登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

シモンさんと茨城山探検・八溝山

H25年5月12日、シモンさんの「茨城の山探検」オープン山行(第24回)に参加しました。

今回の「茨城の山探検」は、八溝山の茨城県側と福島県側の遊歩道を繋いで巡り歩き新緑を楽しみむもの。八溝山山麓にはシロヤシオ群生地もあり花観賞もと期待されたが、残念にも花は見られなかった。

駐車場9:00-八溝山頂-高笹山への縦走路9:30ー茗荷分岐9:40-10:00茗荷川の源流10:05ーベンチ10:20-茗荷分岐10:50ー林道真名畑・八溝線10:55-遊歩道3・昼食11:45-鹿ノ又林道12:30-遊歩道2-林道真名畑分岐13:15-駐車場所13:30
4時間半の山探検でした。
     
          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

【ルートマップ】
シモンさんに頂いた今回のルートマップです。
八溝山

【駐車場】
自宅6:30発 駐車場8:00着 約81Km。混雑もなく早めに着いてしまった。
2駐車場

【八溝山頂】
今回の参加者は15名、集合写真を撮ってから出発です。
4八溝山頂

【出発です】
5出発

【高笹山への縦走路分岐】
気持ち良い笹尾根を行く。
7尾根分岐
8笹尾根

【茗荷への分岐】
これから先は道の跡も踏跡もない。
9茗荷分岐
10沢筋

枯れ葉が積もった谷筋を降る。  
11沢筋

この谷筋にはモミジガサが多い。食用ともなることでIさんに見分け方、ゆで方などを教えて貰うTさん。Iさんは山も山菜も超ベテランで怖いものなし、話題の中心となり頼りになる先輩です。
13沢筋・モミジガサ

ズンズン降る。新緑が奇麗ですね~。素晴らしい。
14沢筋

奇麗な茗荷川の源流で休憩。
15沢筋・休憩

【源流を遡る】
休憩ポイントから源流を遡る。
16茗荷
17茗荷

さらに登ると「八溝山天然林 ふくしまの遊歩道50選」の看板がありベンチまである。
18茗荷
19茗荷・ベンチ

源流から分かれ尾根に上がるとゴヨウツツジの群生地、古木が多く見事な林であるが花はない、蕾もみられない。残念だが今年は諦めるしかないようだ。
20シロヤシオ群生地
21シロヤシオ群生地

【尾根に出る】
シロヤシオ群生地を過ぎ尾根にでると茗荷分岐の表示がある。
22茗荷分岐

尾根を進む林道に出る。林道脇に遺伝資源保存林の表示板がある。
23保存林

【遊歩道3に入る】
林道から道標をみて遊歩道に入る。
25遊歩道3
26遊歩道3

この遊歩道にはヤマザクラが点々と咲いている。
27遊歩道3

このヤマザクラの下で昼食。
28遊歩道3・昼食

遊歩道をさらに降ると極わずかであるがシロヤシオが咲いている。
29遊歩道3・シロヤシオ

【鹿ノ又林道に降り立つ】
鹿ノ又林道(久慈川源流)を行く。
30林道

この林道にはコゴミが多くある。
31林道・コゴミ

ヤマウドも
32林道・山ウド

初めてみるヤマブキソウ。鮮やかな花ですね。
33林道・ヤマブキソウ

林道終点で一休み
34林道終点

【遊歩道2】
林道終点から遊歩道に入る。
35遊歩道2
36遊歩道2

この尾根にはカタクリが群生している。
37遊歩道2・カタクリ

この尾根にもシロヤシオが群生しているが花は見られない。
38遊歩道2・シロヤシオ

【車道に出る】
真名畑林道分岐に出る。
39車道

シロヤシオは残念なものでしたが新緑が眩しいほど、良い一日でした。
シモンさん同行の皆さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

yamasanpoさん、こんばんは。
山頂からの出発っていうのもめずらしいですね。
シロヤシオはなくてもまだ山桜が咲いていたり、
新緑がとってもきれいだったりで、とても楽しそうな山歩きですね。

  • 2013/05/13(月) 22:19:00 |
  • URL |
  • ちい #-
  • [ 編集 ]

シロヤシオ

こんばんは。
そうですか、咲いてませんでしたか。男体山の藪尾根も、葉っぱばかりで花は少なかったです。
茗荷分岐から大梅コースを歩くと、途中に赤い鳥獣保護区の看板が有ります。これを、谷に向かって降りていくと、そこにも大きなシロヤシオの群生地が有ります。そのまま、尾根筋を下ると、茗荷のベンチに出ます。
茗荷のベンチは、毎年片付けられて脇の方に積み重なっているのですが、昨年の天然林保存会の総会から出しぱなしになっています。
シドキ(モミジガサ)は、お浸しや胡麻和えは定番ですが、油炒めや豚肉との相性も良いですよ。

今度案内してください

yamasanpoさん 八溝山は昔にカタクリが咲く頃歩いた記憶が有ります。
シロヤシオは裏年でしょうか?
高笹山に行こうとして登山道の篠にうんざりして途中から戻りました。
色々なルートが有るんでしょうね。
ミステリーツアーで案内してください。

  • 2013/05/14(火) 06:38:28 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

ちい さん

山頂からスタートです。
このようなルートはそうそうないですよね。
シロヤシオは残念でしたがヤマザクラや新緑が折混じった山肌は素晴らしいものでした。
今の時季にしか味わえませんからね。
紅葉も良さそうなので秋にでも歩いてみようと思ってます。

  • 2013/05/14(火) 09:14:07 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

石川@ さん

シロヤシオは残念でしたね。
奥久慈男体山のシロヤシオも見られないとか・・。
こんな年もあるでしょう。
他の尾根のシロヤシオの群生地やモミジガサの情報ありがとうございます。
次の機会にでもと思ってます。

  • 2013/05/14(火) 09:18:50 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

シロヤシオはがっかりでしたが新緑が良かったです。
好天に新緑が映えて輝いてました。
八溝山には多くのルートがありますね。
花よし、新緑良し、紅葉よしと楽しめます。
今度ご一緒しましょう。

  • 2013/05/14(火) 09:24:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

「ヤマブキソウ」が自生しているのですか。

我が家の「アズマイチゲ畑」に、なぜか
山吹に似た花が一輪咲きます。
ヤマブキソウと言うらしい、と聞いては
いましたが、山の花だったんですね!

  • 2013/05/14(火) 11:09:42 |
  • URL |
  • nagai #-
  • [ 編集 ]

nagai さん

ヤマブキソウ、鮮やかな花ですね。
自分は初めて見る花なんですがなるほど納得の名前です。
このルートには多く自生してました。
庭に咲いてるなんて良いですね。

  • 2013/05/14(火) 19:05:29 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

nagaiさん

ヤマブキソウは筑波山の御幸ケ原にも咲いてます。
ケーブルカーの山頂駅の北側にある展望スペースの下側の林の中です。(一番男体山寄りの売店の下です)
だだヤマブキソウとよく似たクサノオウも同じ花に見えますよ。
クサノオウは日当たりの良い土手に良く咲いています。
葉の形が違いますので気を付けて見てください。

  • 2013/05/14(火) 21:04:36 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
八溝山もだめですか?
袈裟丸山のシロヤシオも蕾が少なかったです。
今の所、木の花でいいのは藤の花が一番かなぁ~
週末八溝山を予定していたけど・・・
どこにしようかな?と思案中です。

  • 2013/05/15(水) 10:13:06 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

あらら。
八溝のシロヤシオ、見に行こうと思っていたのですが、今年は外れなんですね。
でも、新緑がキレイ!
ヤマザクラもまだ咲いてるのですね。

  • 2013/05/15(水) 15:42:32 |
  • URL |
  • くに #.63BC9rM
  • [ 編集 ]

セとナ さん

袈裟丸山もですか。
今年はヤシオの良い情報は聞こえませんね。
八溝山も良くありません。
場所選びは悩ましいですね。
反面、藤は凄い勢いで咲いてますね。見事なものです。

  • 2013/05/15(水) 19:51:18 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

くに さん

八溝山のシロヤシオ、良くありません。
こんな状態は記憶にありませんね。
他のポイントでも良い情報は聞かれません。不作年ですね。
新緑はきれいですね~。
この付近のヤマザクラは大木、見上げてしまいます。

  • 2013/05/15(水) 19:58:23 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/602-d4ab9e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad