登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

シモンさんと茨城山探検・鷹取山

H23年1月23日、常陸太田市天下野町(旧水府村)の鷹取山を歩いてきた。
シモンさんのオープン山行「茨城の山探検」に参加したものである。

今回のコースは、三升内地区~岩尾根を経由して鷹取山(424.4m)~草木地区の反時計回りの周回。
コースは岩尾根あり藪道あり、山道があるようなないようなシモンさんならではのもの。約4時間の山散歩でした。

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【駐車場】
三升内のバス停の一角に駐車する。
1駐車場

【出発】
9時20分、岩倉鉱泉の看板を右に見て歩きだす。
2スタート

【取り付き口】
シモンさんを先頭に民家の脇を通り山道に入る。
今回のコースは私達にとって初めて歩くもの。
初めてのコースはこの期待感がたまらない。
3取り付き口

【山道】
落ち葉が積もったフカフカとした山道が里山らしい。
4山道

【山道】
歩きやすい道から次第に伐採地を歩く。
伐採木が山道を遮断するようになる。右に左に伐採木を避けながら高度を稼ぐ。
9時55分、岩棚に着く。小休止。
5山道

【展望の良い岩尾根に出る】
この岩尾根上には所々境界杭があり、薄い踏み跡がついている。
最近杭の赤ペンキを塗り直したばかりのようである。
登りつくと岩場の上に着いて一気に視界が広がり展望がよくなる。
行先方向には、大きく盛り上がった急な岩峰が立ちはだかっている
6岩尾根

【岩尾根からの展望】
写真中央付近に小さく大吊橋の頭が、その奥には鋸21峰が見える。
7岩尾根からの展望

【岩尾根から】
北側は足下が切れ落ちた岩崖で、下を覗き込むと高度感があり怖い。
向かいの岩尾根と更にその向こうに見える奥久慈男体山などの山々を見入る。
8岩尾根からの展望

【岩尾根から】
行く先の張り出した岩尾根の急崖が特徴的である。
見上げるような岩場である。
9岩尾根からの展望

【トラバース】
見上げるような岩場に近づいてみると、左に巻きながら登るよう細い道がついている。
足元が不安定なうえ草木が行く手を阻むよう煩い。
急な岩場を少しトラバースして行った先にロープが張ってある。
10岩尾根のトラバース

【岩松がびっしり】
ロープは大分古いものであったがトラバースするには有難い。
岩松があちこちに生えている。
11岩尾根のトラバース

【振り返り見る歩いてきた尾根】
12歩いてきた尾根を振り返る

【展望岩】
標高350mの展望岩の上に到着。
シモンさんは、この岩に座っての展望がお気に入りとのこと。
13展望岩

【ここからの展望も良い】
展望岩からちょっと先の岩場から。
木々が少々うるさいが展望は良い。
14展望を楽しむ

【山道】
岩峰からは樹林帯の尾根道を行く。
北斜面にはまだ雪が残っている。
15山道

【休憩】
鞍部で小休止
16休憩

【巻道へ】
道跡にはアオキやモミの木の枝が繁茂して歩きにくい所もある。
17山道

【モミの巨木】
岩倉鉱泉への分岐がある。
陽だまりに思い思いに腰をおろしてここでランチ。
18ランチ

【鷹取山頂で集合写真】
11時50分山頂着。シモンさんから頂いた写真を掲載する。
集合写真

【鷹取山頂】
以前に踏んでいるピークであるが、特徴があるものはなく記憶が薄れている。
19鷹取山

【下山路】
山頂から南へ向かう稜線上はしっかりした道が付いているが、今回の下山路は南方面への道。
尾根を外さずに歩くと右手下に、樹木の間から集落が見え隠れする。
20山道

【赤い吸殻入】
大子営林署の赤い吸殻入れがある。
使われているのかどうか分からないが奥久慈の山では良く見られる。
21山道

【山道
何と書かれているのわからない。
22山道

【岩尾根の急崖】
下山路から見る特徴ある岩尾根。
あの尾根を歩いてきたものである。
23山道

【休憩】
野鳥のエサ台に似たものがある位置で小休止。
24休憩

【里に出る】
12時45分、草木地区に出る。
ここからはのどかな里の車道を歩く。
25里に出る

【車道を歩く】
日陰には雪も残っている所もある。
13時20分、駐車場着。
26車道

コースは隠れ山道、里山を熟知したシモンさんならではのものでした。
私達の好みのコース、記憶が薄れないうちに歩き返してみようと思ってます。
シモンさん、参加者の皆さん楽しい一日をありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

岩尾根とトラバース

竜神ダムの南側に位置するんですね。
疎いんで地図を見ながら読んでました。
いい感じの所ですね。その割にあまり人の入ってないような。。

岩尾根とトラバース、今の自分にとっては少々遠慮したいです(笑

  • 2011/01/24(月) 23:18:04 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

すばらしい岩尾根!

う~ん、今回はまた通好みの実に味のあるルートですね。
これがまたウチから近い!
折を見て、のんびりチャレンジしたいです。

  • 2011/01/24(月) 23:46:53 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

このコースの岩尾根、良いところですね。
展望良く感じが良い所です。
再度、歩いてみようと思ってます。
身体、如何ですか。
再開を心待ちしてます。

  • 2011/01/25(火) 11:06:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

この岩尾根が良いですよね。
良い所を案内して頂きました。
また、歩いてみようと思ってます。
機会があればご一緒したいですね。

  • 2011/01/25(火) 11:13:36 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

渋い

う~ん渋いですね。
徒然草子さんのおっしゃるように味がありますね。岩尾根に藪こぎに、展望もあるし、ぎゅぎゅっと楽しみが凝縮されている感じ。しかも天気がいいし最高ですよね。

  • 2011/01/25(火) 22:27:07 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

Tobyさん

里山らしからぬ良い雰囲気があるルートですね。
さっそく、今日歩き返してみました。
展望を楽しみながらじっくりと、やはり良いルートでした。
毎年歩くことになるでしょう。

  • 2011/01/26(水) 16:21:41 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、こんにちは。
yamasanpoさんの記事は精緻なので、読めば地形図上でルートを再現できてしまいます。さすがです。
で、きょうはこのコースを逆回り(時計回り)で歩いてみました。

岩尾根を降りるのはビビリました。半分まで降りたら斜面に縄ばしごが見えました。
岩尾根を登り返して縄ばしごを降りたら、縄ばしごは途中で終わっていました。
縄ばしごを登り返して斜面を降りたら、記事のロープに行き着きました。

奥久慈の山で縄ばしご、なかなかのコースでした。
後日、記事にいたします。ありがとうございました。

  • 2013/02/16(土) 18:01:55 |
  • URL |
  • 単身赴任 #-
  • [ 編集 ]

単身赴任さん

コメントありがとうございます。
レポ参考になったのであれば幸いです。
できるだけルートのポイントを記事にと心がけています。
このルートの岩尾根、低山ながら良いものですね。
単身赴任さんのレポは、どこから見られますか?
差支えないものであれば教えて下さい。

  • 2013/02/16(土) 20:37:57 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

記事書きました

記事にしました。
http://hitachinaka.seesaa.net/article/323212900.html

単独が好きなので、今後もyamasanpoさんの記事を参考に歩かせていただきまーす。

単身赴任さん

ありがとうございました。
レポ、読みました。
自分も単身赴任さんのレポ、参考とさせて貰ってます。
情報交換できれば幸いです。

  • 2013/02/17(日) 19:16:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/328-a719c20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad