登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根(その3)

飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根(その2)の続き。

7月3日:梅花皮小屋~北股岳~門内岳~梶川峰~梶川尾根登山口~天狗平

朝、起きてみると霧で視界なし。
今日は梶川尾根の下りのみ、小屋をゆっくり出ようとまた横になる。
他の宿泊者はいそいそと出発準備。ガサ・ゴソとせわしい。
朝食をすませコーヒーを沸し、皆さんが出払った後に梅花皮小屋を出発する(6時20分)。
カメラはザックの中へ。

【北股岳の山頂(2024.9m)】
6時40分、北股岳山頂。
50北股岳山頂

【山頂の鳥居】
51北股岳山頂

門内岳への尾根上で見られた花。
【ハクサンチドリ】
52花

【ヒナウスユキソウ】
53花

【ニッコウキスゲ】
尾根のニッコウキスゲはまだ蕾。
54花

【門内岳(1887m)】
7時40分、門内岳山頂。相変わらず霧の中。
55門内岳山頂

【門内小屋】
山頂直下の門内小屋。管理人はいなかった。
小屋の内部、広さ、トイレ、水場などを比べると梅花皮小屋をお奨めする。
56門内小屋

【ヒメサユリ】
尾根上にヒメサユリはたくさんあるがまだ蕾。
57ヒメサユリ

【北股岳~門内岳を振り返り見る】
ここまで来ると急にガスがとれ展望が開ける。
左に北股岳、右に門内岳。
58門内岳

【扇ノ地紙を正面に】
梶川尾根が右に緩やかに下っている。
59分岐の尾根

【扇ノ地紙(1889m)】
8時15分、梶川尾根の分岐。
60梶川尾根分岐

梶川尾根にも花が多い。
【ミツバノバイカオウレン】
61花

【シラネアオイ】
62花

【アオノツガザクラ】
63花

【梶川尾根を下る】
ガスがとれ展望が開けた。
64梶川尾根

【ハクサンイチゲ】
咲残りのもの。ハクサンイチゲはすでに終わっている。
65花

【ヨツバシオガマ】
今が盛りと咲いている。
66花

【イワイチョウ】
         67花

【チングルマ】
この花もすでに終わっている。
68花

【飯豊の尾根を背に】
梶川峰付近は平坦、眺望抜群の休憩ポイント。
梅花皮岳、烏帽子岳、そして奥に飯豊山
69尾根を背に

【梶川峰を目指して】
ガスがとれ展望が良くなった。
70尾根

【遥か彼方に杁差岳】
次の機会には杁差岳までを。
71池糖

【ヒメサユリ】
この付近はヒメサユリロード
72ヒメサユリ
【ここにも】
73ヒメサユリ

【ニッコウキスゲ】
わずかではあるがニッコウキスゲも咲きはじめている。
74ニッコウキスゲ

【梶川峰(1692m)】
歩いてきた尾根を振り返り見る。
ここからは激下り。山道は荒れている。
75梶川峰

【シラネアオイ】
76シラネアオイ

【石転び沢の展望台】
飯豊の尾根を眺める。
展望台から一瞬ではあるがガスがとれ石転び沢を見ることができた。
写真中央右に梅花皮岳、その右に石転び沢。
77稜線
【石転び沢のアップ】
この急斜面の雪渓をよく登れたものである。
78石転び沢

【ノウゴウイチゴ】
79花

【滝見場】
10時20分、ここで小休止。
85滝見場

【タムシバ】
一面真っ白で綺麗であった。
80タムシバ

【湯沢峰】
10時50分、湯沢峰着。
86湯川峰

【ヤマツツジ】
まだヤマツツジが見られた。
81ヤマツツジ

【ブナの巨木】
巨木が多い尾根で気持ち良いが、足に疲れがでてきた。
         82ぶな林

【飯豊山荘】
眼下には、飯豊山荘が見えると下山口は近い。
83飯豊山荘

【下山口】
11時50分、無事に下山しました。
84下山口


石転び沢雪渓を歩くには時期が遅すぎた。
それでも期待通りの雪渓で満足するコースであった。
次の機会には雪渓が安定している5月~6月にハクサンイチゲとセットも良いかな。

スポンサーサイト

コメント

逆周りですね!

それが正解だと思います。
登りで涼しい方が絶対にいいですよね。

去年のことを思い出しながら、楽しく拝見しました。
確かに、梶川尾根から見る石転び沢はとてつもなく恐ろしげな斜面に見えますが、それを難なく登るyamasanpoさんはもっと恐ろしいです。

やっぱり花の数は半端ナイですね、なかでもピンクで可憐なヒメサユリは大好きです。
また行きたいな~!

  • 2011/07/05(火) 21:16:38 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

徒然草子さんのレポを参考とさせてもらいました。
石転び沢、期待通りのものでした。
花も多くさすが飯豊です。
ヒメサユリ、思わぬご褒美でした。
来年も飯豊、行きたいですね。

  • 2011/07/05(火) 21:27:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

なんて素敵な景色なんでしょう

yamasanpoさん なんて素敵な山なんでしょう。
レポート見てると行って見たくなりますね。
でも私たちには無理かな?
山の景色も、シラネアオイやヒメサユリ見てみたい。

  • 2011/07/05(火) 21:48:24 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

こんばんは。
レポをドキドキしながら見せていただきました。
ズボンを濡らしたりのハプニングもあったりでしたか。
お花は見たいお花がたくさんありました。
素晴らしいですね~楽しませていただきました。

  • 2011/07/05(火) 22:02:44 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

飯豊はでっかい山。
楽しみもたっぷりです。
花もたくさんありますね。
高山で見る花はすがすがしく素晴らしいものでした。

  • 2011/07/05(火) 22:23:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

平坦な尾根

尾根に乗ってしまえば天国のようななだらかな山歩きで、是非もう1度行こうと思っていました。雪渓は涼しくて1番楽だと思っていましたが、yamasanpoさん のレポを拝見してとんでもない間違いに気付きました。昨年風邪ひいて中止したのはラッキーだったようです。
でも梶川尾根も相当きつそうですね。

  • 2011/07/05(火) 22:23:47 |
  • URL |
  • ネビル #-
  • [ 編集 ]

恐れ入りました

素晴らしいコースですね!
雪渓の高度感がたまりません。
雪解け直後のせいか、花も多いですね。勉強になります。
奥様の「カイラギ、烏帽子に行きましょう」は、凄すぎます。恐れいりました。
エブリサシの下りで、アブの大群に襲われた事があります(8月中旬)。そちら方面にお出かけの際は、虫除けを持参する事をお勧めしておきます。

  • 2011/07/05(火) 22:31:09 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

otome さん

飯豊、素晴らしい山でした。
ハプニングも今となっては記憶に残る思い出です。
花もたくさんありました。
otomeさんであればもっと多くの花を見られたことでしょう。
また飯豊に遊びにいくことでしょう。

  • 2011/07/05(火) 22:32:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ネビル さん

雪渓上は別天地です。
ネビルさん、大丈夫ですよ。歩いてみて下さい。
期待通りの山ですから。
尾根にあがればまさに天国です。
花もたくさんありますし。
梶川尾根はきついですね。飯豊の登山道はどこもきついですが。
ぜひ歩いてみて下さい。

  • 2011/07/05(火) 22:47:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

エブリサシ、行きたいですね。
次の機会にはここで決りです。
虫除けを持参、ありがとうございます。
忘れずにチェックしておきます。

ここの雪渓は急斜面です。
雪が締まっている時季にお薦めします。

  • 2011/07/05(火) 22:52:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

石転ビ沢雪渓を登るにはちょっと遅すぎたかも知れないけど、
その分、花の種類が豊富になり彩りを添えられた尾根は輝きを
増したみたい。
「お疲れさま」と「よかったね」を一緒に送ります。

  • 2011/07/05(火) 23:03:49 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

やっぱ飯豊はいいでぇ!

やっぱり飯豊はいいですよねぇ(^0^)
でっかい稜線の気持ちよさったらないです。長~~い急登も歩き応えがあるし。石転び沢はちょっとおっかないですけど、来シーズンは滑ってみたいとも思っているので練習しておかないと、なんて思っちゃっています。
ん~また行きたくなってきたぁ!

  • 2011/07/06(水) 00:12:24 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

スゴイデス

いやぁ~、色々コメントしたいのですが言葉が見つかりませんよ(^^;)
「凄い!」の一言で見入ってしまいました。
飯豊山なんて遠い気がして考えたこともなかったのですが北アへ行くのと
たいして変わりはないのですね。
今後の参考にして私たちもいつかは行けたらいいなと思います。
わかりやすいレポをありがとうございました。

  • 2011/07/06(水) 00:12:54 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

ありがとうございます。
雪渓と花の尾根を充分に楽しみました。
今回は雪渓の下見を兼ねていたのでこれで目的を達成できました。
次の機会にはベストタイミングでと思ってます。

  • 2011/07/06(水) 08:43:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

ええ~、ここから滑り降りるんですか。
ここは滑降コースですよ。
ハニーさんも一緒に・・。
私達には考えられません。
飯豊、来年も外せませんね。

  • 2011/07/06(水) 08:49:53 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

飯豊、良い山です。
距離的には茨城からでも北アと変わりませんね。
東北の方が道路の混雑がなく走りやすいです。
機会をみつけ訪れてみて下さい。
期待通りの山ですから。

  • 2011/07/06(水) 08:55:51 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

飯豊

素晴らしい写真の数々、堪能させていただきました。私が飯豊連峰を縦走したのは、遥か昔キスリングを背負っての夏合宿でした。厳しい登りと、稜線上の天国のような風景は強く印象に残っています。

  • 2011/07/06(水) 21:48:35 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集 ]

石転び

素晴らしいです。
飯豊は過去4回行ってますが、いずれも尾根の縦走。
出来れば石転びを登って、ダイグラ尾根を下る・・・これが私の夢です。
素晴らしい!!!

  • 2011/07/06(水) 23:05:19 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集 ]

trekker-kさん

飯豊は大きい山ですね。
どの登山道も険しいが尾根に上がれば快適です。
花も多く最高。
また来年も歩くことになるでしょう。楽しみです。

  • 2011/07/07(木) 09:29:42 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

やまとそばさん

飯豊、素晴らしいですね。
何回歩いても飽きません。
石転びを~ダイグラ尾根ですか。
凄い組み合わせですね。
私達には無理かも。
ぜひ歩いてみて下さい。

  • 2011/07/07(木) 09:34:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

飯豊山

遅れたコメですいません。
行かれましたねえ、いいですねえ。
遠望すると結構な勾配の石コロビ沢、見た目相当怖いですね。
山も大きく、花も豊富。
御沢から三国岳、本山、御西、門内で飯豊鉱泉に抜けたのは遙か大昔。行ってみたくなりました。

  • 2011/07/07(木) 23:42:29 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

飯豊、大きいですね。
石転び沢は急斜面です。
その分達成感もありますね。
病みつきになりそうです。
来年はエブリ差岳をと思ってます。

  • 2011/07/08(金) 19:06:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

飯豊、私は7/4から入りました。
荒天と体力のなさを自覚して結局大尾根は
降りませんでした。

石転び、いつかは登ってみたいと思いましたが
梶川尾根からみたらとても登れる気がしませんでしたよ~。笑

そうそう、デイダラボッチさん、杁差の小屋で
一緒だったと思います。

  • 2011/07/09(土) 16:26:52 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

ヒメサユリ、ロード・・いいですね
それと、タムシバとノウゴウいちご
見事です

  • 2011/07/09(土) 21:49:00 |
  • URL |
  • くろゆり #-
  • [ 編集 ]

くに さん

くにさんの飯豊レポ、読みました。
天気に恵まれなかったようで、大尾根残念でしたね。
自分も大尾根興味がありますので、機会があれば歩いてみようと思ってます。
まずは、杁差とハクサンイチゲをですね。
日程が同じだったのでもしかしてディダラボッチさんと会っているかなと思ってました。
また、同じ日にブログ仲間のtobyさん夫婦も歩いてましたので会っているかも・・。

  • 2011/07/10(日) 10:44:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

くろゆり さん

飯豊は花の山、どこを歩いても花盛りです。
これから多くのハイカーが押し与せることでしょう。
今年はもう一度飯豊へとも思ってますが、他の山にも行きたいし身体がいくつも欲しいです。

  • 2011/07/10(日) 10:48:57 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/379-27e33d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad