登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

雨巻家族と冬の八ヶ岳(その1)

H24年2月20日~21日、雨巻家族と八ヶ岳を歩いてきました。

冬山の八ヶ岳は以前から歩いてみたいと思っていたが、冬山となると気が重く計画にも乗らなかった。そんな折に雨巻家族山行計画に八ヶ岳が計画されていることを知り急遽参加させて頂いた。

今回のメンバーはディダラボッチさん、hosoyaさん、マサコさん、イッシーさん、自分と5名。カミさんは所要と重なり不参加。

今回の行程は、
2/20(月)12:00美濃戸~北沢~14:45赤岳鉱泉(泊)~大同心沢散策
2/21(火)7:20赤岳鉱泉~行者小屋~地蔵尾根~11:40赤岳~文三郎尾根~行者小屋~南沢~美濃戸

         山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

【八ヶ岳PAからの展望】
八ヶ岳がど~んと、否が応でもテンションがあがってくる。
1八ヶ岳PA1

振り向くと甲斐駒ケ岳も
1八ヶ岳PA2

【美濃戸P】
駐車場から見上げる阿弥陀岳。スッキリした青に真っ白な頂きが綺麗ですね。
1美濃戸3

【北沢】
往路は北沢コースを行く。
ここから赤岳鉱泉までは、沢沿いの道。大小1の橋を渡り緩やかに登って行く。
         1北沢4

堰堤を過ぎると山道となる。
1北沢5

尾根が見えてきましたねえ。
1北沢6

大同心も小同心も・・・「ほ~~」
お坊さんが手を合わせて拝んでいる様に見える大同心が見えてくると赤岳鉱泉はもうまじかです。
1北沢7

進むにつれ大同心から横岳方面まで。サングラスを取って見ると山が輝いて見える。
1北沢8

【赤岳鉱泉】
赤岳鉱泉、左に見えるは“アイスキャンディ”と呼ばれている人造の氷柱。
クライミングの練習場です。
奥に見える尾根は大同心から赤岳の尾根。素晴らしい景観にうっとりです。
1赤岳鉱泉9
         1赤岳鉱泉10
1赤岳鉱泉11

【大同心沢】
天気も良く時間もあることから大同心沢の散策へ。
この時季でなければ歩けない沢とのこと。
トレースはあるもののトレースを外れると腰のあたりまで雪の中へ。
雪崩後も見られ途中までで引き返す。
         1大同心沢12
1大同心沢13
1大同心沢14
         1大同心沢15-1

赤岳鉱泉に引き返し団欒の部へ突入。
テーブルいっぱいに広げられた食べ物、飲料を食しながら話に花が咲く。
その間、ディダラボッチさんはアイスクリーム造りに、なめらかで甘さもひかえめ美味しく頂きました。
山小屋の夕食もボリュームがある。自分は食べきれなかったがイッシーさんは食欲旺盛、小屋のお姉さんに小声で「おかわりできますか」と。イッシーさんの元気な源がわかりました。
明日も良い天気でありますようにと願い21時頃に布団に入る。

雨巻家族と冬の八ヶ岳(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

ビバ!八ヶ岳

yamasanpoさん、こんにちは。
ビバ!八ヶ岳。
家族・好天・雪質・絶景の全てに恵まれ、大満足の山行になりました。
雪の山。機会を見つけてまた登りましょう。

  • 2012/02/23(木) 12:27:20 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

ありがとうございました。
良かったですね。ブログを書きながらその余韻に浸ってます。
今年の山小屋山行の幸先良い出足です。
今年も楽しめるぞ~と思ってます。
また機会をみてご一緒させて下さい。

  • 2012/02/23(木) 13:57:10 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

雪山が綺麗ですね

yamasanpoさん 皆さん凄いですね。
行ってみたい。
でも、先ずは夏山から経験します。
小屋での一時も楽しかったでしょうね。
いつかは、ご一緒してください

  • 2012/02/23(木) 20:29:08 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

良かったです。最高でした。
そうですね、まずは夏山からですね。
機会をみてご一緒しましょう。
楽しみにしています。

  • 2012/02/23(木) 21:25:51 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/451-1e465b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad