登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根(その1)

H23年7月2日~3日、飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根を歩いてきました。
飯豊連峰は好きな山の一つである。
懐は深いし、どの登山道も急登である。
しかし稜線に出るとアルプスにはない東北の山の特徴でもあるなだらかで雄大な草原上の山並みを見せてくれる。

今か今かと待ち続けて2週間、何とか晴れ間が期待できそうと出かけてきた。
石転び沢については、ディダラボッチさんから詳細な情報を頂き気を強くし行くことができた。

今回のコースは、
7月2日:天狗平~温身平~石転ビ沢雪渓~梅花皮小屋(泊)~梅花皮岳(往復)
約9時間の山散歩
7月3日:梅花皮小屋~北股岳~門内岳~梶川峰~梶川尾根登山口~天狗平 
約5時間半の山散歩

飯豊山レポは以下から。
H22年8月1日~2日 (川入りから往復)
H19年8月1日~2日 (川入りから往復)

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

飯豊温泉天狗平へ向かう途中から見た飯豊連峰。
1飯豊連山

【天狗平駐車場】
自宅3時00分発、駐車場7時05分着。自宅~水戸IC~福島飯坂IC~R13,R113~飯豊温泉天狗平314Km。
ちょっと飛ばし過ぎかな~。予定より1時間早く着いた。
ナビ設定:飯豊梅花皮荘TEL: 0238-64-2111(飯豊温泉天狗平数キロ手前)
2駐車場

【飯豊山荘】
天狗平駐車場の手前にあり様子を見てくる。
飯豊山荘の道を挟んで反対側に丸森尾根の登山口がある。
7時30分天狗平発。
2011_0702_073706-DSC_0003.jpg

【ルートマップ】
車止のある付近にたつ掲示板。
         3コースマップ

【取り付き口】
駐車場のすぐ上にある車止。
温身平方面、梶川尾根登山口への取り付き口である。
4林道入口

【梶川尾根登山口】
取り付き口を過ぎてすぐに梶川尾根登山口。今回の下山口です。
5梶川尾根登山口

【林道】
巨木が多く気持ちよい林道を行く。
小鳥のさえずりを聞きながら、朝のウオーミングアップといったところ。
6林道

【温身平(ぬくみだいら)】
林道を歩くこと約25分、撮影スポットの定番「温身平」。
この道標の裏手から山道が続いていて河原沿いに行く。
7温身平
8温身平

【砂防ダム】
温身平の道標から約10分、ダムに着く。水量豊富であり轟々と流れている。
ここから石転び雪渓まで3.5Kmの表示あり。
9砂防ダム

【堰堤右側の階段を登る】
10砂防ダム

【梅花皮沢(かいらぎさわ)】
砂防ダムを越えて梅花皮沢の左岸を歩く。
上高地の梓川に似た光景で気持ち良い。
11河原

【山道】
新緑が美しい山道を行く。
12山道

【沢沿いに出る】
沢沿いに出ると飯豊連峰を前方に眺めることができ、花も見られる。
13山道から
         14山道から
15山道から

【サンカヨウ】
16花

【キクザキイチゲ】
17花

【アマドコロ】
18花

【雪渓】
梅花皮沢の下流部の雪渓はズタズタ。
もっと早い時期であれば雪渓の上を歩けたものの・・。
山道を高巻しながら先に進む。早く雪の上にのりたいな~。
         2011_0702_094814-DSC_0035.jpg
19雪渓

【梶川出合】
この川を渡渉するのにてこずる。
水量は多く超える場所を選びに上流へ下流へと探し回るが適当な場所がない。
しかたなく靴を脱ぎ、石伝いに飛び跳ねるがカミさんはバランスを崩す。
川ポチャとなりズボンを濡らし、しばし休息する。
写真の3人組の方達は、石転び沢の手前で引き返えされたとのこと。
20雪渓

【この先も高巻が続く】
雪渓はへたり、大きな口を空けている。雪渓の口から下を覗きこむと5~6mもあり、残雪の下を轟々と音を立てている激流が見えたりする。これでは雪渓の上を歩けない。
雪渓に出入りの繰り返し、その都度、沢を高巻する。これには時間も体力も費やした。
21雪渓

ここへ降り立つも無理。
22雪渓

ここも無理。黒く見えるのは雪渓の開口部です。
23雪渓

【石転び沢(いしころびさわ)出合直下】
9時40分、石転び沢出合直下でようやく雪渓に出る。ちょっと時間がかかり過ぎだなあ。
兎にも角にも石転び沢出合直下に出られたことで全て良し。
雪渓の上に乗ると冷気が吹き抜け半袖では寒いくらい。今までの蒸し暑さは何だったのか。
正面に見えるは門内沢、ここからは山の影となり石転び沢は見ることができない。
24雪渓出合

石転び沢を歩くには時期が遅すぎた。
雪渓はへたってきているだろうと思っていたがこれ程とは・・。
適期は6月初めまでか。

飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根(その2)へ続く。

スポンサーサイト

コメント

私にとっても飯豊山は遠い存在、そして憧れの山でもあります。
いつかあの稜線を歩いてみたいと思っています。

続きのレポも楽しみにしています。

  • 2011/07/04(月) 20:24:03 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

さしもの巨大雪渓も随分融けてしまったようですね。
私が登った時も1週間で1mから1.5mも融けていて(全く姿のなかった岩や薮がそれほどまで見えるようになっていた)ビックリ!でした。
でも雪渓に乗ってしまえばコッチのもの、じゃなかった、
yamasanpoさんたちのもの。
続きを楽しみにしています。

  • 2011/07/04(月) 20:29:49 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

 大きな山ですね,飯豊山は雄大。2泊3日くらいかけてじっくり歩きたいところと思っています。
 続き楽しみです。
 

  • 2011/07/04(月) 20:43:13 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

飯豊山雄大なお山ですね!

yamasanpoさん 今年計画していた飯豊山天気も良さそうで良かったですね。
周りの山の景色素敵ですね。
雪渓歩きは、アイゼンで歩いたのでしょうか?
続きのレポート楽しみにしています。

  • 2011/07/05(火) 05:44:10 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

リンゴ さん

飯豊山、取りつかれたら病み付きになりますよ。
山良し花良し紅葉良し・・切がありません。
そして雄大な山塊、どこを歩いても良いですね。
機会をみつけ訪れてみて下さい。

  • 2011/07/05(火) 08:37:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

デイダラボッチ さん、情報ありがとうございました。
ちょっと時季が遅かいと思っていて、雪渓歩きが無理であったら尾根歩きに変更しようと思ってました。
高巻道は足元が悪いところもありヒアヒアものでしたが、何とか雪渓に乗り一安心。
乗ってしまえばこっちのものでした(笑)。
それにしても歩きがいのあるコースですね。

  • 2011/07/05(火) 08:46:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

えこ さん

飯豊、とてつもなく大きな山ですね。
縦走も良いですよね。
私達はマイカー登山なので縦走は無理。
えこさんの体力、気力であればどの登山道からでも十分ですね。
じっくりと飯豊を楽しんでください。

  • 2011/07/05(火) 08:54:21 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也さん

梅雨の時季としては天気に恵まれましたね。
雪渓上を歩くのでガスに巻かれると方向を見失うことを心配していましたが、天気が持ってくれて良かったです。
飯豊は花も景観も素晴らしいもので飽きさせません。
この雪渓は、急斜面でありアイゼンは必須です。

  • 2011/07/05(火) 09:23:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんにちは、yamasanpoさん。
待った甲斐あって天気にも恵まれて良かったですね!
木々の緑も若く、とっても気持ちよさそう(^^)
雪渓歩きは経験ないので羨ましいですヨ。
カミサンと「今年は針ノ木どうする?」と先日話してたばかりなんですが
今年の夏は娘の部活の手伝いが多そうでどうなることやら・・・。
続きが早く読みたいです。楽しみにしていますヨ~(^^)

  • 2011/07/05(火) 15:56:41 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

でん さん

石転び雪渓は急斜面、緊張のしっぱなしです。
でも達成感たっぷりです。
針ノ木雪渓も良いですよね。
できれば私達もと思ってます。
この暑さの中、雪渓歩きは魅力ですね。

  • 2011/07/05(火) 20:11:01 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

石転び沢は、私も歩きたいとは思っているのですが、安定していないと聞きます。針ノ木雪渓ぐらい安定するなら、安心して行くのですが・・・。

  • 2011/07/08(金) 20:37:49 |
  • URL |
  • NYAA #eYj5zAx6
  • [ 編集 ]

NYAAさん

石転び沢の適期は5月~6月ですね。
7月になると雪が融け危ない所がでてきます。
雪の下5~6mに水がゴウゴウと流れてますので怖いですね。
こういう所ですから誰にでもお薦めすることはできません。

  • 2011/07/10(日) 10:34:23 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/377-55fa308a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad