登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥久慈・湯沢源流からモミジ谷散策

H24年11月5日、奥久慈の湯沢源流からモミジ谷を散策してきました。

先日、足を痛め養生していたが具合も良さそうなので足慣らしに奥久慈へ向かった。
奥久慈の紅葉は11月中旬以降でありこれからである。
奥久慈の山々は岩が脆いせいか崩落があり倒木も多く昨年の情報は参考にならない。そこで見頃となる前に様子を見てこようとなった。

篭岩P~篭岩展望台~湯沢源流下流部~湯沢源流上流部~モミジ谷~裏縦走路~篭岩山~明山(往復)~車道~篭岩Pの時計回りの周回。
約7時間半の山散歩でした。

                  山行記録一覧へ、 地域別山行記録一覧

これまでのこのルートの鮮やかな紅葉レポは以下から
H21年11月27日 裏縦走路モミジ谷の紅葉
H21年12月2日 上山ハイキングコースの紅葉

【駐車場】
10台程度の駐車スペースがある。トイレなし。
1駐車場

【篭岩展望台】
今日は薄曇り、はっきりしない天気である。木々は薄っすらと色づいているが紅葉には程遠い。
2篭岩展望台
右の岩斜面の凸凹が篭岩、篭岩の岩壁は凝灰岩が長年の風雨によってえぐられ、籠の目のように見えるところから籠岩の名称がついたとのこと。
3篭岩展望台

【山道を降る】
篭岩展望台から湯沢源流に降り立つため鎖場を降る。
4篭岩展望台
一部崩落している所があるが鎖は生きていて支障なし
5崩落地

【湯沢源流・下流部】
この道標の裏側から取り付く。湯沢の水量は少なく歩き易い。
6湯沢源流取り付き口
7湯沢源流
8湯沢源流
不動滝の水量は少なく迫力なし。この付近も崩落により景観が変わっている。
9湯沢源流不動滝
グニャグニャ梯子はまだ健在であった。
10湯沢源流グニャグニャ梯子

【湯沢源流・上流部】
湯沢源流・下流部、釜沢越を過ぎ、湯沢源流・上流部からモミジ谷へ。
沢は次第に細くなだらかになる。
11-1湯沢源流上流部
11湯沢源流上流部
この分岐を沢筋を右へモミジ谷へ向かう。
12湯沢源流上流部

【モミジ谷】
ここからはオリジナルルート。
カミさんと歩き易い場所を選びながら行ったり来たり、倒木をどけたり足場を確認したり・・・紅葉に包まれた山散歩ができることを願いつつルートを造ってきた。
13モミジ谷
14-3モミジ谷
14-4モミジ谷
14モミジ谷
15モミジ谷
モミジ谷真っ只中
14-2モミジ谷
この付近から裏縦走路に這い上がる。
14-1モミジ谷から尾根へ

【裏縦走路】
縦走路から見下ろす紅葉も見事なもの。
16裏縦走路
篭岩山までの登山道は断続的に背丈以上の笹やぶがある。猪突猛進、前傾姿勢でかき分け進む。
17裏縦走路
時には色付いた樹も見られる。
18裏縦走路

【篭岩山】
笹をかき分け着いたピークは篭岩山。尖った山は奥久慈男体山。
「篭岩」と「篭岩山」は別物。場所も違う。一緒のものだと勘違いされている方が時々みかけるが。
19篭岩山
篭岩山からの明山、大吊橋方面の展望
20篭岩山

篭岩山から上山ハイキングコースに入るまでの登山道にはいくつかの鎖場がある。
わずかな高低差ではあるがスリルも味わえる。
21岩場

【上山ハイキングコース】
上山ハイキングコースもモミジの奇麗な場所。紅葉が覆いかぶさる登山道の中を遊遊と歩くことができる。
22上山ハイキングコース
23上山ハイキングコース
休憩ポイント。展望が良く竜神峡を一望できる。
24上山ハイキングコース一枚岩
露岩から見る明山
25上山ハイキングコース一枚岩
三葉峠。明山、亀ヶ淵への分岐点。ここもモミジが奇麗な所です。
26上山ハイキングコース三葉峠

【明山】
360度の展望台です。残念ながら曇りがちで展望はスッキリしない。
27明山
28明山

明山から下山し里道に降る。
29下山

【里の道】
里の道を約25分歩いて駐車場へ戻る。
30車道へ出る
31車道

今日は目的とするモミジ谷へのルートを造ることができ、足の具合も違和感もなく回復が確認できたことは収穫であった。これからの奥久慈の紅葉も楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

篭岩山の藪は、歩いた気配が無いですね

私も、11/3に古分屋敷のトンネルの所に車を止め、健脚コース・裏縦走路・篭岩山・表縦走路、フジイ越と歩いてきました。
9時にスタートしたので、男体山は凄い人でしたが大円地越から先では誰とも出会いませんでした。
相変わらず裏縦走路の笹薮は濃いですね。それとまだ緑が濃いですね。
初めて見たのですが、鷹取岩で休憩していた時に、隣の子持岩に鷹がとまっており、20分ぐらい眺めておりました。残念ながら逆光で鷹の種別は分からりませんでしたが、入道岩に移動しても飛び立ちませんでした。鷹取岩の名前はこんなところから来ているのかと、一人で納得の日でした。

いつの間にか奥久慈歩きのシーズンになり、早々に下見でしたか。
私のほうは何か消化不良のまま紅葉が過ぎてしまっています(T_T)
そうは言っても仕方ないので私も大小山歩きを始めなくては(^^)
足、大丈夫そうでよかったです。

  • 2012/11/06(火) 18:48:55 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

石川@ さん

ネームバリューのある男体山に人が集まりますね。
その脇のエリアは静かで良いのですが。
裏縦走路の笹薮は濃いですね。年々笹が伸び背丈を越えてます。
それでも歩く人も多いとみえ踏み跡はしっかりしてますね。
鷹取岩の名前の由来は知りませんが、そうかもしれませんね。

  • 2012/11/06(火) 19:21:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

足、もう大丈夫です。
今までこんなことは無かったのですが、やはり歳のせいでしょうか。
ストレッチを充分にしてから動き出すようにすることにしています。

山は既に冬支度ですね。
これからの紅葉は里山です。
奥久慈もこれからですね。楽しみです。

  • 2012/11/06(火) 19:27:44 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

奥久慈の紅葉が待ち遠しい

yamasanpoさん 足の具合良くなったみたいで良かったです。
奥久慈の紅葉は今月の末頃でしょうか?
朝夕は気温が下がり、紅葉の色が良くなるでしょうね。
25日のミステリーツアー楽しみにしてます。

  • 2012/11/06(火) 20:38:47 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

紅葉が待ち遠しいですね。
例年ですと25日前後ですが今年はどうでしょう。
このところの寒さにより素晴らしい紅葉を期待したいですね。
徹也さんの足はいかがですか。
早く治して下さい。

  • 2012/11/06(火) 21:02:00 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

良かったですね

yamasanpoさん、こんばんわ。
足、大事に至らず良かったですね。
一昨年、上山ハイキングコース上で、逆周りでお会いしま
したが、紅葉の素晴らしさに感激したのを思い出しました。
奥久慈の紅葉、間もなくですね。

  • 2012/11/06(火) 21:17:44 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

これから

これから紅くなりますね。楽しみです。
やはり男体山は人気でしょうが、少し外れたその周辺がおもしろそうです。
教えていただいた湯沢源流なんて、ほんと大好きです。

  • 2012/11/06(火) 21:38:45 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/11/06(火) 21:43:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん 私はこの日記の前日の4日に歩いて来ました。これから月末にかけてが楽しみですね。源流上流から裏縦走路の間にモミジ谷があるのでしょうか?一昨年yamasanpoさんからいただいた地図を眺めながらこの辺かなと思っています。抱返しの滝の梯子はそろそろ付け替えの時期ですね。

  • 2012/11/07(水) 05:35:58 |
  • URL |
  • えん #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

ありがとうございます。
軽くすんで良かったです。
今までこんなことはありませんでしたが、これも歳のせいでしょうか。
ストレッチを充分に行って動くようにと思ってます。

奥久慈の紅葉はこれからです。
機会があればご一緒したいですね。

  • 2012/11/07(水) 07:45:43 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

奥久慈、これからですね。
今年の紅葉はどんなものか楽しみです。
もろもろの件も含めて後ほど連絡します。

  • 2012/11/07(水) 07:48:29 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

えん さん

奥久慈は月末にかけて見頃でしょうね。
モミジ谷は裏縦走路の尾根沿いにあり、見下ろすことができますが、
今回は源流上流からモミジ谷へ直接向かったものです。
湯沢源流も荒れてはいますが、良い所ですよね。
何回歩いても良いものです。

  • 2012/11/07(水) 07:54:55 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

もみじ谷の位置がおおよそ分かったので今度行ってみす。
でも、色が出るのにはまだ時間が掛かりそうですね。
yamasanpoさんの奥久慈レポもいよいよ開幕ですね!

  • 2012/11/07(水) 18:48:13 |
  • URL |
  • 徒然 #-
  • [ 編集 ]

徒然さん

奥久慈の紅葉はまだ先ですね。
モミジ谷、良いと思いますよ。
歩いてみて下さい。
これからは奥久慈ですね。
楽しみです。

  • 2012/11/07(水) 19:24:43 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

下見、ありがとうございました

yamasanpoさん、こんばんは。
奥久慈ミステリーツアーの下見、ありがとうございました。
「今年の紅葉は遅れている」とは言っても、
雨巻山でさえ結構色づいてきたので、
25日のモミジ谷は朱に染まっていることでしょう。
そう願いながら指折り数えます。

足の具合はいかがでしょうか?
これからは奥久慈のシーズンですね。
今年はどんなふうに歩こうかとあれやこれやと
考え楽しみにしています。

  • 2012/11/07(水) 23:00:02 |
  • URL |
  • くに #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

今年はどうでしょうね。
このところの冷え込みで後れを取り戻してほしいですね。
近々もう一度歩いて様子をみて来ます。
楽しみにしています。

  • 2012/11/08(木) 08:39:45 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

くに さん

これからは奥久慈のシーズンですね。
くにさんとの最初の出会いも奥久慈でしたね。
今年も偶然があるかもと期待してます。
多くのルートの情報を発信しますので参考として下さい。
足は歩く分には支障ありませんが、元通りになるまでにはちょっと時間がかかるかも・・・。

  • 2012/11/08(木) 08:46:11 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

奥久慈

足がだいぶ回復されたようでなによりでした。昨年の明山の旅を思い出しました。奥久慈の紅葉はまさにこれからが楽しみですね。yamasanpoさんには土地勘のある場所とはいえ。険しい岩場がある山域でのルート開拓、驚きの目で拝見しています。

  • 2012/11/08(木) 22:12:15 |
  • URL |
  • trekker-k #jHSMZ1/Y
  • [ 編集 ]

今晩は。
昨年、裏縦走路を歩いた時、爺さんがモミジ谷に向かうと言っていました。モミジ谷はyamasanpoさんのかつての記事にもあり、興味のある所です。
湯沢源流のどこかですね!ハッキリとは判りませんが、あてずっぽうで行ってみようかな。そんな気持ちがヒシヒシと湧いてきました。

  • 2012/11/08(木) 22:27:47 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

trekker-k さん

奥久慈の紅葉はこれからですね。
今年の紅葉はどうなのか気になるところです。
モミジ谷は素晴らしいポイントなので谷底を歩きたいことからウロウロしてきました。
紅葉時季が楽しみです。

  • 2012/11/09(金) 19:29:26 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

モミジ谷は裏縦走路沿いにあって見下ろすことができます。
今は青々として分かりにくいですが、紅葉すればすぐにわかります。
今回は湯沢源流をつめてモミジ谷底へ向かうものです。
谷底から紅葉を楽しもうとの魂胆です。
ぶなじろうさんであればすぐに分かると思います。

  • 2012/11/09(金) 19:38:12 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

私の所属する山の会の山行で25日にモミジ谷を案内することになっているので今日下見に行ってきました。昨年歩いていますが倒木など結構増えていました。モミジ谷入り口から谷の中何ヶ所かに赤テープが付けられていましたが、yamasanpoさんが付けられたものでしょうか?
モミジ谷からの脱出路ですが、谷の最奥にけもの道が付いています。この谷の中は猪の歩いた跡がたくさん見られますが、けもの道を結構利用できます。
ついでにもう一つ情報。モミジ谷脇の裏縦走路を篭岩方向へ降った次のピークとの最低鞍部に笹薮の中ですがモミジ谷へと降る分岐があります。気を付けていれば下道がはっきりしていますのですぐにわかるでしょう。降りつく所はモミジ谷入り口から少し登った所にある小さな右枝沢の所です。(大きな欅があります) 裏縦走路から降りてモミジ谷を通り抜け、又モミジ谷奥で裏縦走路に復帰するなどに利用できますよ。

  • 2012/11/13(火) 22:53:01 |
  • URL |
  • シモン #6Aros7K.
  • [ 編集 ]

シモン さん

お早うございます。
情報ありがとうございます。
25日にはディダラボッチさん達と歩く予定です。
お会い出来るかも知れませんね。
赤テープは自分のものではありません。
自分の目印は倒木ですから。
他の方が付けられたものですね。

  • 2012/11/14(水) 08:47:16 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/549-7472b8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。