登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

北ア・鹿島槍ヶ岳から五龍岳縦走(その1)

H24年8月20日~21日、北アルプスの鹿島槍ヶ岳から五龍岳を縦走しました。

マイカーハイカーの私達にとって登山口と下山口が離れているルートは取っ付き難い。鹿島槍ヶ岳から五龍岳もそのうちの一つである。
もちろんタクシーや車を回送し周回する手もあるが高額であり私達にとっては縁がない方法である。
そこで良く良く地図を読んでみると時間はかかるが電車、バスを繋いで周回できることが分かったので早速実行した。

今回の山行は、以下の通りです。
8月20日:扇沢ー種池山荘ー爺ヶ岳ー布引岳ー鹿島槍ヶ岳ーキレット小屋(泊)
8月21日:キレット小屋ー北尾根の頭ーG5・G4-五竜岳ー五竜山荘ー大遠見山ー小遠見山ーアルプス平=(テレキャビン)=とおみ=(徒歩)=JR神城駅=(電車)=JR信濃大町駅=(バス)=扇沢 

          山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

【ルートマップ】
八峰キレット地図
                    
【扇沢無料駐車場】
前日、車中泊。夜中に雨が降り心配であったが日付け変わった頃には星がビッシリ。
駐車場から7~8分車道を戻り登山口へ。

【柏原新道登山口】
4:20発。人気がある登山口で駐車している車も多い。

【針ノ木岳~岩小屋沢岳】
柏原新道からみる針ノ木岳~岩小屋沢岳。この尾根をスッキリ見るのは初めて。
3展望

【種池山荘】
7:15着。山荘前のベンチを借り展望を見ながら一息入れる。管理人さんは空ガスボンベなどのヘリ搬送の準備中であったが、快く迎えてくれ気持良い。
5種池山荘

【爺ヶ岳へ出発する】
7:30発。チングルマのお花畑の中を爺ヶ岳へ向け出発する。
7爺ヶ岳へ

振り返り見る種池山荘。オレンジ色の屋根が目立ちます。
その左奥に針ノ木岳~岩小屋沢岳の尾根。その右奥には雲を被った立山~剣岳
10種池山荘

登路の左手にはバランスの取れた双耳峰の鹿島槍ヶ岳が。
スッキリ見えたのはこの時まで。
11鹿島槍ヶ岳への尾根
9鹿島槍ヶ岳

【爺ヶ岳南峰】
8:05着。背後はガスが被い始めた鹿島槍ヶ岳。
13爺ヶ岳南峰
14爺ヶ岳南峰

【爺ヶ岳中峰へ】
15爺ヶ岳中峰へ

爺ヶ岳中峰への尾根にはトウヤクリンドウが真っ盛り
16トウヤクリンドウ

【爺ヶ岳中峰(2670m)】
8:20着。爺ヶ岳中峰へは登山道が巻いている。分岐にザックをデポし空身で山頂へ。背後の針ノ木岳~岩小屋沢岳方面はすっかり雲の中である。
17爺ヶ岳中峰

目の前に見えるは爺ヶ岳北峰であるが登山道はなく巻いて行く。
19爺ヶ岳北峰へ

【棒小屋沢を眼下にみる】
「下の廊下」の十字峡に向かう棒小屋沢。いつの日にか「下の廊下」を歩いてみたいな~。
19-1棒小屋沢

【ライチョウ】
ライチョウの親子?が私達の先導役。チョコチョコ歩く様子が愛らしい。
カミさんが「こっちを向いて」と言うとチラッと。数分であるが登山道を一緒に歩いた。
20ライチョウ

【冷乗越】
9:05着。赤岩尾根に下る分岐点である。前方に小さく冷池山荘が見える。
21冷乗越

【冷池山荘】
9:20着。歩いてきた爺ヶ岳を仰ぎ見ながら小休止。9:30発。
23冷池山荘

冷池山荘を過ぎテン場付近から見る爺ヶ岳
24冷池山荘

【お花畑】
冷池山荘のテン場を過ぎるとお花畑が続く。夏の花秋の花が咲き乱れている。
25お花畑
26お花畑
27お花畑

【布引山へ】
穏やかな山頂の布引山が見えてきた。
28布引岳へ

【布引山(2683m)】
10:30着。ガスに被われ展望なし。
29布引岳

【鹿島槍ヶ岳へ向かう】
30鹿島槍へ

トリカブトなどが咲くお花畑を過ぎ
31お花畑

もうひと頑張りで山頂へ
32鹿島槍へ

【鹿島槍ヶ岳・南峰(2890m)】
11:20着。6年ぶりの鹿島槍ヶ岳。昼食とする。11;45北峰へ向かう。
33鹿島槍

【鹿島槍ヶ岳・北峰へ向かう】
振り返り見る南峰
34鹿島槍南峰からの降り

ガスの中に薄っすらと吊尾根を挟んだ向うに少し低い北峰2842mが見えていた。
35鹿島槍北峰へ

【鹿島槍ヶ岳・北峰】
吊尾根道標にザックをデポし空身で北峰へ。12:15着。狭い山頂もハイカーが多い。
37鹿島槍北峰

吊尾根道標越しに南峰を見る。
38吊尾根から北峰

【出会い】
吊尾根道標の所でザックを回収しようとすると目の前に見覚えがあるメンバーが休憩中。笠間市(旧岩間町)の方達でこれまでにも何回か山中で会っている。まさかここでも会えるとは・・。
またどこかの山で再会したいですね。元気を頂きました。
ブログ「セとナのルンルン山日記」も公開しているとのこと。
39出会い

【八峰キレットへ向かう】
北峰からキレットへ向かう。降りの岩場が続くので団体さんが出発する前に発つ。
大キレット(槍ヶ岳〜穂高岳)不帰キレット(白馬岳〜唐松岳)、八峰キレット(五竜岳〜鹿島槍ヶ岳)を三大キレットと言うそうだ。
山のベテランさんには異論はあるだろうがそれなりのものである。
40北峰からキレットへ
41北峰からキレットへ
42北峰からキレットへ

ここからが八峰キレットの核心部。わずかな距離であるが緊張する部分
43北峰からキレットへ

ハシゴや鎖場はしっかりしているので怖くはない。
44北峰からキレットへ

崖をへつったり。「気をつけろよ」と声をかける前にドンドンと前に進むカミさん。
45北峰からキレットへ

一本の材木を針金で固定した間に合わせみたいな足場を渡る。ここは「怖っ」。
46北峰からキレットへ

【キレット小屋】
崖を回り込んだら、眼下にキレット小屋が見えてきた。痩せ尾根の上に立派な建物が立っている。
13:05着。扇沢登山口から8時間45分、思いのほか早く着いたのでホットした。
47キレット小屋
3人囲いのスペースに私達二人、ゆっくり休めた。
48キレット小屋

天気もまずまず、変化がある山道で良い山散歩でした。
明日も天気が良さそうなので期待できる。小屋を4時発とする。

北ア・鹿島槍ヶ岳から五龍岳縦走(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

健脚~!

yamasanpoさん、こんにちは。
南峰からの降りや八峰キレットなどの難所があるのに、所要時間8時間45分とは、健脚~!
それはそうと、背筋が冷たくなるような厳しい場所に建っているのに、
キレット小屋には温もりがありますね。大好きな小屋です。
その2を楽しみにしてます。

すごいなぁ~
いくら柏原新道がハイウェー並みだと言っても速過ぎでしょ(@_@)
奥さまの健脚ぶりも見事です。
今週末、娘となら鹿島槍まで日帰りできるかと検討中でした(^^;)

  • 2012/08/23(木) 15:10:29 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

以前から気になっていたルートなんです。
デイダラボッチさんのレポを参考にしながらなんとか歩いてきました。
八峰キレットなどによる渋滞もなく反対側からのハイカーも少なくマイペースで歩くことができたのが良かったのかも知れません。
キレット小屋は良いですね。
五竜山荘と冷池山荘を利用する人が多いせいか静かでゆったりでした。

  • 2012/08/23(木) 18:39:16 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

柏原新道は早朝の涼しい時間帯に歩いたものですから条件が良かったですね。
鹿島槍日帰りはきついでしょう。
特に疲れも出てくる冷池山荘からが長く感じますね。

  • 2012/08/23(木) 18:50:12 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/529-cf0ba314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad