登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

3000m峰からの展望・北アルプス穂高岳(その1)

H19年10月5日~7日にかけて上高地~涸沢~北穂高岳(3106m)~涸沢岳(3110m)~奥穂高岳(3190m)~前穂高岳(3090m)~岳沢~上高地と反時計回りに歩いてきました。3000m峰4座からの展望は素晴しく最高です。
H19年10月5日(1日目)のコースは、沢渡~上高地~横尾~涸沢ヒュッテ(泊)。

沢渡駐車場 上高地バス停 上高地を出発
自宅を1:30発、沢渡(さわんど)6:40着、327Km。松本付近では大雨となり心配しましたが沢渡に着くと雨もあがり厚い雲の間から晴れ間も見える天気となった。身支度をしタクシー(相乗り)で上高地へ7:30着。上高地は天気が悪かったせいか閑散としている。気合を入れ上高地を7:40発

河童橋 明神館 明神岳
上高地を代表する全ての美しさと雄大さを一点に凝縮した河童橋。奥穂、前穂、明神岳が迫る絶好の展望台ですがガスがかかり見ることができない。明神館でトイレを済ませ次の徳沢まで平坦な道を進む。

古池 徳沢園 横尾大橋 
古池を過ぎ、井上靖の「氷壁の宿」として一躍有名になった徳沢園を覗き見し横尾へと向かう。横尾からは槍ヶ岳、蝶ガ岳への道が分かれ写真の横尾大橋を渡り涸沢へと向かう。ここからが本格的な登山道となる。

屏風岩 本谷橋 涸沢ヒュッテ付近 
樹林帯を抜けると屏風岩の大岩壁がせまる。さらに進むと北穂高岳のピラミダルな岩峰が現れ本谷橋に出る。休憩ポイントである。本谷橋からはきつい登りが始まる。ガレ場を過ぎると奥穂高岳や涸沢岳の展望が開け涸沢カールに近づいたなあと実感する。

涸沢ヒュッテからの紅葉 テント村 涸沢ヒュッテ
涸沢カールを取り巻く穂高連峰の岩峰郡、カラフルなテントがパノラマ風になってため息がでるほど美しい。左から前穂、奥穂、涸沢岳、鋭い三角錐の涸沢槍、北穂、中央にザイテングラード。見飽きることがない景観である。
13:40涸沢ヒュッテ着、上高地から6時間の山散歩でした。

沢ヒュッテテラス 夕食
涸沢ヒュッテの夕食メニュー。
 
スポンサーサイト

コメント

山小屋のご飯、結構質素なんだね。。野菜も少ない。
食べてもすぐお腹すいちゃいそうじゃない?
どこもこんなものなのかな?
また、他のとこに泊まったらご飯の写真UPしてね!

  • 2007/10/11(木) 17:05:53 |
  • URL |
  • 娘 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/36-5d0c56de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad