登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ア3000m峰縦走・悪沢岳~赤石岳(その2)

南ア3000m峰縦走・悪沢岳~赤石岳(その1)の続きです。

【9月19日】:
 千枚小屋~千枚岳~丸山~悪沢岳~中岳~前岳~荒川小屋~小赤石岳~赤石岳~赤石小屋(泊))


【ご来光】
千枚小屋を4時半に出発し、5時ちょうどに山頂着。
朝日が出るまで時間があることから朝食をとる。
右手に富士山を見ながら千枚岳(2880m)山頂からのご来光。
②ご来光1

【千枚岳山頂】
風があり少々肌寒い。
千枚岳までは丸山から赤石岳までの3000m峰6座縦走の足慣らし。
②千枚岳山頂2

【丸山、悪沢岳方面】
千枚岳山頂から丸山、悪沢岳方面を見る。
まだ長い悪沢岳の登路を見上げることになる。
②千枚岳山頂から3

【丸山、悪沢岳方面】
千枚岳から丸山へ向かう。岩場を下ることからストックをザックに収納する。
写真右から丸山、悪沢岳、中岳。
②山道4

【丸山への登路】
②山道5

【千枚岳のシルエット】
丸山への登山道から振り返り見る千枚岳。
②千枚岳6

【丸山への登路】
②山道7

【丸山への登路】
背後には双耳峰の「笊ヶ岳」でしょうか。
更に左手には雲の中からぼんやりと「富士山」が浮かび上がる。
②山道8

【丸山山頂】
6時ちょうど、丸いなだらかな丸山山頂(3032m)。
風が強く休まずに悪沢岳を目指す。
②丸山山頂9

【悪沢岳へ向かう】
其処からは緩い勾配を下り、悪沢岳(3141m)への登りに成るが、一帯は真っ赤に紅葉した「ウラシマツツジ」の大きい群生地を通過する。
②悪沢岳を目指して10
②悪沢岳を目指して11

【丸山のカール】
振り返り見る丸山の斜面。カール状の斜面が素晴らしい。
②丸山のカール12

【悪沢岳山頂直下の岩場】
歩きにくい岩の間を右に左にかわしながら。山頂は近い。
②悪沢岳を目指して13

【トウヤクリンドウ】
ほとんどの花は終わっている。
傷んでいるが数少ない花を一枚。
②トウヤクリンドウ14

【悪沢岳山頂】
6時30分、悪沢岳(3141m)に到着。 
この山頂からの展望は360度の展望であるが、少々ガスっぽくすっきりとはいかない。
それでも塩見岳方面、富士山、今日登る中岳、赤石岳方面、はるか遠くには中央アルプス連山が見える。 
②悪沢岳山頂15

【中岳へ向かう】
悪沢岳を出発して「中岳」へ向かう。 
悪沢岳から中岳の間は、一端コルへ下って登りかえしとなるからきつい。
せっかく登ったところを下って、登り返しを必要とするこの場所はなんとも惜しく感じる。
眼前には形の良い「中岳」が見え、手前には中岳非難小屋が見える。
②中岳、前岳を目指して16

【中岳への登路】
これはきつそうな登路である。
②中岳、前岳への尾根17

【悪沢岳からの下り】
薄っすらと紅葉し始めた斜面を下る。
このような斜面の登山道は何とこも心地よい。
②中岳、前岳への尾根18
②中岳、前岳への尾根19

【振り返り見る悪沢岳】
下り切った鞍部付近から振り返り見る悪沢岳。
②悪沢岳を振り返る20

【ウラシマツツジ】
中岳への登路に見る真っ赤に紅葉したウラシマツツジ。
思わず立ち止まり斜面を覗き込む。
②ウラシマツツジ21

【中岳のカール】
アルプスの魅力の一つにはカールの美しさにある。
このカールを見るとアルプスを歩いているのだなあと実感する。
②前岳のカール22

【塩見岳の尾根】
中岳避難小屋付近から見る塩見岳の尾根。三伏峠小屋も見える。
一時、三伏峠から悪沢岳を考えたことがあるが、見るからに手強い登山道である。
②塩見岳の尾根23

【中岳避難小屋】
7時30分、中岳避難小屋着。
トイレ(有料)休憩とする。
②中岳避難小屋24

【振り返り見る中岳避難小屋と悪沢岳】
中岳避難小屋から中岳へはわずかな距離。
振り返り見る中岳避難小屋と悪沢岳。
②中岳避難小屋と悪沢岳25

【中岳山頂】
中岳山頂(3083m)。
②中岳山頂26

【前岳へ向かう】
中岳から前岳へはわずかな距離。
左奥は赤石岳、右手前に前岳。
②前岳へ27

【前岳への分岐】
前岳は主稜線からわずかに外れた位置にあり、分岐にザックを置き空身で往復する。
②前岳への分岐28

【前岳へ向かう】
前岳の斜面もウラシマツツジが紅葉している。
②前岳へ29

【前岳山頂】
前岳山頂(3068m)。要所要所でビデオを回す。
悪沢岳、前岳、中岳と合わせた荒川三山と呼ばれている。
前岳の西側は、崩壊地帯で切れ落ちている。
この崩壊部の縁を三伏峠方面の縦走路は沿っている
②前岳山頂30

【荒川小屋へ向かう】
縦走路の合流点に戻り、南側へ下れば荒川小屋に着く。
②荒川小屋へ31

【荒川小屋へ向かう】
左前方に赤石岳、右奥に兎岳を眺めながらの下りである。
②荒川小屋へ32

【お花畑】
前岳から荒川小屋にかけての大斜面は南ア南部きっての花畑とのことであるが、今はさみしい限りである。
②お花畑33

【マツムシソウ】
お花畑の中で見られたマツムシソウ。
②マツムシソウ34

【荒川小屋】
眼下に荒川小屋が見える。
②荒川小屋へ35

【荒川小屋】
8時50分 荒川小屋着(2610m) 。大休止。
小屋横の綺麗なテーブル・ベンチに席を取る。荒川小屋は丁度本日の半分の地点である。
小屋前の水場に下り、水を補給する。
9時20分 荒川小屋発。
②荒川小屋36


南ア3000m峰縦走・悪沢岳~赤石岳(その3)へ続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/291-95bd8bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。