み跡もあり、アップダウンもさほどきつくない。
大沢三角点への山道
大沢三角点への山道

【大沢三角点(303m)】
9時30分着。草むらに隠れるようにひっそりとあった。
大沢三角点

【林道へ出る】
大沢三角点の先には林道が走っていた。
今回はここで引き返し、国見山へ戻る。
林道

【耕山寺への分岐】
10時00分、国見山へ戻る。
下山は西登山道をとり、この分岐から耕山寺へ向かう。
分岐

【山道】
急斜面を樹に掴りながら駆けおりる。
山道

【耕山寺】
10時15分着。耕山寺の裏に出た。
耕山寺

【耕山寺】
静かで立派なお寺である。お賽銭を入れ今後の山行の無事をお願いした。
耕山寺

【耕山寺の湿生花園】
「クリンソウ」や「ザゼンソウ」「ミズバショウ」の咲く花園とのこと。
ザゼンソウが咲いているのではと期待したがまだ先のようだ。
湿生花園

【車道】
振り返り見る国見山。
お寺をあとにすると田圃の中の田舎道を歩き、黄門様のお墓に向かう。
車道

【光圀の墓】
茨城と言えば水戸徳川家、常陸太田市は徳川家と深い関わりがある。
2代光圀が隠居所として西山荘をおき、水戸徳川家歴代の墓所(瑞竜山)があり,樹木に覆われたなかに,光圀公,斉昭公など水戸藩主の墓が点在している。
しかし現在は管理上の理由で一般には公開されていない。
光圀墓

あいにくの曇り空で展望はなかったが、雨にもあわずまずまずであった。
戻りが早かったことから県植物園により福寿草などを見てきた。。

スポンサーサイト

コメント

ちなみに、自分の通った瑞竜中学校はすぐそばです。
瑞竜山には黄門様と格さん、そして家のご先祖さんの眠る正宗寺には助さんの墓があります。
あまりにも近所すぎて、全くのノーマークの山でした。

  • 2010/02/27(土) 23:54:22 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

里山にも春の気配が感じられる様になりました。
それにしても茨城県にはコースが整備された低山が多いですね。
今年はまだそんなに歩いてないので、春に向かってバリバリ歩きたいと思います。

  • 2010/02/28(日) 08:27:22 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
徳川家、ものすごく興味があります。
歴史を感じ、その思いを巡らせて歩くのも楽しいものです。
また、機会をみて歩いてみようと思ってます。



  • 2010/02/28(日) 18:31:50 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん
茨城にも里山が多くありそれぞれに見所があります。
山散歩以外にも地元の方とのお喋りも楽しみの一つで、
できるだけ多くの方と会話をしいろいろな情報を頂いてます。

山道にはそろそろ花が咲きだし春を迎えます。
茨城の里山もベストシーズンに入ります。
でひお出掛下さい。

  • 2010/02/28(日) 18:45:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは
昨年、クリンソウを見に行き、案内板を見つけて歩いてきました。
クリンソウも見事でしたが、山の中のホタルカズラも見事でした。
あんなに群生してるのは初めてでしたよ。
県植物園のザゼンソウは咲いてるようですね。

  • 2010/03/01(月) 21:33:39 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

otome さん
ホタルカズラも咲くのですか。見たいところですが・・。
今の時季ならともかく毒蛇注意の表示もあり花の時季は何か怖そうです。
自分はへびが一番の苦手でして。
県植物園へはザゼンソウを目的に水生植物園の付近を中心に探したのですが見つかりませんでした。

  • 2010/03/01(月) 22:17:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

歴史を感じさせるコースですね。
まだまだ花は少ないですが、春に向かう雰囲気が感じられます。

  • 2010/03/01(月) 22:34:58 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

おはようございます

いろんなお花の名前が出てくるようになりましたね~。
気づけばもう3月。
これからはお花の写真でブログも華やかになりますね(^^)

yamasanpoさん、ヘビ苦手なんですね。
好きな人はあまりいないと思うけど・・
弱点見つけてうれしいなぁ(笑)

  • 2010/03/02(火) 07:52:13 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

yosiさん
この付近は低山が連なる山域で、裏山という雰囲気ですね。
山道は良く踏まれたもので訪れるハイカーも多いのでしょう。
徳川家のお墓を見られなかったのは残念でした。

  • 2010/03/02(火) 13:21:52 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mariさん
これからは花の季節、楽しみですね。
目的の花を見ようと右往左往です。
花が咲くのは歓迎しますが、へびはまったくダメ。
動物園では良しとしても、自然に生息することは認められない。
山でヘビに出会うとその夜はへびに囲まれた夢を見て飛び起きるくらいです。
お願いです。へびに係るコメントはこれだけにして下さい。

  • 2010/03/02(火) 13:35:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/228-2d583ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad