登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

粉雪舞う八溝山

H22年12月29日、茨城・福島県境の八溝山(1022m)~高笹山(921m)~池ノ平(880m)~大神宮山(746m)を歩いて来た。

今年最後の山散歩は、八溝山系県境尾根を大子町唐竹久保地区の登山口から大神宮山(標高9位)・高笹山(標高2位)・池の平(標高4位)・八溝山(最高峰)と縦走する。
当初の計画では、唐竹久保地区の登山口から八溝山への旧参道入口へ出て、リンリンで車道を走行し周回するものであったが、20数キロの車道走行となることからもろもろを判断し断念。

今回のコースは、唐竹久保地区の登山口~大神宮山~高笹山~池の平~八溝山の往復。
朝のうちは晴れていたが、しだいに雪雲が広がり粉雪舞う中での、5時間45分の山散歩でした。
八溝山は今回で7回目。

           山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

【林道入口】
R28の町付のY字路を右折しR196に入り、約4キロ先で唐竹久保林道入口の道標がある。
ここを左折し約5キロの砂利道を進み終点へ。
1林道入口

【駐車場】
唐竹久保林道の終点にある大神宮山の野生生物観察施設の駐車場(標高700m)まで車で入り、そこからスタートする。
2駐車場

【案内図】
案内図右端に示されている唐竹久保林道駐車場から八溝山を往復する。
\24案内図

【取り付き口】
駐車場奥から大神宮山(746m)へ取り付く。
駐車場の標高は700mであるからわずかな登りである。
\3取り付き口

【展望台】
野生生物観察施設の展望台。
あいにく霞んでいて展望は良くない。
4展望台
方位盤

【高笹山】
展望台から見る高笹山。
5高笹山

【大神宮山頂】
展望台に隠れるように大神宮山頂。
6大神宮山頂

【高笹山への道】
展望台付近にある高笹山への道。
入口が笹やぶに覆われちょっと分かりにくい。
7高笹山への道

【山道】
杉林の中の緩やかな尾根を行く。
8山道

【手書きの道標】
このルートには道標は少ないが、このような手書きのようなものがある。
9手書きの道標

【バイク進入禁止】
このルートは距離もあることから、以前は多くのライダーが入っていたが今は乗入禁止となっているようだ。
10バイク進入禁止

【山道】
陽射しがさし明るい尾根となり気持良い。
11山道
12山道

【高笹山】
9時10分着。高笹山の前回はH13年4月21日で9年ぶり、今回で5回目。
以前と変わりない静かな山頂である。
一休みしていると白いものがパラリ、パラリ・・。
冷え込んできたこともあり先を急ぐ。
13高笹山
14高笹山

【山道】
「高笹山」、山の名の通り笹が茂る道をかき分け降る、降る・・。
15山道
17山道

【池の平】
10時05分着、休まず先に進む。
18池の平

【山道】
樹の間からチラチラと八溝山が見えるがまだまだ先である。
19山道
20山道

【山道分岐】
10時40分、山祭方面に続く尾根に出る。
21山道分岐

【山道】
八溝山を正面に見据えて。
22山道

【八溝山頂】
11時00分着。少々早いがランチとする。
熱いコーヒーを飲み身体を温める。23山頂
25山頂

【展望台】
今日は展望台の管理人が不在。つまり無料。
展望台に上がってみるが、この天気では展望なし。
粉雪の量が増えてきたので下山とする。
26展望台
27展望台より

【粉雪舞う山道を戻る】
八溝山頂から戻る頃からさらに雪の量が増えた。
笹の上にも山道にも薄っすらと雪が積もった中の下山でした。
28復路
         29復路
         30復路

八溝山頂発 11時30分
池ノ平 12時15分
高笹山 13時00分
駐車場 13時45分

【林道から見る八溝山】
下山後、林道を降る途中で展望の良い所に車を止める。
はるか先に八溝山を見る。
反対側には筑波山が見える。
31林道から
32林道から

今年最後の山散歩は雪で締めくくり。
今年は天気にも恵まれ素晴らしい山旅の一年となった。
多くの山友人との出会いもあり思い出に残るものとなった。
来年も中味の濃い山旅をと願っています。
ブログ共々よろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
最後の山散歩は八溝山でしたか。
私も高笹山から歩いたことがあり笹の中を歩いた記憶があります。
小雪舞う中を寒かったでしょうね~お疲れさまでした。
でも、いい思い出となりましたね。
来年も、たくさんの山散歩楽しみにしております。
私の拙いブログにご訪問いただきコメントもありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいませ。

  • 2010/12/30(木) 19:46:15 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

otomeさん

八溝山、寒かったです。
まさか雪とは想定外でした。
でも、一年の締めくくりとして思い出に残る山散歩でした。
来年の山散歩計画はこれからですが、今年の積み残しの計画を中心に、花の山を多く歩きたいですね。
当方のブログに多くの訪問を頂き感謝しています。
来年もよろしくお願いします。
良い年をお迎え下さい。

  • 2010/12/30(木) 21:30:02 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

八溝山は雪

 29日は北の方が荒れ模様でしたね。八溝山も雪でしたか。寒い中 お疲れ様でした。
八溝山の展望台に,私も夏に登りました^^あの時も曇りでなんにも見えませんでした。きっと晴れていれば東西南北,ぐるりと見渡せたことでしょう。でも,八溝山をしみじみと歩いたことがなく,いつかはと思いながら行けていませんでした。
 今年もたくさんの山レポ拝見させていただきました。奥久慈での思い出も,ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
 

  • 2010/12/30(木) 21:57:27 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

そのルート

何度も行こうと考えたことがあるのですが、いつも八溝山山頂近辺をウロウロ徘徊するばかりです。
今後のために大変参考になりました。
今年はyamasanpoさんにお目にかかることができてとても意義深い年となりました。
多くの身近な記事でとても楽しませていただき、ありがとうございました。

  • 2010/12/31(金) 01:13:22 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

お世話になりました

八溝山、確か山頂近くまで車でいけるんですよね。
まだ歩いた事がないですが、
さすがいいコースご存知ですね~。
でも雪がちらつき寒そうです。

今年も一年お世話になりました。
奥久慈の紅葉や筑波山の裏コース、シモンさんのオープン山行にも誘っていただき、充実した一年でした。
たくさんパワーをもらいました。
来年もどうぞよろしくお願いします(^_^)/~

よいお年をお迎えください♪

  • 2010/12/31(金) 09:37:05 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

えこ さん

今の時季、平野部では晴れていても山頂部では荒れていることがありますね。
八溝山でも雪がぱらつき寒かったです。
このルートは穏やかな尾根であり歩き易いものの大部分は樹の中であり展望はイマイチです。
機会があれば歩いてみて下さい。

今年は奥久慈でのご一緒もあり良かったです。
次にご一緒できる山散歩を楽しみにしています。
良い年をお迎え下さい。

  • 2010/12/31(金) 19:43:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

年末にかけての寒波でスキー場は雪たっぷりですね。
八溝山でもぱらついたのですから。
私達はもっぱら里山散歩です。

今年は徒然草子にも会えて良かったです。
次の再会を楽しみにしてます。
良い年をお迎え下さい。

  • 2010/12/31(金) 20:02:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mari さん

こちらこそお世話になりました。
これまでにない良い年でした。
オフ会もあり思い出いっぱいです。

来年も多くの思い出残る山散歩したいですね。
再会も楽しみにしてます。
来年も多くの素晴らしい山旅をしましょう。
良い年をお迎え下さい。

  • 2010/12/31(金) 20:17:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

旧年中は大変お世話になりました

八溝山、なかなか深くていい感じですね。
空気もきりっとした感じで、冬の気持ちよさが伝わってきます。
それにしても福島でも端っこまで行くとまだまだ白くないんですね。

  • 2011/01/02(日) 10:08:43 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

Tobyさん

八溝山へは山頂まで林道が走っており山らしくないですが、
コースを選べば楽しめますね。

福島県境では雪はさほど降りません。
雪に弱い私達にとっては格好の遊び場です。

  • 2011/01/02(日) 19:54:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/321-4827a8f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad