登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

中房温泉から餓鬼岳~燕岳周回(その1)

H25年8月27日~28日、北アルプスの餓鬼岳(がきだけ)~燕岳(つばくろだけ)を歩いてきました。

北アの候補はいくつかあるが花崗岩と白砂とお花畑、そして展望が期待できる中房温泉から餓鬼岳~燕岳とした。ルートは中房温泉~東沢登山道~東沢乗越~丸山新道~餓鬼岳(泊)~丸山新道~東沢乗越~燕岳~中房温泉の1泊2日の周回とした。

詳細な行程は、以下に
8月27日:中房温泉7:55~吊り橋8:30~ブナ平9:10~北燕沢出合9:40~10:05休憩10:15~西大ホラ沢出合10:30~11:20東沢乗越・昼食11:40~12:20東沢岳12:30~中沢岳(2644P)~ケンズリ~15:35餓鬼小屋15:45~15:50餓鬼岳16:00~餓鬼小屋16:05(泊) 
約7時間40分の山散歩でした。 
8月28日:餓鬼小屋4:25~ピーク(2508P)・朝食~7:45東沢乗越7:55~奥北燕平9:20~9:55北燕岳10:05~10:25燕岳10:35~10:55燕山荘・昼食11:25~合戦小屋12:05~14:00中房温泉
約9時間35分の山散歩でした。

         山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

【中房温泉駐車場】
自宅3時00分発、駐車場7時30分着。
自宅~友部IC~北関東道・上信越道(東部湯の丸SAで朝食)~安曇野IC~中房温泉322Km。 安曇野ICから中房温泉まで約29Km。ナビ設定:中房温泉
東部湯の丸SAは好みの場所、ティーサービスの緑茶が美味しい。
平日ながらP1駐車場は満車、P2も満車であるが1台分のスぺースをみつけ押し込む。
2駐車場

【登山口】
案内所前を直進すると餓鬼岳へ、左へは燕岳へ。カミさんがトイレ(左の建物)に行っている間に案内所で東沢登山道の様子を聞いた所「沢が荒れている。渡渉が5~6回ありマークも見にくい所がある。分かりにくかったら戻るように」と。
案内所前は既に多くの登山者がスタート前の準備をしているが、ほとんど合戦尾根のようだ。
3登山口

【取り付き口】
今回は東沢乗越へ向かうのでそのまま中房温泉玄関へ。
温泉敷地脇と通り抜け、登山道へ向かうと吊り橋があり、沢沿いを歩いていく。
5取り付き口


登山道は狭く、前日に降った雨か朝露で濡れた草木に出迎えられた。吊り橋入り口の木道部分が今にも朽ち果てそうで・・。この吊り橋は渡りたくないが他に方法がない。
7木橋

沢に降りたり
8東沢

危なっかしい橋を歩いたり
9東沢

【ブナ平】
標識がある。確かにブナが多そうな感じ。
10東沢・ブナ平

樹間から北燕岳の稜線でしょうか。
11東沢

【どうだん坂】
沢を離れ急坂を登り、降り。また沢に降り立つ。
12東沢・どうだん坂
13東沢・どうだん坂

【北燕沢出合】
水の流れが速い。荒れた左岸を行く。
14東沢・北燕沢出合
15東沢・北燕沢出合
16東沢・北燕沢出合
17東沢

さらに沢を繰り返し渡る。
19東沢
20東沢

休憩。このルートで出会ったのは2組3人。静かなルートである。
21東沢・休憩
22東沢

【西大ホラ沢出合1740m】
ここから沢を離れ標高差500mの急な山道となる。
出合で間違って右の西大ホラ沢に引き込まれないよう注意。
23大ホラ沢出合
24山道
25山道
お花畑の中をジクザクに高度を上げるが陽射しが強く暑さが応える。
26山道
東沢乗越付近より中房川を見下ろす。ルートはこの谷筋を登る。
27山道

【東沢乗越2253m】
休憩するにはちょうどよい場所である。ここで一息ついたあと、稜線まで道は一気に登ってゆく。
28東沢乗越

【東沢岳2497m】
東沢乗越から標高差200mほど上ると東沢岳は眼の前に。縦走路は東沢岳の山頂には行かずにそこからケンズリ方面へ向かっている。東餓鬼岳から有明山への稜線上につながる登山道に出た分岐のところにザックを置いて東沢岳へ登る。
30東沢岳
野口五郎岳~三ッ岳の稜線をバックに
31東沢岳
眼下に高瀬ダム湖
32東沢岳

登山道に戻って東沢岳を巻いて樹林帯を進んでいくと、花崗岩が立ち並ぶハイマツ帯の稜線に出た。振り返り見る東沢岳と北燕岳。
33東沢岳

【丸山新道】
このルートは大岩や梯子の連続するルート
34丸山新道
35丸山新道

この正面の岩峰の反対側に廻り込み登ってみた。
36丸山新道
37丸山新道
燕岳をバックに。右の大岩には登れなかった。
39丸山新道

登山道に戻りさらに奇岩が連続する岩峰を行く
38丸山新道
40丸山新道
41丸山新道
42丸山新道

燕岳、野口五郎岳~三ッ岳~烏帽子岳方面の展望台
43丸山新道
44丸山新道・燕岳

【中沢岳2644m】
このピークへの登山道はない。登山道は岩場を大きくトラバースしている。一旦下り、岩場の基部をぐるっと回り込みながら登って行く。
45丸山新道・ピーク

樹林帯の道を進む
46丸山新道

大きなガレ場をトラバース
47丸山新道

巻道の樹林帯を抜けると目の前が開けて、ドーム状の大岩群に出る。
49丸山新道

大岩群を登るカミさん
50丸山新道

中沢岳の反対側に出る。登山道はピークを巻いているがザックをデポしガレ場を登って行く。
51丸山新道

中沢岳のピーク。ケンズリの最高点か? 北燕岳の稜線の向うに槍の穂が見える。
53丸山新道・ピーク

中沢岳から登山道まで戻る。眼下には三ッ岳~烏帽子岳~南沢岳の稜線
54丸山新道・ピーク

【ケンズリ】
登山道に戻り岩峰群へ、荒々しく屹立している。
55丸山新道・ケンズリ

ハシゴ、桟道がしっかりついた岩稜を楽しみながら歩く。これが岩場歩きの楽しさなのだ。
56丸山新道・ケンズリ

岩陵を巻いて行く
57丸山新道・ケンズリ

岩稜を通過するとハイマツ帯の道に。眼の前には餓鬼岳も餓鬼岳小屋も見える。鞍部に下って少し登ったらすぐに赤い屋根の餓鬼岳小屋に到着した。
58餓鬼岳

【餓鬼岳小屋】
餓鬼岳小屋(後方に餓鬼岳が見える)。テント場は五張り程度のこじんまりした感じ。水場はなし。天水有料。
59餓鬼岳

【餓鬼岳2647m】
餓鬼岳から南西側。山頂より望むケンズリ方面の縦走路。大町側から豪快に湧き上がる雲が尾根を分ける。展望はいいはずなんですが…裏銀座方面の山々が雲の中でした。
60餓鬼岳

中房温泉から餓鬼岳~燕岳周回(その2)へ続く

スポンサーサイト

コメント

思い出します

yamasanpoさん、yosieさん中房温泉から餓鬼岳に登る人は100人中2~3人でしょう。
西大ホラ沢の急登は大変ですね。
岩陵は色々な動物の顔に見えました。
餓鬼岳小屋からの展望は素敵でした。
早朝 朝焼けの富士の姿を見た時は感動でした。
ブロッケン現象も初めて体験したことを思い出します。
その2も楽しみにしてます。

  • 2013/08/30(金) 20:45:12 |
  • URL |
  • 和子&徹也 #-
  • [ 編集 ]

健脚だな~!

yamasanpoさん、こんばんは。
予告編にコメントを入れた直後からPCが不機嫌になりましたが、
いろいろ調べた結果、口座に入金した途端機嫌が直りました(笑)
青空があり、あれだけの景色にも恵まれたとあれば満足ですね。
相変わらずの健脚に脱帽すると共に、その2も楽しみにしています。

夏山、満喫!

yamasanpoさん、こんばんわ!
天気が良く展望もあり、良い山散歩でしたね。
東沢登山道は不明瞭で、ハイカーも少ないコースなんですね。
以前に燕岳からの下山の使用を考えましたが、未熟でもあり、
雨にも降られ、合戦尾根を戻りました。
それにしても燕岳周辺は花崗岩の奇岩が多い山ですね。
その2のレポ、楽しみにしています。

  • 2013/08/30(金) 23:13:09 |
  • URL |
  • のんびり夫婦の山遊び #-
  • [ 編集 ]

ジャンに続いてケンズリの岩場、楽しそうですね。
奥様も楽しまれたのでは?
午後は大町側から湧き上がる雲、まだ夏の天候なんですね~。
9月半ばになればそれもなくなります。
その頃を狙っているところがあるんですけど実現できるかどうか・・・。
狩猟小屋だった餓鬼小屋、渋いです。

  • 2013/08/30(金) 23:40:17 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

和子&徹也 さん

雲が多いものの好天に恵まれ良い山旅でした。
和子&徹也 さんの時はさらに良かったようですね。
このレポから素晴らしい山旅が思い出されれば幸いです。
このルートは何と言っても岩峰群が売りですね。
あっちこっちの岩に登って遊んできました。
楽しめた山旅です。

  • 2013/08/31(土) 08:24:05 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

デイダラボッチ さん

デイダラボッチさんのPCは現実的ですね(笑)
自分のPCは、古いものですから動きがトロくなりそろそろ替えどきかと思ってます。
この山旅は、先日ジャンをご一緒させて頂いたときにデイダラボッチさんから「あれが燕岳、その先が餓鬼」と教えられたものでヒントになったものです。
好天に恵まれ良い山旅でした。

  • 2013/08/31(土) 08:35:49 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

のんびり夫婦の山遊び さん

期待通りのもので良い山旅でした。
東沢登山道は歩かれる人は少ないですが、道標もありしっかりしてます。ただ河原を何回も歩きますが登山道のマーク〇印が荒れていて見にくい所がありますが、落ちついて探せばわかります。
ただし雨後は水量が増し避けたほうが無難ですね。
東沢登山道を利用するのであれば登路をお薦めします。
下山路では引き返しが難しくなりますから。

  • 2013/08/31(土) 08:49:20 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

でん さん

このルートの売りは奇岩ですね。
燕岳付近のものとは比較にならないほど楽しめますね。
カミさんも岩を楽しんでましたが、小屋は??
でんさんの燕岳レポも参考にさせて頂きました。

  • 2013/08/31(土) 08:55:08 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

精力的ですね~!

次々と夏山で満喫で羨ましいかぎりです。
安定しない空に惑わされて、ズルズルと
マラソンのトレーニングもままならない
ままの私です。

  • 2013/08/31(土) 10:03:01 |
  • URL |
  • nagai #-
  • [ 編集 ]

yamasanpoさん、こんばんは。
餓鬼岳いいですね。
最初のアプローチはアルプスらしくない良さがあり
稜線に上がると一変する、なにより静かでいい所ですね。
すごく参考になりました。
続き楽しみにしてますよ♪

  • 2013/08/31(土) 17:41:11 |
  • URL |
  • セとナ #-
  • [ 編集 ]

nagai さん

不安定な天気で計画も先送り、歩けそうな所をボチボチと。
安達太良のレポ読みました。
時には息子さんと良いですね。
奥様との山行も待ち遠しいです。

  • 2013/08/31(土) 18:24:15 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

セとナ さん

燕岳付近より餓鬼岳への丸山新道が素晴らしいですね。
奇岩が連続し登ったり巻いたり変化があります。
天気が良ければ裏銀座の稜線も絶景ですね。
マイナーなエリアでもあり歩かれる人は少ないですね。
参考となれば幸いです。

  • 2013/08/31(土) 18:30:33 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/631-5731ae35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad