登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花旅・日暮沢から大朝日岳(その1)

H24年7月9日~10日、山形県の大朝日岳を歩いてきました。

大朝日岳を中心とした主稜線を朝日連峰と呼び、北の以東岳から南の祝瓶山までをいう。山麓から山腹にかけてはブナの原生林、夏季の稜線上は高山植物が咲き誇る花の山でもある。
今回は日暮沢登山口からの反時計廻りの周回とし朝日連峰の花を満喫しようと計画したものである。

今回の行程は、
7月9日:日暮沢~清太岩山~ユウフン山~竜門小屋(泊)~寒江山(往復)7時間半
7月10日:竜門小屋~竜門山~西朝日岳~大朝日岳(往復)~小朝日岳~古寺山~日暮沢 9時間

大朝日岳へは今回で3回目。
・H22年10月17日 古寺鉱泉から往復日帰り(その1)(その2)
・H12年8月18日 朝日鉱泉から鳥原山経由、中ツル尾根の周回日帰り

           山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

ナビ設定:大井沢温泉「ゆったり館」0237-77-3536 300円
自宅発3時20分ー国見SAで朝食ー日暮沢小屋前駐車場着8時05分 352Km (月山ICから約17Km、ゆったり館からは約10Km)
根子川沿いの狭い林道へ入る。砂防ダムから先は林道の補修工事でH24年7月9日~H24年9月25日までは通行止めの看板があるが、今日までに小屋まで入った車は出られるとのこと。間一髪セーフであった。

【日暮沢小屋前駐車場】
8:05。すでに3台の車が駐車している。トイレも水場もある。
1日暮沢小屋

小屋前には「登山情報」が張り出せれていて親切である。
2登山情報

【日暮沢口コースガイド】
日暮沢口コース

【竜門山への登山口】
8:20。左奥の青いバケツの場所は水場、水が豊富に流れている。
3-1登山口

【清太岩山への道】
ブナ林の中の急登。久しぶりの避難小屋泊りでザックがズシリと重い。
4山道

【コロビツ水場】
10:05。水場の道標があるが文字が消えかかり読めない。水場に降りてみるとシラネアオイが咲いていた。水量は細く夏場には期待できないであろう。
8水場

【展望所】
コロビツ水場の道標を過ぎると登りは更に急になり土嚢で補強した階段道も出る道となる。ここを過ぎると展望が一気に開ける(10:35)。左から古寺山~小朝日岳~大朝日岳の稜線。
9展望所

左から大朝日岳~中岳~西朝日岳の稜線。右手前にユウフン山。
10展望所

左にユウフン山、右に清太岩山、中央奥に竜門山。
11展望の尾根道

【清太岩山(1465m)】
11:05。三角点があるのみ。山頂道標はない。ここから先は展望の尾根歩きとなる。
12清太岩山

【清太岩山からの展望】
ユウフン山を右に小朝日岳~大朝日岳の稜線
15清太岩山からの展望

ユウフン山を左に竜門山~寒江山の稜線
16清太岩山からの展望

【ユウフン山(1565m)】
11:55。ここからは遮るものなし。素晴らしいものである。
17展望
18展望
19展望

【ヒメサユリ咲く尾根】
もう遅いであろうと期待していなかったヒメサユリ。ラッキーだな~。初々しいく凄く奇麗である。
20ヒメサユリ
21ヒメサユリ
22ヒメサユリ

【竜門山への尾根】
竜門山から寒江山への稜線に竜門小屋が見える。巻き道が欲しい所であるが道はない。
23山道

【シラネアオイとサンカヨウ】
雪解けが終わったばかりの場所に群生している。これも見事なもの。
26シラネアオイ
27シラネアオイとサンカヨウ

【分岐道標】
12:50。竜門山(1688m)に分岐があり、「至三方境、至西朝日岳」の道標。今日は三方境方向に入って竜門小屋に向かって急坂を下る。
28分岐道標
29小屋へ

【お花畑】
竜門小屋への斜面はお花畑。
ハクサンイチゲやミヤマキンバイは終盤であるがまだ見られる。
30お花畑

ヒナウスユキソウは今が真っ盛り、素晴らしい群生地がどこまでもどこまでも。
31お花畑

【竜門小屋】
13:00。奇麗な小屋である。小屋はピカピカのフローリングでトイレは水洗。避難小屋とは思えないほど立派な小屋だった。。小屋前に水がジャバジャバと出ている。お薦め小屋である。
今日の利用者は私達を含めて7人。1階は私達のみでのびのび。
32竜門小屋
33竜門小屋

【寒江山へ向かう】
13:15。時間があることから小屋にザックをデポし、水と少々のオヤツを持って寒江山を往復する。
35寒江山へ

【お花畑】
この尾根にも花がいっぱいである。
今の主役はヒナウスユキソウ、ヨツバシオガマ、オノエラン、シャクナゲなどなど。
チングルマもミネザクラもミヤマダイコンソウはまだ見られるものがある。
ニッコウキスゲはまだ蕾。初見の花も多く見られるがとても載せきれない。
36-1チンクルマ
37花
38花
39花

【寒江山(かんこう)を目指す】
目の前に大きくド~んと。左から南寒江山、寒江山、北寒江山
今回は寒江山まで。
40寒江山へ
42お花畑

【南寒江山】
奥のピークは寒江山。寒江山への道もヒナウスユキソウのお花畑を行く。
43-1南寒江山

【寒江山(1695m)】
14:20。360度の展望である。暑くもなく寒くもなく良い気分15:00まで山頂を貸し切りまったりする。
43寒江山

【寒江山からの展望】
相模山~大上戸山の尾根。この尾根歩きも良さそうだなあ~。
44寒江山から

遠くに以東岳、雲がなかなか取れない。次回は以東岳へ。
45以東岳方面

歩いてきた竜門山への稜線。
47尾根道

【竜門小屋】
15:50。小屋に戻り夕食。のびのび静かで良いな~。

花旅・日暮沢から大朝日岳(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

花も稜線も綺麗ですね

yamasanpoさん ヒメサユリ、シラネアオイ、ミネザクラまで咲いてるんですね。
寒河江山への稜線素敵です。
いつかは行ってみたい山です。
今週末の天気が気になりますね。
半月どこにも行けずにイライラです。

  • 2012/07/11(水) 22:18:36 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #fCYNCpjk
  • [ 編集 ]

朝日連峰、写真でも大きさが感じられますね。
雄大な稜線、優しい山容は魅力いっぱいで、
日本アルプスだけが山じゃないって主張しているようです(^^)
たくさんの花を鑑賞し、小屋もキレイでゆったり出来たのは何よりです。

  • 2012/07/11(水) 23:43:37 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

おはようございます♪

写真見るだけでウキウキしちゃう稜線にお花満載~。
3連休前だというのに充実した山歩き、うらやましいです(^^)
ここはテント禁止でしたっけ?
平日で小屋が空いてたらいいな~。

もちろん今週末もお出かけですよね?(笑)

  • 2012/07/12(木) 05:37:54 |
  • URL |
  • mari #SbYG1Vtc
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

花も良し尾根も良し天気にも恵まれ良い山旅でした。
飯豊も朝日も雄大、気持良いですね。
お薦めの山域です。
このところ週末の天気はイマイチですね。
梅雨が明ければ安定しますからそれまで待ちですね。

  • 2012/07/12(木) 06:47:59 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

雄大さが良いですよね。
これに魅かれてます。
花も半端でないですから魅力いっぱいです。
紅葉も素晴らしいので秋も良いですよね。
また秋にでもと思っちゃいますが・・。
この小屋、お薦めです。
奇麗で水があるなんてそうそうありませんから。

  • 2012/07/12(木) 06:51:43 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

mari さん

おはようございます。
東北の山も良いですよ~。
この小屋でのテントはできません。
東北の山はテントは入りませんね。
避難小屋が充実してますから。
週末を避ければゆったりです。
飯豊、朝日にぜひ、期待通りの山ですから。
今週末も出勤の予定です(笑)

  • 2012/07/12(木) 06:58:06 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/513-d45df9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。