登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

奥久慈湯沢源流とダンコウバイ

H20年3月22日、湯沢源流を歩いてきました。
湯沢源流は昨日までの雨のせいかいつもより水量があり不動の滝、抱き返しの滝も見応えのあるものでした。今回のコースは佐中~湯沢源流~釜沢越え~国体コース~佐中の周回です。約3時間の山散歩でした。天気も良かったのですが午後に用が入り早めに下山しました。
駐車場から 不動の滝 不動の滝の上部から
   駐車場から見る篭岩        不動の滝        滝の上から見下ろす
駐車場から数分で不動の滝へ。水量がありなかなかのものである。

国体コースとの分岐 湯沢源流1 湯沢源流2 不動の滝の上部にある国体コース/湯沢源流の道標。
湯沢源流を行き下山路はこの国体コースを下りこの地点に降り立つ

湯沢源流3 湯沢源流4 湯沢源流5
抱き返しの滝 抱き返しの滝1 湯沢源流6
抱き返しの滝も水量が多く見応えがある。

釜沢越 稜線2 ダンコウバイ
      釜沢越               ダンコウバイの群落         ダンコウバイ
釜沢越の分岐を左へ。ここからは不動の滝まで道標はありません。踏み跡が不明瞭な所もあります。右手に佐中地区を見るようにコースをとり、露岩から先は正面に篭岩の岸壁を見るように下る。このコースには「ダンコウバイ」の花が多くあり見頃です。

露岩 佐中の集落 稜線3 露岩              露岩から見る自分の車       急斜面を下る
この露岩は私達の休憩ポイント。ここに腰を下ろし日光、筑波山方面をゆっくり展望する。自分の車も見ることができる。この国体コースは落ち葉が多く積もっておりなおかつ急斜面。足元をとられやすいことから登りに使うことをお薦めする。

スポンサーサイト

コメント

秋の紅葉の時期には、歩いたことはあるんですが、新緑の湯沢源流を歩こうかなと計画をしていましたら、yamasanpoさんからの情報を見て、次回の計画に組み込もうと思っています。
抱き返しの滝から、「篭岩山」へのコースは分かりやすいでしょうか?
一度、歩いてみたいと思っています。

shibakinさん
湯沢源流は私達の好きなコースの一つです。
抱き返しの滝から釜沢への分岐(道標有り)までは、比較的平坦で歩き安いです。この道標から先は、篭岩山までは道標ありませんが踏み跡があります。歩いてみて下さい。

  • 2008/03/24(月) 20:07:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/61-59858c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad