登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

青森・奥入瀬渓流の散策

H23年8月27日、青森県十和田市十和田湖畔の奥入瀬渓流(おいらせ)を散歩してきました。

今週末の天気予報はスッキリしない、北東北は良さそうと計画を変更し東北に向かう。
・8月27日 奥入瀬渓流の散策
・8月28日 八甲田山
・8月29日 岩木山

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)は、青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流である。十和田八幡平国立公園に属し国指定の特別名勝及び天然記念物。

渓流沿いには車道とともに遊歩道が整備されており、美しいとされる新緑や紅葉の時期は特に観光客が多いとのこと。十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成した景勝地である。

今回は奥入瀬渓流の一部、石ヶ戸休憩所―渓流散策ー雲井の滝の往復、2時間の散歩でした。

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【十和田湖】
大館~小坂~十和田湖を結ぶ樹海ラインの終点にある発荷峠展望台。
秋田県北東~青森県境に広がる十和田湖を南側・標高631mから見下ろす位置にあり、広葉樹林帯の先に紺碧の湖面が広がる景色は圧巻。展望台の正面からは外輪山、後方には南八甲田・櫛ヶ峰も眺むことができ、十和田湖随一の眺望と言われる。
1十和田湖1

【遊覧船乗船付近の浜辺】
1十和田湖2

【石ヶ戸休憩所】
自宅4時00分発。石ヶ戸休憩所着11時00分着、600Km。
ナビ設定:「石ヶ戸休憩所」(0176-74-2355) 十和田ICから約50KM。
常磐道ー東北道、十和田ICで下車、石ヶ戸休憩所へ。
高速道は渋滞もなく目的地へ。駐車場はシーズンオフのせいかガラガラであった。
1石ヶ戸駐車場3

【石ヶ戸】
石ヶ戸休憩所 (イシゲドキュウケイジョ)から奥入瀬川に降りる。
1石ヶ戸3-1

【案内図】
詳細はこちらから⇒奥入瀬渓流ガイドマップ"
1案内図4

【石ヶ戸】
「石ヶ戸」とは、この地方の方言で、《石でできた小屋》という意味。
桂の木に支えられた大きな一枚岩は、その名のように小屋にも見える。
1石ヶ戸5

【渓流】
十和田湖から流れ出す水からなる『奥入瀬渓流』。
激しい水の流れ、勇壮な滝、豊かな緑…自然の美しさにどっぷりと浸っての散策。
1渓流6
1渓流7

【画家】
描かれた絵の絵葉書を頂いた。凄く綺麗な絵であった。
1渓流8

【馬門岩(まかどいわ)】
十和田湖の入り口を塞ぐ様にそびえる馬門岩は十和田湖の表門に相応しい見事な巨岩。
見上げると覆い被さるようにそびえる様に圧倒されます。
1馬門岩8-1

【渓流】
流れの沿道はブナ、ナラ、カツラなどの混生林が見事なトンネルをつくり、岩の上の苔と林床を覆うシダ類の緑がその渓流を彩る。
1渓流9
1渓流10
奥入瀬渓流
         1渓流13

【釣り師】
私達が休憩している前で岩魚?を釣り上げた。この方は釣り上げた魚の写真を撮りリリースした。
わけを聞くと「もっと大きくなって欲しいから」と。釣り師の鏡ですね。
1渓流11

【雲井の滝】
落差25mもある水量豊かな滝で、鬱蒼とした木立ちに囲まれた崖から2段に屈折して滝壷に流れ落ちています。
1雲井の滝12


奥入瀬渓流から酸ヶ湯温泉に向かう途中の沿道沿いにある睡蓮沼へ寄り道。
【睡蓮沼と八甲田連峰】
睡蓮沼でひと休み。睡蓮の浮かぶ池と低い潅木の原生林、背景にはるかに広がる八甲田山の眺めが雄大だった。
写真右から高田大岳、小岳、八甲田大岳。
1蓮沼池14

写真右から八甲田大岳、硫黄岳、石倉岳
1蓮沼池15

【ツリフネソウ??】
睡蓮沼で多く見られた花。ツリフネソウでしょうか???
         1ツリフネソウ15


【酸ヶ湯駐車場】
大きな駐車場である。一角に綺麗なトイレ、案内所がある。
案内所で最新の八甲田山情報を得る。
写真中央のピークが八甲田大岳。
今日はここで車中泊。温泉で汗を流した後で車の横で宴会。
さわやかな風が吹く中で八甲田大岳を眺めながらの宴会はなんとも心地よい。
1酸ヶ湯駐車場16

【酸ヶ湯温泉】
写真中央の建物が酸ヶ湯・千人風呂(600円)。
湯の歴史も古く、三百年の歴史を持ち、江戸時代から湯治宿として栄えていたそうな。
建物は古めかしくしかも堂々と威圧的だ。山の中だが、かなり規模の大きい宿だ。
混浴の千人風呂と、男女別の玉の湯があるが、せっかくだからここは、総ヒバ造り、80坪という有名な千人風呂に入ってみた。強い硫黄臭。
シャンプー、石鹸などは使用できない。
冷の湯と言って、のぼせたときに頭からかぶるための湯と、水飲み場のように水道の蛇口が並んでいる。
1酸ヶ湯温泉17

明日の出は行程も長くないことから急ぐことはない。
6時発とする。

スポンサーサイト

コメント

タフ!

27日から29日まで長躯東北遠征して奥入瀬渓流・八甲田山・岩木山に遊び、30日早朝には奥入瀬渓流をアップしている。
タフだね~!
3日間とも好天に恵まれたようなので、2日目3日目の“登山・花日記”
を楽しみに待ってます。

  • 2011/08/30(火) 19:55:41 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

奥入瀬渓谷

青森でしたか。
こどものころ親に連れられて奥入瀬渓谷を歩いたことがありますが、子ども心にもきれいなところだな、と記憶に残ってます。

八甲田、岩木山もさぞかし良かったことと思います。

  • 2011/08/30(火) 22:44:43 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

一枚目の写真、見覚えがあったので考えたら
環境省のインターネット自然研究所でライブ映像がありました!
yamasanpoさんの東北シリーズ、この夏は多いですね(^^)
後の記事も楽しみにしています。

  • 2011/08/31(水) 00:59:28 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

青森の山旅は紅葉時季にと計画してましたが、毎年これで行けずじまいでした。
思い立った時が吉日と出かけてきました。
素晴らしい天気に恵まれ良かったです。

  • 2011/08/31(水) 08:46:58 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

奥入瀬、良い所ですね。
どこを見ても絵になります。
近場であれば何回も歩きたい所です。
八甲田、岩木山も素晴らしいものでした。
後ほどアップします。

  • 2011/08/31(水) 08:50:41 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

展望台からの十和田湖、絵になりますね。
ライブ映像がありましたか。
偶然に立ち寄った所で、これは素晴らしいと撮ったものです。
今年の東北の山旅はあと一つ朝日連峰です。
楽しみです。

  • 2011/08/31(水) 08:56:35 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私も、奥入瀬川に行ったことがありましたが、意外に普通な感じがしました。

盛夏にも関わらず、新緑のようなみずみずしさがは素晴らしく、また、結構涼しく快適に歩けました。また、遊歩道で気軽に歩けるのもいいところですね。

圧巻は、銚子滝で、午後3時ごろは光がさして、魂が吸い込まれそうでした(笑)

あと、ここは、十和田湖まで登って、上からチャリで疾走したいですね。

  • 2011/09/02(金) 11:17:27 |
  • URL |
  • NYAA #4B33lOYw
  • [ 編集 ]

NYAA さん

ここは良い所でしたよ。
涼しくて木漏れ日ありマイナスイオンあり。
せかせか歩くのではなくまったりしたい所です。
紅葉時季はまた良いのではないでしょうか。

  • 2011/09/02(金) 18:55:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/400-ff3485bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad