登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮華岳~針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳(その2)

蓮華岳~針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳(その1)からの続き。

皆さんが寝静まっている4時ちょうどにヘッドランプを点け針ノ小屋を出発する。
針ノ木岳への最初の登りはいきなり急登となるが、朝のまだ目覚めていない体にはきつく感じ、ゆっくり体を慣らしながら登る。


【尾根に出る】
途中、薄暗い中でもチングルマやシナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウなど多くの高山植物のお花畑が見られる。
針ノ木岳への登山道をトラバースしてゆく。
50尾根に出る

【北アルプスの山々】
薄明るくなった頃に尾根に出る。
「お~凄い」。眼先に今まで見えなかった北アルプスの山々が雲海に浮かんで見える
51北アルプスの尾根

【ご来光】
4時45分、蓮華岳の隣りから太陽が登る。雲にかかりはっきりしない。
52ご来光

【針ノ木岳山頂】
5時00分、山頂着。朝食をとる。
360度の大展望。雲海を下に見て突き出した山々を眺める。実に爽快である。
53針ノ木山頂

【立山三山、剣岳を背に】
54針ノ木山頂

【スバリ岳、赤沢岳への尾根】
これから歩くスバリ岳、赤沢岳への尾根を見る。
左奥は剣岳。
55針ノ木山頂から赤沢岳への尾根

【蓮華岳】
蓮華岳もすっきり。鞍部は針ノ木峠。
56針ノ木山頂から蓮華岳

【スバリ岳へ向かう】
展望が素晴らしいくゆっくりしたいが先は長い。
5時20分にスバリ岳へ向かう。針ノ木岳からは急な岩場の下りとなり慎重にゆっくり。
石が動き危なっかしい所である。
         57針ノ木岳からスバリ岳を目指して

【ミヤマオダマキ】
急峻な岩場にも綺麗な花が見られる。
         58オダマキ

【シコタンソウ】
花の名をディダラボッチさんから教えて頂きました。
59花

【針ノ木岳】
振り返り見る針ノ木岳(右端)。カール状の斜面が素晴らしい。
このような景観が良いですね~。足を止め見いってしまった。
60-1針ノ木岳

【スバリ岳へ】
スバリ岳は左端のピーク。右のピークの中間部を巻いて行く。
61スバリ岳
         62スバリ岳へ
         
【スバリ岳】
眼の前にスバリ岳を見る。スバリ岳は遠目で見るよりはるかに迫力のある。
64スバリ岳

【コマクサ】
この尾根にもコマクサが点々としている。
65コマクサ

【スバリ岳山頂】
6時00分、山頂着。ここからの展望も申し分ない。
立山、剣がさらに大きく見える。
66スバリ岳山頂

【赤沢岳へ】
ここから大きく降る。
赤沢岳は奥のピークの右端に雲の間から頭だけを出している。
67赤沢岳へ

【赤沢岳への山道】
剣を前に見ながら降る。
68赤沢岳へ

【チシマギキョウ】
鮮やかな色合いが良いですね。点々と咲いている。
69花

【タカネバラ】
何と表現したらよいのかすばらしい花です。
山深くひっそりとこんなきれいな花が咲いていました。
花の名はディダラボッチさんに教えて頂きました。
70花

【トウヤクリンドウ】
清楚ですね。しばらくぶりに見ました。
         71トウヤクリンドウ

【赤沢岳への山道】
滑落注意の看板がある。足場の脆い場所があります。
ここを登りきると赤沢岳です。
         72赤沢岳へ

【黒部湖】
雲海の切れ目から黒部湖を見る。
立山黒部アルペンルートは扇沢から針ノ木随道を通り、黒部ダムまでトロリーバスが走っているが、それはこの赤沢岳と鳴沢岳の中間地点の真下を走っている。この地にダムを作った人間の偉大さを改めて思い知る。
73赤沢岳からの黒部湖

【赤沢岳山頂】
7時25分、赤沢岳着。
居合わせた方に撮って頂く。ここからの展望も言うことなし。
7時40分発。
74赤沢岳山頂

【鳴沢岳方面を見る】
ガスで尾根は見え隠れ。ガスの先中央部に見えるのは鹿島槍かも。
75赤沢岳山頂から

【スバリ岳方面を見る】
歩いてきた尾根を見るもガス、ガスの先に見えるがスバリ岳かも。
76赤沢岳山頂から

【鳴沢岳への尾根】
赤沢岳から鳴沢岳にかけては、安曇野側は鋭く切れ落ち、足下から鋭角に谷底へと落ちている。
谷には雪渓も随所に残っており、安曇野側からのガスの吹き上げは天然のクーラーである。
77鳴沢岳へ
78鳴沢岳へ

【鳴沢岳山頂】
8時20分、鳴沢岳着。
剣岳が見え隠れしている。
これから先は種池山荘からのハイカーと出合うことが多くなる。
79鳴沢岳山頂

【新越山荘へ】
新越山荘の案内がある。シャクナゲが咲く尾根道である。
80新越山荘へ

【新越山荘】
8時55分、新越山荘着。
山荘から岩小屋沢岳までは猿が多い。眼を合わせないよう素知らぬふりして歩く。
81新越山荘

【コバイケイソウ】
山荘付近はコバイケイソウの大群生地。他にもシナノキンバイやらお花畑。
83新越山荘前のコバイケイソウ

【岩小屋沢岳山頂】
9時45分、岩小屋沢岳着。
ここから種池山荘までは緩やかな尾根道、花もたくさん咲いている。
84岩小屋沢岳山頂

種池山荘への登山道は百花繚乱のお花畑が続く。
【ヤマハハコ】
85ヤマハハコ

【クルマユリ】
86クルマユリ

【タカネコウリンカ】
         88花

【お花畑】
89お花畑

【シラネアオイ】
90シラネアオイ

【キヌガサソウ】
種池山荘付近はキヌガサソウの大群生、キヌガサソウロードである。
91キヌガサソウ群生

【種池山荘】
10時50分、種池山荘着。
岩小屋沢岳と爺ヶ岳の間に建つ種池山荘は扇沢から爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳そして岩小屋沢岳経由で鳴沢岳、赤沢岳、針ノ木岳へと登山基地の要所となっており、登山者で賑っている。
昼食後、11時20分発。
92種池山荘

【柏原新道】
柏原新道を淡々と降りる。
93種池山荘からの下山路

【下山口】
13時10分、下山口着。最後に扇沢駐車場まで10分の車道歩きが待っていた。
94下山口


【駐車場】
13時20分、駐車場着。

目的としたコマクサも満開、百花繚乱の尾根、天気もまずまず、期待通りの山行あった。


今週末は福島原発避難者支援活動に行ってきます。
山散歩はお休みです。

スポンサーサイト

コメント

シコタンソウとタカネバラ

yamasanpoさん、おはようございます。
あのコースは感動に次ぐ感動が得られる上、登山口と下山口が一緒
というメリットもあるので、私たちのツアーでも、鹿島槍ヶ岳ピストン組
とのバス合同運行で毎年歩いています。
最高のコースを、最高のカップルで、恵まれた日和に歩けて最高!

  • 2011/07/26(火) 08:54:36 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

2日目はご褒美の素晴らしい展望でしたね~(^^)
ハマナスに似た花はタカネバラかオオタカネバラではないでしょうか?
種池山荘~登山口の柏原新道は長く感じませんでしたか?
扇沢まで戻る車道歩きが一番辛かったりして・・・(笑)

  • 2011/07/26(火) 13:05:13 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

花の名、ありがとうございます。
このコース、良いですね。
花もあり、コースも変化あり、展望も申し分なく、マイカー登山の私達にとっては最高です。楽しめた山散歩でした。

  • 2011/07/26(火) 13:13:47 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

二日目はまずまず、展望良かったです。
この展望を見られただけでも満足するものでしたね。
花も多く、コースも変化あり良いコースでした。
柏原新道は以前にも歩いたこともあり、どんな山道かも知ってました。種池山荘で十分休み、あまり疲れを感じずスイスイと降りて来ました。
下山口から駐車場までの車道は暑かったですね。

  • 2011/07/26(火) 13:35:27 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

お疲れさまでした。すごいペースです。さすが!私たちは種池まででもダウン寸前でした。同じルートなのに、時間によって随分雰囲気が違うんですね。山っておもしろい!おさるさんたちには会いませんでしたが、置き土産はあちらこちらで.....。(*^-^)鳴沢岳手前では、ラッキーにも、ペアのライチョウさんに登山道を先導?していただきました。
この度はご一緒させていただいて楽しかったです。ありがとうございました。これからもブログ楽しみにしています。いつかまたどこかの山で、是非.....。

  • 2011/07/26(火) 18:29:19 |
  • URL |
  • Y @ 東京 #-
  • [ 編集 ]

北ア

残雪を纏った北アルプスの山々~
良いですね。
写真を見ていると歩いて見たくなりました。
針ノ木は歩いていないので歩いてみたいです。

  • 2011/07/26(火) 18:29:43 |
  • URL |
  • やまとそば #g6FRH5K2
  • [ 編集 ]

Y さん

お疲れ様でした。
Yさんとの出会い、記憶に残る思い出です。
山は表情を随時変えていきますね、そこも魅力の一つでしょうか。
天気はまずまず展望もそこそこあり良かったですね。
鹿島槍、いかがでしたか。
HP名あるいはブログ名、教えて頂けますか。
情報を交換させて下さい。
またどこかの山でお会いしたいですね。

  • 2011/07/26(火) 19:43:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

やまとそばさん

北アルプスの山は絵になりますね。
花も多く展望が良い、人気があることがわかりますね。
このルートはマイカー登山者には最高ですね。
登山口と下山口が近いですからね。
ぜひ歩いてみて下さい。

  • 2011/07/26(火) 19:54:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

雲海を下に見て

雲のない時よりもいい感じです。山頂で何時間でも眺めていたいような眺望ですね。
それにしてもすごい健脚で、驚きです。

  • 2011/07/26(火) 20:48:28 |
  • URL |
  • ネビル #-
  • [ 編集 ]

すばらしい眺望、そして花々、いいですね~。
でも、いちばんうらやましいのは、その1の
ライチョウです。(-_☆)
ああ、ライチョウ、この目で見てみたいな~。

  • 2011/07/26(火) 20:49:14 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

ネビル さん

北アルプス展望の尾根、凄く良かったです。
なかなかこのようなチャンスはありませんから、いつまでも見たかったですね。
今の時季、混雑必死の山ですね。

  • 2011/07/26(火) 20:57:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

今晩は。
素晴らしい雲表の旅ですね!なぜか、山頂に着くたびに晴れている!
そんな感覚を受けましたが、如何だったのでしょうか?
駒草の群生の規模にはビックリです。
yamasanpoさんの記録を見るたび、行きたくなっちゃうんですよ。どうしましょう。

  • 2011/07/26(火) 21:05:29 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

くに さん

ライチョウ、可愛いですよね。
赤ちゃんを4羽つれてお散歩中でした。
でもライチョウに出合うと言うことは天気が悪いということ。
晴れている時は出合うことはありませんからね。

  • 2011/07/26(火) 21:10:30 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

そうですね。
ピークとピークの間は雪渓の上をガスが湧き上がってました。
ピークでは運よくガスが切れラッキーでした。
蓮華岳のコマクサは凄いですね。
晴れていればもっと良くみえたでしょうに。
ぜひ機会をみて歩いたみて下さい。

  • 2011/07/26(火) 21:20:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

当然、私も去年、このコースを歩きたかったわけですが、針ノ木岳から先の岩場で、ガス+小雨+強風にビビり敗退しました。

できれば、爺~鹿島槍~五竜縦走と考えていたのですが、翌日の天候回復も見込めなかったし、それなら、針ノ木雪渓下った方が楽しいかなと考えました。

結局、翌日は上高地へ行き、穂高~槍~大天井~常念~蝶を3泊4日で縦走したのですが、お天気に恵まれ、素晴らしかったです。

  • 2011/07/27(水) 07:33:08 |
  • URL |
  • NYAA #eYj5zAx6
  • [ 編集 ]

NYAA さん

そうでしたか。
機会があればこのコースもいかがですか。
穂高~槍・・・比較しても遜色ないものです。
北アはどこを歩いても良いものですね。
HPあるいはブログを持っているのですか?

  • 2011/07/27(水) 10:19:53 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/07/27(水) 19:10:23 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

お花の稜線

種池から針の木岳への稜線は、私も昨年歩きました。このあたり思った以上に花が豊富でうれしい驚きでした。青空の針の木岳、景色も抜群で素晴らしいですね。

  • 2011/07/27(水) 21:57:59 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集 ]

こんばんは。
たくさんのお花が見られ羨ましいほどです。
特にたくさんのタカネバラいいですね~
見たいお花ばかりです。
雷鳥は立山で見たことがありますよ。
最近、不安定なお天気でほとんど遠出はできないでいます。
雲上のyamasanpoさん、仙人さんのようですね~~

  • 2011/07/27(水) 21:58:08 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

trekker-kさん

まさに花の尾根でした。
展望もあり良い尾根ですね。
人気の尾根であることがわかりますね。
また、機会をみつけ歩いてみようと思ってます。

  • 2011/07/28(木) 09:45:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

otome さん

タカネバラ、こんな場所にというところに咲いてました。
ハマナスに似た花で何だろうと・・。
初めてでした。
ディダラボッチさんは花仙人でもありますね。
このコース、花も展望も言うことなし。
素晴らしいものでした。

  • 2011/07/28(木) 09:51:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

雲上の北ア

いやもう何と言っていいやら、凄い迫力ですね!
この位の標高になると雲を突き抜けるので頂上では晴れているということなのでしょうね。
シコタンソウというのは初めて知りましたが、可憐でいいですね~、大絶景のもとで足元にこいつが居たらたまらないギャップです。
イイナ~!

  • 2011/07/28(木) 18:36:15 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

ピークまでガスが上がってなく良かったです。
今回の目的はコマクサでしたが、多くの花と出合いました。
夏の花の最盛期でしょうか。
自分もシコタンソウは初めてです。
小さくて綺麗な花でした。

  • 2011/07/28(木) 20:00:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

遅いコメントで失礼します。
北アの感じが伝わってきます。雲海に突き出る数々のピーク、雪渓、雲の切れ間の黒部ダム。
針ノ木岳周辺に足を運んだことはないのですが、行ってみたい山域です。

  • 2011/07/29(金) 23:39:56 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

素晴らしい展望に綺麗なお花

yamasanpoさん 綺麗な展望ですね。
登った人しか堪能できない景色ですね。
お花も、色々珍しい高山植物に目を奪われます。
2日目に晴れて何によりでした。
毎週ハイペースで凄い御山に行かれてますね。
yamasanpoさんご夫妻は、私たちの憧れなんですよ。

  • 2011/07/30(土) 08:28:19 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

雲の上

いやあ、すんばらしいですねぇ。
雲の上の楽園とでもいえばよいんでしょうか。稜線上で晴れたらもう堪らないでしょうね。
行ってみたいなぁ。

  • 2011/08/01(月) 21:56:32 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

このルートは良いですね。
花もあり展望もあり変化があって。
北アはどこでも良いものですが。
機会があればお出かけ下さい。

  • 2011/08/02(火) 21:17:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

花も展望も申し分ないものでした。
今の時期はどこへ行っても良いですね。
ヤボ用もあることから
動ける時に動こうと思ってます。

  • 2011/08/02(火) 21:25:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

良いルートです。
花も展望もあり言うことなしですね。
アップダウンもあり歩きがいのあるコースです。
機会があればお出かけ下さい。

  • 2011/08/02(火) 21:32:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

素晴らしい景色が次から次から、楽しませていただきました
まだなので、機会がありましたらいきたいです
シコタンソウ、小さく可愛い
一度見てみたいです

  • 2011/08/04(木) 19:16:41 |
  • URL |
  • くろゆり #-
  • [ 編集 ]

くろゆり さん

このルート良いですね。
花も展望もありお薦めです。
機会をみつけぜひどうぞ。

  • 2011/08/04(木) 21:24:26 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/391-2a577b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。