登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

展望の平ヶ岳(その1)

H22年10月23日、新潟県と群馬県との境界上にある平ヶ岳(2,141m)を歩いてきました。

平ヶ岳は利根川源流域中の最高峰である。
登山道は東側の奥只見、鷹ノ巣からのコースと北の中ノ岐からのコースがある。
山頂からは360度の展望ができ、利根川源流や至仏山はもちろん、越後三山や会津駒ヶ岳も一望の内にある。
平ヶ岳は豪雪地帯に入るため真夏でも雪渓が残っている。
そのため7月から平ヶ岳の登山の時期が始まり、11月の連休までが一般的な平ヶ岳の登山ができる時期。
このことから天気が良いこの日は今年のラストチャンスと思い登ることとした。

前日に会津駒ヶ岳で紅葉を見て、「燧の湯」で汗を流し、鷹の巣駐車場に着き車中泊。
駐車場は車も少なく静か、寒くもなくぐっすりと寝られた。
下台倉山付近までは紅葉が真っ盛り、真っ青な空のもとスケールが大きい展望を満喫した一日だった。

今回のコースは、鷹の巣―下台倉山ー台倉山ー池の岳ー平ヶ岳ーたまご石ー池の岳ー台倉山ー下台倉山ー鷹の巣、
10時間10分の山散歩でした。

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【鷹の巣駐車場】
平ヶ岳山頂まで往復24Kmもあるロングコース、5時00分:駐車場発。
道標と道の整備は非常によくできていて、まず間違うことはない。
(この写真は前日に撮ったものです)
登山口1

【燧ヶ岳】
稜線の左手には日の出前のシルエットの燧ヶ岳が大きく見える。
燧ヶ岳2

【夜明けの燧ヶ岳】
6時過ぎに陽が出て燧ヶ岳を染める。
燧ヶ岳3

【錦衣の山】
鷹の巣山斜面は錦衣。朝日があたり鮮やかである。
錦衣の山4

【下台倉山への尾根道】
ゴジラの背中の様な尾根歩く。登山道からの左右の展望が良い。
錦衣の山5

【下台倉山への紅葉道】
紅葉の尾根道は元気が出る。
錦衣の山6

【錦衣の山】
鷹の巣山の下部の斜面は紅葉が素晴らしい。
錦衣の山7

【下台倉山斜面の紅葉】
登山道左側斜面は展望が開け、紅葉が見事である。
錦衣の山8

【下台倉山(1604m)】
6時45分、下台倉山着。
平ヶ岳への距離への約3分の1、まづまづのペースである。
下台倉山9

【台倉山への尾根道】
下台倉山を過ぎると初めて遠くに平が岳(写真右側)を見ることができる。
錦衣の山10

【台倉山への尾根道】
左に燧ヶ岳。
錦衣の山11

【平が岳】
平が岳をアップする。
左が平が岳、中央は池ノ岳。
平が岳までは、まだまだ遠いはるか先である。
平が岳12

【台倉山(1695m)】
7時30分、台倉山頂着。
道標はない。三角点がある。
台倉山を過ぎオオシラビソ林のややアップダウンの登りが続く。
上台倉山13

【台倉清水】
7時40分、台倉清水着。登山道から数分下る。
水量は多くなく、渇水期には期待できないこともありそう。
台倉清水14
台倉清水15

【樹林帯】
展望のない木道が延々と続く。
樹林帯の路16

【白沢清水】
8時30分、白沢清水着。
ここまでで平ヶ岳への約3分の2。順調、順調。
白沢清水も水量が細い。台倉清水での水分補給が良さそうである。
白沢清水17
白沢清水18

【巨木】
白い幹肌の巨木が点在し、枝を広げた様子が青空に映え素晴らしい。
ブナ19

【樹林の先に平ヶ岳】
樹林の間から平ヶ岳が見え隠れすると池ノ岳への登りが近い。
平ヶ岳20

【笹尾根の道】
笹尾根の道が見えてくる。
平ヶ岳21

【笹尾根の急登】
背後には燧ヶ岳。
ひうち22

【笹尾根の急登】
ここの登りがこのコースの一番のきつい所。
カミさんも辛そうであるが、弱音を吐かない強さがある。
笹原の急登23

【笹尾根からの平が岳】
平が岳が次第に大きくなる。左に見える至仏山も大きくなる。
平が岳24

【辛い登りが続く】
このピークを越えると姫の池だ。
急登25

【平が岳】
さらに大きくなる平が岳。
山頂付近にいる人も分かるようになる。
平が岳26

【姫の池】
9時30分、姫の池着。
目の前がパッと開け、まさに別天地。この風景を見た瞬間、疲れも吹っ飛んでしまった。
板が敷き詰められた休憩地にザックを下ろし深呼吸。
グルリと展望を楽しみ、休憩した後、サブザックで山頂へ。
ここから平が岳へは軽チョン、穏やかな尾根を20分ほどである。
姫池27

【池糖越しに見る平が岳】
姫池28

【さらに奥の木道から見る平が岳】
姫池29

【平が岳へ向かう】
ザックが軽くなったこともあり足取り軽く平が岳へ向かう。
平が岳へ30

【平が岳山頂は少し先】
なんとも気持良い尾根、天空の道である。
平が岳へ31

【平が岳(2141m)】
10時00分、平が岳着。
駐車場から5時間ちょうど。計画通りに山頂に着けた。
平ヶ岳の大きな丸い山頂は湿原で、一面草原大地。大きな木も無く360度の展望! 
晴れ渡る空いっぱいに見覚えの有る会津駒ケ岳奥白根山などの山々が並んでいる。 
やっぱり山頂は晴れが良いね~ これ! この景色を楽しみにしていた。
平が岳32

【至仏山、上州武尊のアップ】
山頂からは、左から至仏山、笠ヶ岳、ギザギザした山容の上州武尊、その右に薄っすらと富士山まで。
平が岳山頂33

【木道行き止まり】
山頂から先の木道行き止まりまで行く。
池塘の先には巻機山、越後三山が見える。
いい景色です。
帰るのがもったいない気分です。
平が岳山頂34

【山頂に戻る】
山頂に戻る。天気も良し、体調も良し、たまご石へ向かう。
平が岳山頂35

展望の平ヶ岳(その2)へ続く。

スポンサーサイト

コメント

タフですね~!

今回は会津駒ケ岳と平ケ岳でしたか。
毎週毎週名峰巡りが続いていて羨ましい限りです。
それぞれの山の素晴らしさは当然のことだけど、
そのバイタリティーやタフネスさには驚かされ通しです。スゴイ!
私もやっと体調が戻ってきたので雨巻山(このところスゴイ登山者で大賑わいをみせています)通いを始めようと思います。

  • 2010/10/26(火) 09:07:30 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #pu6uuOlU
  • [ 編集 ]

デイダラボッチさん

健康であることに感謝しつつ山を楽しんでます。
いつまでこの体調が維持できるかわかりませんが、今を大切に精一杯楽しめればと思ってます。

雨巻山、しばらくご無沙汰してます。
大賑わいとのこと、デイダラボッチさんが播いた種が芽をだし花をさかせつつありますね。嬉しい事です。
お話したいこともありますし、今度、行こうと思ってます。

  • 2010/10/26(火) 10:16:05 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

凄い脚力です

恐れ入りました。この時期に会津駒ケ岳と平ケ岳ですか。
我々とは山のレベルが違いますね。平ヶ岳は行きたい山の1つですが痩せ尾根と長さに怖気づいています。体重を減らして来年こそと思ってはいますがどうなることやら。

  • 2010/10/26(火) 18:14:22 |
  • URL |
  • Q造 #-
  • [ 編集 ]

Q造さん

夏の山のイメージが強いですが、蒸し暑さがない今の時季が歩きやすいです。お薦めです。
他の山と比べスケールの大きさが違います。
トライする価値がある山なのでぜひ計画して歩いてみて下さい。

  • 2010/10/26(火) 20:12:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

素晴らしい写真ですね。
尾瀬の両雄(燧ヶ岳、至仏山)、武尊山、富士山他、美しいですね。
燧ヶ岳と会津駒ヶ岳は未踏なので、いずれ行きたいと思っています。
(雪山になるかもしれません)
どの写真も綺麗です。

  • 2010/10/26(火) 23:19:14 |
  • URL |
  • えん #lnYM7kUo
  • [ 編集 ]

いいですね、この大きさ

とうとう行かれましたね。
素晴らしいですね。陽の長い夏に!と考えがちですが紅葉と草紅葉が素敵です。
コースそのものは難しくなさそうですが、難関は長さでしょうか。
前日に駒の散歩とセットとは恐れ入ります。
ここは何としても行きたいですね。

  • 2010/10/27(水) 07:01:36 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

えんさん

平ヶ岳は展望抜群の山です、
会津、日光、越後の山々を見渡せます。
燧ヶ岳も会津駒ヶ岳も花の時季、紅葉の時季、残雪期と楽しめますね。
ぜひ計画し楽しんで下さい。

  • 2010/10/27(水) 08:43:58 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

平ヶ岳、スケールが大きい山で展望バッチリ、すごく気持ち良く歩いてきました。
この山は体力勝負の山、真夏を避けて涼しさがある紅葉時季がお奨めです。天気の良い日に。
悪天では疲れしか残らない最悪の山となってしまいますから。
ぜひ計画しチャレンジしてください。

  • 2010/10/27(水) 08:53:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

初冠雪

高原山(釈迦ヶ岳)にも初冠雪がありました。
寒波の影響で急に寒くなってきました。
本当にこの日が今年のラストチャンスだった様ですね。
平ヶ岳は展望も良く素晴らしい山です。

  • 2010/10/27(水) 20:04:46 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴさん

高原山、初冠雪ですか。
紅葉もまだなのに今年は早くないですか。
秋が短いですね。

今からみるとほんとラストチャンスをものにしたようです。
なかなかこのような天気と気が合うことはないですから。
展望も紅葉もバッチリでした。

  • 2010/10/28(木) 08:50:02 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/303-65a7cdd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)