登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

日の出平のミネザクラと御沢源流の滝探検

H23年6月4日、那須・日の出平から御沢源流を歩いてきました。

今回のアドベンチャーツアーの企画、案内は隊長ネビルさん
副隊長リンゴさんやまとそばさんtrekker-kさん、私達二人の6人です。

今回のルートは、沼原駐車場ーJAふれあいの森ー日の出平ー姥ヶ平ー白湯山ー両部の滝ー沼原の周回。
姥が平から白湯山、両部の滝へは沢の中あるいは背丈ほどの密籔の中を歩くものであり、この付近を知り尽くした人のみが歩くルートです。
5時間40分の山散歩でした。

これまでの日の出平のミネザクラのレポは以下から。
H22年6月2日 
H21年6月2日 

            山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【沼原駐車場】
自宅3時30分発、駐車場5時40分着。一般道120Km。
6時集合であったがすでにメンバーは到着している。
1沼原駐車場

【JAふれあいの森へ向かう】
白笹山への登山道から分岐しJAふれあいの森への道へ行く。
道標にはJAふれあいの森について何も記されていない。
2古道

【JAふれあいの森】
分岐からわずかでJAふれあいの森へ。背後には白笹山。
広々とした草原、この地には四季折々の花がたくさん咲きそうである。
3JAふれあいの森

【三倉山方面の展望】
JAふれあいの森からは三倉山方面の展望が良い。
4JAふれあいの森から三倉山方面

【笹藪に突入】
JAふれあいの森から先へはヤブ化しており山道はない。
この笹藪へ入る人はまずいないでしょう。熊も避けるほどの笹藪です。
さすが隊長、躊躇することなく笹藪に入って行く。
5笹藪

【藪こぎ】
背丈ほどの笹藪、少し離れるとメンバーの頭しか見えない。
6笹藪

【登山道に出る】
数百mの藪こぎ、姥が平方面への登山道に出る。
7山道に出る

【シャクナゲ園地】
日の出平への登山道でシャクナゲを見る。
斜面の下までシャクナゲが続く。
新緑の中にシャクナゲが鮮やかである。
9シャクナゲ
10シャクナゲ
11シャクナゲ
12シャクナゲ

【ムラサキヤシオも】
ムラサキヤシオもシロヤシオも見られるが、まだ蕾。
蕾も少なくこの地の花付きは悪いように思える。
15ムラサキヤシオ

【ミネザクラ】
標高の低い所では花が散り始めていて心配したが、登るにつれ鮮やかな花をみせる。
16ミネザクラと茶臼岳

【集合写真】
日の出平で集合写真を撮る。
17集合写真

【日の出平のミネザクラ】
今年のミネザクラは見方により異論はあるだろうが、花付きはもう一つかなあ~。
ここ数日の寒さと強風に影響されているのかも・・。
でも、可愛い花であることに変わりはない。見られて良かった。
19ミネザクラ
20ミネザクラ
21ミネザクラ
23ミネザクラ

【牛が首から姥が平へ降る】
2011_0604_082149-DSC_0080.jpg

【姥が平から茶臼岳を見る】
26姥が平から

【登山道分岐】
ここからアドベンチャーツアーの核心部へ。
27分岐

【沢道へ】
藪の中の沢を降る。
この付近は熊の生息域。
隊長の降り足は速い。少し遅れると藪で姿が見えなくなる。
28沢へ
29沢へ

【白湯山】
藪を抜けると赤茶けた岩肌の白湯山へ降り立つ。
白湯山は江戸時代から昭和初期に至る長い間、山岳宗教の霊場として多くの参詣者があり、山道があったとのことであるが、今は廃道となりヤブ化し道はないことから訪れる人もなく秘境の佇まいである。
岩の表面は人肌の暖かい温泉が流れており、現在もこの温泉を別荘地へ引いて使用されているとのこと。
         30白湯山

【温泉の湧出源へ】
温泉の流れる岩を横切り温泉の湧出源に向かう。
31白湯山

【温泉の湧出源】
源泉部

【祠】
温泉の湧出源に建つ祠。
32白湯山

【白湯山を降る】
33白湯山を降る

【沢の中へ】
白湯山
34白湯山を降る

【御沢】
下から見上げると絵になる沢であった。
         35白湯山を降る

【御沢を渡渉】
結構な水量がある。沢靴に履き替えて降るやまとそばさん。
         36白湯山を降る

【両部ヶ滝へ】
沢を離れて山道に入り、そしてまた沢に降り立つ。
徐々に聞こえる水の音に期待が膨らみ、藪を抜け沢に降り立つと滝が姿を現す。
         2011_0604_095747-DSC_0147.jpg


【両部ヶ滝の全景】
降り立った地点からは、滝が左右から沢が合流しさまに両門。
左の滝(雄滝)は典型的直瀑で、荒々しい岩肌が特徴的。
右の滝(雌滝)は滝そのものに温泉が混じっており左の滝とは対照的にごろごろした岩場を流れ落ちる優雅な感じがする分岐瀑である。
37両部ヶ滝

【雄滝】
         38左滝

【雌滝】
雌滝は温泉成分(鉄分)を含んでいる為に岩肌が赤く、新緑と相俟って美しい滝である。
         2011_0604_100328-DSC_0153.jpg
         39右滝

【沼原へ】
両部ガ滝から山道へ戻り沼原駐車場へ戻る。
2011_0604_105133-DSC_0163.jpg

良いルートを案内して頂きました。
那須での新たな楽しみが、また増えました。
紅葉の時季も良いだろうなあと思ってます。
ネビルさん、リンゴさん、やまとそばさん、trekker-kさんありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした。
ミネザクラとシャクナゲ、幻滝。天候も、メンバーも良かったですねえ。

両部ガ滝、昨年ネビルさんの案内で逆コースで回りました。
初めて見て、驚きでした。
地元で知らないところも多くて、参考にさせてもらってます。

  • 2011/06/06(月) 21:53:19 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

滝三昧

滝だらけですね。こんな場所あるんだぁo(^-^)o
夏山の雰囲気の中で涼しげで気持ちよさそう。
飛沫を浴びに行きた~い。
マイナスイオン、ドバドバでしょうね。

ぼくらもようやく今シーズンの雪山に踏ん切りつけました。
次回からは本格的に夏山に切り替えようかと思っています。
花の飯豊でお会いしたいですね♪

  • 2011/06/06(月) 23:06:15 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

那須

草原に・・・花に・・・藪に・・・滝に、変化に富んだ楽しい山行でしたね。暑い一日だっただけに、いただいたお新香や果物の爽やかさが身に染みました。どうもありがとうございました。またご一緒できる日を楽しみにしております。

  • 2011/06/06(月) 23:11:42 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集 ]

楽しみ~

山を歩いて楽しみ~
後で写真を見ながらブログに書いて楽しみ~
皆様のレポを見ながら、またまた楽しんでいます。
本当~最高でした。

  • 2011/06/06(月) 23:33:10 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集 ]

滝、山、花ざんまい

yamasanpoさん お早うございます。
那須の素敵な滝、山、花素敵ですね。
ちょっと上級者向けのコースですね。
案内人がいないと行けそうもありませんね。
4日私たちは、筑波山のV字谷コースであたふたしてました。

  • 2011/06/07(火) 06:24:30 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

こんにちは、yamasanpoさん。
これまたすんごいところへ行ってきましたね(^^)
話には聞いたことありますが未踏の地です。
同行の皆さんたちも楽しい方たちのようですね~♪
偶然なのか、皆さん方のブログもよく拝見してました(^_^;)

一般道120キロというともしかしてお住まいも近いのかもしれません。
それに一般道・・・何かこだわりがあるんですか?
私は1000円高速がなくなることを心配していますヨ。
唯一、恩恵を受けていた事のような気がして・・・(笑)

  • 2011/06/07(火) 11:21:19 |
  • URL |
  • でん #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

良い所を案内していただきました。
白湯山、両部ガ滝素晴らしいです。
紅葉の時季も良さそう。
那須で楽しみが一つ増えました。

  • 2011/06/07(火) 15:44:19 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

那須にもこんな良い所があるんですね。
案内して頂き良かったです。

東北でも夏山突入ですか。
東北の花名山に行きたですね。
花の飯豊でも良いですね。
お会いできるとイイデすね。

  • 2011/06/07(火) 15:50:12 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

trekker-kさん

楽しい山行でしたね.
このような所は案内して頂かないと歩けないですからね。
貴重な体験でした。
また次の機会にご一緒してください。

  • 2011/06/07(火) 15:54:24 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

やまとそばさん

カミさんと二人での山行が主体ですが、今回のように趣味を同じくする山仲間との山行もまた良いですね。
またご一緒したいですね。
楽しみにしてます。

  • 2011/06/07(火) 16:00:26 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

このコースは知り尽くした人と一緒でないと歩けないですね。
貴重な体験でした。
筑波山のV字谷コースを歩かれましたか。
花もあったでしょうが、今の時季では適期を外してるような気がします。
どうでしたか?

  • 2011/06/07(火) 16:06:40 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

素晴らしく楽しいコースでした。
また行きたくなってきました。
同行の皆さんは山ベテランのブロガー有名人です。
こんなチャンスはないとご一緒させてもらいました。

一般道120キロ、こだわりはありません。
ただお金が無いだけですよ。
以前から那須、日光、尾瀬周辺は一般道のみです。
1000円高速なくなりますね。これは痛いですね。
フットワークが狭まってきますよね。

  • 2011/06/07(火) 16:16:07 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

6/4に「日の出平のミネザクラと御沢源流の滝探検」の予告編が出て、
1時間半後に本アップされるまでの僅かな時間に、
お気に入りに登録されている“やまとそばの山日記”を覗きました。
そこでyamasanpoさんが同行していることを知りビックリ!
それから本編を覗いたので全て納得しましたが、yamasanpoさんの
人柄のよさによる広い交友関係には「流石!」と感心しました。
それはそうと、直前の女峰山といい直後の前掛山といいタフだね~!

  • 2011/06/08(水) 09:32:34 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

このメンバーはいずれもブロがーとして名が通っている人達です。
無理言って寄せてもらいました。
健脚者揃いでついて行くのが精いっぱいです。
前掛山はデイダラボッチ さんに情報を頂きながらノビノビとなってしまいました。
残雪期山行の下見とも思って歩いてきました。
なるほど良い山でした。

  • 2011/06/08(水) 22:41:47 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
ミネザクラの様子を確認しようと思ってたんですが
その前に咲き終わりそうで行って来ました。
お花見だけでしたが目的のお花は見られ、まだミネザクラも咲いていたので良かったです。

コメントが入りづらかったようでご迷惑おかけしました。

  • 2011/06/09(木) 22:14:32 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

otome さん

otome さんの写真、素晴らしいですね。
見入ってしまいました。
それに比べ自分の写真はお粗末です。
工夫しないと・・・。

コメント失礼しました。
エラーになってしまい、リトライしたもので・・。

  • 2011/06/10(金) 16:27:24 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/369-f862148a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad