登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州の名山・高社山

H19年10月12日 高井富士とも呼ばれている高社山(こうしゃさん1352m)を歩いてきました。後で調べた結果高社山は信州百名山の一座であった。
長野県湯田中温泉郷の近くに位置する高社山は、低山とはいえ独立峰のため360度の展望があり意外にも岩場が多く山岳信仰の対象であったことは、コース上の菩薩像や修験の岩からよく読みとれる。歴史と地元民の愛着、そこへ美しさが加わった里山でした。
今回のコースは、よませスキー場の第5リフト乗り場前からゲレンデを直登し山頂を往復するコースです

高社山への登り リフト最上部からの山道 高社山への登り鳥居
最初は第5リフト、次に最上部まで延びている第3リフト沿いに登って行く。草地や裸地の中を適当に登り易い所を選んで歩いていけば良いが、第3リフト沿いでは上部はかなりの急傾斜になるので、ジグザグに登って行く。

高社山山頂 降り1 降り2
第3リフト終点からの登山口 登り易い所を選んで行くと、第3リフト終点台地の一番右手辺りに着いた。リフトを前方に見て、台地の真ん中の右から高社山への登山道が延びている。山頂には石造りの小社や、木組みの展望台、方位盤がある。高社山には何本か登山道があるとみえ、その切り開きが山頂部から四方に延びていた。降りのゲレンデから見る焼額山方面を見る。

アザミ マツムシソウ ワレモコウ
ゲレンデで見たアザミ、マツムシソウ、ワレモコウ。

道路から見る高社山.
湯田中市内から見る高社山。
今日は草津白根山と芳ガ平の紅葉を楽しむ予定であったが、草津付近はガスと霧雨で視界不良で散策をあきらめ湯田中へ向かう。道の駅で地元の方から高社山を教えて頂き歩いてきた。登り70分、降り50分の山散歩でした。

奥滋賀高原の池. 奥滋賀高原の紅葉1 奥滋賀高原の紅葉2
湯田中へ向かう途中の志賀高原での紅葉を楽しむ。紅葉真っ盛りであった。明日の妙高山へ登るため妙高高原ICから燕温泉に向かい駐車場にて車中泊。

スポンサーサイト

コメント

高社山。初めて聞く山なのでコウシャサンなのかタカヤシロヤマなのか分かりませんが、信仰に根ざし、地元に密着した里山はいいものですね。その好さが伝わってくるブログです。
次なる妙高山のアップも楽しみにしています。

  • 2007/10/16(火) 09:39:07 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/37-2dfab946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。