登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

飯豊連峰・石転び沢から北股岳~朳差岳(その1)

H25年6月8日~10日、飯豊・石転び沢~北股岳~朳差岳を歩いてきました。

ディダラボッチさんが計画した「フラワートレック!飯豊山のハクサンイチゲ」へ一緒させて頂いた。目的は石転び沢雪渓、そしてハクサンイチゲである。

この良き計画に一緒したメンバーは、
ディダラボッチさん、モリさん、テルさん、イシさん、Kさん、自分の6人。

今回の行程は、
6月8日:天狗平8:05~温身平8:30~水場9:25~雪渓に乗る10:00~石転ビ沢出合10:40~13:45梅花皮小屋(泊) 約5時間40分の山散歩
6月9日:梅花皮小屋5:00~北股岳5:30~門内岳6:30~胎内山7:05~梶川尾根分岐7:15~地神山7:45~地神山北峰(丸森尾根分岐)8:00~頼母木山8:30~8:45頼母木小屋(泊)9:20~大石山10:00~鉾立峰10:30~11:00朳差小屋~朳差岳11:40~長者平(往復) 頼母木小屋13:50 約8時間50分の山散歩
6月10日:頼母木小屋4:50~頼母木山5:10~地神山北峰5:35~丸森尾根~9:50天狗平 約5時間の山散歩

地図はこちらから

これまでの石転び沢レポは以下
・H23年7月2日~3日 (飯豊・石転び沢~北股岳~梶川尾根)

          山行記録一覧へ、  地域別山行記録一覧

寄り道し梅花皮荘から見た飯豊連峰
1梅花皮荘から

天狗平8:05 スタート。すでに多くの車がある。
2出発

ブナの森を温身平へ
3温身平へ

温身平。綺麗な尾根に気が急いますね。
4温身平

堰堤前のベンチで一枚脱いで
5堰提

足場の悪い山道を抜け
6山道

「うまい水場」に着く。冷たい水を一杯飲み一息入れる。
7水場

水場先にはカタクリ、キクザキイチゲなどが群生し早くも花ロードに突入
8カタクリ

10:00雪渓に乗る。気が優しく力持ちのイシさんに手をかり雪渓に乗る。
9雪渓に乗る
10雪渓に乗る

雪渓脇にも花のお出向かい
12サンカヨウ
13キクザキイチゲ

いや~涼しい。この付近はなだらかアイゼンなし。
14雪渓

梶川出合付近から
15梶川出合

振り返るとこんな感じ
16雪渓

石転び沢出合付近。左の沢が石転び沢、右が門内沢
17石転び出合

石転び沢出合。
18石転び出合

視界はまずまず。石転び沢に入る。
19石転び沢

途中の休憩時に見たシラネアオイ、疲れが取れます。
20石転び沢・シラネアオイ

一息入れ、アイゼンを着け斜度のきつい雪渓に入る前に元気な顔を。
21石転び沢

きつくなってきましたね。
22-1石転び沢

前を見ると多くの人がガスの中に見え隠れしてます。
23石転び沢

写真中央付近を斜めに黒っぽく走っているのが落石の道。「君子危うきに近寄らず」
24石転び沢

大きな落石を写真に捕らえました。写真中央の石(丸っぽく見える)が猛烈な勢いで落下していく。今日は視界があるから良いが視界が悪い時は怖いですね~。
26石転び沢・落石

最大斜度44度と言われていますが、ここからが胸突き八兆です。
25石転び沢

前の島を越えれば少し緩くなるはずであるが・・
27石転び沢

やっぱりきついですね
28石転び沢

梅花皮荘に到着
29梅花皮荘

小屋付近はお花畑。
ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイ、ミネザクラなどなど
30ハクサンコザクラ

「山って良いよな~」とイシさんにからまれるテルさん。
31梅花皮荘

北股岳
32梅花皮荘

梅花皮小屋は多くの利用者であるが私達は1階に陣を張り宴会、そして早めにシュラフに入る。誰かが「夕焼けを見よう」と言っていたが、それも見ずに・・。小屋脇の治二清水は豊富でした。
好天に恵まれたこの日、きつかったが石転び沢雪渓を楽しめた。

飯豊連峰・石転び沢から北股岳~朳差岳(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

yamasanpoさん、おはようございます。
楽しい3日間と写真の提供ありがとうございました。
毎年登っていても、天気と展望と花と仲間にあれほど恵まれたのは
初めてかもしれません。
また来年も参ることになるんでしょうね。多分。
これからレディオベリーの取材で雨巻山、
明日からは燧ケ岳とトガクシショウマ、
私の方のその2はちょっと先になりそうです。

デイダラボッチ さん

お世話になりました。
実に楽しい3日間でした。
好天に恵まれ大絶景、そして花のオンパレード忘れられないものとなりました。
明日からは尾瀬と息つく暇もないほどの過密スケジュールですね。
またの機会を楽しみに待ってます。
ありがとうございました。

  • 2013/06/12(水) 14:28:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

今度は御一緒したいですね

yamasanpoさん レポみて和子と凄い~と見とれてしまいました。
天気良し、花良し、仲間良し中々ないですよね。
ハクサンイチゲ、シラネアオイ見てみたいなぁ~。
2泊の小屋泊まりは如何でした?
この時期は結構登っている方は多いのですか?

  • 2013/06/12(水) 17:52:09 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
この景色、花、いいですね~。
「山って良いよな~」 イシさんの言葉に同感です。
バテても山を降りると又登りたくなってしまう。
セとナにとって飯豊山はそんな山です。
石転沢は登れそうにないので別コースから登ってこようと
考えています。
その2 楽しみにしています。

  • 2013/06/12(水) 18:03:40 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

石転び沢雪渓、視界も良く楽しめました。
グングンと高度を上げる感じが堪りませんね。
今回は温度も高くなってきているせいか落石も頻繁におきてました。
どこの雪渓でも同じですが落石、雪の塊には要注意ですね。
梅花皮小屋の利用者は多かったですがその他の小屋はガラガラでしたね。水も得られないせいかもしれませんね。
自炊2泊の食糧は結構思いですね。
それでも小屋での食べること飲むことは楽しみですからね。
良き仲間とであれば尚更ですね。
次の機会にご一緒を。

  • 2013/06/12(水) 19:13:23 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

セとナ さん

飯豊はでっかい山ですね。
実感してきました。
それに花も多あれもこれもと一気に楽しめます。
今まさに花の時季ですね。
どこから登っても花は楽しめますね。
レポ楽しみにしてます。

  • 2013/06/12(水) 19:20:27 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/610-5ca21758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad