登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

クマガイソウと日留賀岳

H22年5月28日、塩原温泉エリアの最高峰、日留賀岳(ひるがだけ:1849m)を歩いてきました。
予定では那須岳のミネザクラ散策であったが開花が遅れている様子。 

さてどうしたものかと思い花検索するとクマガイソウが見頃との情報があり日留賀岳とする。
今回のコースは、小山氏宅~日留賀岳の往復で、6時間30分の山散歩でした。
日留賀岳は今回で4回目。
自宅発4時30分発。小山氏宅6時30分着。自宅~馬頭~塩原~小山氏宅108Km。

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【クマガイソウ群生】
小山氏宅駐車場脇の山林に群生するクマガイソウ。見頃です。
独特の形が目を引くとともに、杉の木立の中で寄り添うように咲く姿がとても愛らしい花。
みんな同じ方向を向いて咲き見つめられているようです。         
クマガイソウ群生

【クマガイソウのアップ】
クマガイソウのアップ

【前黒山】
小山氏の庭から眺めた高原山。
緩やかに傾斜する高地は素晴らしいロケーションに恵まれている。
前黒山

【山道】
ルートは、庭先を通って小山宅の東側から杉、檜、竹の生える山林内のなだらかな裏山を登っていく。
ジグザグに進むとやがて送電線鉄塔下に出る。 
山道

【鉄塔】
シラン沢林道の傍らに建つ送電線の鉄塔。
林道の両脇にはトゲ植物が多くタラノメも点々とある。
ここからシラン沢林道終点までは比津羅山の中腹を巻くように単調な林道歩きの上りになる。
         鉄塔

【ヤマツツジ】
シラン沢林道はヤマツツジが満開。新緑の中にひと際鮮やかな朱色である。
ヤマツツジ

【林道終点】
林道右側は大きく開け、塩原の山々を見ながら歩くと林道終点に着く。
ここが本来の登山口でアプローチの長い山である。
林道終点

【シロヤシオ】
林道終点にシロヤシオの樹がある。
花弁はかなり落ちているがまだ見られる。
シロヤシオ

【山道】
登山道は更に比津羅山の裏手に廻り込むように巻いている。
ルートは確りと付いた踏み跡があり、これと言って山頂まで迷う場所も無い。
林道終点からはブナ林の斜面をジグザクに進む。なかなか風情のよいところだ
山道

【比津羅山への分岐】
左手に比津羅山(ヒヅラヤマ1187.3m)への分岐を見る。
以前に日留賀岳からの下山時に藪道を登ったことがあるが、見るべきものがない山。
カミさんは不機嫌そうに「何が良くて登ったの」と。「・・・」。
比津羅山への尾根道

【山道】
尾根に取りつくとそれまでののんびりした道から一転して急登の続く登山道となる。
周囲のブナやミズナラなどの樹木が美しいのでかなり気分を紛らすことができる。
山道

【ヤマツツジ】
ブナの森林の緑に、ヤマツツジの朱色が際立つ。
ヤマツツジ

【ミツバツツジ】
ミツバツツジ満開の尾根。昨日までの強風雨に耐えた花は実に綺麗であった。
10ミツバツツジ
12ミツバツツジ

【鳥居】
アスナロの森を抜けると再びブナなどの落葉広葉樹林となり、木製の鳥居が出迎えてくれる。
登山道の格好の目安となる。
鳥居

【山道】
木の鳥居を過ぎ、足元にも目線の先にも沢山の花が観られるようになる。
この付近から先は冷たい風が吹き抜けヤッケを一枚着ても寒い。
14山道

【ギョウジャニンニク群生】
この付近には一面ギョウジャニンニクの群生が見られる。
今年は生育が遅れている様子であった。
ギョウジャニンニク群生

【シャクナゲ】
満開のシャクナゲを撮ったが、大部分は蕾で見頃はまだ先である。
シャクナゲ

【エンレイソウ】
わずかであったがエンレイソウも見られた。
エンレイソウ

【イワナシ】
地面を這うように今が盛りと登山道脇に咲き誇っているかわいい花。
イワナシ

【ツバメオモト】
花芽がまだ小さいツバメオモト。
ツバメオモト

【ショウジョウバカマ】
雪解け後一番先に咲くショウジョウバカマ。
ショウジョウバカマ

【スミレ群生】
木の根っこに抱っこされるように咲くスミレ群生。
スミレ群生

【ヒメイチゲ】
小さく花であるが目をひくものである。
群生している所もあり見頃であった。
ヒメイチゲ

【マイズルソウ】
まだ蕾のマイズルソウ。
マイズルソウ

【高原山】
山道から振り返り見る高原山。
来週末はブログ仲間と高原山シロヤシオオフ、楽しみである。
高原山

【日留賀岳山頂直下】
ギョウジャニンニクの群生地を過ぎた辺りから先は山道も急になり、木の根が露出した山道を通り過ぎ、右からの尾根と合わせると間もなく主稜線にでるが山頂付近はガスの中。
山頂直下

【日留賀岳山頂】
日留賀岳山頂到着。強風と寒さの中なんにも見えない。
晴れていれば高原山、日光連山、那須連山、尾瀬の山々が望める360度の眺望であるが・・。
寒く眺望もないことから早々に下山する。
山頂

山頂からの展望は得られなかったものの、クマガイソウや登山道に咲く多くの花に出会えたことで満足、満足であった。
下山は、山行の付加価値を付けようと山菜を探しながらふらふらと楽しいものでした。

スポンサーサイト

コメント

日留賀岳往復6時間半は健脚ですね。
来週末の高原山はシロヤシオが満開になりそうです。
あとは晴れる事を祈りましょう。

  • 2010/05/29(土) 16:17:26 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴ さん
シロヤシオ、日留賀岳でも咲いていました。
高原山はさぞ見事なことでしょう。
皆さんとシロヤシオとの出会いを楽しみにしています。

  • 2010/05/29(土) 19:28:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

那須のミネザクラ

アチコチから花情報が飛び込んでくるのでお伝えします。
日光・高山:29日現在、湖畔沿いのトウゴクミツバツツジとゴヨウツツジは見ごろを迎えたものの、山頂に近い部分は6~8分咲き。アヅマシャクナゲも蕾の方が多く、盛りは6月第1週中頃だろうとのことです。
那須・白笹山~南月山~姥ケ平:30日現在、白笹山への登りの途中はトウゴクミツバツツジ・ゴヨウツツジ・アヅマシャクナゲとも先ず先ず。日の出平付近のミネザクラやツバメオモトなどは高山に同じく6月第1週中だろうとのことです。

  • 2010/05/30(日) 15:30:39 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん
忙しい中、情報をありがとうございます。
日の出平付近のミネザクラあるいは高山のアヅマシャクナゲをターゲットにしていたところです。
6月第1週中の天気の良い日に歩いてみようと思ってます。

  • 2010/05/30(日) 19:13:29 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

日留賀岳、そろそろシーズンだなと以前のyamasanpoさんの記事読み返した所でした。
週末はどこもお天気がよくなさそうなので今回も行けずでしたが、
クマガイソウの群生はすごいですね~。
今の時期歩きたいところがありすぎて困ります(笑)

来週は高原山のシロヤシオですか~。
楽しみですね♪
レポ楽しみにしています(^^)/

  • 2010/05/31(月) 08:07:24 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

こんにちは。
今回の山レポには足元のお花が登場ですね~
小さなお花を目当てに山へ行きたい私には嬉しい情報です。
いつか行ってみたいです。
それにしてもクマガイソウが見事ですね。
ヒメイチゲかわいいですよね~
私もたくさん見てきたばかりです。

  • 2010/05/31(月) 11:22:50 |
  • URL |
  • #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

mari さん
クマガイソウ見頃でした。
目にすることが少ない花ですよね。
日留賀岳は、雪解けが進み春到来です。
これからは多くの花が迎えてくれるでしょう。
来週末はブログ仲間とのシロヤシオオフです。
満開のシロヤシオが歓迎してくれるでしょう。
すごく楽しみです。

  • 2010/05/31(月) 18:38:57 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

日留賀岳は、ようやく雪が融けたところです。
足元の小さな花から咲き始めています。
これから花本番といったところでしょうか。
日留賀岳、機会をみつけ歩かれてはどうでしょうか。
きっと歓迎してくれるでしょう。

  • 2010/05/31(月) 18:44:44 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

行かれましたね、日留賀岳。
気にはなっていて、まだ行ったことのない山です。
花が多いと聞いてます。レポとても参考になりました。

クマガイソウは驚きです。奥まで全部クマガイソウなんですね。

  • 2010/05/31(月) 21:48:32 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosi さん
クマガイソウ、素晴らしいものでした。
日留賀岳は距離は長いものの危なっかしい所はなし。
体力勝負の山ですね。
これからは花が多くなるでしょう。
機会をみつけ歩いてみて下さい。

  • 2010/05/31(月) 22:00:22 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

 山は花盛りですね。 毎日の山行が楽しいですね。
でも、今年はやっぱり全体的に遅れているんですね。
クマガイソウの群生が”小山氏宅”とありますが、個人の家の裏山ですか? 凄い群生ですね。 塩原のどの辺りですか?

  • 2010/06/03(木) 07:08:23 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

クマガイソウの群生は、小山氏宅”の裏山です。
駐車場は私有地を整備し、無料開放しています。
日留賀岳を整備し、ガイドマップを作成しハイカーの安全に尽くされている方です。
場所は、温泉街の外れにある木の葉化石園を知ってますか。
この前から細い車道を通り、最奥の家が小山氏宅です。

  • 2010/06/03(木) 10:10:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。2度目のコメントです。
私の仲間内からも日留賀岳の話題がちょっと出ていたので,偶然だなぁと思いまして じっくり見させていただきました。
 クマガイソウがこんなにたくさん見られるなんて,びっくりしました。姿形が珍しいお花なので,どこかにひっそり咲いているものだと思っていました。私も見に行ってみたいです。

  • 2010/06/03(木) 16:13:59 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

えこさん
再度のコメントありがとうございます。
クマガイソウ群生、素晴らしいものです。
一見の価値あるものと思われます。
機会をみて日留賀岳と組み合わせて訪れてみて下さい。
また遊びに来て下さい。

  • 2010/06/03(木) 19:48:58 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/259-a14e2576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad