登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

栃木の名峰・日留賀岳から男鹿岳(その2)

栃木の名峰・日留賀岳から男鹿岳(その1)からの続き

【塩那道路】
10:35 塩那道路(日留賀峠)に出る。背後は日留賀岳
30林道

【塩那道路・つらら岩】
要所要所にこのような標識があり位置がわかる。
32林道つらら岩
33林道つらら岩

【塩那道路・鹿の又坂】
中央のピークは鹿又岳?
34林道鹿の又坂

振り返り見る日留賀岳方面
35-1林道

【フキノトウ】
塩那道路沿いにはフキノトウがいっぱい
35フキノトウ

【塩那道路・大佐飛展望台】
37-1大佐飛展望台

標識通り大佐飛山が大きくなる。
37大佐飛山

【塩那道路・記念碑】
11:40 記念碑が建つ広場。広場の一角には真新しいプレハブ小屋で広さは8畳ほど。このプレハブ小屋は植生観察小屋とのことで塩那道路沿いに何棟か建っている。避難小屋としても使えそう?
男鹿山塊の中でも奥深いところである。展望はないが落ち着いた静かなところだった。
38記念碑

【塩那道路・ひょうたん峠】
11:50 塩那道路からの大佐飛山の取り付き口。
大佐飛山へはここからは大きく降りその登り返しがきつそうで見ただけでうんざりです。
37-2大佐飛取り付き口

【大佐飛山】
左は大長山(1866m)、右は大佐飛山(1908m)
39大佐飛山

【先に男鹿岳を見る】
右のピークは前衛峰、左のピークが男鹿岳本峰
41-1男鹿岳を見る

【塩那道路・距離表示】
塩那道路沿いにこのような距離表示があり目安になる。
40表示

【男鹿岳が大きく見えてきました】
写真のピークは男鹿岳の前衛峰である。
41男鹿岳への尾根

【取り付き口】
12:10 ここで昼食。12:30 藪に突入。
滑り易い急傾斜を笹や木の枝を掴みながら必死に身体を持ち上げ、わずかで微かな踏み跡のある尾根に出る。
42男鹿岳への取り付き

【男鹿岳への尾根から】
尾根上には微かな踏跡が続く。まずは前衛峰を目指す(右のピーク)。
43男鹿岳への尾根

振り返ると左に大佐飛山、右奥に鹿又岳、日留賀岳
44男鹿岳への尾根

前衛峰から男鹿岳本峰へ進む。
45男鹿岳への尾根

最後にもう1度藪を漕ぐ。いよいよ山頂が迫る。
46男鹿岳への尾根

【男鹿岳】
13:10 静かな山頂です。三等三角点が藪の間から頭を出していた。
48男鹿岳

背後には那須岳が見えるものであるがあいにくの雲で見えません。
47男鹿岳

標識も多くあります
49男鹿岳

【下山です】
13:20 先も長いことからゆっくりできない。下山です。
51下山

【塩那道路に戻る】
13:55 取り付き口に戻る。これから約20キロ先の板室ゲートを目指して歩け、歩け・・。
道路上には熊のフンと見られるものがここにも、ここにもと。見るたびに前後左右を見回してしまいます。
52林道
53林道

塩那道路は崩落している箇所が多く見られる。これでは通行止めはしかたがないですね。
54林道

【塩那道路の再開発】
このゲートの先から深山園地として再開発されている。
駐車場も整備されているが、運用はまだ先のようです。ここまで車で入ることができれば男鹿岳への取り付きもわずかではあるが容易になりますね。
55林道
56林道
57林道

【ゲート】
18:05 絶対通させないとの想いを感じさせられる頑丈なゲート。板室から3.1キロのところにある。
58林道

【幸乃湯温泉P】
18:55 幸乃湯温泉P到着 12時間50分の山散歩でした。
秋山さんの車で塩原(小山邸)へ戻る。

秋山さん、hosoyaさん、マサコさんお世話になりました。
遥かなる山に皆さんとご一緒させて頂き記憶に残る山旅となりました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

ロング・ハイク、お疲れ様でした!
以前の大佐飛山に続き、興味深々読ませていただきました(^^)
歩く人の少ない山域を歩きたい気持ちは良くわかります。
だからyamasanpoさんとは似たような山の選択になってしまうのですかね(^^;)
いつか私も歩いてみたい山域です。
貴重なレポをありがとうございましたm(_ _)m

  • 2012/06/06(水) 15:28:58 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、お世話になりました。
2年前の塩那道路に比べて崩落が多く、
さらに熊糞も多くて驚きました。
栃木側からの男鹿岳に登れて満足です。
それにしても大きくて深い山塊でしたね。

  • 2012/06/06(水) 15:34:35 |
  • URL |
  • hosoya #-
  • [ 編集 ]

後半も凄いですね

yamasanpoさん 後半は林道歩きが多そうですね。
この道路は開通見込みが有るんでしょうか?
近くまで車で行ければ大佐飛山にも行けそうですね。
ところで何キロ歩いたんですか?

  • 2012/06/06(水) 17:46:53 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

歩行距離

歩行距離はGPSによれば34.4kmと表示されてました。

  • 2012/06/06(水) 18:27:50 |
  • URL |
  • Mt.aki #-
  • [ 編集 ]

でん さん

男鹿山隗は大きいですね。
素晴らしい山隗です。
天気を見極め山慣れた山仲間とご一緒されることをお薦めします。

  • 2012/06/06(水) 19:11:28 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

hosoyaさん

こちらこそお世話になりました。
私達だけでは歩けないコースをご一緒させて頂き感謝してます。
天気にも恵まれ花にも恵まれ最高のものでした。
ロングコースをなんとか歩き通せたのも皆さんの支えがあったからこそです。
ありがとうございました。

  • 2012/06/06(水) 19:26:38 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

長~い林道歩きです。
Mt.aki さんから34.4kmと教えて頂きました。
100キロウォークの練習にもなりそうな距離ですね。
崩落が激しく塩那道路の開通はまずないでしょう。
塩那道路を使っての大佐飛山ですか?
考えない方が賢明ですね。
hosoyaさんほどの体力気力が必要です。

  • 2012/06/06(水) 19:38:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Mt.aki さん

お世話になりました。
30キロ程度と思ってましたが、34.4キロとは・・時間がかかったわけですね。
充実感たっぷりの山行でした。
ありがとうございました。

  • 2012/06/06(水) 19:44:10 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

今晩は。
ロングコース、お疲れ様でした。
日留ヶ岳往復でも大変そうなのに、よくもまぁ~(とか何とか言って、おいらも行きたい!)。30km越えの12時間越えですか!チョット無理ですねぇ~。感服いたしましたです。

  • 2012/06/06(水) 22:03:05 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

距離とヤブ

これはすごい。
日留賀岳からヘアピンカーブを眺めた時、ここ通ったら行けそうかなとも考えました。が、この距離とヤブでは無理そうです。
塩那道路、チャリ使えると楽そうですが、あのゲートではお手上げです。

  • 2012/06/06(水) 23:55:14 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

疲れました。
長いコースでしたが天気も良く展望があり良かったです。
先が見通せることは元気がでますね。
それにしても大きな山隗、遊び場所には事欠きませんね。
ぶなじろうさん好みの山域です。

  • 2012/06/07(木) 09:47:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

日留賀岳からヘアピンカーブは今までも良く眺めていましたが、藪で諦めていたものです。
このルートは山慣れた山仲間と一緒でしたので歩くことができましたが、個人では無理のような気がします。
板室側のゲートはチャりも持ち込めないほどの頑丈さです。
現状では歩くしかありませんね。

  • 2012/06/07(木) 09:55:32 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

薮漕ぎ

yamasanpoさん、こんにちは。
以前、日留賀岳からヘアピンカーブまで薮漕ぎし、
フキノトウの車道を歩き、
鹿又岳の2つのピークへそれぞれ猛烈な薮漕ぎをして登ったことがあります。
だから、苦労も喜びも実感できます。
お疲れ様でした。
そして栃木県側からの男鹿岳登頂(これに意義がある)おめでとう!

  • 2012/06/07(木) 10:19:50 |
  • URL |
  • デイダラボッチ #YY2HISRA
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

デイダラボッチさんのレポ、事前に良く読み参考とさせて頂きました。
これは容易ではないと覚悟してました。
歩いている時には感じませんでしたが、翌日になり手足に引っかき傷があり格闘した証しがあちこちに。
林道から見上げた鹿又岳はさほどのものとは思えませんでしたが、密藪なんでしょうね。
それにしても男鹿山隗、魅力あるものですね。

  • 2012/06/07(木) 13:08:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

Σ(゚д゚lll)ガーン

34kmって…
すごすぎます。しかも藪こぎ込みですよね。
これはほんとにすごいですねぇ。
いやぁ言葉になりませんよ。
ほんとすごいなぁ。

  • 2012/06/07(木) 22:14:17 |
  • URL |
  • Toby #-
  • [ 編集 ]

おはようございます♪

お疲れ様でした♪

ほんとに、すごすぎです・・・
34キロ歩き終えたらすごい達成感あるんでしょうね~。
私にはもちろん真似できませんが。←当たり前(笑)

真似できないにしても日留賀岳は一度登ってみたいお山です(^^)

  • 2012/06/08(金) 06:03:44 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

Toby さん

男鹿山隗は簡単には寄りつきできません。
どこから入っても容易ではありませんね。
栃木からは日留賀岳越えですからね。
34キロは林道のみのもので、それに山道、藪道ですから。
日帰りとしては限界でしょうね。

  • 2012/06/08(金) 08:54:12 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mari さん

砂利道の林道34キロはこたえますね。
100キロウオークの練習には良いですが(笑)
日留賀岳まではコースがしっかりしてますから歩き易いです。
紅葉がきれいな場所でもありますからぜひ訪れてみて下さい。
熊にはご注意のほどに。

  • 2012/06/08(金) 09:06:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/498-bcb8de09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad