登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

男鹿山塊最高峰・大佐飛山

H24年4月15日、残雪たっぷりの男鹿山塊最高峰・大佐飛山(1908m)を歩いてきました。

大佐飛山は栃木県男鹿山地の最高峰でありながら登山道がない。笹藪の影響を受けにくい残雪残る4月ごろがアクセスしやすいと言われている。、いつかは歩いてみたいと思ってた山の一つであった。

今回の山行はhosoyaさんの計画に参加させて頂いたもの。
メンバーは、リーダーのhosoyaさん、マサコさんと仁科さん、ディダラボッチさん、自分の5人。
大佐飛山へは自分は初めてであるが、hosoyaさん、マサコさん、仁科さんは毎年恒例の7~8回、ディダラボッチさんは2回と熟練者ばかり。

今回のルートは、新道ルート駐車場~三石山~サル山~那須見台~山藤山~黒滝山~西村山~大長山~大佐飛山の往復。10時間45分の山散歩でした。     

         山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【集合】
hosoyaさん宅へ3時00分集合。hosoyaさんの車に同乗し出発。
出発直後にカメラを自分の車に忘れ、カメラを取りに戻る大失態。皆さんに迷惑をかけてしまった。
板室街道369号線を那須に向かって走り、「ニューこめや」の看板を見て左折し林道へ入る。林道は崩壊による落石が頻繁におきている様子が随所に見られ要注意です。

【新登山口出発】
駐車地は巻川林道の膨らみ。すでに車が10数台。リーダーから行程の紹介があり、5時10分出発。
今日の晴天が約束されたかのよう出発する頃に奇麗な朝日が射す。
取り付き口には林道から尾根に上がれる金属製の階段が設置され「黒滝山登山口」と書かれた案内板が掛けられている。尾根に出るまでは急斜面を20分ほどで尾根に出た。(新登山口とは、百村山は経由せず、三石山と百村山の間の尾根に出るルート)
1駐車場

【尾根に出る】
尾根に出ると雪が出始める。この付近から終始残雪歩きとなる。
3山道

【三石山(1257m)】
6時05分、三石山へ。小休止。
4三石山

歩きやすい尾根でアイゼンもスノーシューも要らない。
5山道
6山道

樹間から那須連山も見えるようになり気分が高揚する。
7那須連山

ダケカンバの尾根、この景観がたまらなく好きである。
9山道
10山道

【サル山(1467m)】
6時45分、サル山へ。サル山から右の尾根に折れる。テープが下がっているが広い尾根で間違いやすいので注意。
11サル山
12山道

【那須見台】
7時05分、那須見台へ。白く輝く那須連山を背に自然に笑顔がこぼれる。
13那須見台 

ここからも右に樹間越しに那須連山を見ながらの尾根歩きとなる。
14山道

【山藤山(1588m)】
7時25分、山藤山へ。
15山藤山

これから向かう黒滝山。目の前には黒滝山の急斜面が現れる。 
16山道

ダケカンバと残雪の山の対比が素晴らしい。
18山道
19山道

男鹿山隗の奥に会津駒の峰も真っ白、相当な積雪でしょう。
20会津駒

那須連山の奥に飯豊の峰も・・。
21飯豊

黒滝山の手前にはこのコース唯一の急登があるが、ここも雪の斜面についたキックステップのトレースを辿り難なく越える。
22山道

【黒滝山(1754m)】
8時10分、黒滝山へ。大休止。
雪の急斜面を登りきれば今回のルート中間地点付近の黒滝山山頂である。山頂には三等三角点標石が雪に埋もれ頭だけが出ている。ここには山の形をした大きな山名板が掛けられている。
自分ににとって黒滝山から先は初めて(以前に花の時季に百村山からここまで歩いたことがある)。
23黒滝山

黒滝山から少し高度を下げて樹林帯に入り、登り返して尾根に出る。
24山道

【西村山(1775m)】
8時50分、西村山へ。
25西村山

西村山を過ぎると雪が帯状に残る展望の尾根が大長山へと続く。
ここも「那須見台」としても良いほどで、足が止まる回数が多くなる。
26山道
29山道
30hosoyaさん

【大長山(1866m)】
9時40分、素晴らしい景色を見ながら快適な雪庇を辿り、やがて大長山に着く。 
大長山には一本の樹木に纏めて付けられた「M形」山名板が目を引くが、それ以上にこの名板は分厚い板に太いボルト2本で固定されている。相当な重さであったろうに持ち上げた方に敬意を表したい。
31大長山

雪が緩み始めルートをちょっと外れると股下まで踏み抜く。
32山道

大長山から先は白い雪庇が一本の帯となり続き、今回のルートのメーンイベントとも言うべき大長山~大佐飛山へ続く雪の稜線が現れる。尾根に点在するコメツガなどの素晴らしい樹形。またそんな樹形越しには栃木を代表する塩原・那須・日光などの山々が実に美しく見える。
思わずニヤっとするほどの絶景、最高の気分。大佐飛山まで行かなくとも良いと思うほどである。
33飯豊と那須

左手には男鹿山塊
35男鹿山塊

大佐飛山の展望地で小休止
36大佐飛

ず~と奥に燧ケ岳と会津駒ケ岳
37ひうちと会津駒

ここで撮らねばどこで撮る。
39山道

大佐飛山(左端)を目指して展望の尾根を行く。
40山道
41山道

最後の大佐飛山への上りはそんなに急ではないが、ここまで辿ってきた疲れもあり以外に長く感じる。
42山道

【大佐飛山(1908m)】
10時55分、大佐飛山へ。昼食とする。樹林に囲まれ展望は良くない達成感は充分である。
快晴無風の山頂、ポカポカ陽気。今の時季にはめったにない陽気であるとのこと。
43大佐飛山

【下山】
大佐飛山11時35分⇒大長山12時40分⇒西村山13時25分⇒黒滝山13時50分⇒山藤山14時30分⇒サル山14時50分⇒駐車場15時55分

初めての大佐飛山でこの絶景、ラッキーであり最高の一日でした。
hosoyaさん、マサコさん、仁科さん、ディダラボッチさんありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

素晴らしい尾根道ですね!
以前、どなたかの記録で見て憧れていたのすが、
改めて見ると結構な行程で尻込み。
もうちょっと力をつけていつかは!と思いました。
よい記録を見せていただきました。
ありがとうございます!

  • 2012/04/16(月) 23:50:51 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

羨ましいほどに素晴らしい山行きでしたね(^^♪
国土地理院の地図と照らし合わせながら読ませていただきました。
強風の吹き荒れることの多いこの時期に好天を味方に付けるなんて
きっとこれはyamasanpoさんへのご褒美ですよ(^^)
大佐飛や上越のタカマタギと言った期間限定の山へ行くなんてホント羨ましいです~♪
私がこの山に行けるのは「幻の塩那道路」が完成したらかな?!(笑)
貴重なレポートありがとうございましたm(_ _)m

  • 2012/04/17(火) 00:15:46 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

天候に恵まれて最高ですね

yamasanpoさん 天候に恵まれ最高でしたね。
健脚の方々なればこそのルートでしょうか。
この時期の雪上は歩き安すいのでしょうか。
デイダラボッチさんのスノーシューも使わなかった様ですね。
それにしても素晴らしい展望ですね。
機会が有れば行ってみたい山ですね。

  • 2012/04/17(火) 05:52:49 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

くに さん

良い条件に恵まれ素晴らしいものでした。
このルートは天気に恵まれれば展望の尾根道ですね。
終始、展望を楽しみながらでした。
改めて男鹿山塊の奥深さを知らされた思いです。
チャレンジするに値する山ですね。ぜひ機会をみて。

  • 2012/04/17(火) 06:45:12 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

本当に素晴らしいものでした。
この山隗は足を踏み入れにくいものですが、良いものを持っているエリアですね。
同行者によると今までの山行では寒くかったり天気がわるかったりの時が多かったそうで、こんな天気は初めてとのこと。
ラッキーでした。
これは病みつきになりそうですね。
塩那道路」が完成? 無理、無理(笑)

  • 2012/04/17(火) 06:54:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

絶景でした。
条件も良かったのでアイゼンもスノーシューも使わなかったです。
そのためか所用時間も短く快適散歩でした。
条件が悪ければへとへとになることもあるでしょうね。
一見の価値ある尾根でした。

  • 2012/04/17(火) 06:59:04 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

こでらんね~な~

yamasanpoさん、おはようございます。
私のブログでは「遥かなる大佐飛山」ってタイトルだけど、
確かに遥かなる峰で歩き応え満点だったよね。
「絶景紀行」とも名付けたけど絶景の連続だったよね。
こんな「こでらんね~(堪えられないほどイイこと)」山行に、
会津駒ケ岳縦走でも恵まれることを願いつつ・・・。

  • 2012/04/17(火) 09:14:10 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

良かったですね。最高です。
遥かなる峰からの絶景、忘れられないものとなりました。
こでらんね~な~です。
会津駒ケ岳縦走もこの勢いをかって行きたいものですね。
メンバーも顔なじみの方ばかり、楽しみです。

  • 2012/04/17(火) 18:44:21 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

展望最高ですね

yamasanpoさん、こんばんわ!
天気も良く、最高の展望が得られましたね。
山名を見て、さてどこだろうと考えましたが、那須塩原
の北方と意外と近いので、びっくりしました。
歩行時間約11時間と相当ハードなので、私達には
無理な山のようです。

  • 2012/04/17(火) 21:28:29 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

絶景の尾根歩きでした。
この山は意外と近い場所にあるんですね。
男鹿山塊は派手さはありませんが、その道の人達には好まれて歩かれているようです。
黒滝山までは登山道がありカタクリやシロヤシオが咲く花の山でもあります。その先は期間限定の山になりますね。

  • 2012/04/17(火) 21:54:35 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

今晩は。
大佐飛山は、あこがれの山です。
いかんせん超ロングの故、これまで二の足を踏んでおりました。新道の存在は知りませんでした。11時間弱ですか!少しだけ可能性を感じさせていただきました。
それにしても、素晴らしい尾根ですね!あこがれ感が、益々増幅いたしましたです。

  • 2012/04/17(火) 22:29:24 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

あこがれの山

う~ん、たまりませんね。
大佐飛山はとても気にはなってますが、毎年どなたかの記事を読むだけになってしまいます。
ここは押さえておきたいですね。けれど、限られた季節と、天候条件、それに体力気力。
ぶなじろうさま同様、「行きて~!」感が頭の中で大きくなってます。

  • 2012/04/17(火) 23:41:47 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

大佐飛山

 こんばんは。『栃木百名山』として知ってはいますが、この時期がちょうど良いのですね。春真っ盛りの街中から、ひとっ飛びで白と青の世界へ・・・。このギャップがまた素晴らしいですね。
 私も今月上旬まで日光で雪と戯れましたが、さすがにこちらは戯れるレベルではなく、かなりの本格派。技術・体力ともに充実しておられ、感嘆の一言です。

  • 2012/04/18(水) 01:25:18 |
  • URL |
  • Non #9ddgPdqs
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

絶景の尾根、素晴らしいものでした。
この尾根に魅せられて多くのハイカーが押し寄せる訳がわかりました。
所用時間は気象条件、雪質などの左右されますが、絶景が癒してくれますので疲労感もさほどでないことと思います。
ぶなじろうさんであれば何の躊躇いも不要でしょう。
機会をみて訪れてみて下さい。

  • 2012/04/18(水) 08:00:47 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

自分もいずれと思っていた山でした。
想像以上のものでした。
近場にこんな素晴らしい尾根があるとは。
期間限定とはいえお薦めですね。
チャンスを待ち出陣を。

  • 2012/04/18(水) 08:05:50 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Non さん

取っつき難い山ですが、尾根に出るとそれはそれはの空間、一見の価値ある尾根でした。
近場にこんな良いルートがあるとは驚きですよね。
今回はベテランさんにサポートされての山行で、このような絶景を堪能し言うことありません。
良かったです。

  • 2012/04/18(水) 08:14:56 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

すっばらしいですね!

おひさしぶりです。ワタクシ年度末の荒波にもまれているうちにいつの間にやら季節は春になっていました。ちっとも冬を堪能しないうちに冬終わっちゃいました。

この雪の稜線いいですね。樹林帯をかきわけかきわけ辿り着いた天国って感じで気分よさそう。でも11時間とはさすがですね。ワタクシたちだいぶ体がたるんでしまったので鍛え直すところからスタートです(^_^;)

  • 2012/04/18(水) 13:52:37 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

この尾根、良いでしょう。
Tobyさんならスキーも楽しめそう。
ロングコースですがこの絶景を得られれば疲れも吹っ飛んじゃいますね。
東北の山もこれから花の時季、楽しみですね。

  • 2012/04/18(水) 20:52:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、先日は通勤電車の中でどうもでした。

yamasanpoさんが通勤電車を降りた後、電車は久慈川を渡ります。空気が澄んでいて天気が良いと、4つの山塊が見えます。南から日光連山、高原山、日留ヶ岳+男鹿岳+大佐飛山の山塊、そして那須岳。

いまだ行ったことが無い日留ヶ岳+男鹿岳+大佐飛山の山塊はとてもミステリーゾーンです。

思っていたより良い感じのところですね。ここもいつか行きたいと思っています。

  • 2012/04/18(水) 21:52:10 |
  • URL |
  • えん #lnYM7kUo
  • [ 編集 ]

えん さん

こちらこそどうもです。
電車の中のわずかな時間でしたがお話ができ良かったです。
今度は山をご一緒下さい。

男鹿山塊は魅力ありますね。
病みつきななりそうです。
ぜひ訪れてみて下さい。期待を裏切らない山ですから。

  • 2012/04/18(水) 22:16:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/475-d536a6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad