登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花名山・飯豊山

H22年8月1日~2日、福島県、山形県、新潟県にまたがる飯豊山(いいでさん2105m)を歩いてきました。
飯豊連峰は、主峰・飯豊山(2105m)を中心に、最高峰の大日岳(2128m)・花の御西岳(2013m)・東斜面に幾筋もの雪量豊富な雪渓を持つ北股岳(2025m)など、標高2000m前後の個性的な峰が並んでいる。
今回の予定では、大日岳までの2泊3日であったが、天気とにらめっこしているうちに1泊2日となってしまった。このことから飯豊山往復とした。
イイデリンドウは咲いているかな、シラネアオイは終わってしまったかな、タカネマツムシソウはどうかなと、大きな期待を持ちながら出発した。

今回のコースは、
8月1日:御沢~三国避難小屋~切合小屋~本山小屋(泊)~飯豊本山の往復 
     花と遊びながらの8時間30分の山散歩でした。
8月2日:本山小屋~切合小屋~三国避難小屋~御沢キャンプ場
     ガスで展望も得られなかったので下山一直線、5時間30分の山散歩でした。

前回の飯豊山はこちらから。

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【御沢キャンプ場駐車場】
3時ちょうど自宅発、5時50分御沢キャンプ場着。
ナビ設定:いいでの湯 0241ー39-2360
いいでの湯から車で約15分先の御沢キャンプ場へ。
御沢口は駐車場やトイレも整備され、メインの登山口らしくシーズン中はかなり混雑する。
駐車場

【ガイドマップ】
駐車場の一角に建つ案内板
ガイドマップ

【御沢の杉・栃】
6時20分発。林道を少し歩き、大白布沢の橋を渡った杉林から登山道が始まる。
山都町指定天然記念物の杉・栃
今回は本山小屋素泊まり。寝袋、食糧などを持つことからいつになく大きなザックとなる。
杉と栃の木

【ブナの大木の中の登山道】
風が通らずとにかく蒸し暑い。玉のような汗とはこんなものかと汗が滴り落ちる。
木ノ根坂と呼ばれる通りブナの根の登山道となる。
         登山道

【上十五里】
7時40分、上十五里着。
下十五里、中十五里、上十五里・・と頻繁に道標が現れ、長く単調な長坂の登りで気を紛らわせてくれる。
それぞれ休憩に適した場所である。
上十五里

【えぐれた登山道】
えぐれた登山道が飯豊山の歴史を物語る。
登山道

【地蔵水場道】
旧地蔵小屋跡を過ぎ、この道標を過ぎると水場は近い。
「もうすぐ水場だ、美味しい水が飲めるぞ」と思うと足が自然と前に動く。
登山道分岐

【水場】
8時40分、水場着。
峰秀水と呼ばれる水場。冷たくておいしい水、絶品である。
ここで水を補給し一息入れる。
飯豊山は登山道の要所に水場がありありがたい。
水場

【タマガワホトトギス咲く登山道】
水場までは目立つ花は無かったが、タマガワホトトギスが花の競演の序奏である。
登山道

【地蔵山への分岐】
この分岐から剣ヶ峰の岩陵まではなだらかな登山道となり、ほっとできる。
登山道分岐

【剣ケ峰の岩場】
天気が良ければ種蒔山への尾根が綺麗に見える所であるがガスで展望なし。
切れ落ちた岩場も、鎖場もある。普段使うことが少ない大きなザックを背負っているのでザックにふられることを注意し一歩、一歩・・。         
登山道

【剣ヶ峰】
休憩ポイント。ここまでくれば後わずかで三国避難小屋。
展望もないことから休憩なし、通過。
剣ヶ峰

【三国避難小屋】
10時20分着。
小屋前で大休止。
大日岳の眺めが良い所であるが、あいにくのガスで何にも見えない。
しばらくすると種蒔山への尾根が見え始めたことから出発する。
三国避難小屋

【種蒔山への尾根】
種蒔山への尾根が見え始め元気が出る。
この尾根には多くのお花畑があり足の進みが遅くなる。
種蒔山への尾根

【尾根から見る三国小屋】
振り返り見る三国避難小屋への尾根。
尾根から見る三国小屋

【お花畑1】
斜面には多くの種類の花が咲いている。
「あの花何だろうねえ」「この花初めてみるねえ」・・・。
ザックを下ろしては花を撮り、また担いで歩く、この繰り返し。
登山道
登山道

【種蒔山への尾根を背に】
登山道

【種蒔の道標付近から見る飯豊山】
何度かアップダウンを繰り返し種蒔道標へ出る。
ここで初めて切合小屋から飯豊山の全容を見渡せる。
草履塚ピーク、飯豊山がうっすらと見られる。
すっきりと見えないがこれで良しとしましょう。
飯豊山

【お花畑2】
チンクルマとコイワカガミの群生地
種蒔の道標からの下りの登山道はお花畑が連なっている。
登山道

【お花畑越しに見る草履塚ピークへの尾根】
タカネマツムシソウ越しに見る草履塚ピークへのなだらかな尾根。
登山道

【もうすぐ切合小屋】
お花畑の中を下りきると切合小屋へ。
登山道

【切合小屋】
12時40分着。
小屋前には多くのハイカーがいる。
皆さんにこやかな顔をし、「本山小屋まで行くの、元気だねえ」と。
切合小屋

【切合小屋の水場】
水が豊富にある。ここでも水を補給する。
切合小屋の水場

【お花畑3】
小屋裏からの登山道もお花畑が続く。
タカネマツムシソウに元気付けられて、もうひと踏ん張りと出発する。
登山道

【残雪】
登山道には残雪もある。
よく見ると雪が解けた斜面にも多くの花がある。
登山道

【草履塚ピークへの尾根のお花畑】
登山道

【お花畑4】
お花畑

【姥権現】
草履塚ピークへからの下りから見る姥権現。
カミさんは何やらお願いごと。
姥権現

【岩場】
御秘所と呼ばれる岩場。
         岩場

【本山小屋】
14時40分着。
今日はここで宿泊、素泊まり(2000円/人)。
時間もあることから山頂まで往復する。

【飯豊山頂】
天気が良ければ絶景のポイントであるが、あいにくのガスに包まれた山頂。
御西小屋付近までのお花畑を楽しみにしていたが、これでは無理と小屋に引き返す。
飯豊山頂

翌日は朝からガスに覆われており、小屋から下山とする。

飯豊連峰の展望は楽しめなかったが、イイデリンドウやたくさんの花に出逢うことができて満足な山行だった。
飯豊山は期待を裏切らない山、次の機会にもその次の機会にも・・楽しみな山の一つである。

スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
お疲れ様でした。
3時間ほどで駐車場まで行けるんですね。
山都へは何度かお蕎麦を食べに行ってます。
展望は残念でしたがお花がたくさん見られたのは嬉しいですね。
それだけでも行ったかいがあり疲れも吹っ飛ぶことでしょう。
お花だけ見に行きたいですが体力がないので無理です。
レポで楽しませていただいました。

  • 2010/08/05(木) 09:18:16 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

otomeさん
登山口まで230Km程度ですから、そう時間はかからないですね。
高速を降りてからも混雑する所もなくスイスイです。
蕎麦を求めて山都まで・・凄いですね。
事前に知っていれば食べてくるんでした。残念。
飯豊山へは簡単にはは登らせてくれませんが、
そのぶん大きな見返り(花の)があり、止められません。

昨日、今日とotomeさんのブログへ接続できませんが、
何かトラブルでも?

  • 2010/08/05(木) 16:07:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

飯豊山まで軽々一泊ですか・・
地図とにらめっこしたけど私達にはどう考えても2泊3日は必要ですね(^^ゞ

水も困らないようですね。
岩場が数か所あるようですが、そんなに難しくないですか??

お盆休み、飯豊山か白馬かあるいは去年の双六リベンジかで悩んでます(^^ゞ

  • 2010/08/06(金) 08:10:49 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

mariさん
軽々? とんでもありません。ぎりぎりです。
飯豊山の山小屋付近には水場があるので助かりますね。
岩場はたいしたことありませんからご心配なく。
いいでの湯から先は細い道となり民宿の集落内を走る所もある。
初めてであれば夜中の走行は止めた方が良いです。

今週は飯豊か白馬か双六ですか。
どの山もgoodですね。
身体が二つ三つ欲しいところですね。
私達はできれば平ヶ岳と思ってますが・・・。

  • 2010/08/06(金) 09:00:40 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

花の飯豊山、素晴らしいですね。
2年前に悪天候で敗退しましたが、またいつの日にか挑戦したいです。

  • 2010/08/06(金) 20:46:29 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん
飯豊山、奥深い山で天気も変わり易いですね。
私達が歩いた時はまずまずでしたが、
その前の数日は雨であったとのこと。
機会をみつけリベンジして下さい。


  • 2010/08/06(金) 21:47:51 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

いつか行きたいなぁ・・と思っている山です。栃木のやまから,7月になっても雪がたっぷり残る飯豊連邦が見えてちょっとあこがれです。
花がたくさん すばらしい山ですね。タカネマツムシソウ かわいらしい丸い花。好きな花です。
一泊二日で行かれたのですね,ガイドブックには2泊必要とのこと,健脚ですね~。

  • 2010/08/07(土) 05:48:12 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

えこ さん
飯豊山、良いですね。
懐が深い山で体力に応じてコース取りができるのも良いです。
ぜひ計画し足を踏み入れてはどうでしょう。

  • 2010/08/07(土) 11:33:24 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

お疲れ様でした
相変わらず健脚ですね~
飯豊も、今頃はいいでしょうね
水も豊富で、お花も一杯
癒されますね
私は薬師岳に行ってきました
あ、今年は北穂、やめました

  • 2010/08/07(土) 11:34:39 |
  • URL |
  • く #-
  • [ 編集 ]

く ・・・ さん
薬師岳山行のレポ、読みました。
折立から室堂までのロングコースをすごいですね。
私達には到底まねのできないものです。
次のレポも楽しみにしてます。

飯豊山は花盛り、良い時季です。
紅葉時季も良いですね。
楽しみ多い山です。

  • 2010/08/07(土) 15:35:30 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

花の飯豊山

御沢からの飯豊山、この夏の候補として挙げてはみたのですが、無難な常念岳にしてしまいました。

ここから入山し、テント担いで2泊で飯豊鉱泉へ抜けたことがあります。遙か昔、無茶がきいたころの話ですが。
ここはぜひ行きたいと思ってます。

  • 2010/08/19(木) 23:17:16 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosiさん
アルプスの山も良いですが、飯豊山もひけはとりませんね。
静かな山散歩ができますから。
花時季も良いですが、紅葉時季も良いでしょうね。
この秋にでも歩いて見たいと思ってますが。

  • 2010/08/23(月) 13:16:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

飯豊のブログ検索で辿り着きました。本山小屋でご一緒した仙台のアラフォー夫婦です。覚えてらっしゃいますか?
ぼくたち9月にも飯豊山に行ってきました。8月のこのときは霧の中でしたからね。リベンジ成功でした。よかったら拙ブログをご笑覧下さい。
実は先日、朝日連峰の大朝日岳に行ってきたのですが、yamasanpoさんとぼくたちと本山小屋で一緒になった名古屋のご夫婦(百名山ハントの89座目とお話しされていたご夫婦です)と再会しました。すっごい偶然です!
今度は是非yamasanpoさんにもまたどこかでお目にかかりたいものです。

  • 2010/10/03(日) 22:58:09 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

Tobyさん

コメントありがとうございます。
Tobyさんご夫婦との山小屋での出会い、良く覚えています。
小屋を出立する際にはナイフを貸して頂くなどありがとうございました。

飯豊山、再訪されたのですね。
ブログ見させて頂きました。
素晴らしい天気で良かったですね。
飯豊山は何回歩いても飽きさせない山ですからね。
私達も来年の花の時季にと考えてます。
今年は朝日連峰の紅葉を見たいと思ってますが
天気が心配です。
今後、情報交換いたしましょう。
どこかの山での出会いがあれば嬉しいですね。

  • 2010/10/04(月) 09:37:16 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/275-32e36c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。