登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

新中ノ湯コースから焼岳

H25年9月18日、北アルプスの焼岳を歩いてきました。

焼岳は北アルプスの中で唯一の活火山。梓川を堰きとめて大正池を作ったことでよく知られている。焼岳へのコースは3つ(中の湯、中尾、上高地)あるが、新中の湯口から焼岳山頂へ詰めていくコースは比較的短い上、展望に恵まれている。

焼岳は穂高から何回も眺めていたが機会があれば焼岳から穂高をと思っていた。その焼岳は12年前(H13年8月14日)に登っているが記憶が吹っ飛んでいてさっぱり思い出せない。昨日食べたものさえ良く思い出せないのだから無理はない。
それではと立山~剣岳山行計画に付け加えて記憶を呼び戻そうと計画した。

前日に台風18号が日本列島を縦断し各地に大きな被害が出ている。松本~立山までの道路状況が心配であったため電話で確認したところ問題なしとのこと。
⇒連絡先:050-3369-6620 長野県道路??
立山ロープウエーイも運転を再開しているとのことでGo となった。

今回の行程は前回と同じ
中ノ湯温泉上の駐車場7:00~中ノ湯コースとの分岐8:05~9:05山頂9:55~中ノ湯コースとの分岐10:30~11:20中ノ湯温泉上の駐車場
約4時間20分の山散歩でした。 

          山行記録一覧へ、  地域別行山録一覧

焼岳へのルート(地形図)は⇒こちらから

【駐車場】
自宅2時00分発、駐車場(10号カーブ~11号カーブ間)6時40分着 345.5Km
自宅~友部IC~北関東道・上信越道・長野道(東部湯の丸SAで朝食)~松本IC~中ノ湯温泉  
ナビ設定:中ノ湯温泉

駐車場をウロウロしていると前方から見覚えがある人が歩いてくる。
yosiさんとnaoさんとサプライズな出会いであった。山中で交差の出会いはあっても登山口での出会いはそうそうあるものではない。引きあうものがあったのでしょう。
1-2駐車場
駐車場から見える奥穂~前穂の吊尾根が雄大だ。
1-1駐車場

【駐車場の一角にある登山口】
2登山口

【山道】
はじめはたらたらと林道跡のような道を行く。途中から本格的な登山道に入り、植生はブナやアカマツ林からシラビソ、オオシラビソ、コメツガなどの針葉樹林帯に変わっていく。
今日は快晴風も穏やか距離も短い、カミさんはサブザックで身軽に。
2山道
3山道

下草にはササが生い茂り、1時間ほどで一気に視界が開け、焼岳が姿を現す。
4山道・分岐

【中ノ湯コースとの分岐】
中の湯バス停からのコースとぶつかるポイントだ。ここから眺める焼岳は素晴らしい。
5-1分岐

笹原の道を一段上がったところで焼岳が噴火した時の跡を今も残す主尾根に立つ。
振り返り見ると明神岳、霞沢岳が
6山道

紅葉が始まったナナカマドを前景にして
7山道

笹をかき分けるように登って行くと焼岳がノロシのような白煙を上げている。
8山道
9山道
10山道

東には穂高の吊尾根が現れ、後ろを振り返れば乗鞍岳が聳える。
11山道・乗鞍岳

白煙を上げている頂上直下の鞍部が見えてくると足どりも軽くなる。
12山頂付近

【南峰との鞍部】
三角点のある南峰は今でも登山禁止とのこと。前回は登っている。
13山頂付近・南峰

噴煙を上げている所を右へ回り込んで、岩場を一登りすると北峰山頂。
14山頂付近・南峰
15山頂付近・南峰
17山頂付近・南峰

【北峰山頂】
360度遮るものはない。左から槍~奥穂~前穂、手前から西穂~ジャンの尾根も。
至福の時間だ。
19山頂

笠ヶ岳~抜戸岳の尾根。笠ヶ岳への直登コースはきつかったことを覚えている。
27山頂

眼下の上高地も観光客で賑わっているに違いない。
21山頂・上高地

焼岳南峰の奥に乗鞍岳
23山頂・南峰
25山頂

yosiさんnaoさん着
22山頂・上高地
思い出深い山行となりました。yosiさんnaoさんありがとうございました。
24山頂

【下山】
たっぷりと展望を楽しんだ後は同じ道を戻ることにする。
yosiさんとnaoさんとはここでお別れ。気をつけて~。
26山頂

【中ノ湯温泉上の駐車場から立山駅へ向かう】
中ノ湯温泉上のP11:30発~一般道~立山駅13:45着 102Km
ナビ設定:立山駅  入浴:民宿千寿荘(立山駅隣)500円

第一駐車場はほぼ満車、一台分の空きスペースを見つけて駐車。車中泊。
30立山駅駐車場
32立山駅付近駐車場
立山駅前の水場。ここの水は冷たくて美味しい。
31立山駅水場

スポンサーサイト

コメント

まさに驚きの出会いですね(@_@)
台風後はいい天気が続いてるので私も昨日行っちゃいました~(^^)

  • 2013/09/22(日) 12:31:04 |
  • URL |
  • でん #PIpocw5A
  • [ 編集 ]

台風一過、良いタイミングでの山行でしたね。
そして驚きのバッタリあり・・・本当にサプライズという言葉がピッタリの出来事!
私は相変わらず近場で楽しんでいます(^^)

  • 2013/09/22(日) 16:49:47 |
  • URL |
  • リンゴ #-
  • [ 編集 ]

でん さん

まさかの出会いでした。
こんなこともあるんですね。ビックリです。
今回の山行は台風一過の晴れを期待してのもの。
でんさんもでしたか。
どこへでしょうか?

  • 2013/09/22(日) 19:22:13 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

リンゴ さん

好天に恵まれ良い山行でした。
この場所でバッタリはあり得ないですよね。
縁があったのでしょう。

  • 2013/09/22(日) 19:39:32 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

焼岳は2010.7月に釜トンネル側の中の湯ルートから入り、上高地側に抜けました。最近は新中の湯ルートの方がよく歩かれてるせいで、中の湯ルートの方は、一部藪漕ぎ状態のところがあり、ちょっと不安になった事を思い出しました。お知り合いとの遭遇は嬉しいもんですね。

  • 2013/09/22(日) 23:06:35 |
  • URL |
  • まっ黒くろすけ #-
  • [ 編集 ]

有り得ないような

信じられないようなバッタリで、こんなこともあるんですね。
スタートからハイな気分で、快晴の焼岳と翌日の西穂。
帰ってからもその話をしております。

剣のレポもお待ちしてます。

  • 2013/09/22(日) 23:38:48 |
  • URL |
  • yosi #-
  • [ 編集 ]

まっ黒くろすけ さん

中の湯ルートは歩かれる人は少ないですね。
新中の湯ルートとの合流地点ではロープが張られているくらいですから。
焼岳からの展望は良いですね。最高です。
紅葉時季も良いでしょうね。

  • 2013/09/23(月) 10:35:25 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

yosi さん

思い出深い山行となりました。
まさかここで、通じ合うものがありましたね。
近場の山でもご一緒下さい。

  • 2013/09/23(月) 10:37:46 |
  • URL |
  • yamasanpo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/643-a281f3e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad