登山・花日記

夫婦で始めたきままな山歩きの記録です。

裏筑波・女(め)の川から筑波山へ

H20年4月5日、カタクリを目的に筑波山を歩いてきました。
久しぶりに裏筑波から女(め)の川を登り、男(お)の川を下りました。
女の川のカタクリは、つぼみのものが多い。来週末が見頃でしょうか。
今回のコースは、女の川~女体山~研究路~男の川の時計廻りの周回です。
女の川登山口 女の川コース1 女の川コース2
女の川コース3 女の川コース4 女の川コース5
女の川に沿ってカタクリが点在する中を踏み荒らさないよう気を付けながら歩く。
女の川からは道標はなく踏み跡も薄いです。

女の川コース6 女の川コース7 女体山頂から
     大岩                女体山頂直下            女体山頂から
女の川最上部にある大岩、初夏にはイワタバコがびっしりと芽がでる。
この大岩を巻いていくとキャンプ場からのコースと合流し女体山頂直下に出る。
女体山頂から見る男体山方面。

筑波山のカタクリ. 薬王院への分岐 男の川への分岐
      カタクリ             薬王院への分岐         男の川コースへの分岐
筑波山のカタクリはつぼみが多く見頃は来週でしょうか。
自然研究路の分岐から薬王院方面へ、コースの途中から男の川コースへ。道標はありません。

男の川コース1 大滝不動 男の川登山口
    男の川下山路             大滝不動             男の川口
男の川コースは踏み跡明瞭です。 男の川口にある大滝不動。
男の川口から女の川口までは林道を歩きます。
カタクリの開花がいまいちであることから吾国山(カタクリ)へ向かう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamasanpo.blog106.fc2.com/tb.php/66-11f86748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad