登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

シモンさんと茨城山探検・盛金富士から無名峰へイワウチワ散策

H24年4月8日、シモンさんの「茨城の山探検」オープン山行(第14回)に参加しました。

今年は異常な寒さが続き梅も桜も開花が遅れ、イワウチワも心配されましたが暖かさが戻りグッドタイミングのイワウチワ散策となった。天気は快晴と花見には絶好の日になった。参加者はシモンさんを含め12名。

今回の探検山行は、イワウチワの群生地を求めて盛金富士(340.7m)から青麻山の方向へ向かい、401mピークから寄藤沢の峠へ、そこから255mピークや三角点椢平(175.0m)を経て下小川駅へ戻る時計廻りの周回ルートです。
約6時間の花散歩でした。     

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【地形図】
地形図は⇒こちら

【下小川駅】
9時集合であったが全員集合したところで出発(8時50分)
1下小川駅

【ハイキングマップ】
駅前にたつハイキングマップ
2ハイキングマップ

【盛金富士登山口】
3盛金富士登山口

【イワウチワ】
満開です。盛金富士はイワウチワの群生地として名が通っているが他にハイカーはいない。どうしたことでしょう。
4イワウチワ
5イワウチワ

【盛金富士】
今回のルートで山名称があるのは盛金富士だけ。集合写真を撮る。9時50分、この祠の裏からルートに取り付く。
盛金富士

【急斜面を降り鞍部へ】
10時00分、急斜面を降り鞍部へ降り立つ。シモンさんによると尾根ルートと沢ルートとあるが今回は沢ルートをとるとのこと。
7山道

【沢ルート】
アオキが密生する中をグングンと降り沢を越える。
8山道分岐

【竹林が交錯する所も】
まさに山探検、シモンさんに頂いた地図を見て場所を確認する。
9山道

【尾根に向かう】
沢から尾根に向かい歩くメンバー。
10山道

【尾根に出る】
明るい尾根歩きは気持が良い。
11山道

【この先の尾根で最初の小休止】
10時30分、標高300m付近の尾根で小休止。シュンランが奇麗であった。
12山道

【この尾根にもイワウチワがある】
10時55分、イワウチワが咲く尾根に出る。
13山道
14イワウチワ

【401mピーク】
11時00分、青麻山(394.9m)への分岐でもある。表示なし。
15401ピーク

【昼食】
11時15分着、昼食休憩。11時52分発。
16昼食

【寄藤沢林道末端】
12時10分、寄藤沢林道末端。沼ノ上三角点(388.2m)への分岐。
この付近で長崎沢三角点(395.5m)から歩いて来たというハイカーと出会う。
17寄藤沢林道末端

【255mピークへ分岐】
12時20分、破線の道から255mピークへの尾根に取り付く。ここにもイワウチワが咲く斜面がある。
18破線道から255mピークへ分岐

【255mピーク】
12時45分、255mピークへ着く。標示なし。
19255mピーク

【イワウチワ群生地】
13時00分、イワウチワ群生地へ着く。撮影休憩。
斜面いっぱいに咲くイワウチワ。伐採された丸太が邪魔であるが凄い群生地である。13時15分発。
20イワウチワ
21イワウチワ
24イワウチワ

皆さんそれぞれのスタイルで撮っている。
花を踏み荒らしているように見えますが、そんな乱暴なことはしておりません。
22イワウチワ
23イワウチワ

一方で彼女達は地図を見ながら何を想っているのでしょう。
25イワウチワ

【イワウチワの尾根が続く】
立ち止っては斜面に咲くイワウチワを覗く。
26イワウチワの尾根
27イワウチワの尾根
28イワウチワの尾根

【三角点峰への分岐】
倒木が多く荒れた尾根を歩くとわずかでピークへ。
29175mピークへの分岐

【三角点椢平(175.0m)】
13時40分、三角点椢平(175.0m)へ着く。
30175mピーク

【三角点椢平(175.0m)からの展望】
写真中央部のピークが沼ノ上三角点(388.2m)。三角点近くまで作業道が造られている。
31175mピークから

【斜面を降る】
作業道から斜面を降り林道に出る。
32枯葉が積もった沢筋を降る

【林道へ出る】
14時10分、民家の脇を通り車道に降り立つ。
33林道へ出る

【下小川駅】
14時50分、ゆったりと車道を歩き下小川駅へ戻る。

イワウチハ、充分に堪能しました。
シモンさん、参加者の皆さん楽しい一日をありがとうございました。
次の機会にもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

yamasanpoさん、こんばんわ!
盛金富士のイワウチワ、綺麗に咲いていますね。
ここは私達でも行けそうですので、来シーズンに
チャレンジしたいと思います。

  • 2012/04/09(月) 22:48:42 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

奥久慈のイワウチワは見頃となっています。
盛金富士は道標も整備され、群生地もあり楽しめます。
ぜひ機会をみつけ訪れてみて下さい。

  • 2012/04/10(火) 05:26:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

イワウチワ満開ですね

yamasanpoさん お早うございます。
盛金富士のイワウチワ満開ですね。
一般のハイキングコース沿いを歩きイワウチワを見たことは有りますが今回のコースは沢山の群落ですね。
この時期の里山歩きは楽しいですね。
水戸のNさんやIさん達もご一緒したんですね。
機会が有ればシモンさんの企画に参加したいです。

  • 2012/04/10(火) 05:34:26 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

盛金富士のイワウチワは県内でも開花が早いです。
これから各スポットでの見頃となりますね。
今回のルートはイワウチワのスポットを知り尽くしたシモンさんならでわのものです。
記憶が薄れないうちに再度歩いてみようと思ってます。

  • 2012/04/10(火) 19:35:17 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

寄藤沢峠でのニアミス

峠にて出会いました石川@と申します。
私は、4/1にこのコースを歩いててみましたが、イワウチワは二分咲きでした。
そこで、欲が出まして8日に下檜沢のゲートボール場に車を止め、七内峠・見町峠・長崎沢三角点・沼の上三角点と歩いてきました。
誰とも遭遇することなく歩いていたので、沢山の方と出会いビックリ致しました。
七内峠・見町峠間は藪なのでお薦めしませんが、長崎沢から沼の上三角点間は結構大きなイワウチワノ群生が有ります。またヤブはヤブでミツマタの黄色い花が満開でした。コシアブラやタラの木なども沢山あるので山菜摘みには宜しかとは。

可憐なイワウチワ。素晴らしい群落ですね。
盛金富士はいつも通り過ぎてしまうのですけれど、今の時期最高ですね。

  • 2012/04/10(火) 21:12:53 |
  • URL |
  • えん #-
  • [ 編集 ]

石川@さん

コメントありがとうございます。
この付近の山は尾根が入り組みルートファインディングが必要なもの。
山の中でお会いした際、相当な山歴のある方とお見受けしました。
自分はこのエリアは初めてです。
今回歩いてみて面白みがあり、のめりそうです。
ご紹介して頂いたルートや山菜摘みなど楽しみたいです。

  • 2012/04/10(火) 21:39:49 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

えん さん

盛金富士のイワウチワ、見頃です。
登山口からわずかで群生地がありますから
ぜひ機会をみて寄ってみて下さい。
他の山でも見られ楽しみですね。

  • 2012/04/10(火) 21:44:22 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

植物は大切に

余計なお世話とは存じますが、ルートを外れての写真撮影はマナー違反だと思います。せっかくのきれいなお写真ですが、あのように撮影されているのかと思うと悲しくなりました。次に訪れる人のためにも、大切にしていただければ。

  • 2012/04/11(水) 22:13:21 |
  • URL |
  • あい #-
  • [ 編集 ]

あいさん

このルートは登山道ではなく単なる藪尾根で、ハイカーが足を運ぶことなまずない所です。
ですからルートを外れるもなにもないものです。
今回のメンバーはベテランの方ばかり、山を愛し花を愛しルールを熟知している方ばかりですから、花を踏み荒らすことはありません。
写真の撮り方上、踏みつけているように見えますが、そんな乱暴な方はいませんからご安心下さい。

  • 2012/04/11(水) 22:30:43 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/469-d8bf255c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad