登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

初秋の谷川岳~一の倉岳~茂倉岳(その1)

H23年9月28日、群馬・新潟の県境にある谷川岳~一の倉岳~茂倉岳を歩いてきました。

谷川岳は頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。
トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。

谷川岳の気象の厳しさから標高1,500m付近が森林限界となるために、比較的低い標高でも高山植物が観察でき、首都圏から近いこともあって多くの登山者が訪れている。

谷川岳の標高は2,000mにも満たないが、急峻な岩壁と複雑な地形に加えて、中央分水嶺のために天候の変化も激しく、今までに天気に恵まれることが少ないが、今回は快晴、絶好の天気となった。

今回のコースは、西黒尾根コース~谷川岳~一の倉岳~茂倉岳~谷川岳~巌剛新道コース。
9時間10分の山散歩でした。
谷川岳は今回で5回目。

        山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

【駐車場】
自宅発3時30分、北関東道、関越道、水上ICで下車し土合へ。6時00分着。215Km。
ロープウェイ駅に駐車(500円)する。
ナビ設定:谷川岳ロープウェイ㈱ TEL:0278-72-3575
6時10分駐車場発。
1駐車場1

【コースマップ】
概略コースマップは⇒こちらから

【資料館】
資料館の前を通り一般車通行止めとなっている林道へ入る。
1資料館2

【林道】
登山指導センター前の坂道を登りきった所が登山口でしっかりした道標が目印。
1林道3

【西黒尾根登山口】
西黒尾根ルートは急登が連続する昔からのポピュラーなコース。
1登山口4

【樹林帯の道が続く】
ブナの巨木の中のジグザクの道を登ると鉄塔のある平坦な場所にでる。ここからも、しばらく樹林帯の道が続く。
         1山道5
1山道6

【樹林の間から山頂が見える】
駐車場から約1時間、視界が開けてロープウェー駅方面や山頂が見えるようになる。
1山道7

【紅葉】
この付近の紅葉はまだ先。せっかちな樹は一部紅葉している。
1山道8

【天神平】
1山道9

【上州穂尊山方面】
1上州穂尊山10

【笠ケ岳、烏帽子岳、白毛門】
樹林帯を抜け最初のクサリ場付近から笠ケ岳、烏帽子岳、白毛門。
1白毛門11

【鎖場】
こころ過ぎれば視界がド~ンと開ける。
         1鎖場12

【谷川岳】
谷川岳山頂の双耳峰を望む。南峰がトマの耳、北峰がオキの耳です
切り立った荒々しい斜面が山をいっそう大きくみせている。
斜面には残雪もありマチガ沢へと雪解け水を注いでいる。
1谷川岳13

【花も】
わずかであるが陽だまりの岩に隠れて咲いている花もある。
1花14 1花15

【鎖場が続く】
ここを登りきれば「ラクダの背」
1谷川岳16

【ラクダの背付近からの谷川岳】
1谷川岳17

【ラクダの背】
8時10分着。駐車場から2時間ちょうど。
まさに谷川岳の展望台。グルリと展望できる。
1ラクダの背18

【ラクダのコル】
それを下ると「ラクダのコル」で巌剛新道との合流点。
1分岐付近19

【巌剛新道と合流】
下山路は巌剛新道ルートをとる。
1分岐20

【岩陵の尾根】
ここからは山頂まで岩稜が続く。
1岩場21

【展望の尾根道が続く】
1山道22
1山道23

【天神尾根】
ロープウェー駅へ続く天神尾根を見る。
1尾根24

【さらに岩陵の尾根】
         1山道25
1山道26

【ザンゲ岩】
9時00分着。
「ザンゲ岩」を過ぎると、傾斜は緩くなり山頂まではあとわずか。
1ザンゲ石27

【中ゴー尾根・バックは川棚ノ頭・オジカ沢ノ頭】
1尾根28

【肩の小屋】
1尾根29

【谷川連峰縦走路】
万太郎山 -仙ノ倉山 - 平標山への縦走路。
歩いてみたくなる尾根です。
1尾根30

【トマの耳(1,963m)】
9時20分着。駐車場から3時間10分。
ロープウェイ駅からのハイカーはまだ到着していないことから山頂はガラガラ。
絶景、絶景、絶景・・・。
1トマの耳31

【トマの耳から】
右からオキの耳、一の倉岳、茂倉岳。
この天気、この景観を見逃す手はない。茂倉岳まで行ってみようとなった。
1トマの耳から32

【オキの耳(1,977m)】
9時40分着。
トマの耳方面を振り返り見る。
1オキの耳から33

【奥の院】
1奥の院34

【奥の院付近の岩場】
1奥の院35

【一の倉岳への尾根】
登山道の右は一の倉沢で絶壁、切れ落ちている。
1一の倉岳へ36
1一の倉岳へ37

【ノゾキ】
10時05分着。
オキの耳と一の倉岳との鞍部、ノゾキに出る。
ここからの一の倉沢は足がすくむ高度感がある。
1ノゾキ38

【一の倉沢】
切り立つ岩壁、一の倉沢を覗く。
谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられているとのこと。
1一の倉沢39

【一の倉岳へ】
一の倉岳へ急登です。
1一の倉沢岳40

初秋の谷川岳~一の倉岳~茂倉岳(その2)へ続く。

スポンサーサイト

コメント

巌剛新道

は正面に一の倉沢の岸壁が見えるところですか?
紅葉時季に縦走し山小屋に泊まったらものすごく混んでいて、それ以来山小屋と谷川岳が嫌いになりました。

でもロープウェイならもう1度行ってみたいです。

  • 2011/09/30(金) 21:48:15 |
  • URL |
  • ネビル #-
  • [ 編集 ]

秋色

谷川、すっかり秋色で紅葉が始まってますね~。
平日だとロープウェイの始発時間が遅いのですね。
さすがyamasanpoさん、この天気、この時間なら茂倉岳まで足を伸ばしたのは正解でしたね(^^)
ザンゲ岩の上には行った事ないです。何か懺悔することでもあったのでしょうか(笑)
そういえば肩ノ小屋の馬場さん、今年で勇退だそうです。

  • 2011/09/30(金) 21:49:14 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

う、羨ましい~

ご存知の通り、8月に私が登った時はガスの中でした・・・(涙

こんな素晴らしい展望があったのですね。
レポを拝見してまた行きたいと強く思いました!

  • 2011/10/01(土) 16:31:46 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

ネビル さん

巌剛新道から見えるのはマチガ沢です。
東尾根に隠れて一の倉沢は見えません。
谷川岳の今は空いていますよ。
ぜひ訪れてみて下さい。

  • 2011/10/01(土) 18:44:02 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

谷川岳、堪能してきました。
茂倉岳まで足を伸ばして良かったです。
尾根では紅葉が始まってますね。
1週間~10日過ぎると見頃となることでしょう。
懺悔することは山ほどありますね(笑)。
これでスッキリです。

  • 2011/10/01(土) 18:51:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

リンゴ さん

極上の谷川岳を楽しんできました。
このような天気に恵まれるのは稀ですね。
ラッキーでした。
機会をみてまた歩いてみて下さい。

  • 2011/10/01(土) 19:01:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

最高のお天気でしたねぇO(≧▽≦)O
いやぁうらやましい。

谷川岳、近いうちに馬蹄縦走ってやつにチャレンジしてみたいんです。できることなら紅葉時期にとも思っているんですけど、この時期行きたい山が多すぎてほんとに悩ましいですね。

  • 2011/10/01(土) 22:21:25 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

谷川岳は天気が変わりやすくなかなか好天に恵まれません。
今回は最高の天気でした。
谷川岳からの尾根はどれをとっても素晴らしいものです。
紅葉時季であればさらにレベルアップした谷川岳に対面できるでしょうね。
ぜひ計画して歩いてみて下さい。

  • 2011/10/02(日) 13:09:05 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

秋ですね!

好天で素晴らしい眺望に恵まれ、良かったですね。
私達ちは、奥ノ院までしか行っていませんので、今度は
一ノ倉岳位まで足を伸ばしてみたくなりました。
山は、そろそろ「花」から「紅葉」の時期を迎えますので、
これからの山行、楽しみですね。

  • 2011/10/02(日) 17:47:19 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

谷川岳は紅葉が始まってましたか28日の西吾妻山は
草紅葉で木々の紅葉はまだまだでした。
7月の花見は奥の院迄でした、一の倉、茂倉岳へは
厳しそうですが歩いてみたくなりました。

  • 2011/10/02(日) 19:12:14 |
  • URL |
  • サンダー #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊びさん

これ以上のない天気でした。
暑くもなく風もなく、こんな天気に恵まれ最高です。
多くののハイカーは奥ノ院までですね。
この先が展望の尾根、お奨めです。
秋が進んでます。楽しみが多くなりますね。

  • 2011/10/04(火) 09:15:06 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

サンダー さん

西吾妻山へ行かれましたか。
紅葉時季はまた素晴らしいものがありますからね。
一の倉~茂倉岳は展望抜群の尾根歩きです。
危険な所もなく短時間であるけますからお奨めのコースです。
機会があれば歩いてみて下さい。

  • 2011/10/04(火) 09:20:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/410-0307b903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad