登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨巻家族と湯沢源流、裏・表縦走路

H23年12月17日、雨巻家族と湯沢源流、裏・表縦走路を歩いてきました。

奥久慈の人気のない山間に笑え声が響き渡る山行、冬枯れの一日を存分に楽しんできました。
今回のメンバーは、ディダラボッチさん、イッシーさん、ミッキーさん、モリさん、hosoyaさんご夫婦、和子&徹也さんご夫婦、私達の10名。
今回のコースは、佐中~湯沢源流~篭岩山(往復)~裏縦走路~小草越え~表縦走路~鷹取岩~釜沢越え~佐中の周回。6時間の山散歩でした。 
 
           山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

【つつじが丘展望台】
西金駅で待ち合わせし、つつじが丘展望台へ寄り道する。
モリさん奥様の手作り栗和菓子、Oさんの差し入れの品を頂きながら奥久慈の山並を見渡す。
展望台1

【佐中の駐車場】
8時ちょうど発。空気がピーンとはりつめた中での出発です。
駐車場2

【不動滝】
民家の脇から,杉木立の道を「不動滝」へと向かう。
水量が少なくチョロチョロ、迫力なし。滝の左手から上がり落ち口へと向かう。
不動滝3

【湯沢源流】
不動滝の落ち口から先の上流は岩が累々と重なる沢であるが水量が少なく歩きやすい。
道は,左岸側の林内への高巻きし途中から沢に降り立ち「抱き返しの滝」へがルートであるが、つわもの揃いなので「沢通し」に歩く。
身の丈を超す堆積岩の大岩をすり抜けたり,乗り越したり、どこを歩こうかとキョロキョロしながらも面白い。
湯沢源流4
湯沢源流5
湯沢源流6
湯沢源流8

ディダラボッチさん、雨巻家族のお父さん。言わずと知れた山の鉄人・登山家です。
湯沢源流7

イッシーさん、大岩を軽々と越えて登ってきます。毎日雨巻山を2周し鍛えているとのこと。
湯沢源流9

先頭のモリさんはグイグイと力強く上がってきます。毎日数時間を歩いて鍛えているとのこと。
ディダラボッチさんとジャンダルムなどの険路を歩かれた経験の持ち主、さすがです。
湯沢源流10

イッシーさんの後ろを歩くhosoyaさん夫婦はここ数年、100キロウォークに参加し夜通し歩いて完歩とのこと。
雨巻家族の頑張りには頭が下がります。皆さん日頃から鍛錬していることからできるのですね。
湯沢源流11

【抱き返しの滝】
ここで小休止。ほっと一息。
滝前は大きく開け対岸には「篭岩」が見える。
湯沢源流12

【梯子】
変形した梯子を一人ずつ。奥久慈には立派な梯子は似会わない。この梯子が良い。
湯沢源流13

【抱き返しの滝の落ち口に出る】
ここからも大岩の転がる沢筋を行く。
湯沢源流14

【さらに上流へ】
所々,深い釜が出てきてヘツリながら上流へと向かう。
湯沢源流15
湯沢源流16
湯沢源流17

【湯沢源流から山道へ】
沢の両岸が,自然林から植林地へと変わると間もなく右岸に「釜沢越」の案内表示がある。
ここで源流歩きは終わり。
右支沢の左岸の明瞭な踏み跡を辿って「裏縦走路」の尾根へと向かい、篭岩山と500m峰の鞍部から篭岩山を往復する。

【篭岩山】
鞍部からわずかで篭岩山へ。山頂からちょっと先の露岩で休憩。
今日は薄っすらと富士山、筑波山も。雨巻家族には嬉しい雨巻山、芳賀富士も。
篭岩山18

【裏縦走路】
篭岩山方向と500m峰方向の鞍部に戻り、「小草越」へ方面へと向かう裏縦走路を歩き始める。
急斜面を登り呼吸を整えて振り向くと樹幹越しに「篭岩山」が見える。
裏縦走路19

ヤマザクラの大木にhosoyaさんが登る。
         裏縦走路20

杉林の中を急登。
裏縦走路21

陽だまりでお昼にする。思い思いに陣をとりお昼をとりながら会話がはずむ。
裏縦走路22

樹幹越しに奥久慈男体山を見ながら小さなアップダウンを繰り返し、表縦走路に出る。
         裏縦走路23
裏縦走路24

【表縦走路】
小草越えに出れば,奥久慈男体山がお出迎え。
表縦走路25

絶壁越しに「良い景観だな~」と覗きこむ。
表縦走路26

小さなアップダウンを繰り返す。
表縦走路27

枯れ葉が積もり滑りやすい所も。
表縦走路28

古分屋敷の風景に見入る。
表縦走路29

【入道岩】
露岩にて集合写真。
入道岩30

赤い実は何だと。興味津々のメンバー。
入道岩31

【鷹取岩】
屈指の眺望ポイント。じいさん岩のとぼけ顔、癒されますね。
鷹取岩32

【釜沢越え】
急坂を降り釜沢越えに出る。
釜沢越え33

釜沢越え分岐に着く。
ここから国体コースの予定であったが、時間も押してきていることからパノラマラインへの道にとる。
釜沢越え34

【下山路】
杉の倒木が道を塞いでいるが、歩くには支障はない。
釜沢越え35

ショートカットするが少々籔っぽい所も。
釜沢越え36

【舗装道】
私道?林道?良く分からないが舗装された路に出てホット一息。
駐車場までは数分の距離。
車道37
車道38

数十秒早かったとの声もありましたが、予定通りの6時間の山遊びでした。
駐車場では和子&徹也さんご夫婦の差し入れの菓子でお茶。疲れた身体にとても美味しく頂きました。
雨巻家族とともに楽しい一日でした。ありがとうございました。
また、ご一緒させて下さい。

スポンサーサイト

コメント

yamasanpoさん、たいへんお世話になりました。ご厚意にあまえて
ご面倒をおかけしました。実に充実した山歩きを楽しむことができまし
た。謝、謝です。

yamasanpoさんヨシエちゃん、こんばんは。
先日は佐中~湯沢~湯沢源流~裏縦走路の(ミニ・バリエーション)
ルートと表縦走路の案内、ありがとうございました。
hosoyaさんマサコさん同様、充実した山歩きを堪能できました。
奥久慈の山々を知り尽くしたyamasanpoさんの丁寧に作ったブログを読むと、
感動が蘇ってきて身体が疼きだします。
また宜しくお願いします。

  • 2011/12/19(月) 17:56:57 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

hosoyaさん

こちらこそ楽しい山遊び、ありがとうございました。
奥久慈の山、楽しまれたとのこと幸いです。
まだまだ多くのコースもあり楽しめるエリアですから
機会を見てお誘いください。
楽しみにお待ちしています。

  • 2011/12/19(月) 18:41:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

憧れの湯沢源流歩き

yamasanpoさん 自分達だけでは歩けないルートです。
わざわざ 下見をして頂き、案内して頂き有難うございました。
源流の岩歩き楽しいですね。
お昼の食事の際の差し入れや終わった後のお茶会も楽しかったです。
機会が有ればまた御一緒願います。

デイダラボッチ さん

こちらこそ楽しい一日でした。
雨巻家族との奥久慈山行、夢のようです。
こんな機会を作って頂き感謝、感謝です。
何回も歩いたルートですが皆さんとご一緒ですと全く違った感じで新鮮です。
記憶に残る山行となりました。
また、機会を作りご一緒下さい。

  • 2011/12/19(月) 18:50:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

実に楽しかったですね。
尾根歩きも良いですが、渓谷歩きも良いものですね。
楽しまれたことであれば幸いです。
奥久慈は奥深いです。魅力あるコースも多く楽しめます。
またご一緒下さい。
山歩きもその後の反省会も楽しかったですね。
差し入れ品、凄く美味しかったです。
ありがとうございました。

  • 2011/12/19(月) 19:02:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

良き仲間との素晴らしい山散歩。
レポを拝見するとその楽しさが伝わってきます。
皆さんの笑顔も素敵ですね。

  • 2011/12/19(月) 19:07:46 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

山も良し友も良し、楽しい一日でした。
奥久慈は奥深く良いエリアです。
何度歩いても飽きませんね。
リンゴさんも訪れて下さい。

  • 2011/12/19(月) 20:55:54 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

凄いですね

yamasanpoさん、こんばんわ!
相変わらず奥久慈の醍醐味をを味わられていま
すね。
私達はとても歩けませんので、せいぜい奥久慈
の表銀座ルートです。
同じ日、久し振りに丹沢のメイン、塔ノ岳を歩
いてきました。

  • 2011/12/19(月) 21:47:36 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

源流・裏・表

今晩は。
確かに、このコース素晴らしいと思います。
沢登りの楽しさ、次いで静寂とした落ち着きの裏縦走、そして豪快な岩尾根の表縦走。山登りの楽しさが凝縮していますね。さらに、下山が早いのもいいです。下山後のグツタリ感がありませんもの。明日への活力になりますです。

  • 2011/12/19(月) 22:58:12 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

ほんといろいろなルートが取れるのが魅力ですね!
私もそんな風にルートを組み立ててみたいです。

それにしても…デイダラボッチさんと杁差で同泊だったなんて、
今思っても何という偶然。
面識があったら是非声を掛けさせていただきたかったな~!

  • 2011/12/20(火) 01:14:02 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

すごい~!
メンバー紹介のすごいこと!
健脚な方ばかりですね~。

私もまた来年ご一緒できるように日々訓練が必要ですね(笑)

和子&徹也さんによるとこの日は籠岩から富士山も見えたとのこと。
すっきりと晴れ渡った奥久慈は素敵でしょうね~♪

  • 2011/12/20(火) 06:22:14 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

山歩き

あと何年ぐらい歩いていたら皆さんのようになれるのでしょうか。
多分無理みたいですが、せめて簡単な山にいけるように頑張ります。
楽しんで歩けることが1番ですね。

  • 2011/12/20(火) 08:03:04 |
  • URL |
  • ネビル #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊びさん

奥久慈のこのコースは私達のお気に入りです。
何度歩いても違った感じを受け面白く良さがわかりつつあります。
時期、ルートを変え何度も歩いてみないと良さが分かりませんから。
機会があればご一緒に歩きたいですね。
丹沢のレポ、読みました。
やはりメジャーな山ですね。
最近、丹沢はご無沙汰してます。
歩きたいと思っても都心を抜ける煩わしさがネックですね。
来年にでも計画してみます。

  • 2011/12/20(火) 08:48:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

このコースはお気に入り。
ぶなじろうさんに褒めて頂けると素直に嬉しいです。
竜神川を挟んだ反対側には気になる山並みがあり、この冬に探検気分で歩いてみようと思ってます。
ぶなじろうさんの様にはできませんが、真似事です。

  • 2011/12/20(火) 09:09:19 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

くにさん

奥久慈は広いエリア、ルートもその時に応じて組み立てられる良さがありますね。
今回は雨巻家族とご一緒、ディダラボッチさんとも雨巻山以外では初めてです。包容力があり人間性にも魅力ある方で尊敬してます。
飯豊、朝日周辺も自分の庭のように歩かれてますから、これからも再会はの機会は多いことでしょう。
出会ったなら 声をかけて下さいな。親切で親しみやすい方ですから。特に女性には(笑)。
自分からもくにさんのことを紹介しておきます。

  • 2011/12/20(火) 09:27:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mari さん

皆さん頑張っていますよね。ビックリですよね。
そしてこの家族はチームワークが素晴らしいです。
ディダラボッチさんを中心に団結、協調、そして和やか。
良いメンバーと楽しい一日でした。

もう来年のこと気合が入ってますね。
鍛えて鍛えて、そして楽しくご一緒しましょう。

そうそう富士山も薄っすらと見えたんですよ。
この場所からですと条件が揃わないと見えないのですが、この日は見えましたね。
和子&徹也さんともご一緒でき良かったです。

  • 2011/12/20(火) 09:40:10 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ネビル さん

湯沢源流は昨年にraymariさん、リンゴさんとも歩いたことがあります。ネビルさんともぜひ。
山を歩くには人それぞれの目的がありますから、自分なりのスタイルで良いのではないでしょうか。
「山は楽しむもの」これが自分の基本的な考えです。

  • 2011/12/20(火) 09:52:30 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

みなさんの笑い声と歓喜が聞こえてきましたよ!
奥久慈の面白さが凝縮されたルートで、御一行の皆さんもすっかり奥久慈ファンになってしまったのではないですか?
yamasanpoさんは奥久慈の宣伝部長ですね!

  • 2011/12/20(火) 18:31:41 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

聞こえましたか~歓声が(笑)。
奥久慈の素晴らしさが分かって頂けたものと思ってます。
奥久慈にドンドン足を運んで欲しいですね。
1回や2回では良さが分かりませんからね。
兎にも角にも楽しい一日でした。

  • 2011/12/20(火) 19:42:24 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

湯沢源流行

集合写真、見るからにツワモノ揃いとお見受けしました。
佐中から入る湯沢源流、yamasanpoさんの情報で初めて入った時のあの感動。源流をあがってどちらへ向かっても、楽しめるコースだと思います。

  • 2011/12/20(火) 22:51:22 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

雨巻家族は日頃から努力しているんですね。
そのうえチームワークが良いから安全、和やかです。
山の楽しみ方を知っている方ばかりです。
yosiさんと奥久慈探検などと勝手に思ってます。

  • 2011/12/21(水) 10:35:40 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私が湯沢源流に初めて入ったのは、もう10年以上前のことになります。

当時は、分県登山ガイドの情報しかありませんでしたが、今では、国土地理院の地図やGPSログも簡単に入手できるようになりました。

昨年、2度目の山行で、初めて、抱き返しの滝へ行きました。今後は、地図読みもかねて、思いついた時にチラッと歩いてみたいです。

  • 2011/12/22(木) 07:27:37 |
  • URL |
  • NYAA #4B33lOYw
  • [ 編集 ]

NYAA さん

湯沢源流も最近は歩く人も多くなりました。
テープもこんなに付けなくとも・・と思うほどです。
奥久慈は自然がいっぱい、これ以上ハイカーに荒らされないことを願うばかりです。

  • 2011/12/22(木) 13:07:16 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/433-d7e45a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。