登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

御池から会津駒ケ岳~三岩岳~窓明山縦走(その1)

H24年4月28日~29日、雨巻家族と御池から会津駒ケ岳~三岩岳~窓明山を縦走してきました。

会津駒ケ岳を盟主とする積雪量豊富な1900m~2100mの尾根が続くこのルート、歩いてみたいが自分の力では無理と諦めていたが、そんな折にディダラボッチさんの雨巻家族山行計画書にこのルートの計画があり参加させて頂いた。
今回のメンバーはディダラボッチさん、hosoyaさん、マサコさん、今泉さん夫婦、シーさん、ミッキーさん、自分と8名。

今回の行程は、
4/28(土)益子4:00~御池7:55~登山口8:10~9:30大杉岳9:40~11:05電発避難小屋(昼食)~13:05大津岐峠13:20~駒の小屋15:00(泊)~会津駒ケ岳(往復)
4/29(日)駒の小屋4:10~会津駒ヶ岳4:22~大戸沢岳5:10~6:00朝食6:20~7:45三岩岳~9:20窓明山~10:50家向山~12:45保太橋~13:00小豆温泉登山口

         山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

【御池駐車場】
R352の御池までは4月26日に開通したこともあり、駐車場は待ちかねたスキーヤーでいっぱい。
28日、29日とも天気予報は良い、積雪量豊富で条件は揃っている。期待を膨らませ7:55駐車場発。
2御池

【R352】
未除雪のR352を登っていくと大杉岳の登山口がある。
3車道

【登山口】
目印はない。先行者のトレースを拾い登って行く。
4取り付き口

【大杉岳への登山道】
急斜面をユックリ登っていく。
6山道

振り向くと燧ケ岳がド~ンと。
5ひうち

メンバーがジッと見ている先は・・
7山道

これです。至仏山に尾瀬ヶ原、尖った景鶴山など
8至仏山

【大杉岳(1921m)】
9:30着、大杉岳山頂。山頂標識も目印もなし。
9大杉岳

大杉岳山頂からは会津駒ヶ岳までの尾根が見渡せる。
次のポイント電発避難小屋(鉄塔)を目指す。
10-1大杉岳から

この尾根の景観は抜群。右から荒沢岳・越後駒ケ岳・中ノ岳。中ノ岳の右側に八海山の山頂がちょっとだけのぞいている
12山道

目指す鉄塔がしだいに大きくなってきた。
13山道

振り向くと燧ケ岳が。
14山道

張り出した巨大な雪庇
15山道

絶景にしばし足止め。
16山道

すばらしい越後の山並み、大パノラマです。
17山道

【電発避難小屋】
18電発避難小屋

鉄塔の基部で昼食とする。
19鉄塔

この景観を見ながらのお昼は美味いね~。
20鉄塔からの展望

腹を満たした後、広い雪原を行く。
21山道

会津駒ヶ岳を目指して
22-1山道

背後の燧ケ岳も鉄塔も遠くなった。
23山道

この真っ白なコブを登ると大津岐峠へ出る。
24山道

コブの上から見る燧ケ岳、その右に大杉岳とかぶってしまったが至仏山がちょこっと、さらに右に平ヶ岳。絶景です。
25山道

燧ケ岳を右に、日光連山、奥白根山を背にシーさん。
26山道

絶景を背に、満足感あふれる表情です。
27山道

【大津岐峠(1945m)】
言われてみなければわからない平坦な場所、道標も見当たらない。
28-1大津又峠

【大雪原】
実に快適な雪原散歩、この解放感がたまりません。
29山道
30山道

張り出した巨大な雪庇の端を踏みしめながら行く。
ディダラボッチさんによると今年は積雪量が多く雪の暴れ方が少ないそうだ。
31山道

駒の小屋直下のきつい登りが続く。燧ケ岳と大杉岳のピークから歩いた尾根が確認できる大展望。
32山道

【駒の小屋】
15:00着。小屋は雪に埋もれている。今日はこの小屋に宿泊する。
33駒の小屋

【会津駒ヶ岳へ向かう】
まだ陽が高い。ザックを下ろし身軽になりhosoyaさん、マサコさん、ミッキーさんと四人で会津駒ケ岳へ登る。
34駒岳へ

会津駒ヶ岳(2132m)山頂。標柱は雪に8割方埋もれている。
35駒岳

ゆったりとした雪たっぷりな中門岳への尾根
36駒岳から

明日歩く三岩岳への尾根を確認する。
37駒岳から

【雪のテーブル】
会津駒ケ岳から戻るとディダラボッチさんが雪を掘り出し造った雪のテーブルが出来ていた。さっそく雪のテーブルでお茶とする。
38テーブル

【夕食】
駒の小屋は自炊。夕食のメニューは煮込み肉うどん、前日にディダラボッチさんとマサコさんが買い揃えたものをメンバーが分担し持ちあげた。アルコールやツマミもテーブルに所狭しと並べられた。ランプの明かりの下、宴会は消灯(20時)近くまで続いた。
39宴

御池から会津駒ケ岳~三岩岳~窓明山縦走(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

会津駒縦走

yamasanpoさん、大変お世話になりました。

いつもながら、素敵な思い出の写真を撮って下さって
ありがとうございます。

それにしても、素晴しい山景でした。
360°に広がる雪山は本当に神々しく、畏れ多く、2度と見られないような風景だと思います。
白く光る奥深い越後と福島の山々には、圧倒されます。

雪山の縦走はやはり大変なものでした。
なんとか歩き通せたのも、みなさんのお陰です。
もっと力をつけて出直します。
その時はまたよろしくお願いします。

  • 2012/05/01(火) 01:39:29 |
  • URL |
  • ミッキー #-
  • [ 編集 ]

見渡す限りの展望

yamasanpoさん 有難う御座いました。
レポ見ながらあの時の感動をまた味わってます。
初めての春山登山皆さんのおかげで楽しませて頂きました。
雪原での昼食、小屋での夕食、楽しくまた美味しかったです。
また 皆さんから色々と教えて頂き次の登山に活かしていこうと思ってます。
第2段のレポも楽しみにしてます。

  • 2012/05/01(火) 05:00:22 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

絶句!

すんごいですねぇ。
すばらしいお天気に白い山々のきれいなことといったらないですね。前半お天気よかったですもんね。いやぁほんといいなぁ。
後半楽しみにしてます!

  • 2012/05/01(火) 12:39:24 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

感動が蘇ります

yamasanpoさん、こんにちは。
素晴しい写真の数々の通り、大満足の山行でしたね。
登山・花日記を見るにつけ読むにつけ、あの時の感動が蘇ります。
4年連続の企画ですが、5年でも6年でも続けましょう!

  • 2012/05/01(火) 15:06:17 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #a7lKC2pw
  • [ 編集 ]

あれっ??
リンゴさんも会津駒の日帰りをしたようですが・・・一緒ではないのですね。
なるほど~雪は多いのですね。つぼ足なんですか?
それにしても眩しい白と青い空、いい天気♪

  • 2012/05/01(火) 15:22:45 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

青い空と白い山のコントラストが美しいですね!
あの真っ白な会津や越後の山々を見ながら
というのはやはり格別ですね。

私も翌日、会津駒~三岩岳ですが、縦走したんですよ~。
デイダラボッチさんが、御池~窓明山と入って
いたのは知っていましたが、yamasanpoさんも
一緒だったのですね。
トレース、ありがとうございました。
たいへん心強かったです!

  • 2012/05/01(火) 19:37:26 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

ミッキー さん

こちらこそお世話になりました。
山行に運転にお疲れ様でした。
写真はいつまでたっても上手くなりませんねえ。
写真の枚数を多くしてごまかしています。
このルートにこの天気、これ以上ない条件、ラッキーでしたね。
最高の尾根散歩でした。
これも経験豊富なディダラボッチさんと良き仲間とご一緒できたからこそと感謝してます。
次の機会もぜひぜひご一緒させて下さい。

  • 2012/05/01(火) 20:07:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

石川@

大杉林道、富士見林道そして、この時期しか歩けない三岩岳へのルート。
良いですよね。
私たちは、今回は酒盛だけが目的の滝沢林道の往復。
でも頂いちゃいました『駒の小屋 2011年山飯チャンピオン』
駒の小屋はニ連泊がお薦めです。2日目に缶ビールをもって、1日中門岳でまったりと。
何時もの木賊温泉によって入浴してきたのですが、湯舟からふっと対岸の岩場を見れば、イワウチワワが満開でした。群生してます。入浴しながら見えるなんて、何か得した気分です。

和子&徹也 さん

お疲れ様でした。
良き仲間との山行は楽しいですよね。
写真を撮りまくってきましたので整理が追いつかずレポのアップが遅れてます。
写真の整理をしながら感動が蘇ってきます。
良かったですよね~。最高、最高。
次の機会もぜひご一緒下さい。

  • 2012/05/01(火) 20:15:23 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Toby さん

快晴、微風の中、素晴らしいものでした。
Toby さんにとっては普通の雪山でしょうが、
自分にとっては別世界。
残雪期の展望の良さを思い知らされました。
良かったですね。
今もって酔いしれてます。

  • 2012/05/01(火) 20:24:32 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

お世話になりました。
こんな世界があるのかと今もって酔いしれてます。
これもディダラボッチさんと良き仲間とご一緒できたからこそと感謝しています。
ありがとうございました。
次の機会もその次も・・ご一緒させて下さい。

  • 2012/05/01(火) 20:29:56 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

リンゴさんも会津駒歩かれていたそうですね。
バッタリがあったら良かったですがね。
二日間とも快晴、微風。絶景絶景の連続でした。
残雪期の展望は抜群に良いですね。
忘れられない山行となりました。
雪は多いですがこの暑さで腐りはじめてました。
つぼ足でも歩けますが自分はスノーシューでした。

  • 2012/05/01(火) 20:38:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

くに さん

くにさんも歩かれていたのですね。
くにさんもこの週末、たぶん雪山だなと推測してましたが、会津駒~三岩岳とは思ってませんでした。
天気も良く最高の展望、別世界でした。
窓明山へは花期に何度も行ってますが山頂は樹林に囲まれ展望はイマイチ。それが残雪期は360度の大展望にビックリでした。
これも雪のなせる技ですね。
この山行はディダラボッチさんにおんぶにだっこ。
お世話になりっぱなしです。

  • 2012/05/01(火) 20:56:52 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

石川@さん

会津駒ヶ岳を楽しまれていますね。
縦走も良し、まったりするのも良し。
山を楽しむスタイルも様々ですね。
駒の小屋、良い小屋ですね。常連さんが多いと聞いてます。
また利用してみたい小屋の一つです。

  • 2012/05/01(火) 21:06:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

春の雪山、良いですね!

yamasanpoさん、こんばんわ!
天気が良く、眺望も最高でしたね。
小屋前のベンチで昼を食べたことを思いだしました。
山の上の雪もまだ多いですね。
今週末に、多少の残雪と帰りの温泉をを楽しみに那須
辺りを歩こうかと考えています。

  • 2012/05/01(火) 21:28:46 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

最高の条件での山行でした。
雪の白さで山々の尾根もスッキリと、素晴らしいものでした。
今年は積雪量も多いとのことですが、このところの暑さで雪が腐ってきてますね。
那須も良いでしょうね。
私達も行きたいと思いつつ延び延びです。
レポ楽しみにしてます。

  • 2012/05/01(火) 21:37:21 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

1時間差

1時間前に燧に向かったのでもう少しでお会いできていたんですね!
思わず浮かんだのがアンルイスのグッバイマイラブ。
あなたは右にわたしは左に~振り向いたら負けよ~♪
別に振り向いても負けないでしょうが。
もっとも、振り向くよ余裕も無くアクセク登っていました。
バッチリの快晴で、日焼けは大丈夫でしたか?
続きも楽しみです!

  • 2012/05/01(火) 23:45:58 |
  • URL |
  • 徒然草子 #-
  • [ 編集 ]

徒然草子さん

徒然草子さんは燧だったのですね。
ニアミスでした。
御池からはほとんどが燧、どちらに向かっても快晴でしたね。
日焼けでヒリヒリです。
でも天気に恵まれ最高でしたね。

  • 2012/05/02(水) 14:52:14 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

好きな場所が有ります

yamasanpoさん

そうなんです。私の中では好きな場所で有り、年に4回ぐらい宿泊しております。また、このように年に数回行ってしまう場所は、県内の八溝山、久慈男体山、お隣の高原山(主にスノーシュー)が有ります。
どの山も、学生時代にはボッカを担がされた嫌なおもいしか無かったのですが、40年も過ぎてしまえば楽しい思いの有る山に変わっています。

石川@さん

年に4回も利用しているのですか。常連さんですね。
たしかに山も良し小屋も良しですからわかりますね。
八溝山も奥久慈男体山も高原山も自分の好みです。
今一番の気になっているのは八溝古道です。
古い山道に興味をそそられます。

  • 2012/05/03(木) 07:27:59 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

歩いてる方は少ないです

茨城県側は、結構人に会いますが栃木県側や福島県側は、人と出会うことはなく、殆んどがイノシシです。
お薦めは、福島県、栃木県側で石仏や野草が沢山あります。
渓流の流れさえ異なります。
ただ、茨城県側とは異なり超ロングコースとなります。

石川@ さん

歩かれている人は少ないでしょうね。
検索してもヒットしないですから。
イノシシには会いたくないですね(笑)
福島県、栃木県側からは歩いたことがなく興味があります。
ロングコースは承知の上ですが。

  • 2012/05/03(木) 08:53:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/481-8e9038f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad