登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

表日光連山縦走

H25年7月1日、表日光連山を縦走してきました。

「表日光連山とは男体山および女峰山と一塊をなす山塊で、男体山と女峰山を中心に、大真名子山、小真名子山、帝釈山、赤薙山、太郎山から成る。」とのこと。

この山行は表日光連山六座(男体山~大真名子山~小真名子山~帝釈山~女峰山~赤薙山)を縦走するもので超ロングルート、鉄人ルートとも言えるかも。健脚なhosoyaさん、マサコさんご夫婦の山行にご一緒させて頂いた。

今回の行程は、
日光二荒山神社3:25ー6:15男体山6:20ー志津峠7:50ー9:20大真名子山9:30ータカノ巣10:05ー10:35小真名子山11:00ー富士見峠11:30ー12:35帝釈山12:45ー13:10女峰山13:20ー水場14:10ー一里ヶ曽根14:20ー15:05奥社跡15:15ー赤薙山15:50ー霧降高原ハウス16:50 13時間25分の山散歩でした。

霧降高原キスゲ平園地にhosoyaさんの車をデポし自分の車で二荒山神社駐車場へ。今日の天気予報は終日曇り、ロング山行には持って来いの天気である。
今日の体調は? いつもは一汗かけば身体が軽く感じるが今日はず~と重い。この調子だと歩き通せるかと心配しながらの出足となる。
1男体山・五合目

振り返ると先週歩いた社山からの中禅寺湖南岸尾根も見える。
2男体山・社山

七合目~八合目はガレ場の道
3男体山・七合目

八合目は滝尾神社
4男体山・八合目

山頂から西に下った所に太郎山神社もちょこっと見える。
この尾根には三本松からの古い登山道がある。
男体山

【男体山2484m】
二荒山大神の像。南を向いている。この地点はなだらかで広く展望も良い。
脇には二荒山神社奥宮がある。
7男体山頂

南側は中禅寺湖、社山方面
6男体山頂

反対の北側は左から太郎山、大真名子山、女峰山。連山といっても独立峰が連なっているもので登り降りの繰り返し。女峰山ははるか先である。
8男体山頂

半鐘を打ち鳴らし安全祈願、志津峠へ降る。
9男体山頂

下山路から正面に大真名子山~小真名子山、その右に帝釈山~女峰山、さらに右に赤薙山の尾根
10男体山頂

荒れた山道を降る。
11男体山・下山

登山道から脇にそれてコウシンソウの広範囲の大群生地を見る。これは凄い、こんな群生は初めて見る。壁面にビッシリと。数多く撮ってきたがピンボケばかりです。
12コウシンソウ
13コウシンソウ
14コウシンソウ
15コウシンソウ
16コウシンソウ
17コウシンソウ

登山道をさらに降ると色鮮やかなコイワカガミがあっちこっちに群生している
18コイワカガミ

志津小屋はログハウス調、すぐ側に水場の案内がありわずかに溜め水があった。
19志津小屋

【志津乗越(志津峠)】
大真名子山へ向かう。この付近は駐車禁止となっている。
20大真名子山登山口

樹林の中の登山道を大真名子山へ向かって進んでいくとやがて青銅像(御嶽山信仰の八海山神の像)が見える。
20大真名子山へ

日光三険の一つ「千鳥返し」。鎖場・鉄梯子の道。
21大真名子山へ・千島返し

【大真名子山2375m】
山頂には御岳神社と蔵王権現の像。展望も良さそうであるがあいにくの曇り空。
22大真名子山

展望のない樹林帯の中をズンズンと降る。
23大真名子山・下山路

【タカの巣】
タカノ巣(=大真名子山と小真名子山の鞍部)に着く。樹林に囲まれた中の広めの空間。ここから小真名子山まで、また上りとなる。
24タカの巣

この登りも樹林帯の中・・
25小真名子山へ

【小真名子山2323m】
山頂は木々に囲まれているが、少し先に進むと3等三角点と無線用の大きな反射板があり、展望も開けスペースも広い。
26小真名子山
27小真名子山

小真名子山からの下山路にはツガザクラが咲き揃っている。
28ツガザクラ

ガレ場の急坂なので慎重に
30ガレ場

【富士見峠】
富士見峠。広い空間。[小真名子山/帝釈山/裏見・志津/野門]分岐点。
31富士見峠

帝釈山へ向かって四度目の上り。この登りで単独のハイカーと会う。東照宮~女峰山~帝釈山~小真名子山~大真名子山~男体山~二荒山神社~いろは坂~東照宮へとのこと。これまた大変なルート。世の中には超人がいるものです。
32帝釈山へ

【帝釈山2455m】
360°展望の岩峰だがガスの中
33帝釈山

帝釈山から女峰山までは稜線上の道。この区間は日光三険の一つ「馬の背渡り」と呼ばれるヤセ尾根。途中に専女山という小峰がある。
35尾根

【女峰山2483m】
展望なし。天候の条件がそろった視界の利く日には、筑波山、富士山も見えるらしい。
36女峰山

女峰山頂から少しだけ先へ下りた所に女峰神社があり無事な山行をお願いし、赤薙山への尾根に入る。
37下山路

振り返ると左に女峰山、右に帝釈山
38女峰山~帝釈山

【水場】
コンコンと流れている。冷たくて美味しかった。
39水場
40水場

【一里ヶ曽根】
41一里ヶ曽根

【奥社跡】
42奥社跡

男体山の下山路には色鮮やかなコイワカガミであったが、この尾根では清々しい白
43コイワカガミ

【赤薙山】
44赤薙山

廻りは乳白色、展望なし
45霧降

【キスゲ平】
ここから長い長い階段の降りが待っている。
46キスゲ平

【天空回廊】
レストハウス前まで続く145段の階段を降る。両脇にはニッコウキスゲが真っ盛り。
47階段
ニッコウキスゲ

【霧降高原ハウス】
16時50分着。hosoyaさん、マサコさんお疲れ様でした。お世話になりました。出足ではどうなるかと思ってましたが、おかげ様で歩き通すことができました。ありがとうございました。
コウシンソウの大群生も見られたしロングコースも歩き通せたし万々歳の山行でした。

スポンサーサイト

コメント

おめでとう!

yamasanpoさん、
超ロングコースの踏破おめでとうございます。
女峰山・帝釈山・小真名子山・大真名子山の周回は何度もやってるけど、
ここに男体山と赤薙山が加わると倍のタフネスさが要求される。
もうお手上げです。

デイダラボッチ さん

ハードなルートでした。
曇り空で蒸し暑くなかったのはラッキーでした。
長いルートでしたが花もあり素晴らしい経験になりました。
感謝です。

  • 2013/07/03(水) 21:27:03 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ロングルート

たいへんなルートですね。
男体山から女峰山までルートは繋がってますが、1日でとは考えたこともありませんでした。
コウシンソウにも驚きです。男体山にもあるとは聞いてましたが、これほどまでとは!  ぜひぜひ、秘密にしておいてください。

  • 2013/07/03(水) 22:24:03 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

素晴らしいコウシンソウですね!

身近なところで、意外な花に出逢えるものですね。
コースも超ロングで、着々とトレーニング中と言う
感じがします。私も同じ日に、yamasanpoさんの
ブログを参考に、梶川尾根で花散歩を愉しんで
きましたよ。

  • 2013/07/04(木) 04:07:01 |
  • URL |
  • nagai #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、こちらこそお世話になりました。
コウシンソウの最盛期に出会えてよかったです。
霧降高原の回廊もびっくりしました。いつもあの
下り道の悪路に悩まされるのですがサクサク降りて
楽でした。

yosi さん

ハードなルートでした。
縦走とはいっても尾根続きではなく独立蜂を歩くもので堪えますね。
コウシンソウは驚きですね。
庚申山でしか見てませんが、その比ではありません。
壁面いっぱいに展開される様子は圧巻です。
大事にしたい花園ですね。

  • 2013/07/04(木) 10:42:17 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

nagai さん

門内沢スキー、見せて頂きました。
石転び沢スキーに続いて、凄いとしか言いようがありません。

このルートは嫌になるぐらい長いですね。
花に癒されながらとは言え歩き通せたことは自信になります。
夏山にそなえて体力つけねいと。

  • 2013/07/04(木) 10:49:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

hosoyaさん

お世話になりました。
お気づかいにより歩き通せたことを感謝します。
コウシンソウの花舞台、圧巻でした。
こんな場所にこんなに群生して、感動ものでした。
良いルートをそして良い花を、ありがとうございました。
次の機会にもよろしくお願いします。

  • 2013/07/04(木) 10:53:51 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

ハードでロングなコースですね。

yamasanpoさん またなんてハードでロングなコースを歩かれましたね。
御一緒したのがhosoyaさん御夫妻とは頷ける気もします。
コウシンソウは女峰山にも有ると聞いてましたが、男体山のもこんな群生が有ったんですね。
私達にはとても、とてもです。
もっと優しいコースで御一緒願います。

  • 2013/07/04(木) 13:07:29 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

お疲れさまでした。
ロングコースを歩く場合、天候での疲労度は計り知れないものがあります。
ずっと曇っていてくれればいいのですが、それはそれで展望が・・・。
距離的にはちょうど谷川主稜線縦走と同じくらいになりますね。
男体山への直登も1300mで西黒尾根と同じくらい。
谷川連峰主稜線日帰り縦走もこれで大丈夫(^^)

  • 2013/07/04(木) 13:10:30 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、こんにちは。
考えてみたこともない凄いコースですね。
一つの山を登るのでさえ大変なのに・・・
それにしてもコウシンソウの花には感動です。
素晴らしいです!
マサコさんもすごいです!



  • 2013/07/04(木) 13:10:38 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

ハードなルートでした。
hosoyaさん、マサコさんについていくのがやっと、きついものでした。
歩き通せたことで自信になります。
コウシンソウ、素晴らしい花園で一見の価値ありです。
そうですね。ご一緒しましょう。
朝日の話を聞かせて下さい。

  • 2013/07/04(木) 18:46:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

分かってはいましたがアップダウンがきついルートでした。
そうですか。谷川主稜線縦走と同じ位ですか。
相当覚悟して臨まないときびしいものとなりますね。
今回は体調管理を失敗しました。
今回を反省し次に繋げないとと思ってます。

  • 2013/07/04(木) 18:53:19 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

セとナ さん

このルート、分割しては何回も歩いてますが、繋いで歩くのは初めてです。誰にでもとお薦めはできませんね。
コウシンソウは凄いの一言です。
庚申山以外では初めて、本家よりも凄いものです。
一見の価値あるものでした。

  • 2013/07/04(木) 18:59:31 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

今晩は。
お疲れ様です!
普段からトレーニングをしていなければ発想すら浮かばないコース取りですよ。グータラな私には参考にもならず、ただただ感心するだけでした。
庚申草の方は、大変参考になりました。霞がかかったような頭ですが、何とか来年まで覚えておきたいものです。

  • 2013/07/04(木) 21:47:05 |
  • URL |
  • ぶなじろう #-
  • [ 編集 ]

凄い!

yamasanpoさん、こんばんわ!
超ロングコース、私達には考えられないコースのレポを楽しま
せていただきました。お疲れ様でした。
男体山にコウシンソウがあるとは、初めて知りました。今年は
庚申山のコウシンソウを観賞予定でしたが、行けませんでした。
来年は男体山も候補に入れます。

  • 2013/07/04(木) 22:29:55 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

ぶなじろう さん

hosoyaさんご夫婦は強いですね~。
自分はいっぱいいっぱいでした。
コウシンソウはチマチマしたものでなく大群生、一見の価値ありです。
訪れてみて下さい。

  • 2013/07/05(金) 08:37:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

このルートはタフなものでした。
が、花も多く癒されました。
コウシンソウもバッチリ観られました。
見応えがある群生地です。
庚申山と男体山、見比べながら歩くのも良いかも。
ぜひ計画して下さい。

  • 2013/07/05(金) 08:43:37 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

「コウシンソウ」の大群生凄いですねぇ~。
庚申山のしかまだ見たことがないので、
是非機会をつくりそのうち見に行きたいです。
登山ルートもすごいですね。
こんなすごいルートの取り方もあるんだと感心し、
皆様の健脚ぶりにも重ねて感心致しました。

  • 2013/07/05(金) 22:51:17 |
  • URL |
  • まっ黒くろすけ #-
  • [ 編集 ]

こんにちは!ちょっとご無沙汰してました。
すごいです!あの日光の山々を想像する限り,どれだけ登って降りて・・なんだろうって 思いながら拝見しました~。
 コウシンソウが男体山にもあること,私もどこかで知りましたが,庚申山はわずかなのにこちらは見事ですね。う~ん,観に行ってみたいです^^
 

  • 2013/07/06(土) 20:57:12 |
  • URL |
  • えこ #-
  • [ 編集 ]

まっ黒くろすけ さん

この群生は凄いですね。
半端でないもので見とれてしまいました。
このルートは通常は2~3日に分けて歩かれるケースがほとんどですが、今回は日帰りで歩くものでハードなものでした。
その分達成感もありますが。

  • 2013/07/07(日) 09:50:32 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

えこ さん

こちらこそご無沙汰してます。
ちょこちょことブログを見ていますが、この夏に一時帰国されるとか。
もう帰国されているのですか?
日本に戻られるのは1年半後でしょうか。
山をご一緒できる場があると良いですね。

  • 2013/07/07(日) 09:59:09 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

凄いですね。超ロングコ-ス。お疲れ様でした
コウシンソウもあり、ホントに良き山行でしたね
私は、このところ山への意欲が薄れてきたので
羨ましいような、なんか疲れそうで・・・

  • 2013/07/11(木) 08:01:07 |
  • URL |
  • くろゆり #-
  • [ 編集 ]

くろゆり さん

このルートは長いですね。
普通であれば2~3日に分けて歩かれるものですね。
男体山のコウシンソウは見事です。ビックリの群生です。
来年にでもカミさんと見に行こうと思ってます。
山への意欲が薄れた??
この暑さのせいでは、自分もかったるい日が続いてます。
身体が暑さに慣れてくれば意欲が復活しますから。

  • 2013/07/11(木) 09:08:48 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/616-f0769932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad