登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島支援活動への参加

H23年7月29日(金)~8月2日(火)、福島南相馬市における警戒区域内(20Km圏内)への避難者一時帰宅プロジェクトに参加した。

福島県庁からバスで南相馬の馬事公苑に集合する。
馬事公苑は南相馬市の警戒区域への最前線基地(本部)となっている。
馬事公苑には一時帰宅者、保安院、警察、消防、自衛隊、大学、医師、東電、各電力会社、市役所、各原子力機関など関係者が終結し、プロジェクトが進められている。


【福島県庁】
私達は福島県庁に6時半集合。バスにトランシーバなどの機材を積み込む。
馬事公苑まで1時間半をかけ移動する。
1福島県庁

【馬事公苑】
警戒区域(20Km区域)への最前線基地、一時帰宅プロジェクトの本部が置かれている。
一時帰宅者(約260~280名)、保安院、警察、消防、自衛隊、医師、大学、東電、各電力会社、市役所、各原子力機関などサポート役を含めて総数約500名が集結する。
2馬事公苑

【バス駐車場】
馬事公苑の駐車場。バスは16台、各地に振り向けられる。
集落毎に16~20名、防護服を着用しマイクロバス乗車する。
各バスには一時帰宅者の他に市職員から引率者1名(運転手への道案内)、放射線管理者2名(東電職員)、安全管理者1名(本部との通報連絡、異常・救急対応)が乗車する。
自分は安全管理者の役割。
3バス駐車場

【会場】
本部から一時帰宅される方にスケジュール、お願い事項、防護服の着用方法などを説明する。
4説明会場

【スタッフ】
スタッフも防護服を着用する。
準備が整った所でバスに乗り込み11時頃に出発する。
5スタッフ

【検問所】
20Km内への道路には検問所がある。
検問所を通過し避難者宅へ向かう。
6検問所

【自宅へ】
順次、各自宅の近くまでバスで入り降車する。
帰宅者とはトランシーバでやり取りし安全管理を行う。

ビニール袋1個程度の物を持ち帰ることができるが、家もなくなりな何も持ち帰ることができない人もいる。
写真を撮ってきただけとの声も。自分からは声のかけようがない・・。

車中の往路は重苦しい雰囲気で会話がすくないが、復路では気持が吹っ切れたのか笑い声も聞こえるようになることも。
7自宅へ

【大津波の被災地】
海岸から約1Km付近の状況。
6mの防潮堤があるが、その上を乗り越えた津波が防風林、家屋を一気に飲み越え60数人の被害者が出た地区とのこと。壊滅状態とはこのような状態を言うんでしょうか。
地盤沈下し未だに海水が引かない。
9被災地
10被災地

【車両の残骸】
このようなものがあちこちにあり津波の恐ろしさがわかる。
震災後、自衛隊が入り瓦礫の整理が行われたとのことであるが、津波に流された車などが点々と見える。
11被災地

【まるで海の中か】
家の形が残っているものの1階部分は何もない。こんなことがあるのか・・。
家の回りには車が引っくり返っている。
この付近の線量は茨城と差はない程度まで下がっている。
14被災地
18被災地

【放射線測定】
2時間の帰宅時間を過ぎ、次々にバスで迎えに上がり馬事公苑に14時頃に戻る。
避難者が持ち帰った物、身体の放射線測定を行い汚染のないことを確認し終了。
私達は機材の整理、データの確認、明日の準備を行い終了、福島県庁に戻り明日の予定を確認し解散となる。
19サーベイ


荷の重い任務であったが、大きなトラブルもなく無事に終えることができホットしている。
また、この期間には新潟、福島(南会津)は大雨に見舞われ川が氾濫、道路が寸断されりなど大きな被害があったが、南相馬市は霧雨程度でしかも涼しく、一時帰宅プロジェクトに参加した避難者、スタッフにとっては幸いであった。


スポンサーサイト

コメント

おつかれさまでした

お疲れさまでした。
宮城、三陸のがれきや泥出しは伝わってきてますが、一時帰宅関連や圏内状況はなかなか分かりませんでした。
分かったからとどうすることもできませんが、現地の様子を拝見すると何ともやりきれない思いです。
泥出しに汗かくとは別の次元の荷の重さを感じます。

明日は東松島へ泥出しボラ行ってきます。

  • 2011/08/02(火) 23:23:26 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

お疲れさま!

yamasanpoさん、お疲れさま!
私たちが支援したいわき市の場合は、誰にでもできる単純作業だった
から長靴・ゴム手袋・長袖シャツ・マスク程度の身支度で済んだけど、
南相馬市の場合は防護服の着用が義務付けられたりしていて、
警戒区域内の切実な問題や緊張感がビシバシ伝わってきます。
今私は、東北地方に僅かなお金を落とすことでごまかしているけど、
やはり現地にでかけて活動しなければ本物ではないですね。

  • 2011/08/03(水) 11:46:14 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

yosi さん

被害ははかり知れませんね。
百聞は一見に如かずです。
また、ボランティアに行かれるんですか。
凄いですね。
頑張ってきて下さい。


  • 2011/08/03(水) 20:44:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

行ってきました。
現実は厳しいです。
復興には長い時間が必要でしょうね。
息の長い支援が必要と感じています。

  • 2011/08/03(水) 20:59:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

大変お疲れ様でした。こうして写真を拝見すると、まだまだ地震、津波の傷跡が深く残っていることが伝わってきました。本当に息の長い活動が必要だと感じます。

  • 2011/08/03(水) 22:04:37 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集 ]

お疲れ様でした

 4月から南相馬市から避難してこられたご家族と,そのお子さんたちに関わっていましたので,その土地のことを聞くと自分のことのように胸が痛みます。それでもそのご家族は,「仕事があるから」とこの夏に福島に戻られました。南相馬には住めないのでそこから少し離れた土地にアパートを借りて・・・。
 物の支援・場所の支援・心の支援,まだまだたくさん必要ですね。私も力になれることがあったら・・と思うだけで何もできないでいます。

  • 2011/08/04(木) 06:54:39 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

ボランティアお疲れ様

ボランティアお疲れ様でした。
大変な現場にボランティアに行かれたんですね。
一時帰宅の方の思いは幾ばかりか・・・、環境の良くない中で、そんな皆さんのご支援をされたことは、本当に頭が下がります。
一時帰宅の皆さんは、本当にいろいろな思いを抱いて帰宅され、吹っ切れた思いも、更に深くなった思いも、新しくなった思いも、いろいろな思いを、自宅に行って持って帰ってこられたんでしょうね。

  • 2011/08/04(木) 07:00:10 |
  • URL |
  • としょくん #-
  • [ 編集 ]

trekker-kさん

震災から約4カ月経ちますがこのような状態です。
市役所の職員に聞くと、震災後自衛隊が入り瓦礫の整理が行われたそうであるが、まだこのような状態です。
復興には相当な時間が必要と感じました。

  • 2011/08/04(木) 07:29:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

えこ さん

南相馬市は一部が警戒区域になっていますが、警戒区域外においても農地は荒れ果て空家と思われる家屋も点々とし、人影は見られませんでした。
これでは生活が成り立たないのではと感じました。
息の長い支援が必要ですね。

  • 2011/08/04(木) 07:40:26 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

としょくん

一時帰宅者の思いはさまざまですね。
この時期、お盆が近いせいか花を持って来られた方が多く見られました。
先祖の供養もままならず、その思いははかり知れません。
一刻も早く終息し帰宅できることを願ってます。

  • 2011/08/04(木) 07:48:24 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ボランティア

お疲れ様した。

被災地の悲惨な状況は間接的に分かっていても、実際に現地に行って見ないと実感が湧かないものです。
yamasanpoさんやyosiさんの生のレポからその現状、問題点などが伝わってきます。
息の長い支援・・・でも出来るだけ早い復興を・・・そう願わずにいられません。

  • 2011/08/04(木) 21:32:25 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

リンゴ さん

被害、ひどいですね。
想像以上でした。
復興には長い時間がかかるのではと感じました。
できるだけ早い復興は皆の願いです。

  • 2011/08/04(木) 21:57:05 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

桁違いですね!

我家も半壊手付かずですが時間が取れれば手の付けようがありますが、現地は手の付けようの無いほどの惨状ですね。
近頃では解体すると100万出るということで、近所では解体ラッシュとなっていたりします。
なんだかな~。
今日2次義援金の支払いの案内が来ましたが、遅いですね~。
まだまだ義援金のプールがあると思うのですが、早急な配分を現地にと強く願います。
自分の義援活動はタダという訳にはいきませんがホームセンターの半額くらいで近所の改修にあたっています。
なので無休で働いている割にはぜんぜん儲かりません、おそらく同年代のサラリーマンの収入の方が多いくらいだと思います、トホホ・・・
もとい、世の為人の為困った時はお互い様、馬車は走り続けます!

  • 2011/08/04(木) 22:01:19 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

言葉が見つかりません・・・
yamasanpoさんの行動力には頭が下がるばかりです。

  • 2011/08/05(金) 16:20:02 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

お疲れ様です。
復興は一朝一夕には進みませんね。
被災地域が広すぎます。
「世の為人の為困った時はお互い様」・・・そうですね。
皆さんがこのように考えれて復興が進みますね。

  • 2011/08/05(金) 20:08:40 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

想像を絶するものです。
息の長い支援が必要ですね。
次も機会があればと思ってます。

  • 2011/08/05(金) 20:12:50 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
支援活動お疲れ様でした。
先日、テレビで見たんですが・・
写真1枚を記念にしたいと思っても放射線量が高いと持ち帰れないそうですね。
たくさんの方の人生を狂わせてしまい取り返しができないと思います。
元の暮らしが早くできるようにしてほしいですね。

  • 2011/08/05(金) 23:22:24 |
  • URL |
  • otome #9uiKxgU.
  • [ 編集 ]

御高配頂きたく!

どうにも花の名前が特定できません。それはぶなじろうさんの新着記事の中の花の名前です。ちょっと見てはもらえませんか?気になってしょうがないもので・・・

  • 2011/08/05(金) 23:44:12 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

自然の猛威と放射能の猛威

yamasanpoさん お疲れ様でした。
レポ拝見して改めて現地の凄さを知りました。
避難の皆さんが戻れることを祈るばかりです。
この世に神も仏も居ないのではと想いたくなります。
相当長い年月が必要ですね。

  • 2011/08/06(土) 05:23:11 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

otome さん

被害は深刻ですね。
一刻も早い復興を願いばかりです。
一時帰宅プロジェクトにおける持ち出し出来ない物は食料品、ペットだけですね。その他の物は持ち出しできます。
避難されている方も生活が落ち着いてきたのでしょうかゴルフセットや釣り竿などを持ち帰る方もいますね。
早々の避難解除が待たれます。

  • 2011/08/06(土) 09:15:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

徒然草子

見ましたが、自分も初めて見る花で、名前は分かりません。
検索してみます。

  • 2011/08/06(土) 09:19:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

大津波の後に残るものは何もありません。
凄い惨状です。
継続的な支援が必要ですね。
一刻も早い避難解除が待たれます。

  • 2011/08/06(土) 09:30:28 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/392-83e73c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。